求人広告にある給与の一律手当とは

求人広告にある給与の一律手当とは

求人広告の募集に、給料の表記に「一律手当含む」と記載されていることがあります。

その場合、交通費や残業代などどう考えたらいいのか?一番興味深い給与面であることから、待遇面が心配されるところですね。さて、一体、この一律手当とは、何を指すのでしょうか?

 

給与の一律手当とは

この給与の一律手当とは、会社に採用された方に全員に支給される手当のことを指しています。ただ、この一律手当の内容は、会社によって、独自に定められています。その手当のうち、毎月決まった金額が支給されるものを「固定手当」と言います。たとえば住宅手当や職務手当、皆勤手当などです。

つまり、求人の給与欄での固定手当の中で、募集対象全員に一律に支払われる手当がある場合に、包括して「一律手当」と記載されているということです。

具体的数字で見ていきましょう。

 

【月給20万円(一律手当含む)】の場合

ここでは2つのケースについて確認してみましょう。

会社内の規定で皆勤手当が10,000円、職務手当が20,000円だったとした場合

【月給20万円(一律手当含む)】と給与面に記載されていたら、その合計3万円が含まれているということになります。

給与は、基本給170,000円(※1)、皆勤手当10,000円、職務手当が20,000円で、月給総額 200,000円ということです。

待遇面に別途皆勤手当10,000円、職務手当20,000円が記載されていた場合

【月給20万円(一律手当含む)】と記載されていても、

給与は、基本給200,000円(※1)、皆勤手当10,000円、職務手当が20,000円で、月給総額230,000円となります。

※1. 分かりやすくするため、他に基本給をひかれる手当が、決められてない場合の金額を想定しています。

 

固定手当には何があるの?

固定手当には住宅手当、通勤手当、皆勤手当、職能手当、残業手当などがあります。しかし、待遇欄にその他の手当てが記載されていれば、それは、別途支給されることになります。

 

固定残業代について

残業代が一律手当に含まれている場合は、ちょっと注意が必要です。

例えば

  1. 「月給30万円(みなし残業手当42時間分含む)+交通費(上限3万円) 」
  2. 「月給25万3750円(一律残業手当含む)」

という表記がされている場合は、残業手当が固定残業代として、含まれています。

残業代は、みなし手当といってある計算方法を取られています。心配な方は、面接の時に、どのくらいの時間まで含まれているのか?通常どれくらいの残業を毎月されているのか?確認されると安心ですね。

 

固定残業代について

給与の一律手当については、固定手当のすべてが一律手当として支給されるわけではありません。

会社によっては、通勤手当は一律手当に含まれるが、住宅手当は含まれない、また事例で使った皆勤手当でも、回数によって変化する場合だと、別途計算されての金額だったり、宿直手当、家族構成で変わる扶養手当などは含まれなかったりと本当にさまざまです。

ですので、入社後に不満を抱かないためにも、必ず、面接時に詳細を確認しましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています