募集背景から読み解く転職成功の可能性。希望の働き方ができる求人を見極めよう

募集背景から読み解く転職成功の可能性。希望の働き方ができる求人を見極めよう

企業が中途採用者を募集するときには、それぞれ異なった背景があります。
募集背景を知ることで、どんな人材を求めているのか、自分にチャンスがあるのかを読み解くことができるはず。
企業の募集背景と、どんな募集背景の求人に応募すれば転職成功が叶うのか、希望ごとの適切な求人を紹介します。

中途採用者を募集する企業の意図とは?

企業が中途採用者を募集するときはどんな意図があるのでしょうか?
その意図を理解し、求人を見極める際の参考にしていきましょう。
ここでは、企業が中途採用者を求めるときのさまざまな募集背景を紹介します。

新店オープンなど業務拡大による増員

系列のお店が新しく完成したときのスタッフ募集など、既存の従業員では対応できず、業務拡大による増員募集をすることがあります。
求人広告でも「スタッフ大募集」「急募」など、人員を求めている度合いが大きいことを示す文言が並んでいますよね。

募集背景は「とにかく人が欲しい」です。
従業員が集まらなければ新店オープンに間に合わないため、ある程度の質を担保できれば十分、それ以上に大切なのは人員の数だと言えるでしょう。
1人1人をじっくり厳選する余裕がないことも多く、内定のハードルが比較的低めの求人です。

職場内のマンネリ打破のため

職場内に新しい風を入れてマンネリを打破したいという理由で人員を募集することがあります。
知識や経験値が同じような人が集まっている職場は、安定した仕事をこなすことはできますが、成長性という点で物足りない印象もぬぐえません。
企画が底をつき、そろそろ目新しい何かを提案しないと顧客が離れていくかもしれないなど危機感を持った場合にも、革新的な考えを持った人を採用することで職場内の活性化をはかります。

この募集背景は、緊急性は少ないものの、「今後の発展のために重要な局面に来ている」と経営者が判断している証。
傾向としては、職場内異動ができる大企業より、中小企業やベンチャーなど、比較的規模が小さめの会社でかけられる募集です。
今までと違ったタイプを採用することで人員に厚みを出し、企業発展に貢献してもらうのが狙いです。

欠員補充のための即戦力募集

中途採用者を募集するケースで多いのは、退職者がでた、育休に入った従業員がいるなど、これまでの担当枠に欠員がでた場合です。
特に業務量が多いなど、現場で重要な役割を担っていた従業員のポジションに空きがでた場合は、一刻も早く人員を確保したいところです。

欠員補充のための募集背景は「早急に即戦力を求める」です。
一般的に中途採用者は即戦力人員を求めるのが基本とされていますが、欠員補充の場合はその度合いがさらに強め。
丁寧に教えている余裕などありませんから、経験年数や具体的な業務内容までを応募条件に組み込んだ求人になります。

一定の年齢層に空洞ができている場合

30代後半から40代のミドル層は、近い将来の管理職候補としての期待が高まる重要な世代です。
しかし、バブル崩壊後のいわゆる「就職氷河期」を経験しており、新卒で就職できず非正規雇用の道をたどってきた人も多い世代。
各企業ではこの世代の人員に空洞化ができていることを問題視するケースが多く、この世代の人材をピンポイントで募集することがあります。

募集背景は「マネジメント経験・スキルがある管理職候補が欲しい」ということ。
若手人材より、チームをまとめた経験がある30代、40代にこそチャンスがある求人です。
近年はこうしたミドル層を求める企業が増えてきており、30代、40代の転職市場も活気づいています。

中途採用枠でも新卒同様育てたいケース

毎年度行われる定期募集の際に、あわせて中途採用者の募集をおこなうケースがあります。
新卒と中途の採用活動を一度に行うことで、人事課の活動を効率化するという意味もありますが、同時募集だからこそ、中途採用者でも他のケースの募集とは違った意味をもっている場合があります。

通常中途採用者には、新卒のように育てたいという概念はありません。
すでに出来上がっているものを活かしてもらうことが基本です。
しかし新卒募集をおこなえる企業にはそれなりに余裕があるので、中途採用者にもある程度教育を念頭に置いています。
新卒と違うのは、基本的なビジネススキルがあるということ。
ゼロから育てる必要がなく、企業色だけを加えればいいという点で好都合でしょう。
20代~30代前半までの若手がメインで、募集背景は「ビジネススキルと成長性がある人が欲しい」です。

このタイプにはこの求人!希望ごとの適した求人とは?

募集背景のパターンを知ったところで、次はどんな求人が自分に適しているのかを見極めることが重要です。
ここでは、希望ごとの「この求人にチャンスあり」という適した求人を紹介します。

中途でも同期が欲しい

同期入社の存在は大きいもので、新しい会社で感じる不安や悩みを共有でき、心強い存在です。
切磋琢磨しながら一緒に成長していくこともできるでしょう。
新卒ならば同期入社がいることが多いですが、中途採用者の場合はなかなか恵まれませんよね。

中途でも同期がいると安心という方は、「事業拡大による大量増員」がいいでしょう。
中途採用ながら同期入社の存在がいて、皆一斉スタートという安心感があります。
固定化された仕事のやり方に自分だけが周りにあわせていくという環境ではなく、一から築き上げていけるというやりがいもあります。

未経験職種にチャレンジしたい

転職で未経験の職種に挑戦することは簡単ではありません。
即戦力を基本とする中途採用市場では未経験者は敬遠されがちだからです。
しかし、これまでにない人材を求めている企業なら、未経験職種でもチャンスがあります。
職種を経験していないからこそ、顧客目線で素朴な疑問点に気づいたり、柔軟な発想ができるでしょう。
この場合、未経験でもあくまでも中途採用者なので丁寧に教えてもらうことはあまり期待できません。
社外で勉強していくなどそれなりの努力は必要です。

今の仕事をすぐにでも活かしたい

新しい仕事を覚えるのではなく、これまでの経験やスキルをすぐにでも活かしたいという場合は、欠員募集への応募が有利です。
経験値という点で他の応募者に差をつけることができ、早期の内定獲得も可能でしょう。
ポイントは、企業が求める人材像をよく理解し、募集条件以外でもマッチする要素をできるだけ増やすこと。
募集要項を読み込むだけでなく、企業HPの従業員インタビューや職場訪問などさまざまな方法で、どんな人材が働いているのかを見極めましょう。
企業が求める人材像のヒントが隠されています。

年齢の壁を排除して転職したい

「年齢的に転職が厳しいだろう。」と考える人は、20代の若手を求める求人広告には目を向けず、ミドル層を求める企業を探しましょう。
特に管理職候補やマネジメントスキルを応募条件に掲げている企業ならば、30代後半~40代であっても十分に転職可能です。
応募書類や面接でも、これまでどんな風に部下や後輩をまとめていたのか、教育・指導をおこなっていたのかなど、マネジメントスキルを具体的に示すことが大切です。

研修を受けられてじっくり仕事を覚えたい人

中途採用者であってもいきなり職場に放り込まれるのは不安、しっかり教育を受けたいという人は、新卒同時募集の求人がおすすめです。
ビジネススキルはあって当然とされますが、新卒と一緒に研修を受けられることもあり、それなりにじっくりと仕事を覚えていくことができます。
ただし、そのスピードは新卒以上のものを求められますから、新卒と足並みをそろえて進むわけにはいきません。
通常の中途採用者よりはペースダウンが叶いやすいという程度に思っておきましょう。

企業の募集背景には適性を見極めるヒントがある!

企業が人員を募集する背景は一つではありません。
緊急性の高いものから長期的に見た人材を求めるものまでさまざま。
募集背景を知ることで、転職成功の可能性を読み解くことができるでしょう。
募集背景に合致した人材であればマッチングが成立し、内定確率がアップします。
求人広告を見るときは、「どんな募集背景があるのだろうか。」を常に意識してみると、今までと違った求人の探し方ができるのではないでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています