派遣として働くなら意味を理解しよう。派遣の基礎知識を解説

派遣として働くなら意味を理解しよう。派遣の基礎知識を解説

派遣という働き方に興味を持つ人は多いですが、その意味や仕組み、種類などは曖昧でわからないというケースがよくあります。
派遣は正社員やアルバイトとは異なる仕組みをもっていますから、派遣として働く前によく理解しておきましょう。
ここでは、派遣の仕組みや種類、条件内容など派遣の基礎知識を解説します。

派遣の意味とは?仕組みを解説

「そもそも派遣って何?」という疑問を解決するために、派遣の仕組みについて解説します。
派遣という働き方を選ぶうえで押さえておきたい基本ですよ。
派遣とはどんな形態のことを指すのでしょうか。

三者によって成り立つ仕組み

通常、正社員やアルバイトとして働くとき、労働者である自分と会社の二者間で雇用契約を取り交わします。
派遣は契約の時点で三者が存在し、派遣元である派遣会社、実際に働く派遣先、労働者。
労働者にとってみると、派遣元も派遣先も大きく関わる存在で、この点が通常の労働契約とは大きく異なります。

雇用契約は派遣元と結ぶ

労働者が雇用契約を結ぶ相手は、派遣元である派遣会社です。
契約締結時には、派遣条件の提示や待遇の説明などが派遣会社からおこなわれ、労働者が同意することで契約が結ばれます。
給料を支払ってくれるのも派遣会社、有給休暇などの管理も派遣会社がすることに。
派遣会社は労働者と派遣先の間を取り持つコーディネーター的な役割を担うため、派遣先の紹介などもおこなってくれます。

具体的な仕事内容や指示は派遣先から

派遣先の主な役割は仕事上の指揮命令です。
労働者はあらかじめ派遣会社からおおまかな仕事内容の説明は受けていますが、具体的にどんな仕事をやってほしいとか、どのデスクを使ってほしいとか、より細かい指導は派遣先から受けるのです。

派遣先は、派遣会社と派遣契約を結ぶことになります。
派遣社員に来てほしいと思ったら、直接派遣社員を募集することはできず、派遣会社に派遣を依頼することになります。

労働法の責任所在について

三者が存在することで、労働基準法などの労働法令への責任は誰がもつのかという疑問もありますよね。
実は労基法上でも、派遣元と派遣先の双方についてそれぞれ責任があり、どちらか一方が負うものと、双方が負うものと細かく項目が分かれています。
例えば、給与や有給休暇など契約に関することは派遣元、労働時間や休憩、休日などについては実際の職場である派遣先に責任があります。

派遣の種類はどんなものがあるの?

派遣とひとくちに言ってもさまざまな種類があり、どんな派遣を選ぶのかで今後のキャリアや働き方が変わってきますよ。
ここでは、派遣の種類を紹介します。

一般労働者派遣

あらかじめ派遣会社に登録しておくことで、派遣会社から派遣先を紹介され、仕事が決まった時点で派遣会社と雇用契約を結ぶという派遣の形です。
契約はその都度決定され、数か月~1年程度の範囲で契約更新か満了かになります。
もっとも一般的な派遣の種類で、派遣と言えばこの働き方を思い浮かべる人が多いでしょう。

特定労働者派遣

派遣会社の社員となり、派遣社員を求める企業に派遣される働き方をするのが、特定労働者派遣です。
一般労働者派遣の場合は契約から別の契約までに空き期間ができることがあり、その間は給与も発生しません。
一方特定労働者派遣は、派遣先との契約が満了して次の契約までに空き期間があっても、派遣会社との雇用契約が継続しています。
そのため給与も保証されますし、自社に戻って働くという選択肢もあります。
一般的に雇用の安定性という点で不利と言われる派遣ですが、特定労働者派遣であれば安心して働くことができます。

紹介予定派遣

紹介予定派遣は、派遣会社に登録し、「正社員になることを前提として」企業に派遣されるという働き方です。
派遣期間満了時に、派遣先と派遣社員の合意があれば、派遣先の企業に直接雇用されることになります。
数か月の間は派遣社員ですが、その間に職場の様子や仕事内容を自分の目で見て確認できるため、正社員を目指したい人にとってはいい方法です。

日雇い派遣は原則禁止

日雇い派遣というのは、契約期間が30日以内の派遣を指します。
このような形の派遣は広く求められていましたが、近年の派遣法改正により、原則禁止とされました。
主な理由としては、派遣社員の雇用の安定を守るためです。
ただ、学生や60歳以上の人など日雇い派遣が認められる例外もあります。
短期の派遣で働きたい場合は、自分が対象になるのかを確認してから応募しましょう。

フルタイムだけでなくパート派遣もある

派遣はフルタイムだけでなく、1日6時間勤務などのパート派遣も存在しています。
短時間ならアルバイトと変わらないような気がしますが、企業に直接雇用されるアルバイトとは大きく異なります。
パート派遣は派遣なので、契約期間満了にともない別の仕事を探すことになりますが、アルバイトに比べて時給相場が高いため、人によってはメリットがある働き方になります。

派遣社員の条件について

ここからは、派遣という働き方についてより具体的に知ってもらうため、派遣社員の条件内容について見ていくことにします。
派遣社員の条件面はどのようになっているのでしょうか。

契約期間は3ヶ月ごと更新が多い

派遣契約の期間は仕事内容によっても異なりますが、3ヶ月ごとの契約更新がもっとも多くなります。
特に最初は仕事への適性がわからないため、1ヶ月で契約し、そのあとに契約更新になるというケースが一般的。
派遣社員として長く働いている人などは派遣元からの信頼性が高く派遣先企業への後押しもあるため、半年や1年などの長期で契約スタートするということもあります。

最長3年

派遣にはいわゆる「3年ルール」というものが存在しており、同じ職場で派遣として働くことができるのは最長で3年までです。
最長3年は、3年しか働けないということではなく、派遣会社は派遣先への直接雇用を依頼したり、紹介予定派遣や別の就業先を紹介するなどの義務があります。
派遣社員として働くときは、長くても3年経つと何かしら環境が変わるという点はよく覚えておきましょう。

残業は有り無しを選べる

派遣社員と言うと残業なしで定時で帰れるイメージが強いかもしれませんね。
正社員で働けるスキルも経験もあるのに、敢えて派遣を選ぶ人からは「残業しないでワークライフバランスが保てるから。」という意見も聞かれます。

ただ、本当は残業してバリバリ稼ぎたいという人にとって、「残業なし」は必ずしもメリットになりません。
実は、派遣が絶対に残業がないというわけではなく、契約によって有り無しを選べます。
派遣社員でも正社員なみに残業をこなす人もいますから、多く稼ぎたい人はそうした契約を選ぶようにしましょう。
残業なしの契約を選べば、契約に沿ってきちんと帰ることができます。

給料や待遇は派遣会社との取り決めによる

派遣社員の雇用主は派遣会社ですから、給料や待遇についての相談は派遣会社にすることになります。
何年も同じ派遣会社から仕事の紹介を受けている場合は、派遣会社にとっての戦力ですから、時給アップの交渉をするケースもありますよ。
有給休暇の計算や申請、健康診断などの福利厚生についても管轄は派遣会社です。

派遣先への不満や苦情は派遣会社に相談

派遣先から契約外の仕事を押し付けられた、残業なしの契約なのに残業を強要されたなど、困ったことが起きた場合はどうすればいいのでしょうか。
就業に関する相談や苦情は、基本的に雇用主である派遣会社におこないます。
派遣先に直接言いにくい話でも、派遣会社が間に入ってくれるため、トラブルに発展することなくスムーズに解決できるでしょう。

派遣の意味を理解して自分にあった働き方を手にいれよう

派遣は、働く自分と派遣会社、派遣先という三者で成り立つ仕組みのため、何をどこに相談すればいいのかが不明確になりがちです。
雇用主である派遣会社への相談を基本とし、仕事のやり方などの詳細は派遣先に確認すると知っておけば、余計な不安を感じる必要もありません。
自分にあった働き方を手にいれるため、派遣の意味を理解しておきましょう。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連キーワード

関連記事

50代からの転職は、転職サイトを利用して実現しよう!

定年後の人生について考え始めるようになる50代。 最近では、定年まで勤めるのではなく、様々な事情から転職活動を […]

続きを読む

30代の正社員転職を成功に導く活動ポイント

30代で正社員に転職する人は少なくありません。 数年の社会経験を積んだ30代、納得の成功転職を叶えていきたいで […]

続きを読む

退職は転職先が決まってから!失敗しない転職スケジュールのための「4つ」のステップ

今までの日本の雇用形態は、通常定年までの長期の雇用関係、つまり終身雇用が主でした。 しかし現代では仕事や職場に […]

続きを読む

30代でIT転職をする際のポイントまとめ

30代でIT職種への転職を考えている人のために、30代でIT業界への転職活動のポイントをお伝えしていきます。 […]

続きを読む

副業はできるの?派遣を副業にしたい人が知っておくべきこと

最低賃金が改正されつつありますが、本業だけの給料で生活が苦しい、お小遣い程度のお金が欲しいと考えている人は多い […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

3

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

5

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

続きを読む

6

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

プリンターがなくても安心!コンビニで職務履歴書を簡単プリントする方法!

プリント代に困ったり、プリンターが急に使えなくなったり……と、肝心なときに限ってなぜかトラブルに見舞われるもの […]

続きを読む

8

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか? ハローワークでは、職務経歴書の書き […]

続きを読む

9

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

10

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

おすすめの転職サイト

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

3

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

5

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

6

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

プリンターがなくても安心!コンビニで職務履歴書を簡単プリントする方法!

プリント代に困ったり、プリンターが急に使えなくなったり……と、肝心なときに限ってなぜかトラブルに見舞われるもの […]

8

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか? ハローワークでは、職務経歴書の書き […]

9

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

10

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

もっと読む

ピックアップ特集