喫煙が転職に与える想像以上の影響。転職後にも注意したいのはコレ!

喫煙が転職に与える想像以上の影響。転職後にも注意したいのはコレ!

喫煙所が少なくなる、全面禁煙の飲食店や施設が増えるなど、喫煙者はどんどん肩身が狭くなっているかもしれません。
「誰にも迷惑をかけていないから禁煙なんてしない。」と、断固として喫煙を貫く人もいますが、転職や仕事上の評価にもつながるとしたらどうでしょうか。
喫煙者の方はちょっと目を背けたくなる話題かもしれませんが、知っておかないと後悔するかもしれませんよ。
ここでは、喫煙が転職に与える影響と、転職後に気をつけたい喫煙問題を紹介します。

喫煙が転職に与える影響

喫煙は成人に認められていますから、マナーさえ守れば問題ないはずだと思いますよね。
転職に与える影響などあるのでしょうか?
ここでは、喫煙と転職の関係、そして最近の転職事情を紹介します。

面接直前の喫煙はマナー違反とされることも

煙草を吸わない人は、たった1本吸った後の臭いも敏感に察知します。
面接は閉じられた空間で、面接官との距離も近い状態でおこないますよね。
直前に吸った煙草の臭いは、口臭だけでなくスーツにも染みついていますから、高い確率で喫煙に気付かれてしまいます。
面接官がたばこ嫌いの場合、マナー違反とされることもあるので、面接前の喫煙は特に注意しましょう。

顧客に与えるイメージが悪化する可能性がある

企業が何より懸念しているのは、取引先や顧客など対外的なイメージ悪化です。
特に、営業や接客など外部の人と対面する職種、医療や美容関係など煙草のイメージと逆行するサービスを提供する企業の場合などは、評判を落として業績に影響することがあります。
企業イメージを悪化させるものは徹底的に排除するのが普通なので、これらの企業は明らかに喫煙している人を採用したくないと思うのです。

健康リスクが高い人を雇うことになる

喫煙がもたらす健康リスクについては、さまざまな調査結果などから明らかで、医師などの専門家も指摘しています。
喫煙者を採用することは、健康リスクが高い人を雇うということ。
企業が人を雇うときに確認するのは仕事の経験やスキルはもちろんですが、大前提として「長く働いてくれる人」という点があります。
健康を損なうリスクが高く、体調不良で頻繁に休んだり、病気で退職する可能性がある人を雇えば、想定した仕事量をこなしてもらえないことになります。
同レベルの応募者なら、休職や退職のリスクを避けるために非喫煙者を優先的に選ぶことがあります。

面接後に会場付近で喫煙するのはNG

面接前がだめなら面接後はいいよねと、面接会場付近で喫煙するのもやめましょう。
会場付近での喫煙は応募企業の関係者に見られる可能性があります。
面接では好印象だったのに、喫煙する姿を見てがっかりする人もいますよ。
面接官が嫌煙家だった場合は選考結果に影響する可能性も。
喫煙事実そのものだけでなく、会場付近で吸うということの常識レベルが疑われることもあります。

喫煙者不採用を宣言する企業もある

最近は「喫煙者は不採用にします。」と明確に宣言している企業もあります。
喫煙者からすれば法違反でもないのにおかしいと思うかもしれませんが、人種や性別、宗教などの就職差別にはあたらず、企業が独自で判断することは問題ないとされています。
喫煙者を不採用にすることの是非は置いておくとしても、実際問題としてこうした企業が存在することは確か。
世間の禁煙推進の流れは広がる一方ですから、喫煙者不採用企業が増えても不思議ではありません。
喫煙者にとっては、転職先の選択肢が狭まることになります。

転職後に気をつけたい喫煙問題

応募段階だけでなく、転職した後にも喫煙問題はついてまわります。
喫煙者は転職後にどんなことに気をつければいいのでしょうか。
ここでは、転職後の喫煙にまつわる注意事項を紹介します。

非常識のレベルは会社によって異なると心得よう

「喫煙は休憩中なら問題ない。」「臭いが気になる人がいるため、喫煙は勤務時間終了後にのみするべきだ。」など、非喫煙者が喫煙に対してもつ意見もさまざまです。
前職では勤務開始時間ギリギリまで喫煙してもいいとされていたのが、転職した職場ではそれが非常識とされることがあるなど、何が常識かは会社によって異なります。
前職で当たり前におこなっていたことがそのまま通用するわけではないと肝に銘じて、社風や社内の暗黙ルールなどを慎重に確認しましょう。
転職してすぐ非常識のレッテルを貼られては、今後の仕事がやりにくくなります。

煙草休憩の正当性を主張するのは難しい

喫煙者と非喫煙者との間でしばし発生するのが「煙草休憩問題」です。
業務時間中に煙草休憩で席を外すことが黙認されている職場では、煙草休憩を取らない非喫煙者のなかで不公平感が募ります。
喫煙者の主張としては「喫煙してリフレッシュすることで仕事効率が上がる。」「時間外に仕事しているから問題ない。」などがありますよね。

厳密にいうことはできませんが、「喫煙者全員が非喫煙者より明らかに成果をあげている」という圧倒的なデータでもない限り、煙草休憩の正当性を主張するのは難しいでしょう。
喫煙者の中にも勤務時間中には煙草休憩を取らず、臭いにも気を配るなど、誰にも文句を言わせないよう気をつけている人もいます。
こうした人がいる以上、煙草休憩の正当性を主張しても認められるのは難しいかもしれません。

女性の多い職場では敬遠される可能性が高い

薄々気づいている人もいるかもしれませんが、女性の非喫煙者は特に煙草を嫌う傾向にあります。
女性の中には見た目や臭いに敏感で「煙草を生理的に受けつけない」ひとがいます。
煙草のヤニで歯が黒くなっている人に不快感を持ったり、口臭を嫌がる人も多いもの。
転職先に女性社員が多い職場の場合は、喫煙者は敬遠される可能性が高いと思っておきましょう。
「煙草を吸う男性の姿にときめく。」などと言う人は今は少ないですよ。

転職後の会社で喫煙問題とうまく付き合うには?

転職後の会社で喫煙問題とうまく付き合うにはどうすればいいのでしょうか。

大切なのは相手への配慮

喫煙の是非を問う前に、喫煙者、非喫煙者ともに大切なのは相手への配慮です。
非喫煙者は、喫煙の事実をもって相手の人格否定まですべきではありませんし、喫煙者は、吸わない人が不快に感じないよう配慮すべきです。
煙草を嫌だと感じるかどうかは自分の問題ではなく、他人が決めること。
臭いを嫌がる人がいるなら配慮する、煙草休憩を不公平に感じる人がいるなら気をつけるようにすることが大切。
相手を配慮する気持ちさえもってくれれば、非喫煙者の多くは必要以上に喫煙者を責めたりしないものです。

体質的に受けつけない人がいると知ろう

もう1つ、喫煙者の人に知っておいてもらいたいのは、煙草の臭いを体質的に受けつけない人がいるということです。
普段から煙草の臭いを嗅ぐだけで気持ち悪くなってしまう人もいますし、妊娠中の女性へは特に配慮が必要です。
汗やもともとの体臭は自分の努力で直すことは難しいですが、喫煙による臭いだけは意識的に気をつけることができますよね。
「誰にも迷惑をかけていない。」という考え方が本当に正しいかどうかは、意識してみてもいいでしょう。

喫煙が転職に与える影響は想像以上!

喫煙は健康リスクや受動喫煙の問題などさまざまな課題を抱えていますが、転職や仕事上の評価にも影響を与えます。
喫煙者に対して「自己管理能力が低い」という印象を持つ人もいますから、転職活動をきっかけに禁煙にトライしてみてもいいかもしれませんね。
喫煙者への風当たりが強くて納得できないことも多いでしょうが、現実的な問題として目を向けてみることは、自分にとってメリットが大きいことではないでしょうか。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連キーワード

関連記事

就活・転職活動がスムーズに!?作業効率が120%改善するおすすめのChrome拡張機能20選

就職・転職活動を始めると、今までにないくらいパソコンのブラウザを使う機会が増えると思います。 慣れていないパソ […]

続きを読む

職場の雰囲気を明るくするための方法。雰囲気は伝染するから自分発信が大事

仕事で大切なのは何も仕事内容だけではありません。 職場の雰囲気によっては会社に行きたくないほどストレスになるこ […]

続きを読む

もう信じるのはやめよう!捨てたら転職が成功できる習慣と感情

転職活動中は多くの情報や考えと向き合い、頭の中がいっぱいになりがちです。 必要なものとそうでないものを見極めな […]

続きを読む

「今日は会社行きたくない」と思ったら。今すぐできる方法と心の持ち方

「今日は会社行きたくない。」 会社員として働いていると、こんな風に感じる朝があります。 我慢して乗り切ってこそ […]

続きを読む

働きながら資格取得!転職したい女性のための10の資格

「転職や将来のために資格を身につけたい!」 転職のタイミングで資格取得を目指したいと思う人は多いようです。 ど […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

続きを読む

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

5

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

6

プリンターがなくても安心!コンビニで職務履歴書を簡単プリントする方法!

プリント代に困ったり、プリンターが急に使えなくなったり……と、肝心なときに限ってなぜかトラブルに見舞われるもの […]

続きを読む

7

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか? ハローワークでは、職務経歴書の書き […]

続きを読む

8

転職初日の菓子折りは必要?マナーを心得ておこう

転職初日の準備をしていて、これからお世話になる職場に菓子折りを持って行くべきかな?と考える人もいると思います。 […]

続きを読む

9

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

続きを読む

10

質問されないってどういうこと!?面接で質問が少ない場合に考えられる理由とは

あらゆる回答を用意して挑む面接。 それなのに、あまり質問されなかったりすると不安になりますよね。 面接において […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

おすすめの転職サイト

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

5

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

6

プリンターがなくても安心!コンビニで職務履歴書を簡単プリントする方法!

プリント代に困ったり、プリンターが急に使えなくなったり……と、肝心なときに限ってなぜかトラブルに見舞われるもの […]

7

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか? ハローワークでは、職務経歴書の書き […]

8

転職初日の菓子折りは必要?マナーを心得ておこう

転職初日の準備をしていて、これからお世話になる職場に菓子折りを持って行くべきかな?と考える人もいると思います。 […]

9

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

10

質問されないってどういうこと!?面接で質問が少ない場合に考えられる理由とは

あらゆる回答を用意して挑む面接。 それなのに、あまり質問されなかったりすると不安になりますよね。 面接において […]

もっと読む

ピックアップ特集