前職を短期間で退職、返事に困る退職理由はこう切り返す!

前職を短期間で退職、返事に困る退職理由はこう切り返す!

前職を1年にも満たない短期間で辞めてしまい、心機一転、転職活動をする際、面接質問の応答に詰まってしまうのが前職の退職理由。
勤務期間が短いことが原因だったんじゃないかと考えてしまいますよね。
こんな場合、どう答えたらいいのか、うまく切り抜ける方法について解説したいと思います。

面接官が前職の勤務期間を気にする理由

前職を短期間で辞めた人を面接官はどんなふうに思っているのでしょうか。
本人も気になるように、確かに前職の短期間退職は、面接官としても突っ込んで尋ねたくなるポイントなのです。

たとえば前の会社でなにか問題があったのではないか、退職したというより退職させられたのではないという心配です。
2~3年勤務していたのならいろいろな事情も理解できますが、1年以下となると、辛抱の足らない人じゃないのか、本人の責任による不祥事的なことがあったのではないか、など、ついつい本人の責任部分を疑ってしまう面接官もいます。

短期間ながらも収穫のあったことを押し出す

本当の退職理由として、上司との折り合いの悪さや労働条件への不満などいろいろあったかもしれません。
しかし、あまり細かい話をすると不満や愚痴にしか取られかねないのが辛いところ。
したがって、基本的な考え方として「退職しようかどうか悩んであまり無駄な時間を過ごすより、早く気持ちを切り替え、心機一転、再出発したかった。」という点を強調するようにします。

そのためには、たとえ3か月や半年であったとしても仕事は自分なりに一生懸命頑張ったということを述べるようにしましょう。
少ない経験ながらも自分なりの収穫を紹介したり、いざ辞めるとなった時、周囲の人で思いとどまるように助言してくれた人がいたという話があれば好材料ですよね。

周囲の人たちから好かれていた人間性をアピール

短期間で会社を辞める人は、不真面目というイメージを持たれがちです。
それを払しょくするには、たとえば自分の長所や聞かれた時に、「まじめ」とか「努力タイプ」「協調性がある」といった人間的側面をPRするといいでしょう。
具体的な話として、仕事のスキルを上げるために本を読んだりと、自己啓発に余念がなかったエピソードをいくつか用意しておきます。

また、会社内でケンカをしていたのではないかと疑われても困りますよね。
そのために「協調性がある」という自己PRは必須です。
エピソード的には、短期間勤務ながら社内イベントへの参加は欠かさなかったとか、学生時代スポーツ経験があり、チームワークの重要性を学んだ話などは、よからぬ疑いを除いてくれます。

後悔していることを明言する

勤務期間が短かすぎたことに、ちょっと後悔しているということも触れておきます。
面接官も頭のどこかで「もうちょっと辛抱できなかったの?」と思っているはず。
そこで、前職の勤務期間が短かった理由を聞かれたらすかさず、「ハイ、実は少し短すぎたことを反省しています。」と率直に述べることです。
この一言が、今回の転職では新たな決心をしたことを感じてもらうことになります。

続いて「ただ、転職の気持ちを固めた以上は、心機一転、早く新しい会社で自分のスキルアップを目指したいと考え御社を志望いたしました。」と語るといいでしょう。
またその時の自分の年齢にも絡めて、「まだまだ若いので、今ならやり直すのに遅くはないと決断しました。」とか、「年齢が年齢なので、転職するには今しかないと思い決断しました。」と言って、決心の深さを言い添えます。

今後はしっかり働きたい意思を表示

転職は誰だって大きな決心がいりますよね。
まして前職の勤務期間が短期間であればあるほど、自分としては熟考した上での決心だったことをPRします。
つまり、今回の転職は思い付きではなく背水の陣で臨んだのであり、決して後悔したくないため早い決心したことを訴えます。

また、早い時点で再スタートを切ることで、今後その会社でしっかり働いて貢献できることを伝えながら、応答内容を「退職理由」から徐々に「志望動機」に切り替えていくと前向きな印象を持ってもらえます。

具体的な応答例

具体的な応答例を紹介します。

『私の性格として、一旦決めたら後悔せず常に前を向くタイプです。
学生時代もこんなことがありました。
今回の転職は、まさにそれでした。
考え出したのは〇〇ごろからで決して思い付きではありません。
相談した人もいました。前職の同僚も相談に乗ってくれました。

みんなが一様に心配してくれたのは転職のリスクでした。
給与面でハンデキャップになることも教えてもらいました。
しかし、まだ家庭的にも負担の大きくない時期であり転職するなら今だと決心しました。

この度、御社にめでたく入社できれば、まさに背水の陣である私としましては力いっぱい御社のために頑張りたいと思いますので、是非、ご採用の程よろしくお願いいたします。』

過去を活かして前に進むことが大事

いかがでしたでしょうか?
大切なのは、短期間でやめてしまったという後悔だけでは前に進まないということです。
また、本当の理由はいろいろあったかもわかりませんが、早い決断が私の人生を前向きに変えることになり、ひいては御社に貢献できる、というスタンスで押し通すことが短期間退職後の転職を成功させる秘訣です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています