派遣社員と交通費との関係。好条件求人を探すなら交通費の仕組みを知ろう

派遣社員と交通費との関係。好条件求人を探すなら交通費の仕組みを知ろう

派遣の仕事を探すときに何より気になるのが時給ではないでしょうか。
高時給で魅力的な求人が多い派遣という働き方ですが、実は時給に交通費が含まれているケースも多くあります。
ついつい見逃しがちな交通費は、仕組みや実態を知っておかないと損する可能性が。
ここでは、本当に条件のいい求人を見つけるために、派遣と交通費の関係を紹介します。

派遣社員と交通費、その関係は?

今や多くの企業において支給される交通費。
派遣社員についてはどうなっているのでしょうか。
まずは、派遣社員と交通費の関係を簡単に紹介します。

派遣の交通費にはどんなパターンがある?

派遣社員の交通費は基本的には下記のいずれかのパターンになります。

・交通費はでない
・交通費は距離や実費に対して全額支給
・交通費はでるが上限あり

尚、業務上の外出に対しての交通費は全額支給されます。
この場合は派遣会社、派遣先どちらかで清算することになりますので、領収書などは必ずとっておくようにしましょう。

派遣求人は「交通費ナシ」が多い?

派遣社員は、交通費がでないケースが多くあります。
高時給も珍しくない派遣社員ですが、実はここにちょっとした落とし穴があるのですね。
交通費の金額は派遣会社ごと、個人ごとに違いがありますが、月に1~2万円という人が多いようです。
毎月受け取れる給与を把握したいときは、交通費が発生していることを忘れてはなりません。

派遣には交通費がない理由

「交通費がないなんて、やっぱり派遣は恵まれていないの?」と思うかもしれませんね。
これには理由があり、必ずしも交通費がないことがデメリットだとは限りません。
ここでは、派遣社員に交通費がない理由を紹介します。

給与や利益率など計算が面倒だから

派遣会社は、経営を続けられるだけの利益率を計算しており、それを保った状態で派遣先への請求額を決定したり、経費を調整したりし、交通費を支払うかどうかも絡んできます。派遣社員に払う給与を計算する際も、交通費の計算は面倒。
交通費が絡むことで、給与や利益率の計算などの手間がかかるという理由から、交通費を支給しない派遣会社もあるのです。

時給に含めた方が人が集まるから

交通費がある場合は時給が下がる、時給が高い場合は交通費も含まれている可能性が高くなり、一般的には、時給に含めて支給するケースが多くなります。
理由は、求人募集をするうえで有利になるから。
派遣での仕事を探している人が求人広告を見るとき、時給や仕事内容、勤務地などを中心にチェックしますよね。
ぱっと見たときに時給が高い方が、詳細まで求人を見てもらえます。

そもそも支給義務がないから

交通費はそもそも企業に支給義務はありません。
従業員への福利厚生の一環ですから、あってもなくてもどちらでもいいのです。
払わなくてもいいものを払う必要はない、という考え方もあるのでしょう。

派遣求人を選ぶ際の注意点

正社員の求人を選ぶとき、交通費の支給有無をそこまで気にする人は少ないかもしれません。しかし、派遣求人を選ぶときは、交通費にも注目して条件を見極める必要があります。
ここでは、派遣求人を選ぶ際の注意点を紹介します。

「高時給=条件がいい」とは限らない

一般的には時給が高い方が条件がいいと思いがちですが、時給が多少下がっても交通費がある方が手取りが多くなるケースもあります。
もちろん、自宅から近くて交通費は関係ないなど、時給だけで判断すべきケースもあり、何が得かは状況によって変わってきます。
求人を選ぶときは、トータルで見てどうかに気を配りたいですね。

交通費における課税の仕組みを知ろう

交通費には「非課税限度額」が設けられています。
公共交通機関等で通勤する場合は全額非課税(上限10万)ですが、車や自転車などで通勤する場合は、通勤距離に応じて上限が決まっています。
交通費が「時給と別途支給」の場合、交通費がいくらか明確なので、それに応じた非課税額が適用されます。
給与明細を見たときに、交通費の項目もあってわかりやすいですよね。

問題は、「時給に交通費が含まれている」ケースです。
この場合、派遣会社によって、「交通費の部分に非課税額を適用して計算」しているケースと、「すべて課税で計算」しているケースとあります。
前者の場合は別途支給と同様に税上のメリットがありますが、後者の場合は税金が高くなります。

※参照:国税庁HP
https://www.nta.go.jp/gensen/tsukin/

場合によっては確定申告で税還付も

「時給に交通費が含まれているはずなのに全額課税なんておかしい。」と納得できないこともあるでしょう。
そのときは、「通勤交通費証明書」を派遣会社に発行してもらうことで、時給に交通費が含まれていることを税務署に申告する方法があります。
税務署によっては、非課税額を適用して所得税の計算をし直し、還付してくれるケースも。
ただし、派遣会社や税務署によって対応が異なるため、難しいこともあります。

距離よりも交通の便の良さがポイント

勤務地は、自宅からの距離よりも交通の便の良さがポイント。
乗り換えが多い駅近だと交通費が結局かかってしまいますし、普段の行動範囲に近い場所であれば、プライベートで定期券を使用できることもできます。

交通費有無どちらがお得?ケース別比較

交通費がでる場合とでない場合、結局どちらがいいのでしょうか。
派遣会社が派遣社員に支給できるお金が1時間あたり、1,500円と想定して計算してみましょう。

ケース1.交通費あり(別途支給される場合)

1時間あたり1,500円のうち、時給分1,400円、交通費分100円と別々で支給すると仮定します。

【所定労働時間が8時間、月の所定労働日数20日、12ヶ月勤務とした場合】

・給与の月額 1,400円×8時間×20日=224,000円
・給与の年額 224,000円×12ヶ月=2,688,000円
(交通費分は非課税)

このケースで毎日2時間の残業がある場合
・給与の月額 1,400円×8時間+1,400円×1.25×2×20日=294,000円
・給与の年額 294,000×12ヶ月=3,528,000

ケース2.交通費なし

交通費がなく、1,500円まるまる時給として、課税対象になると仮定します。

【所定労働時間が8時間、月の所定労働日数20日、12ヶ月勤務とした場合】

・給与の月額 1,500円×8時間×20日=240,000円
・給与の年額 240,000×12ヶ月=2,880,000円

このケースで毎日2時間の残業がある場合
・給与の日額 1,500円×8時間+1,500×1.25×2×20日=315,000円
・給与の年額 315,000×12ヶ月=3,780,000

どちらが得?

年間の給与にかかる課税対象額は整理するとこうなります。

交通費あり 3,528,000円<交通費なし 3,780,000円

両者を単純に比較すると、交通費ありの方が、課税対象になる額が少ないため、所得税や住民税はお得になります。
このケースだと、残業パターンを含め、およそ2万~3万円前後、交通費ありの方が税金が少なくなる可能性があります。(かなりざっくりとした計算です。)

しかし、毎日2時間残業するだけで、年間の収入差はこうなります。

(交通費なし3,780,000)-(交通費あり3,528,000円)=252,000円

年間で25万円もの差になるため、所得税や住民税のことを考慮しても、交通費がなくて時給が高い方が得になります。

まとめると下記のようになります。

・残業をしない場合 課税対象額が低い「交通費あり」が有利になりやすい
・残業をする場合 時給が高い「交通費なし」が有利になりやすい

ただし、扶養その他の控除があるかないか、交通費がいくらもらえるのか、残業時間や勤務期間など、さまざまな要素によっても変わってきます。

よりよい派遣求人探しには交通費の理解が必要!

派遣社員の交通費は、さまざまなケースがあります。
ご紹介した計算例はあくまでも目安にすぎませんが、覚えておきたいのは「時給が高い方が必ず有利というわけではない」ということ。
もちろん、逆もしかりです。
時給、交通費の有無、仕事内容や勤務地など、あらゆる角度から見たときに、自身が納得できるバランスを見つけていきましょう。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連キーワード

関連記事

高知でおすすめの転職サイトと正しく活用する方法

高知で転職サイトを探している方がこのページにたどり着いていると思いますが、その中でも すでに高知で働いていて、 […]

続きを読む

転職戦線本格化の秋!この時期の転職市場の特徴

転職を決めたはよいけれど、ベストな時期はいつなのでしょうか? 年間を通して秋は中途採用の需要が増える時期と言わ […]

続きを読む

計画的にすすめよう!在職中の転職活動、成功のコツ

在職しながら密かに転職!そう考える人も多いようです。 しかし、在職中だと転職活動にかける時間の確保が難しいなど […]

続きを読む

30代ね年収アップを目指した転職をする方法

30代で転職をする皆さん、どんなことを一番の条件に掲げていますか? 年収、キャリアアップ、そして仕事に対するや […]

続きを読む

30代におすすめの転職エージェント厳選7つをキャリア別に紹介

30代は社会人としてそれなりの経験を積み、中堅どころとして脂がのっている世代。 即戦力や若手リーダーとしての期 […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

3

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

5

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

続きを読む

6

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

プリンターがなくても安心!コンビニで職務履歴書を簡単プリントする方法!

プリント代に困ったり、プリンターが急に使えなくなったり……と、肝心なときに限ってなぜかトラブルに見舞われるもの […]

続きを読む

8

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか? ハローワークでは、職務経歴書の書き […]

続きを読む

9

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

10

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

おすすめの転職サイト

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

3

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

5

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

6

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

プリンターがなくても安心!コンビニで職務履歴書を簡単プリントする方法!

プリント代に困ったり、プリンターが急に使えなくなったり……と、肝心なときに限ってなぜかトラブルに見舞われるもの […]

8

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか? ハローワークでは、職務経歴書の書き […]

9

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

10

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

もっと読む

ピックアップ特集