「再度電話します」という留守電メッセージに対する対応について

「再度電話します」という留守電メッセージに対する対応について

転職活動している際、仕事しながら次の仕事を探すことが多い環境だと思います。
その際、面接時の約束をしたが時間変更の連絡があったり、もしくは面接後であれば、合否連絡でありますよね。また受かったのであれば、健康診断や次回の持ち物の連絡だったりと電話連絡することもたびたびあるかと思います。

もし仕事中で出られず、留守電に「再度電話します」とメッセージが入っていた場合、
どのように対応したらいいのか、分からないことはありませんか?
今日は転職活動する際の「再度電話します」という留守電メッセージに対するマナーについて説明いたします。

「再度電話します」という留守電メッセージに対する対応について

面接時に働いている旨を伝えているのであれば、出られないだろうと思って企業側の方もかけていることと思います。
つまり裏を返せば、「再度電話します」と留守電に入れれば、手すきの時間にかけ直してくれるだろうと思っているわけです。

通常、「再度電話します」といった留守電メッセージの場合、電話を受けた側から折り返し電話をかけるのがマナーとなっています。
ですので、必ずすぐに応募先企業に電話を折り返しましょう。

電話に出られなかったことを丁寧にお詫びし、面接前であれば
「本日の○時頃に、○○さまよりお電話をいただいておりました。遅くなりましたが、折り返させていただきました」

もしくは、面接後であれば
「先日面接した○○ですが、不在連絡をいただいたので(面接担当)さん(もしくは採用部署)をお願いできませんでしょうか?」

という感じで折り返しされると、スムーズに話が通じると思われます。

折り返して相手が不在の場合

折り返し電話をされた時に、仕事をしているので、相手も不在の場合がある場合もあるでしょう。
その場合は、上記電話対応の例のあとに、次のことに気をつけましょう。
電話の相手の企業担当者さんがいらっしゃる時間を聞いてみるのもいいでしょう。

そして、その時間にまたこちらからかけ直させて頂きます、と伝言を頼みましょう。
おそらく電話口の方は、こちらからかけさせますと言われるでしょうから
「自分は、○○時まで仕事で出られないと、○○様に2度手間をかけて、大変申し訳ないのでこちらから折り返しさせていただきます」
というふうに、自分が電話に出られない時間をさらっと理由にして伝えておけるとベターです。
基本はご自身が相手方のご都合のいい時間にかけ直しするのが基本ですよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています