スーツをいつも素敵に見せる!簡単アイロンがけの方法

スーツをいつも素敵に見せる!簡単アイロンがけの方法

ビジネスパーソンにとって、見た目は自分の印象を決める大切な要素です。
仕事で着るスーツも、毎日パリッと着こなしたいものですよね。
その方法のひとつがアイロンがけ。
転職活動でバタバタしても、業務が立て込んで忙しくなっても、パパッとアイロンがけできる基本ポイントを押さえておくと役に立ちますよ!

スーツのアイロンがけの基本を知ろう

どんなに仕立てのいいスーツでも、シワが寄っていたり、型崩れしてしまっては台無し。
スーツのお手入れはクリーニングに出すだけという人も、アイロンがけでのひと手間を加えることをおすすめします。清潔感とパリッとした印象を毎日キープすることができます。
まずは、基本の基本、スーツのアイロンがけをサポートしてくれるアイテムを確認しましょう。

スーツのアイロンがけに必要なものは?

・アイロン
スチーム付きなら尚良し!
・あて布
スーツの生地に直接アイロンをあてるとテカリが出てしまいます。
薄くて、綿製であれば、ハンカチのようなものでも十分です。
・霧吹きスプレー
アイロンのスチームだけでは足りないことが多いので、霧吹きは必須です。
細かい霧が放射状に出るものを使いましょう。
・アイロン台

他にも、袖のアイロンがけを簡単にしてくれる袖まんじゅうがあると便利です。
専用のものでなくても、大き目のタオルをくるくると丸めて代用することもできます。

アイロンがけでスーツが長持ち

スーツのお手入れ方法は、クリーニングだけではありません。

クリーニングは、特殊な洗剤が使われることも多く、清潔にできる代わりに、生地を痛めてしまう可能性があります。

アイロンがけを加えてクリーニングの回数を減らせば、長持ちのためのメンテナンスにもなるのです。一日着ていたスーツは、背中、肘、膝の部分にシワが寄りやすいですよね。
シワを伸ばすことで、生地の線維を元に戻すことができます。
アイロンをかけずに着続けてしまうと、線維は伸びきって元に戻りにくくなるのです。

また、アイロンの熱によって、雑菌の除去もでき、消臭の役割も果たすと言われています。

スーツのアイロンがけの重要ポイント

コツを掴んでおくと、簡単にアイロンがけすることができます。
スーツのアイロンがけの際に役立つアイロンがけの基本となる温度やテクニックを押さえましょう。

アイロンがけの温度

スーツの素材によってアイロンの温度を調節してみましょう。
裏地に付いている素材表示を確認しましょう。

ウール  140~160℃(中温設定)
綿や麻  180~200℃(高温設定)
ナイロンやアクリル 110〜130℃(低温設定)

アイロンがけのテクニック

アイロンがけは、上下左右にアイロンを動かすだけでは、満足のいく仕上がりにはなりにくいものです。
スーツの部位ごとの特質に合わせてテクニックを使い分けるほうが、意外にも短い時間で、簡単にできてしまうものですよ。

滑らせるテクニック

スーツの上でアイロンを動かすときは、優しく撫でるように滑らせるのが、生地を傷めずキレイに仕上げるコツです。
くれぐれもごしごしと動かすことのないようにしましょう。
力を入れすぎると、本来のスーツの形を崩してしまうこともあります。

押さえるテクニック

動かさずにプレスすることで仕上がりがキレイになる箇所もあります。
少しだけ生地を引っ張ってテンションをかけて、アイロンで押さえるとうまくいきます。
強く押しすぎないことを心掛けてくださいね。

スチームを活用するテクニック

スチームを上手に活用しましょう。
スチームでスーツに水分を含ませることで熱伝導が早くなります。
アイロンをかける前にスチームで湿らせて、アイロンの完了時には乾いているというプロセスがパリッと仕上げるコツです。
実は、この熱い蒸気をあてるだけでも、シワを伸ばすアイロン効果は期待できるのです。

仕事が忙しいくて時間がないときには、ハンガーに吊るしたままでも整えることが可能ということを覚えておくといいですよ!

スーツのアイロンがけの方法

アイロンがけは面倒!と感じている人は多いかもしれませんが、コツを押さえると短時間で簡単に仕上げることができます。
注意ポイントも知っておけば、残念な失敗も防げますよね。
あて布と霧吹きを使うことは忘れないでくださいね!

ジャケットのアイロンがけのコツ

ジャケットは面倒なパーツがたくさんある印象がありますよね。
しっかりアイロンがけするなら、袖、背中、前側、襟の順でかけるのがコツです。

袖はタオルを丸めたりして丸くした状態でアイロンをあてると無駄な線が入ることを防げます。
縫い目に合わせて、肩側から少し生地を引っ張ると肘の部分もキレイになります。

背中はアイロンを上から下に滑らせます。
シワが寄っているとだらしなく見えてしまうので丁寧にしわを伸ばしましょう。

前側はボタン部分やポケット辺りなどよく触れる部分も忘れずにプレスしましょう。
前側の全体はできるだけソフトに滑らせると自然なラインが整います。

最後の襟は、裏側からかけます。
背中側から少し引っ張るようにしてプレスするとキレイになります。
襟やラベルは、強く押しすぎるとスーツの自然な立体感が失われてしまうので注意しましょう。

スーツのズボンのアイロンがけのコツ

ズボンのポイントは何と言ってもセンターラインです。
センターラインがぼやけてしまうと野暮ったい印象を与えてしまうものです。

ズボンは、腰回りからお尻、そして全体へと、上から下への意識がポイントです。
腰回りが済んだら、一旦左右を揃えてラインの位置を確認します。
その後に、片足ずつのせて前後のラインをつけていきます。

膝の前後ろはたわみやシワが出やすいので、スチームをしっかりあてるか、霧吹きで十分に水分を含ませてプレスしましょう。
ファスナー部分は型がつきやすいので強く押さないように気を付けてくださいね。

スカートのアイロンがけのコツ

スカートは形状をキレイに保つために、裾から腰に向けてかけるのがポイントです。
タイトスカートの場合は、座ったときにつく前側のシワが残りやすいものですよね。
裏返しにして、裏側から丁寧にかけましょう。

プリーツスカートはズボンのセンターラインと同じく、プリーツが整っていないとだらしない印象になります。
数本のプリーツをアイロン台の上できちんと揃えて、同時にプレスしていきます。
強く押して滑らせるとプリーツをずらしてしまうので、こまめに浮かせながらプレスするなど、力加減をうまく調節してかけましょう。

アイロンがけも慣れれば簡単!パリッと仕上がる

身だしなみが大切なのは、転職活動や転職直後ばかりではありません。
アイロンがけもビジネスパーソンとしての必須スキル?!と言っても言い過ぎではないはずです。
背中、肘や膝のたわみやシワ、ズボンのセンターラインやプリーツの折り目などは目につきやすいのでいつもアイロンでケアしておきましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています