自宅にいながら薬剤師として働ける派遣薬剤師の在宅勤務の詳細

自宅にいながら薬剤師として働ける派遣薬剤師の在宅勤務の詳細

薬剤師としての資格を取得し、勤務するにあたって、子育て中や介護を必要とする家族がいる場合、在宅でできる仕事があるとしたら、いかがでしょうか?
薬剤師としての業務を派遣会社に登録することで、在宅で行える働き方があります。

調剤薬局やドラッグストアなどでの薬剤師の業務とはまた違った在宅勤務の派遣薬剤師の仕事をピックアップしてみました。
今後、調剤薬局という場での薬剤師の仕事は高齢化社会に伴い在宅業務を取り組んでいくであろうと見られています。では、具体的に派遣薬剤師の在宅業務について見ていきましょう。

在宅でできる派遣薬剤師の業務なんてあるの?

患者個人と向き合う「居宅在宅」、医療チームと連携して行う高齢者施設向けの「施設在宅」といった区分があり、希望にあった働き方ができます。経験を積むことでキャリアアップもできるよう、教育制度が整っている職場もあります。居宅在宅や施設在宅とは違い、自宅でできる在宅ワークもあります。自宅でできる在宅ワークの場合は、薬剤師専門の記事を書く仕事が多いです。その辺も含め、詳しく見ていきましょう。

派遣薬剤師の職場

派遣薬剤師は、ドラッグストアや調剤薬局、病院などで働くことができますが、契約期間などで長く働くことができないデメリットがあります。人間関係なども職場が変わる度に変わってきます。高給で福利厚生なども充実した派遣薬剤師は、待遇が良いことはメリットですが、先述したようなデメリットが存在します。最近では、在宅での業務にも力を入れているドラッグストアなどもあり幅広く経験を積むことができるでしょう。在宅ワークでは、職場の人間関係を気にすることなく作業ができるので気疲れする必要もありません。

派遣薬剤師になるためには?

派遣薬剤師になるためには、まず現在自身が置かれている問題を挙げてみましょう。それらが派遣薬剤師になることで解決できることなのかを考えて見る必要があります。実際に派遣薬剤師になるためには、派遣会社に登録する必要があります。薬剤師専門の紹介会社や派遣会社を通して様々な求人を見てみましょう。

派遣薬剤師なのに職場が自宅?

派遣薬剤師でも、在宅業務が出来るところもあります。在宅業務の場合、派遣薬剤師でも、職場は自宅になります。派遣会社から派遣された場所で在宅業務がある場合は希望すれば自宅で仕事をすることができます。

在宅が可能な派遣薬剤師の業務とは?

薬剤師の在宅業務は、薬を届けるだけではありません。薬剤管理、服薬指導、注射剤の扱い、緩和ケア、処方提案など多くの業務をこなすこととなります。一般的に薬剤師の在宅業務というと居宅在宅や施設在宅ですが、完全に自宅でできる在宅ワークもあります。完全に自宅でできる作業は文献に関わる業務やライティング業務、そして問い合わせ窓口になる業務などです。

薬剤文献に関わる業務

海外の文献を翻訳し、企業が薬を正しく使えるようにする業務です。なので、英語力が必要になってきます。英語力を活かし文献翻訳に携わりたい薬剤師にはおすすめの業務です。

メディカルライターとして活躍する

メディカルライターとは、主に医薬品開発に関わるライティングや細心の医療情報に関する内容のライティング、広告会社での医薬品のプロモーションなどをする業務です。特に資格が必要な仕事ではありませんが、英語や医療の知識が豊富であった方が役に立つため有利と言えるでしょう。

製薬会社の問い合わせ業務

医療関係者からの問い合わせ窓口になる業務です。医薬品関係の学術文献や抄録作成などの業務もあります。文献を読解し抄録作成を行い、製薬会社の正式な文書として回答する業務です。電話だけではなく、メールでの対応の仕事もあります。

在宅での派遣薬剤師のメリット

在宅医療の仕事をする上でのメリットは、主に5つあります。チーム医療の中で薬のプロとして活躍できる、患者と深く向き合うことができる、在宅医療ならではの専門性が身に付く、薬局の外で働くことで薬剤師としての幅が広がる、成長が確実な分野のため今後のキャリアの安定が見込まれる。以上の5つが在宅医療の仕事をする上でのメリットです。

この他に、給料や勤務時間などについて見ていきましょう。全て自宅でできる在宅業務の場合、空いた時間に作業ができ、小さい子供がいる場合でも安心して作業ができます。自分のペースで作業ができる点が大きな魅力でしょう。職場の人間関係に悩まされることもないので精神的にも楽といえるでしょう。

在宅薬剤師の給料

居宅在宅や施設在宅といった薬剤師の在宅業務の給料は400~700万円程が相場です。最近では都市部より地方の方が高給の求人が多いようです。給料は、企業や店舗、薬剤師の年齢や経験によっても違いが出てきます。全ての求人に当てはまるわけではありませんが、全国的に見ると地方の方が高年収に設定しているようです。一方、完全に自宅で作業する在宅業務の場合も年収400万円程が相場です。薬剤師ということもあり一般の在宅業務の相場よりかなり高めの報酬です。

在宅薬剤師の勤務時間

在宅薬剤師の勤務時間は、勤務場所によって大きく違ってくることもありますが、9時間や10時間といったところも多い傾向にあります。更にこれに加え残業が発生する場合もありますので、決して短い時間での勤務時間とは言えません。短い時間での勤務を希望する場合は、そのような職場を探していく必要があります。

そのような時は、転職サイトや求人コンサルタントにお願いするという方法もあります。また、全て自宅で行う在宅業務の場合空いた時間に作業を行うことができます。仕事が期限内に終わるように自分でコントロールして作業することができます。

在宅薬剤師の知識

在宅薬剤師の役割には、薬の飲み忘れを改善、薬の知識不足による事故防止、医師や看護師などの在宅医療従事者の負担を軽減という3つの重要な役割があります。薬の管理などは知識が必要なことなので薬の知識が必要になってきます。更に、処方箋の効果や副作用についての確認で、血圧や脈拍などのバイタルチェックを行うこともありますので、幅広い知識も必要になってきます。在宅薬剤師のための認定制度「在宅療養支援認定薬剤師」を取得することで幅広いスキルも身に着けることができます。

在宅での派遣薬剤師の仕事の流れ

勤務先によって、件数は違いますが在宅薬剤師は1日に平均5件から6件程の患者の家を訪れます。仕事の流れは、医薬品を調剤し患者の家に届ける→患者の家で服薬指導や薬の管理→医師や看護師、ケアマネージャーなどに業務報告。といった流れです。患者とのスムーズなコミュニケーションが求められる仕事です。

また、自宅での業務の場合は、クライアントから仕事の依頼を受ける→仕事の説明を受ける→作業する→クライアントに作業を確認してもらう→修正があれば修正→OKであれば報酬という流れになります。あくまでもクライアントの意向に沿った業務をすることが大切になってきます。

まずは派遣会社に登録

派遣在宅薬剤師になるために、まずは派遣会社に登録する必要があります。そこで、在宅業務がある職場を探しましょう。紹介会社経由で探すと年収交渉などもできるので活用してみると良いでしょう。在宅業務は人気があるので、非公開求人になっていることが多いです。そのため、インターネットに出回っていません。

非公開求人を見つけるには、薬剤師専門の転職サイトなどに無料登録して、専属のエージェントやコンサルタントをつけましょう。エージェントが非公開求人を保有している場合が多いので、在宅ワークのような非公開求人はエージェントと紹介先の職場との信頼のもと紹介してくれるという形をとっている場所が多いです。

クライアントからの仕事依頼

応募から業務、報酬を受取るまでを全ての流れを自宅のインターネットで行うことができます。まずは、人材紹介会社から仕事の依頼を受けます。次に仕事内容の説明を受け、互いに合意したら仕事が始められます。

納品と報酬受け取り

仕事の依頼と説明を受け、作業が終わったら、クライアントに仕事を確認してもらいます。修正があれば修正を行い、OKが出たら報酬となります。
在宅ワーク未経験者がいきなり最初から高額報酬を受け取れるわけではありません。信用を作り、仕事も少しずつ増やしていけばクライアントから自然と仕事を貰えるようになってきます。自分の能力以上の仕事を求め、信用を失わないように仕事をすることが大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。居宅在宅や施設在宅といった患者の家に出向いたり施設に出向く在宅業務がある一方で、完全に自宅でできる在宅業務もあるということがお分かりいただけたと思います。給料も一般的な在宅ワークと比べ薬剤師ということもあり、高給です。副業としても役に立ちそうですね。薬剤師の知識を活かし、文章を書く仕事や好きな方は是非やってみてはいかがでしょうか。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連記事

おすすめ記事

50代女性は転職サイトの利用がおすすめ!転職のポイントとは?

女性の社会進出が多くなってきた現在では、定年までバリバリ働く女性もいます。 50代で家庭が落ち着いて来たタイミ […]

続きを読む

地方公務員とは?地方公務員になる方法や仕事内容を詳しく解説

地方公務員とは?そのやりがいや仕事内容とは?この記事では、地方公務員に興味のある方向けに、地方公務員について知 […]

続きを読む

【例文あり】医療業界へ転職!志望動機と知っておきたいポイントまとめ

目次1 医療業界ってどんな業界?2 医療業界での主な職種3 医療業界で働くメリット・デメリット4 医療業界に転 […]

続きを読む

熟読必須の求人内容!条件で見える企業の実情

求人内容にある条件を表面的な部分だけで判断していませんか? 企業の募集背景や実情まで考えてみると、適格者として […]

続きを読む

ホテル業界に転職したい第二新卒が知っておくべきポイントまとめ

第二新卒でホテル業界への転職を成功に必要な基礎知識から、第二新卒としての具体的な志望動機の例文までを紹介します […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

もっと読む

ピックアップ特集

おすすめの転職サイト