「クリエイティブ」ってどんな仕事?クリエイティブ職一覧から転職方法まで一挙解説

「クリエイティブ」ってどんな仕事?クリエイティブ職一覧から転職方法まで一挙解説

「クリエイティブな仕事に就きたい!」という夢を実現させるためにはどうすればよいのでしょうか。
専門性が高い仕事ではありますが、中には未経験者でもチャレンジできるものも。
クリエイティブ職の一例を参考に、クリエイティブ職への転職方法を紹介しましょう。

何をやるの?職種「クリエイティブ」とは

そもそも、クリエイティブな職種とはどういった仕事を指すのでしょうか。
まずはそこから、見ていきましょう。

何かを創り出すのが仕事

クリエイティブとはもともと、「創造する」という意味の言葉。
つまり、クリエイティブな仕事とは、「何かを創造する仕事」のことをまとめた呼び方です。
また、クリエイティブな仕事に従事する方を「クリエイター」と呼ぶこともありますが、クリエイティブな職種は、「クリエイター」と「プロデューサー」に大きく分類することができます。

クリエイター職とプロデューサー職

クリエイター職とは、文字通り「創造する仕事」で実際に手を動かすタイプの仕事がこれにあたります。
一方で、プロデューサー職とは、クリエイターを監督したり指示を出したりする仕事のこと。
「何をどうやって作るのか」について考えるのがプロデューサー職で、クリエイターとは異なり直接手は動かさないものの、プロデューサー・ディレクター・編集者などとして活躍する方もクリエイティブな職種です。

一般に、クリエイターとしてのキャリアを積んだ方がプロデューサーとなる傾向が強いものの、必要な資質は異なりますので、生涯クリエイターを貫くという方も少なくありません。
クリエイター職を目指すのであれば、どういったキャリアを歩みたいのかあらかじめ考えておくといいかもしれませんね。

クリエイティブ職、具体的には?タイプ別職種一覧

手を動かすかどうかによって、「クリエイター」と「ディレクター」に分けることができますが、実際にはどういった仕事があるのでしょうか。
今回は主にデザインに関する仕事に限って、職種を紹介します。

ビジュアルデザイン

「ビジュアルデザイン」はクリエイティブ職の中でも人気のひとつ。
スマートフォンの普及によって注目を集めているwebデザイナーをはじめ、グラフィックデザイナー・イラストレーター・ゲームデザイナーなどがあります。

自社のホームページやスマホサイトを作成する際には当然、企業カラーを大切にしたおしゃれで見やすいデザインが求められます。
他社と差別化を図るためにもビジュアルデザインは重要ですので、企業にとっても力を入れたいポイントですよね。
HPデザインを外部に発注するとコストがかかることもあり、近年では社内にwebデザインの担当者を置く企業も増えているようです。

プロダクトデザイン

物をデザインする「プロダクトデザイン」もクリエイティブ職のひとつ。
インダストリアルデザイナー・プロダクトデザイナーなど、文具・キッチン用品・家電製品など、ありとあらゆる「工業製品」をデザインする仕事です。

職場としては、メーカーのデザイン部や商品開発部をはじめ、デザイン事務所などが一般的でしたが、デザイナー自身がデザインした雑貨を卸したり、自分で店を構えたりといったケースも増えているようです。

スペースデザイン

インテリアデザイナーやインテリアコーディネーターと仕事を耳にしたことがあるという方も多いかもしれませんね。
こうした空間をデザインする仕事は「スペースデザイン」と呼ばれます。
他にも、建築家やガーデンデザイナー、売り場や展示会での見せ方を演出するディスプレイデザイナーといった職種も。

建築家はもちろん、インテリアコーディネーターなど資格があるものも多いので、まずは資格の勉強から入るという方も多いようです。

ファッションデザイン

ファッションに関するクリエイティブ職では、ファッションデザイナーやスタイリスト、コスチュームデザイナーといった仕事があります。
ファッションデザイナーは主にアパレルメーカーで、コスチュームデザイナーは舞台制作会社に所属して経験を積むという方が多いようです。
一方で、フリーデザイナーの助手として下積みをするケースも珍しくはありません。

職種「クリエイティブ」に転職するには?

デザインに関する仕事を一例として紹介しましたが、実際にクリエイティブ職に転職するにはどうすればよいのでしょうか。

必要なスキルは様々

クリエイティブ職と一口に言っても、ファッションやwebのデザイン、コピーライターや編集者など紙面に関する仕事まで実に多種多様。
また、インテリアデザイナーの様に資格があるものもあれば、経験がものを言う仕事や感性が重視される仕事もあります。

やりたい仕事に従って、まずはどういったスキルが必要なのか情報収集をしておくことが肝心です。
資格がある場合には、関連書籍やテキストを買ってみるのもいいかもしれませんね。

未経験では難しい仕事も

クリエイティブ職の中には、未経験の職種からチャレンジするのが難しい仕事もあります。
たとえば、「編集者」。
採用では実務経験が問われることが多いのが実情で、出版社から出版社への転職というケースが目立ちます。
その一方で、未経験者でも、企画や交渉力など異業種での経験で活かせることも。
もし、異業種からのチャレンジを目指すのであれば、最低でもライティング能力を磨くために、ライターとしての経験を積んでおくのがおすすめです。

クリエイティブ職向けの転職サイトが便利

未経験でのチャレンジが難しい仕事もあれば、「これからスキルを磨いて頑張りたい!」という方でも活躍できる仕事も。
特にwebデザイナーなどはニーズも高く、企業の業種を問わず活躍できるため、募集が比較的多いのが特徴です。
デザインソフトの操作に問題がなければ、いい求人も見つけやすいでしょう。

こうした求人を効率よく探すためにも、転職活動の際は、クリエイティブ職に特化した転職サイトを利用しましょう。
未経験でもチャレンジできる仕事が多く掲載されていますし、職種も細かく分類されていて使い勝手が良いのでおすすめです。

クリエイティブ職を目指すならPC環境の整備を

クリエイティブ職にはいろいろな仕事があるため一概には言えませんが、デザイン系クリエイターを目指す場合は関連するPC技術は必須に。
未経験という場合でも一定のスキルがなければ、選考突破は難しいでしょう。

実際に働くWebデザイナーなどに広く愛用されているのがMacのパソコンです。
Windowsに比べると関連ソフトが充実しているため、多くの企業・デザイナーが使用しています。
独学で学びたいという方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

未経験・独学でもチャレンジ可能

「クリエイティブ職を目指したい!」という場合は、まず情報収集が大切に。
未経験・独学という場合でも、相応のスキルがあれば認めてもらうことは可能です。
まずは目指す仕事でどういったスキルが必要で、どういったキャリアが築けるのかしっかりと調べた上で動くようにしましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています