職種「労務」ってどんな仕事?仕事内容や活かせる資格など、徹底解説

職種「労務」ってどんな仕事?仕事内容や活かせる資格など、徹底解説

企業には絶対に必要な職種「労務」。
実際にはどういった仕事を担っているのでしょうか。
詳しい仕事内容や労務に活かせる資格などについて解説します。

企業に欠かせない職種「労務」とは?

「労務」職は企業には絶対に欠かせない存在です。
それは労務が担う仕事内容を知れば分かりますよ!

「人」に関する社内業務を担う仕事

「労務」という文字から推察できるように、従業員の「労働」に関する業務や従業員を「労わる(いたわる)」業務を担うのが労務です。
たとえば、勤怠管理など日々の労働に関する業務や社会保険関係がそれに当たります。
また、福利厚生施設との契約など、従業員を労わるサービスを管理・運営するのも労務の仕事です。

人事や総務とセットになっていることも

企業に欠かせない存在である「労務」ですが、「労務部」なんて部署聞いたことありませんよね。
企業によって異なりますが、人事部あるいは総務部が労務職を担っているのが一般的です。
中には、勤怠管理を人事部が、福利厚生関係を総務部がというように、部署で分担していることもあります。

労務という言葉が表に出ることはありませんが、総務あるいは人事スタッフが担当することで、しっかりと労務の業務が機能しているんですね。

具体的には何をする?職種「労務」の仕事内容

従業員の労働をはじめ、社内スタッフに関するサービスを担う労務職。
もう少し具体的に仕事内容を見ていきましょう。

勤怠管理・給与計算

労務の仕事で最も重要ともいえるのが勤怠管理と給与計算。
日々の従業員の勤怠状況やそれに伴う手当を計算し、「給与総支給額」を計算する仕事です。
さらに、総支給額から社会保険料や雇用保険料、そのほか税金等を差し引き、手取り額を計算する必要があります。
給与明細を見るとイメージがわきやすいかもしれませんね。

簡単そうに見えるかもしれませんが、給与計算には労働基準法や雇用保険法、税法といった様々な法律が絡んでくるため、専門知識が必要です。
もちろん、ミスをしては従業員の企業に対する不信感へとつながるので、厳重な管理体制も欠かせません。

社会保険関係

雇用保険や健康保険、厚生年金などといった労働者が加入しなければならない社会保険の手続きも労務の仕事です。
そのため、従業員の入退社時には所定の書類を作成し、それぞれ役所での手続きを行わなければなりません。

また、社会保険手続に加え、従業員が病気などで働けなくなった場合に支給される手当金(給付金)の手続きも労務の仕事。
もしもの時に、従業員が安心して休めるように迅速かつ正確な対応が求められます。

福利厚生の確立

従業員が安心して働ける環境を整えるのも労務の仕事です。
先述した社会保険も福利厚生の一種ではありますが、その他にも、企業が独自に定めている福利厚生があります。
たとえば、社宅などの住宅補助・保養所・社員食堂・資格取得支援など、福利厚生制度は実に様々。
従業員が賃金以外の面で労働意欲を維持できるように、従業員とその家族を対象としたあらゆる施策が該当します。
こうした福利厚生の制度を従業員に周知したり、利用を促したりするのも労務の仕事のひとつなのです。

福利厚生は企業が独自にアレンジできる一方で、従業員の労働環境を保つために必ず行わなければならないものもあります。
たとえば健康診断。
健康診断は、企業に課せられた義務で、法律で定められたもの。
全ての従業員が健康診断を受けられるように手配、サポートするのも労務の仕事です。

労務の職種に就くには?労務職への転職方法

労務職として働くにはどうすればよいのでしょうか。
労務への転職方法を紹介します。

募集が少ないのが実情

「労務部」としての部署が存在しないように、「労務職」としての募集は極めてまれです。
人事部や総務部の求人に応募し、労務の一端を担うケースが多いため、必ずしも「労務」の仕事だけができるというわけではありません。
その一方で、規模が小さい企業では、人事スタッフ全員で労務の業務を賄うというところも多いので、特に希望を出さなくても自然と労務の仕事が回ってくるという例も。

求人票には実際の業務内容に関する記載がありますので、まずは、人事や総務の求人を見つけるところからはじめましょう。

経験者が優遇されやすい

労務で担う業務では、たとえば「給与計算ソフト」のように特別なシステムを使用している場合がほとんどです。
即戦力としてスタッフが欲しい企業ほど、「労務業務経験者」「人事業務経験者」としての求人も目立ちます。
社会保険関係の手続きにもそれなりの知識が必要となりますので、中途採用の場合はどうしても経験者が優遇されがちに。

とはいえ、未経験からのチャレンジが出来ないわけではありません。
未経験OKとする求人もありますので、チャレンジは可能ですよ。

必要な資格は?

労務に関する資格としては、「社会保険労務士」があります。
しかし、この資格が労務職に必須というわけではありません。
社会保険労務士は非常に専門性の高い資格ですので、現場では歓迎されますが、必ずしも有資格者でなければ採用してもらえないこともありませんので、安心してください。

ただし「労務の仕事を極めたい!」という方は勉強してみるのもおすすめです。
日頃の手続きにどういった意味があり、なぜ必要なのかが分かるため業務に活かすことができますよ。

求められるスキル

日頃の業務を考えると、基本的なPCスキルは欠かせません。
加えて、先述した給与計算ソフトなどの知識があれば優遇されます。

また、労務(人事)という仕事は、社内のすべての従業員を相手にするので、コミュニケーション能力や人当たりの良さなども重要な資質のひとつ。
従業員の労働環境を保つために、責任感を持って正確に業務をこなせるかどうかも面接の合否を左右する要素となります。
「人のために」行動したいという方に向いている仕事と言えるかもしれませんね。

労務はまさに縁の下の力持ち!

労務という仕事は、企業の利益に直結する仕事ではありませんが、給与計算や福利厚生など従業員のパフォーマンスを陰で支える大切な仕事です。
そんな労務に従事する方には、責任感や正確性が強く求められます。
経験者が歓迎される職種ではありますが、未経験でもチャレンジできますので、ぜひトライしてみてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています