職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?
ハローワークでは、職務経歴書の書き方を教えたり、職務経歴書の添削(手直し)をすることもおこなっています。
ここでは、職務経歴書をつくるときに利用したい、ハローワークの活用法などを紹介します。

そもそも職務経歴書とは?職務経歴書の意味と重要性について

職務経歴書とは、簡単に言ってしまえば自身の経歴をまとめたものですが、以前の職務内容や実績が想像しやすく応募した企業が求める人材なのか?そのような人材に会ってみたいと思ってもらうためのアプローチとなります。そのような意味では転職活動においてとても大切なものとなります。

以前職務経歴書についての記事も書いていますので、そちらも参考にしてみてください。
参考:そもそも職務経歴書とは?なに!?職務経歴書の書き方完全ガイド

より質の高い職務経歴書を作成したいなら専門性の高い転職エージェントがおすすめ

職務経歴書や履歴書の添削はハローワークだけではなく転職エージェントでも行なっています。
ハローワークより転職エージェントでの作成がおすすめな理由は2つ。

1つは、アドバイザーが希望の業種に精通しているので、希望する企業に合った職務経歴書の作成や添削をしてくれます。
また、実際に企業に出向いて社風なども詳しく知っている担当者もいるので、内部の事情にも詳しいことが多いです。

2つめは、職務経歴書を簡単に自動作成してくれるツールなどが豊富です。
そのためそもそもの書き方が分からないという人にもすぐに職務経歴書を作成することができます。

ハローワークと同様、完全無料で利用できるので、まずは転職エージェントに相談してみると良いでしょう。
ページ下部に職務経歴書の添削におすすめの転職エージェントを紹介しているのでまずはご一読ください。

ハローワークを活用して職務経歴書を作成するとは?

ハローワークは、厚生労働省の就職支援サービスです。
国が税金で運営していて基本的に無料なので、利用しない手はありません。
転職活動をしている方は、一度は足を運んだことがあるのではないでしょうか?

求人紹介だけがハローワークの役割ではなく、履歴書・職務経歴書の作成の手伝いもしてくれます。
応募するのは自分自身なので、細かい内容は自分で決めることとなりますが、効果的な書き方の「アドバイス」は受けられるので相談してみましょう。

職務経歴書の正しい書き方はハローワークへ

職務経歴書の書き方の解説はネット上でも多くありますが、信頼性としてはハローワークのサイトを参考にするのがベストです。
「ハローワーク 職務経歴書」などのキーワードで検索すれば、わかりやすい職務経歴書の書き方がサイト上で紹介されています。
また、サイト上だけではなくパンフレットも配布しているようなので、それを確認しながら作成しても良いでしょう。

参考:ハローワークインターネットサービス

また、厚生労働省ではジョブ・カードを推奨しています。これは自身の職務の経歴を棚卸しをして職業能力を証明するようなものです。実際に取り組んでみると見えていなかった自身の強みを再認識出来ます。応募書類の記述にも役立つためオススメします。
参考:ジョブ・カードとは

無料で履歴書・職務経歴書の添削が受けられる

ハローワークに登録すると、転職者一人ひとりにハローワーク担当者がついてバックアップしてくれます。
ハローワークの担当者は、数え切れないほどの転職・就職を斡旋しているので経験豊富です。

履歴書・職務経歴書の内容でわからないことがあったり、さらに良くするためにはどうすればいいか迷ったときは迷わず相談しましょう。

ハローワークの職務経歴書のテンプレートとは?

ハローワークにも職務経歴書のテンプレートがありますが、転職エージェントや転職・求人サイトで提供されているものと比べると正直物足りなさを感じます。
また、全てのハローワークで提供してなく、地域によってもサービスの違いがあります。

ハローワークは仕事に就くための各種のサポートしてくれますので、書き上げた職務経歴書を相談員の方に添削してもらったり、応募書類の書き方セミナーがあれば参加するなど積極的に活用することが良いと思います。

このようなサポートは転職エージェントでも提供していますが、人材を企業に紹介して成り立っていることを考えると、ハローワークは自分のペースで相談して活用できることにメリとがあります。

ハローワークで職務経歴書を添削してもらうべき3つの理由とは?

職務経歴書は、書類審査に通るかどうかが決まる判断材料になるので、添削を受けておいて損はありません。
職務経歴書を添削してもらい、さらに良い内容に仕上げれば、成功する確率はぐっと高まります。

理由1 思わぬミスに気づく

職務経歴書の誤字脱字・ミスなどは採用担当者に悪いイメージを与えてしまいます。
場合によっては、ミスが決定打となって不合格となってしまうことも考えられます。

誤字脱字・ミスは書き上げた本人では気付けないケースも多く、添削を受けて初めて気がつくケースもあります。
第三者に目を通してもらうメリットは大きいでしょう。

理由2 第三者の視点で見ることが出来る

職務経歴書は本来、第三者に読んでもらうためのものです。
実際に採用担当者に提出するまでに第三者に添削してもらうことで「第三者からみるとどうなのか?」を確認しておくという意味合いがあります。

職務経歴書を添削してもらうとわかりますが、「ここを添削するの?」という場所を指摘されることも多く、それこそ書いた本人では気がつけない盲点なのです。

理由3 的確なアドバイスが受けられる

職務経歴書を添削してもらうならハローワークや転職エージェントの利用が一般的ですが、どちらも転職サポートのプロなので明確なアドバイスが受けられます。

どうすれば採用担当者に「刺さる」職務経歴書になるか?という部分は一般人にはわからない部分です。
プロはここを知り尽くしているので頼りになる存在です。

ハローワークで履歴書・職務経歴書の添削を受ける方法とは?

最初は無料で転職支援が受けられるハローワークへの相談がオススメです。
実際にハローワークで履歴書・職務経歴書の添削を受ける場合、どのような流れ・方法になるかを説明します。

職務経歴書を書いてハローワークへ

ハローワークは税金で運営されている国の施設なので、まずは自分で職務経歴書を用意してから相談に行きましょう。
実際に足を運んでみるとわかりますが、近年ハローワークは大混雑です。

「自分でできることはやります」というモチベーションを見せることで、ハローワーク担当者は忙しくても「よし、やってやるか」という気持ちになってくれるでしょう。

ハローワークで求職登録する

実際にハローワークに足を運んでから最初におこなうことは「求職登録」です。
ハローワークはだれでもサービスを受けられますが、簡単な登録が必要です。

求職登録をすると自動的に担当者が1名つくので、担当者に「職務経歴書を作成してみたのですが見てもらえますか?」と伝えれば良いでしょう。

就職支援センターでも添削を受けられる

就職支援センターでも職務経歴書の添削を受けられます。
就職支援センターはジョブカフェなどとも呼ばれ、就職を全般的に支援する都道府県の施設です。

ハローワークが職業紹介を中心にしているのに対して、就職支援センターは就職セミナー・職場体験・カウンセリング・相談など全方面からサポートする施設となっています。

職務経歴書の添削は、どちらかというとハローワークより就職支援センターが向いているかもしれませんが、就職支援センターは施設が少ないのがネックです。
就職支援センターが近くにない場合は、まずはハローワークに足を運んでみましょう。

セミナーに参加する

就職や転職のセミナーに参加して職務経歴書の添削を受けるのも一つの手です。
上述したように、就職支援センターでもセミナーを開催していますし、民間団体のセミナーもあります。

セミナーのメリットは職務経歴書の添削を受けられることだけではありません。
どのようにして転職活動を成功させるかというノウハウを聞けたり、前例からあなたの場合はどのようにすればいいかという適切なアドバイスを受けられることでしょう。

職務経歴書は自信がある人もハローワークで添削する意味とは?

職務経歴書完成後に添削を受けることは、どんな人にもオススメしたいと思います。
ハローワークなら無料で添削を受けられるので、コストをかけずに質を高められる「利用しないと損」なシステム。
ぜひ利用しましょう。

職務経歴書の質を高めるならハローワークへの相談は有力な選択肢です。
ハローワーク担当者がマンツーマンで指導してくれるので、仲良くしておけば職務経歴書を丁寧に添削してくれるでしょう。

おまけに、転職に関して有益なアドバイスを受けられる可能性があります。
職務経歴書の添削が目当てでハローワークに足を運んだのに、さらに良い転職先が見つかったなどというケースもありそうです。

もっと効果的な添削をしてもらうには転職エージェントへ

もう一つの選択肢は、職業紹介や転職支援をおこなっている「転職エージェント」。
ハローワークより求人情報の質が高く、手厚いサービスを受けられる点が最大のメリットです。
求人を出す企業側からの報酬で運営されているので基本的に無料で利用できます。

転職エージェントでは、履歴書と合わせて職務経歴書の添削サポートを行っているところが多いです。
自分の職務経歴書が応募企業に適切かどうか、どこを工夫すればいいか、など自分ではなかなか分からないことを転職のプロの立場でアドバイスしてくれます。

至れり尽くせりである転職エージェントを利用しないのはもったいないですよ!
そこでおすすめの転職エージェントを紹介します。

職務経歴書のテンプレートを無料でダウンロードできるリクナビNEXT

リクナビNEXTには直接添削してくれるキャリアコンサルタントはいませんが、無料でダウンロードできるテンプレートが用意されていたり、事例集も確認できますので、ご自身のペースで転職活動をすすめたい方に向いています。

転職エージェントと併用することで転職成功率もグッと引き上げることができますので登録は必須です。

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数9,150件非公開求人-件
    エリア全国+海外対象年代全年代
    得意業種全業種年収UP率非公開
  • 詳しく見る

転職者の約8割がリクナビNEXTを利用中!

リクナビNEXTは転職決定数No.1の総合転職サイトです。通常は転職サイトにはキャリアコンサルタントは在籍しないのですが、リクナビNEXTには会員限定機能としてあなたに興味を持った 求人企業や転職エージェントから直接オファーや非公開求人オファーが届く「スカウトサービス」機能があります。スカウトサービスを利用している企業は2万社以上、提携エージェントも400社以上ありますので、企業やエージェントからの注目度ランキング、オファーの数などで自分の転職市場価値も把握することができます。リクナビNEXTに登録していない人のほうがすくないくらいですので、転職を考え始めたらまずはリクナビNEXTにはとりあえず登録しておきましょう。

リクナビNEXTの無料登録・詳細はこちら

アドバイザーが職務経歴書を添削してくれるリクルートエージェント

業界最大の求人数を取り扱うリクルートエージェントは、職務経歴書の添削にも力を入れています。
提供サービスの一つである「レジュメnavi」は、自分の基本情報や職務経歴を入力するだけで情報に合った書類を自動的に作成してくれるのです。
時系列でまとめるか、業務内容でまとめるか、などと迷うことの多い職務経歴書。
自動でデザインまで選んでくれるのはとてもありがたいですね。
操作も直感的で、またサンプルも表示されるので、書き方で迷うということもないでしょう。

他にも「AGENT Report」というサービスを実施。
エージェントが直接企業に出向いて得た独自情報を得ることができます。
企業の特徴から社風、業界の動向までをまとめてくれるので企業研究の手間が一気に省けますよ。

この他にも多くのサービスを用意しているので、求人を探すだけではなくツール利用の目的だけでも登録してみる価値があるエージェントと言えます。

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数37,553件非公開求人166,267件
    エリア全国+海外対象年代全年代
    得意業種全業種年収UP率高い
  • 詳しく見る

転職エージェントといえばリクルートエージェント

転職エージェントの代名詞とも言える業界最大手のリクルートが運営しているのがリクルートエージェントです。知名度No1!! 求人数No1!! 転職成功実績No1!!と転職を考えるならまず登録すべき転職エージェントの1つです。転職を成功させる確率をあげるにはリクナビNEXTとの併用は欠かせません。というのもリクナビNEXTだけに掲載している企業も多く(転職エージェントより安い広告費用で済む場合があるため)、そういう求人にはホワイト企業率も高いからです。2015年度までの数字ですが累計40万人の人がこれまで登録し、毎年3万人の転職を成功に導いています。さらに転職者の61%の人が年収アップに成功しているのもリクルートエージェントの強さを感じます。

リクルートエージェントの無料登録・詳細はこちら

業界別に専任のコンサルタントが添削してくれるdoda

非公開求人数が80%以上のdoda。
会員登録をすることで多くの求人情報を見れるようになります。

そんなdodaは、転職が初めての人におすすめしたいエージェント。
リクルートエージェントと同様、情報を入力するだけで職務経歴書が自動作成されるツールの用意されています。
他にもさまざまなツールやイベントなどを多く提供しているので、転職に不安がある人は活用してみるといいでしょう。

また、職務経歴書を書くのも面倒!という人は、スカウトサービスも利用しましょう。
スカウトを受ければ書類選考なしで面接の確約がもらえるので、書類にかける一手間が楽になりますよ。

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数43,934件非公開求人131,280件
    エリア全国+海外対象年代全年代
    得意業種全業種年収UP率高い
  • 詳しく見る

診断ツールとキャリアコンサルタントのサポートが充実!

dodaには様々な転職支援ツールが用意されており、特に診断ツールが豊富です。年収査定やキャリアタイプ診断、合格診断、レジュメビルダーを使って自身の市場価値を割り出し転職する方法が人気です。また、dodaにはCEOや役員などのエグゼクティブキャリアに特化したIESコンサルタントからファッション業界に特化したクリーデンスコンサルタントなど様々なキャリアパス、業界に秀でたキャリアコンサルタントが多数在籍しております。初めて転職を考える20代の方、キャリアアップを考えている中堅・エグゼクティブ層の方、キャリアアップしたい女性の方までサポートできるdodaはまさに業界大手の実績とノウハウを持った転職エージェントだと言えます。

dodaの無料登録・詳細はこちら

親身なサポートが人気のパソナキャリア

25,000人以上もの転職支援実績があるパソナキャリアでは、サポートの質が高いと評判です。
公式サイトからは職務経歴書のサンプルダウンロードが可能。
それをもとに作成し、アドバイザーに添削してもらえば、書類作成に時間を取られることも少なくなりますね。

他にも面接対策や退職方法のノウハウをサイト上で公開しているので、転職活動で困ったことがあれば見てみるといいかもしれません。
女性の転職を手厚く行っているエージェントのひとつなので、転職を考えている女性は気軽に相談してみましょう。

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数15,000件非公開求人23,000件
    エリア全国+海外対象年代全年代
    得意業種全業種年収UP率やや高め
  • 詳しく見る

地元密着の求人に強いパソナキャリア!

パソナキャリアは他社が東京・大阪・福岡などの都市部中心の求人紹介だけでなく、求職者の希望に応じて地方の求人もしっかり提案してくれるという評判をよく耳にします。その背景には全国42都道府県に置かれた拠点と東京、大阪、名古屋、広島、福岡で実施されるキャリアカウンセリング(遠方の人は電話対応も可能)の手厚い転職支援が挙げられます。それもこれまで25万人を超える転職支援実績と長年培われてきた16,000社以上の取引実績企業がパソナキャリアの転職支援のノウハウを確立させてきたと言えるでしょう。実際にパソナキャリアで転職した人の67%が年収アップしているようです。都市部から地方まで幅広く提案してくれるパソナキャリアは心強い味方となって転職〜退職までサポートしてくれますのでおすすめです。

パソナキャリアの無料登録・詳細はこちら

職務経歴書は転職成功の鍵とは?ぜひプロに添削してもらおう

ここまで、ハローワーク・就職支援センター・転職エージェントなどで職務経歴書の添削が受けられることを紹介しました。職務経歴書はぜひ添削してもらうべきです。
転職を成功させたい方は、職務経歴書の添削を受けてみてはいかがでしょうか?

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連記事

おすすめ記事

介護職の経験を活かした「職務経歴書」の書き方は?介護の未経験者も必見!

目次1 介護スタッフの「職務経歴書」の基本とは2 介護スタッフが職務経歴書に絶対に書くべき項目は?3 他の介護 […]

続きを読む

転職面接でカラーリングの髪はOK?

人の第一印象の7割は、視覚から入る情報、いわゆる「見た目」で決まるといわれています。 就職面接の場合、応募者の […]

続きを読む

質問例を元に面接対策!転職面接で必ず聞かれる10の質問

企業によって面接内容は異なるものの、どの企業でも必ず聞かれるような定番の質問があります。 面接対策では、そうし […]

続きを読む

質問されないってどういうこと!?面接で質問が少ない場合に考えられる理由とは

あらゆる回答を用意して挑む面接。 それなのに、あまり質問されなかったりすると不安になりますよね。 面接において […]

続きを読む

短い?長い?読まれる職務経歴書にまとめる方法

転職活動の際に、職務経歴書の提出が求められることがほとんどです。 その編集には入念な編集を重ねたいですよね。 […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

もっと読む

ピックアップ特集

おすすめの転職サイト