30代女性の転職事情!非正規から正社員になるには?

30代女性の転職事情!非正規から正社員になるには?

現在の30代の女性のなかには正社員ではなく、アルバイトやパート、派遣といった非正規で働く人も多くいます。
非正規で働く女性の中には正社員で働きたいと思っている人もいるのですが、正社員経験者の転職よりも厳しいでしょう。

ただ、長い間同じ仕事をしていたり、非正規でもキャリアを積んできた人なら、30代からでも正社員を目指すことは可能です。
今後はキャリアアップ、長く仕事を続けるという条件で、正社員への転職に挑戦しましょう。

非正規で働く女性のなかには正社員での仕事を希望している人も多い

非正規で働く人のなかには、正社員を希望しながらも非正規で働く「不本意非正規」の人たちがいます。
非正規雇用で働いている労働者の15.6%が「不本意非正規」といわれ、25歳~34歳、35歳~44歳の年代に多いのが特徴です。
30代は「不本意非正規」で働く非正規労働者が多く、正社員経験がない30代女性が非正規から正社員を目指すのは難しいのかもしれません。

正社員になりたい理由は

非正規で働く30代女性が正社員に希望する理由として挙げられるのが「待遇」です。
アルバイトや派遣でも条件を満たしていれば、雇用保険、健康保険、厚生年金といった各種社会保険に加入することができますが、産休や育休、介護休暇の取得ができない、交通費や時間外手当や住宅手当といった各種手当ての支給はない場合もあります。

企業によってはアルバイトや契約社員と正社員の「待遇」を同じにするところも出てきていますが、現時点では決して多くはありません。
仕事内容や勤務時間が正社員とほとんど同じであれば、条件がよい正社員になりたいと思いますよね。

多くの収入を得たい

アルバイトや派遣の多くは働いた時間や日数で給与が支払われることが多いのです。一方、正社員は月収で毎月ほぼ同じ金額で給与が支払われます。
また非正規ではあまり支給されないボーナスもありますので、正社員の方が稼げる場合が多いです。

時給や日給だと毎月の収入が不安定ですが、月給で毎月同じ金額が支給される固定給なら収入も安定しています。
現在非正規の人が正社員を目指す背景には、収入アップもありますが、安定した収入が欲しいという切実な願いもあるでしょう。

安定した雇用で働きたい

アルバイトや派遣は契約期間が定められていますが、正社員は基本的に無期限で雇用されます。
契約に縛られずに働けるというのが正社員を希望する理由の1つではないでしょうか。
非正規の場合、会社の経営状況によっては契約期間中でも契約が打ち切りになる可能性もあり、正社員よりも雇用条件が不安定です。
契約期間が終了するたびに契約更新というのも、長く仕事を続けていると辛いなと感じてしまいます。

30代だけど正社員を目指すことはできる?

長くアルバイトや派遣で仕事をしてきて正社員で働いた経験がない場合、これから正社員を目指しても大丈夫なのだろうかと不安になりますよね。
アルバイトや派遣の仕事はキャリアにならないと思いがちですが、長く仕事をしてきたのであれば、アルバイトや派遣での仕事経験は立派なキャリアです。
正社員の経験がないから無理とあきらめるのではなく、いままで頑張ってきたと堂々としていれば、30代からも正社員になれる可能性がありますよ。

正社員で働く理由を明確にしよう

30代だと、これからも仕事を続けることを前提で仕事を探しますので、正社員で働く理由は明確にしておいたほうがよいでしょう。
なぜ、正社員になりたいかがわからないと転職は実現しにくいと思ってくださいね。
また、理由を明確にすることで、希望に合った企業だけを探すことができますよ。

求人と志望動機があう企業を選ぶ

志望動機とは、その企業でなにをやりたくて応募したか、ということです。
自己PRというよりは将来のキャリアビジョンを伝えるものなので、転職実現にはかなり重要。
非正規から正社員を目指すのであれば、応募企業で自分がやりたいことができるかということも大事になるでしょう。
自分の将来を見据え、なにがしたいかを明確にした上で転職活動をしてください。

未経験の職種よりは、アルバイトや派遣の経験が活かせる仕事を選ぼう!

30代女性が正社員を目指す場合、未経験の職種よりはアルバイトや派遣の仕事での経験が活かせる仕事を選んだ方が有利です。

アルバイトや派遣では仕事内容によっては実務経験と見なされない場合もあり、即戦力として期待される30代は未経験だと正社員になることは厳しいかもしれません。
その点、経験を活かせる仕事なら業務内容も理解できますし、正社員としてアルバイトや派遣に仕事を指示しやすくなります。

アルバイトや派遣での経験をキャリアとして見てもらうためにも、できるだけアルバイトや派遣の経験を活かせる仕事を選びましょう。

非正規の30代女性が正社員になるには

正社員になるには仕事に対する責任感ややる気が必要です。
実績がなくても企業側が使える人材だと思えば正社員として採用されるでしょう。
正社員として働きたいのなら、自己分析やキャリアの棚卸といった転職準備も大事になります。

企業はスキルよりもやる気を求めている

正社員の経験がなく非正規で働いてきた場合、キャリアに自信がないという人もいますよね。
仕事で実績がない分、転職が実現しやすいように資格取得を目指す人もいるのではないでしょうか。
しかし、自己PRのために資格を取る必要はありません。
30代は即戦力であることが求められますが、転職先といっても最初は仕事を教えてもらう立場。
ある程度仕事に慣れたらどんどん会社に貢献すればよいのです。
企業が求めているのは、仕事に対するやる気。
30代正社員未経験でも、やる気とポテンシャルがあれば転職は実現するかもしれませんよ。

即戦力になることを意識する

即戦力というとリーダーシップが取れる人材や営業成績がよいことをイメージしますが、それだけではありません。
責任をもって仕事を取り組む姿勢も即戦力になる人材には必要です。

企業が即戦力を求めるというのは、特別なこと、すごいことができるという意味ではないのです。
仕事を覚える、理解する、はじめてのことでも積極的に取り組むという当たり前のことがちゃんとできるということなのです。

正社員として実績がないと即戦力といわれても困るかもしれませんが、それでも正社員を目指すなら即戦力になれるように努力する人材であるということをアピールしていきましょう。

長く働き続けたいという気持ちを大事にして

非正規で働くということは雇用に対する不安を抱えながら働くということです。
すぐやめるのではなく「長く働きたい」というのであれば、その気持ちを大事にしてください。

30代女性の転職活動は、決してラクではありません。だからこそ「長く働きたい」という気持ちを転職のモチベーションにしてほしいのです。
「長く働く」「仕事を続ける」ということは正社員を目指すなら大切なこと。
ぶれない姿勢があれば、転職は実現できますよ。

30代、正社員を目指すのは今からでも遅くはない!

長く非正規で働いていると、即戦力にはならないし正社員になるのも無理なのではと思いがちですが、30代女性が正社員を目指すのは決して遅くはありません。
これまで非正規雇用だったとしても、同じ仕事を長く続けてきた人もいます。
大きな実績はなくても、一つのことを頑張ってきたというのはキャリアとして認められるのではないでしょうか。
いままで頑張ってきたことを大事にして、正社員として働くことを目指しましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています