職種「労務」ってどんな仕事?仕事内容や活かせる資格など、徹底解説

職種「労務」ってどんな仕事?仕事内容や活かせる資格など、徹底解説

企業には絶対に必要な職種「労務」。
実際にはどういった仕事を担っているのでしょうか。
詳しい仕事内容や労務に活かせる資格などについて解説します。

企業に欠かせない職種「労務」とは?

「労務」職は企業には絶対に欠かせない存在です。
それは労務が担う仕事内容を知れば分かりますよ!

「人」に関する社内業務を担う仕事

「労務」という文字から推察できるように、従業員の「労働」に関する業務や従業員を「労わる(いたわる)」業務を担うのが労務です。
たとえば、勤怠管理など日々の労働に関する業務や社会保険関係がそれに当たります。
また、福利厚生施設との契約など、従業員を労わるサービスを管理・運営するのも労務の仕事です。

人事や総務とセットになっていることも

企業に欠かせない存在である「労務」ですが、「労務部」なんて部署聞いたことありませんよね。
企業によって異なりますが、人事部あるいは総務部が労務職を担っているのが一般的です。
中には、勤怠管理を人事部が、福利厚生関係を総務部がというように、部署で分担していることもあります。

労務という言葉が表に出ることはありませんが、総務あるいは人事スタッフが担当することで、しっかりと労務の業務が機能しているんですね。

具体的には何をする?職種「労務」の仕事内容

従業員の労働をはじめ、社内スタッフに関するサービスを担う労務職。
もう少し具体的に仕事内容を見ていきましょう。

勤怠管理・給与計算

労務の仕事で最も重要ともいえるのが勤怠管理と給与計算。
日々の従業員の勤怠状況やそれに伴う手当を計算し、「給与総支給額」を計算する仕事です。
さらに、総支給額から社会保険料や雇用保険料、そのほか税金等を差し引き、手取り額を計算する必要があります。
給与明細を見るとイメージがわきやすいかもしれませんね。

簡単そうに見えるかもしれませんが、給与計算には労働基準法や雇用保険法、税法といった様々な法律が絡んでくるため、専門知識が必要です。
もちろん、ミスをしては従業員の企業に対する不信感へとつながるので、厳重な管理体制も欠かせません。

社会保険関係

雇用保険や健康保険、厚生年金などといった労働者が加入しなければならない社会保険の手続きも労務の仕事です。
そのため、従業員の入退社時には所定の書類を作成し、それぞれ役所での手続きを行わなければなりません。

また、社会保険手続に加え、従業員が病気などで働けなくなった場合に支給される手当金(給付金)の手続きも労務の仕事。
もしもの時に、従業員が安心して休めるように迅速かつ正確な対応が求められます。

福利厚生の確立

従業員が安心して働ける環境を整えるのも労務の仕事です。
先述した社会保険も福利厚生の一種ではありますが、その他にも、企業が独自に定めている福利厚生があります。
たとえば、社宅などの住宅補助・保養所・社員食堂・資格取得支援など、福利厚生制度は実に様々。
従業員が賃金以外の面で労働意欲を維持できるように、従業員とその家族を対象としたあらゆる施策が該当します。
こうした福利厚生の制度を従業員に周知したり、利用を促したりするのも労務の仕事のひとつなのです。

福利厚生は企業が独自にアレンジできる一方で、従業員の労働環境を保つために必ず行わなければならないものもあります。
たとえば健康診断。
健康診断は、企業に課せられた義務で、法律で定められたもの。
全ての従業員が健康診断を受けられるように手配、サポートするのも労務の仕事です。

労務の職種に就くには?労務職への転職方法

労務職として働くにはどうすればよいのでしょうか。
労務への転職方法を紹介します。

募集が少ないのが実情

「労務部」としての部署が存在しないように、「労務職」としての募集は極めてまれです。
人事部や総務部の求人に応募し、労務の一端を担うケースが多いため、必ずしも「労務」の仕事だけができるというわけではありません。
その一方で、規模が小さい企業では、人事スタッフ全員で労務の業務を賄うというところも多いので、特に希望を出さなくても自然と労務の仕事が回ってくるという例も。

求人票には実際の業務内容に関する記載がありますので、まずは、人事や総務の求人を見つけるところからはじめましょう。

経験者が優遇されやすい

労務で担う業務では、たとえば「給与計算ソフト」のように特別なシステムを使用している場合がほとんどです。
即戦力としてスタッフが欲しい企業ほど、「労務業務経験者」「人事業務経験者」としての求人も目立ちます。
社会保険関係の手続きにもそれなりの知識が必要となりますので、中途採用の場合はどうしても経験者が優遇されがちに。

とはいえ、未経験からのチャレンジが出来ないわけではありません。
未経験OKとする求人もありますので、チャレンジは可能ですよ。

必要な資格は?

労務に関する資格としては、「社会保険労務士」があります。
しかし、この資格が労務職に必須というわけではありません。
社会保険労務士は非常に専門性の高い資格ですので、現場では歓迎されますが、必ずしも有資格者でなければ採用してもらえないこともありませんので、安心してください。

ただし「労務の仕事を極めたい!」という方は勉強してみるのもおすすめです。
日頃の手続きにどういった意味があり、なぜ必要なのかが分かるため業務に活かすことができますよ。

求められるスキル

日頃の業務を考えると、基本的なPCスキルは欠かせません。
加えて、先述した給与計算ソフトなどの知識があれば優遇されます。

また、労務(人事)という仕事は、社内のすべての従業員を相手にするので、コミュニケーション能力や人当たりの良さなども重要な資質のひとつ。
従業員の労働環境を保つために、責任感を持って正確に業務をこなせるかどうかも面接の合否を左右する要素となります。
「人のために」行動したいという方に向いている仕事と言えるかもしれませんね。

労務の転職におすすめの転職サイト

労務に転職を考えている人におすすめの転職サイトをご紹介します。
労務の求人数やサポート体制などを考慮したおすすめの3つを厳選しました!

キャリアアップを狙うなら「ビズリーチ」

区分

転職エージェント

求人数

70,000件以上

非公開求人数

約37,000件

年収範囲

500~2500万

特徴

国内最大級のエグゼクティブ向け会員制転職サービスを行う

日系企業、外資系企業の30代のマネージメント層の案件を得意としている転職サイトです。

最大の特徴は、無料のものが多い転職サイトや転職エージェントの中で、有料のサービスを用意しているところ。
無料のスタンダードプランではできない「スカウト内容の閲覧や返信」「非公開求人への応募」「ヘッドハンターへの直接相談」が可能になります。

また在籍している数多くのヘッドハンターと話す機会を持てるため、ビジネスパーソンにとってキャリアを見直し、これからを定める格好の経験となるでしょう。

有料だけにサポートも万全なので、労務が未経験の方にもおすすめの転職サイトです。

BIZREACH(ビズリーチ)に登録する

管理部門に特化した「MS-Japan」

区分

転職エージェント

求人数

約4,500件

非公開求人数

年収範囲

100~1500万

特徴

経理・公認会計士・税理士・弁護士・人事・法務の分野に特化

MS-Japanの特徴は、管理部門(経理・財務・人事・総務・法務・経営企画)と、スペシャリスト(弁護士・公認会計士・税理士・金融専門職・コンサルタント等)に専門特化していることです。
取り扱っている企業の種類は大手企業、外資系企業、会計・法律事務所など多岐に渡ります。
もちろん労務の転職も得意分野のひとつ。

特に人事労務で転職を考えている方には、管理部門で長年実績を積み上げてきた方も多いと思います。
その熟練されたスキルとこれまでのキャリアを活かして、スペシャリストとしてのステップアップを図りたい人におすすめの転職サイトです。

MS-Japanに登録する

多くの選択肢から探すことができる「リクナビNEXT」

リクナビNEXT

区分

転職サイト

求人数

約9,500件

非公開求人数

年収範囲

~1,000万

特徴

通期の求人件数やリクナビ限定求人件数が多い

国内最大級の転職サイトのリクナビNEXT。
転職が初めての人でも名前は知っているという人は多いのではないでしょうか。

知名度が高いことから企業の活用度も高いため、80%以上がリクナビNEXTだけが扱う求人案件というのも見逃せない特徴です。

また、リクナビNEXTには転職を効率的に進めたい人におすすめの「スカウトサービス」があります。

「スカウトサービス」では、企業もしくはキャリアコンサルタントが在籍する提携エージェントから、3種類(「プライベートオファー」「興味通知オファー」「オープンオファー」)のスカウトオファーを受けることができます。
労務経験者ならスカウトサービスを利用してよりいい条件で転職できる可能性がありますよ。

転職をしようか迷っている方にも転職を本気で考えている方にも、まずは登録してほしいおすすめの転職サイトです。

リクナビNEXTに登録する

労務はまさに縁の下の力持ち!

労務という仕事は、企業の利益に直結する仕事ではありませんが、給与計算や福利厚生など従業員のパフォーマンスを陰で支える大切な仕事です。
そんな労務に従事する方には、責任感や正確性が強く求められます。
経験者が歓迎される職種ではありますが、未経験でもチャレンジできますので、ぜひトライしてみてくださいね。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連キーワード

関連記事

【例文あり】製造業界へ転職!志望動機と知っておきたいポイントまとめ

目次1 製造業界ってどんな業界?2 製造業界での主な職種2.1 割合的に多いのは圧倒的に専門職2.2 企画職2 […]

続きを読む

社員旅行は全てが福利厚生になるわけでは無い!社員旅行を行ううえで注意したいこと

皆さん、社員旅行という言葉にどのような印象を持っていますか。 従業員同士の親睦を深める楽しいイメージを抱く人、 […]

続きを読む

未経験で営業職へトライ!成功に繋がる転職活動のポイント

営業職はほぼどの業界にも業種にも存在していますよね。 未経験で営業職に挑戦する人たちに役立つおすすめの転職サイ […]

続きを読む

介護職への転職面接で受かる人と落ちる人の違い

介護職への転職での面接でよく聞かれる質問、採用担当者が面接でチェックするポイント、面接で良い印象を残すための対 […]

続きを読む

以外と知らない労働基準法の基本

あなたは労働基準法をどのくらい知っていますか? 就業規則や会社の慣習は良く知っているが、労働基準法は名前だけ知 […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

3

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

5

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

続きを読む

6

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

プリンターがなくても安心!コンビニで職務履歴書を簡単プリントする方法!

プリント代に困ったり、プリンターが急に使えなくなったり……と、肝心なときに限ってなぜかトラブルに見舞われるもの […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか? ハローワークでは、職務経歴書の書き […]

続きを読む

10

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

おすすめの転職サイト

ピックアップ特集

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

3

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

5

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

6

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

プリンターがなくても安心!コンビニで職務履歴書を簡単プリントする方法!

プリント代に困ったり、プリンターが急に使えなくなったり……と、肝心なときに限ってなぜかトラブルに見舞われるもの […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか? ハローワークでは、職務経歴書の書き […]

10

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

もっと読む