50代の転職で有利になる資格は?業界・職種別に役立つ資格とその活用を徹底解説!

50代の転職で有利になる資格は?業界・職種別に役立つ資格とその活用を徹底解説!

50代での転職は厳しいととらえられることが多いのではないでしょうか。確かに選択肢はある程度絞られてきますが、50代でも転職できる可能性は十分にあります。この記事では、

「50代の転職で役立つ資格が知りたい」
「50代の転職で有利になる資格をどのように役立てたらよいのか」

という疑問に答えるべく、50代の転職に役立つ資格とその活用法を徹底解説します!

50代の転職のパターン パターンごとに資格をどのように役立てるか

50代の転職は、大きく2つに分類されます。一つは、キャリアアップや待遇の向上を目的にした前向きな転職です。もう一つは、リストラなどを理由に生計を立てるために必要な収入を確保するための転職と言えます。

経験分野での転職のコツと資格活用法

50代での前向きな転職の場合、豊富な経験を活かせる職場に転職したいところ。実務経験があれば、転職向けに資格が必要でない場合も多くあります。

これまでの業務の中で取得した資格があれば、さらに自分の専門分野を極める資格を取得してみるのもよし。また、実務経験と資格を組み合わせると効果が倍増する可能性もあるので、活用の仕方を考えたいところです。

未経験分野での転職のコツと資格活用法

リストラなどにより、50代で新たな職場を探さなくてはならない状況になった場合でも、基本的には経験を活かせる企業への転職が望ましいとされます。

しかし、それでも未経験分野や異業種へと転職したい場合もあることでしょう。これ以降では、

  • 経験+資格を活用して、経験分野へと転職したい人
  • 未経験分野や異業種へと転職したい人

向けに、50代の転職での役に立つ資格と、その活用法を解説します。
また、50代の転職では人気の資格をどのように活用すべきかと、活用する上での注意点にも言及します。転職に資格を活かすための参考にしてください。

では、まずは未経験分野への転職を希望する人向けの資格から紹介します。

不動産業界への転職で役立つ資格は何? 

ここでは、未経験者でも不動産業界へ転職できる資格である、管理業務主任者の活用方法、ならびに宅建の位置づけについて解説します。

管理業務主任者はどのように活用する?

50代でも現実的に可能なのは、マンション管理会社への転職です。マンションの管理人は、50代でも採用されることが多く、活躍の場はたくさんあります。

最初はマンションの管理人として転職し、任されたマンションの清掃、住民のトラブルの解決や、クレーム対応などを行うことになります。

そして、管理人をしながら管理業務主任者の資格を取り(もしくはあらかじめ取得しておく)、不動産業界でのキャリアアップを狙いましょう。

管理業務主任者の資格自体、マンション管理のコンサルティングを行ったりするためのスキルを証明するものです。したがって資格自体に魅力もありますが、不動産業界での実務経験を積むことが重要になります。

マンション管理に必要な知見を実務の中で習得しながら、資格試験で知識をものにすることで不動産管理の専門性を高めることができます。

マンションの管理人は資格がなくてもできるので、資格の勉強をしながら管理人として働くのもいいですし、取得後現場で経験を積むのもいいでしょう。マンション管理士の資格も合わせて取得しておくと、役立つかもしれません。

人気資格の宅建は、50代が持っていても不動産業界では魅力的ではない

不動産業界で有名な資格に宅建があります。しかし、50代にもなると一般的には宅建を有していても魅力的に見られることは少なく、ましてや転職での武器として活用することは現実的ではないようです。

自動車免許を活用できる転職を大紹介!

自動車免許にはさまざまな種類があります。普通自動第一種免許を取得している人は多いと思われますが、他の免許も取得することで仕事の幅を広げることができます。

ここでは、自動車免許を活用して転職する方法を、免許の種類ごとに紹介します。

50代からタクシー運転手に!普通自動車二種免許

普通自動車二種免許を取得して、タクシー運転手になるという道があります。普通自動車二種免許の取得者は40代や50代の中高年者が多くなっています。

タクシー運転手になる方法は、個人タクシーの事業者になるか、タクシー運転手になるかの2つです。ただし、個人タクシー事業者となるには、運転経験等の基準があるので確認しておきましょう。

未経験者からの転職は多めで、女性のタクシードライバーも増えてきています。

普段から自動車を運転していたり、運転が普通にできるのなら、普通自動車二種免許を取得すればドライバーになることはそれほど大変ではありません。検討の価値はありそうです。

50代からトラックドライバーに! 普通自動車第一種免許・大型免許を活用しよう! 

トラックドライバーとしての活躍を視野に入れて転職を考えるのもいいかもしれません。

トラックドライバーは過酷なイメージもあると思われます。
確かに、大型トラックを利用しての長距離ドライバーの場合は激務で、届ける時間を守るために昼夜かまわずトラックを走らせるため、生活が不規則になる場合もあるようです。

しかし、働き方はそれだけではありません。

トラックにも、大型、中型、小型など種類があります。それぞれに応じて、転職先として選べる会社や働き方はさまざま。

トラックにも種類があり、勤務形態も会社による

中型トラックでは日帰りも可能な中距離の運転が中心、小型のトラックでは近距離の配送などが中心となります。

普通自動車の免許で運転できるのは4tトラックまでで、それを超えると大型自動車免許が求められます。他にも宅配運転手や、大量の荷物を積んだトレーラーを運転するドライバーなど、活躍の幅は広いです。

危険物取扱者の資格が有利になる場合も

危険物取扱いの資格を取得していると、危険物の運搬に携わる仕事にも関わることが可能となります。重い物を持ったりということも少なく、資格により優遇される場合もあることから、合わせて取得しておくといいかもしれませんね。

50代からバス乗務員になろう!

大型自動車第二種免許を取得すれば、観光バスや路線バスの運転手になることも可能です。安全運転や、お客さんに気を配ることが求められます。

50代は他にも、さまざまなドライバーとして働ける!

他にも、お偉いさんを乗せる車を運転する役員車ドライバーや、運転手と介護ヘルパーの役目も兼ねる介護タクシードライバーなどもあります。

もしトラックドライバーとして活躍したいなら、自分がどのようなドライバーとして活躍したいかをしっかり見据えましょう。

また、将来的に、物量業の個人事業主として独立する選択肢もあるので、考えてみてもいいかもしれませんね。

警備業務検定 警備員としてキャリアアップ!

警備員にも種類があります。過酷なイメージのある警備員ですが、警備の職種によっては、想像するほど過酷でない場合もあるので、先入観は捨てて検討してみるのも良いかもしれません。

警備員にも資格がある!資格を取得して転職を有利に!

警備員は、50代の採用も数多くあります。資格がなくても転職はできますが、将来的に管理職になり収入アップを狙う上で、資格は必要不可欠です。

警備職への転職前、もしくは転職後働きながら警備員の資格を取得すれば、キャリアアップへの道が開かれるでしょう。

長時間立ちっぱなしになったり真夏の炎天下でも外での業務があるなど、過酷なイメージもある警備員ですが、そうしたイメージほど肉体的に過酷でない警備員業務も存在します。
「警備員」といってもさまざまです。ここでは、50代でも採用されることの多い警備業務についてみていきます。

警備員の国家資格を大紹介!資格を活かしてキャリアアップ!

警備員の国家資格である警備業務検定は、求められる警備に応じていくつかの種類に分かれています。ここでは、資格の種類とその活用方法を解説します。

施設警備業務2級、1級

施設において、事故発生を警戒・防止するために求められる知識やスキルを証明する資格です。1級を受けるには、2級合格後実務経験を1年以上積む必要があります。

交通誘導警備業務 2級、1級

工事現場などの車や人が通行する上で危険のある場所において、事故の警戒・防止をするためのスキルや知識を問う資格試験です。

こちらも、1級を受けるためには、2級取得後、1年以上の実務経験が求められます。

雑踏警備業 2級、1級

人で混雑する場所での事故発生を防止するために必要なスキルや知識を証明する資格です。

貴重品運搬警備 2級、1級

現金、有価証券、美術品、貴金属などを運搬中、盗難事故の発生を警戒・防止するために求められる知識やスキルを証明する資格です。

核燃料物質等危険物運搬警備 2級、1級

核燃料物質の運搬時に、盗難事故の発生を警戒、防止するための知識やスキルを証明する資格です。

空港保安警備 2級、1級 

航空機でハイジャックなどが発生することを警戒、防止するために必要な知識やスキルを証明するための資格です。業務内容としては、旅客の所持品検査や機内持ち込み制限品の検査などがあたります。

そのほかにも工事現場での交通整理、ショッピングセンターでの巡回など、警備員の活躍の場は場広く存在します。警備員は、「警備員国家資格」という国家資格が転職に有利です。

資格取得により優遇、キャリアアップもあり

資格取得により、給与が上がったり管理職に就任できたりというメリットがあります。もちろん未経験の場合、はじめの数年間は下積み期間となりますが、3年で管理職への就任を果たしている警備員もいます。

前向きに資格を活用したいところですね。

医療・介護系資格!50代の転職で有利な介護・医療系資格とは?

ここでは、医療・介護系の資格とその活用方法を紹介します。世間での人気資格が50代の転職で価値を持つか、という点についても確認しておきましょう。

ドラッグストアなどでのニーズが高い!登録販売者

登録販売者とは、一般用の医薬品を販売する上で必要な医療資格です。

かつては受験資格として、1年以上の実務経験が必須となっていました。しかし、法改正を経て、実務経験がなくても受験できるようになりました。

登録販売者は、ドラッグストアやスーパーなどで一般用の医薬品を販売するために求められる資格です。薬剤師に比べ、取り扱える薬品の数や収入面で劣りますが、無資格者よりも高い収入と待遇が望めます。

介護で仕事を始めるなら!介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)

介護施設などで、高齢者や障害者の介護を行う際に取得が求められます。

介護職員初任者研修の上位資格として、介護福祉士(受験資格:実務経験3年以上)、ケアマネジャー(受験資格:実務経験5年以上)があります。

高齢化が進み人手が不足していることから、50代でも採用される場合が多くあるようです。
高齢者に目線が近い50代の人材を求める場合ケースもあるようです。

介護の現場は過酷でも、キャリアアップで成功している人も存在する

介護業界の勤務は50代にとっては過酷なイメージがあることでしょう。

しかし、経験を積み上位資格を活用して収入、待遇を向上させた例も存在します。

勤務開始直後は確かに過酷かもしれません。しかし、その後を見据えてキャリアアップの努力を欠かさなければ、介護業界で資格を活かし、体力的にそれほど負担でない仕事を受け持つことも可能です。

女性にも大人気!医療事務

医療機関で、医師や看護師を補助するなどの事務が仕事になります。

「医療事務」というのは、たくさんの民間資格の総称のことです。合格率の高いものから低いものまでさまざまな医療事務資格が存在します。転職先で求められる医療事務の資格は何かを定めて、資格を取りましょう。

女性を中心におすすめの資格としてよく紹介されるようですが、資格を持っている未経験者も、無資格の経験者にはかなわないというのが実情のようです。業務独占資格ではなく、資格がなくても業務に携わることもできます。

ですが、未経験者がチャレンジする場合、資格取得により有利になることには変わりありません。50代も採用する求人もある程度存在するので、積極的に応募してみましょう。

50代の転職で有利になるその他の資格

ここでは、50代の転職で有利になるその他の資格について解説します。

危険物取扱者の乙4 ガソリンスタンドへの転職を有利に!

50代でも、資格を持っていることが転職に大きく貢献しうるレアな資格があります。それは、「危険物取扱者の乙4(可燃性液体)」です。

危険物取扱者の乙4の活用方法は、「セルフガソリンスタンドでの監視員」です。
監視というのは、モニターで給油作業を監視することを指しますが、この業務は乙4取得者か、甲種取得者にしか行うことができません。

実は、ガソリンの給油が行われる際には、必ず監視している人が許可のボタンを押さないと給油されません。そのため、資格取得者が求められています。

必要に応じて顧客対応や、給油ストップなどの措置も取ります。それほど肉体的に厳しい労働ではなく、座ったままの仕事であるため、体力的に衰えが見られる50代でも取り組みやすい仕事と言えます。求人があれば、ぜひとも資格を活用したいところです。

保育士 子供好きな女性におすすめ!

合格には、保育士の養成施設を卒業するか国家試験に合格する必要があります。子育て経験を活かせる点で、女性にも人気の職業です。

注意点として、ピアノの実技試験があるため、ピアノの練習を行う必要があります。子供と遊んだり、子供とたくさん触れ合ったりできる楽しさのある反面、体力を使い、思いがけない行動に走る子供たちを相手に神経を光らせているのは大変です。

50代から保育士となるにはそれなりの覚悟も必要になりますが、努力次第で不可能でもありません。

50代の転職でのIT資格と士業資格の使い方

ここでは、50代の転職における、IT資格の位置づけと、士業資格をどのように使うべきかを解説します。

IT業界経験者へ!IT業界で転職を有利にするなら上位資格を

一般的には実務経験が重視されるIT業界ですが、IT業界の経験者であれば資格や経験を活かして転職先を探すことも可能です。
未経験では厳しいですが、自分が過去に活かしてきた実務経験と合わせて資格を活用することで、強みにできます。

IT業界の経験者が活用するなら、専門分野を極める上位レベルの資格を活用したいところ。
IT業界での転職に役立つ資格について詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にして下さい。

参照:
https://careerjourney.jp/change-jobs-information-technology-qualification/

50代からの士業系の資格の使い方での注意点

弁護士や税理士、行政書士などのいわゆる「士業」と呼ばれる資格は、難易度の高い人気資格です。取得者の高収入が魅力となり、低い合格率にも関わらず多くのチャレンジャーがいます。

士業を取得したからと行って安泰ではない

公認会計士、弁護士ですら廃業する、仕事がない時代といわれる現代では、資格取得に加えて「商売を成功させる」ということが求められます。

士業で難関の国家資格は魅力的に映りますが、それにより転職が果たせるか、独立して整形を立てていけるかは別問題。

弁護士や行政書士などは一般的に民間企業では需要がなく、事務所への転職か独立開業をする必要があります。しかし、事務所は小規模のものが多く、事務所で求人があるとしても、50代で採用してくれる場合はレアケースです。

独立開業にせよ、看板があればお客さんが寄ってくるほど甘いものではなく、事務所で顧客を相手に「商売する」という意識が必要になります。

資格を持っているだけでなく、友人、親戚などの人脈やつてを活用しての契約が結べたりするといいのですが、商売を成功させるための基盤がなければ成功は容易ではないでしょう。

公認会計士、社会保険労務士、中小企業診断士、税理士、司法書士、弁理士などは数年で取得が可能と言われていますが、この資格だけで転職や独立を成功させることは難しいとされます。

勉強期間も長期しがちで、費用面も考えて、長期間働き続ける覚悟が必要

一般的に、士業での独立開業を志すなら、費用なども考え、元を取り、+αで高収入を稼げるようになるまでに10年、20年の歳月が必要だと言われます。また、複数の資格を組み合わせないと厳しいようです。

士業の資格はあくまで手段でしかなく、+αで他と差別化できるサービスやコネ、人脈などが求められてきます。士業を取得すること自体がだめなのではなく、それをどう活かすかを含めて長期計画で働くことを考えなくては意味のないものになってしまいます。

50代から士業で独立して成功している方もいるので、やり方次第ではあります。

転職に士業を活かす場合、他のスキルに加えての彩りの一つにはなる場合も

独立でなく、転職に士業を使う場合、中小企業診断士、社会保険労務士などの資格が挙げられます。他の年代でも言えることですが、これらの資格を持っていれば転職が実現するほど甘くはありません。他に、管理職としてのマネジメント経験、高度な専門スキルと合わせて
、自分が持っている知見の一つの証明として活用することになります。

50代の転職は厳しいが、資格も活用し成功させよう

50代の転職は限られますが、資格を活用して転職を成功させることも可能です。できれば自分の経験分野を活かした転職先を探し、上級レベルの資格と実務経験を武器にしたいところ。ですが、未経験分野でも、50代の転職に有利な資格を活かすことで転職を成功させることが可能です。必要な資格は何かをしっかり見極めましょう。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連記事

おすすめ記事

資本金と会社規模の関係とは

求人情報や求人サイトで、どんな会社なのか気になる時は、会社情報を必ず見られると思います。 その中で、「資本金」 […]

続きを読む

事務職を目指す女性の転職エージェントの選び方は?活用法やポイントもご紹介

企業選びから履歴書作成、面接……と、転職活動はやることがいっぱい。 その忙しさを乗り切るのに、転職エージェント […]

続きを読む

職務経歴書がフリーターにとっても大切な理由とは?フリーターの職務経歴書の書き方について

フリーターからの正社員を諦めている方はいませんか。フリーターでも、熱意を持って職務経歴書を書けば、立派なアピー […]

続きを読む

派遣を辞めたいときとは?理由や対処法を解説!

派遣を辞めたい時に、どう行動したらよいか悩む方もいると思います。 この記事では派遣を辞めたいと思う時に多い理由 […]

続きを読む

未経験で外資系企業への転職を成功させるポイント

グローバル化が進み、転職で未経験でも外資系で活躍したいと考える人も増えています。 外資系特有の厳しさもあります […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

もっと読む

ピックアップ特集

おすすめの転職サイト