職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書を書くという人に向けて、職務要約の書き方について詳しく解説します。

職務要約とは、職務経歴書の要です。

そもそも職務経歴書とは?職務経歴書の意味と重要性について

職務経歴書とは、簡単に言ってしまえば自身の経歴をまとめたものですが、以前の職務内容や実績が想像しやすく応募した企業が求める人材なのか?そのような人材に会ってみたいと思ってもらうためのアプローチとなります。そのような意味では転職活動においてとても大切なものとなります。

以前職務経歴書についての記事も書いていますので、そちらも参考にしてみてください。
参考:職務経歴書とは?職務経歴書の意味と転職に活かす方法

職務経歴書の職務要約の意味と書く方法

自分自身がどのような職業経験があるのか、簡潔かつ魅力的に伝えることが出来ますか?

「職務要約」ではそれを行う必要があります。職務要約とは、自分自身の職業経験を要約したものであるからです。人事が最もチェックするところです。

職務要約がいい加減に書かれていたり、人事が魅力に感じなければ面接に進むことは厳しいでしょう。

応募がたくさんあると、採用担当者は、すべての職務経歴書に目を通すのも一苦労です。そのため、人事は、最初の30~40秒、最初に職務要約を斜め読みします。

斜め読みされたときに、その会社で求めるスキルや経験を持っている人材だと思われる工夫をする必要があります。そこで興味を持ってもらえなければ、それ以降その職務経歴書が読まれることはないでしょう。

具体的な方法について詳しくは後ほど書きます。

職務経歴書の職務要約で企業に見てもらえる書くべき内容とは?

職務要約は、具体的に何を記載したら良いのでしょうか。
応募してきた人の職業経験と人物像が、具体的にわかるような職務要約にするために、いくつかのポイントを2つの転職パターンで紹介します。

転職経験が無い場合の書き方とは?

転職経験が無く、はじめて転職する場合の職務要約は、次の内容を中心にまとめましょう。

  • 最終学歴
  • 新卒で入社した会社名
  • 経験した職種や担当業務
  • 仕事を通じての成果や成功事例、身に付いたスキルなど

はじめての就職で、失敗や反省もあったかもしれませんが、職務要約には成果や成功事例を記載してください。
職業経験が短い場合は、職業経験を補完するために、自分自身の強みについて触れるとよいでしょう。

転職経験がある場合の書き方とは?

転職経験がある場合の職務要約は、次の内容を中心にまとめてください。
・最終学歴
・新卒で入社した会社名、転職した会社名
・経験した職種や担当業務(複数の職種を経験している場合は、応募する職種に近い職種を中心に記載)
・仕事を通じての成果や成功事例など
転職経験がある人の場合は、書けることが次から次に出てくるため、職務要約が長くなりがちです。
複数の職業経験の中から、もっとも応募する業種や職種に近くて、もっともアピールしたい職業経験をピックアップして記載しましょう。

職務経歴書に魅力的な職務要約を書く方法

職務要約は、ただ職務経験をまとめれば良い、というものではありません。
たくさんの職務経歴書の中から採用担当者の目に留まる職務要約にするためには、職務要約に魅力が無いと見てもらえない確率の方が高いです。

職務要約の魅力=応募者自身の魅力と捉え、応募者自身の職務経験をより魅力的なものにすることのできる職務要約のコツについて、紹介します。

職務要約はスマートに3~4行でまとめる

長々と綴られた職務要約は、読みにくいだけではなく、まとまりのない凡庸な印象になってしまいます。
逆に短すぎると、投げやりな印象を持たせてしまうことも。

職務要約は3~4行でまとめた方が良いでしょう。
要点を適度かつ簡潔にまとめて説明する能力は、ビジネスにも必要ですよね。

スマートな職務要約で、自分自身の「要約力」「説明力」をアピールしましょう。

職務要約は転職先が求める人物像にフィットした内容にする

職務要約は、転職先の企業が求めている人物像にフィットしているかどうかがカギになります。
そのために、転職先の企業が求めている人物像をあらかじめ研究し見極めておきましょう。

たとえば、小売業に応募する場合は、販売や営業などの経験を重点的に。
サービス業に応募する場合は、接客経験などを中心にまとめます。

複数の職業経験があったとしても、転職先の企業が求めている人物像にフィットした職業経験をクローズアップして記載しましょう。

職務要約は数字を伴うことで信憑性と説得力がUP!

職務要約に信憑性と説得力を持たせるために、数字は非常に効果的。
たとえば、営業であれば担当していたクライアントの数や成約率など、マネジメント経験であれば管理していたスタッフの人数や人材育成による定着率などが効果的です。

職務経歴書の職務要約の例文を紹介!興味を持ってもらう書き方

以上のように、魅力ある職務要約をまとめるためには、いくつかのポイントがあります。けれど、ポイントがわかっても、職務要約をまとめるのはなかなか難しいものです。このポイントを押さえた職務要約の例文を2つの転職パターンで紹介します。

転職経験が無い人の職務要約の例文とは?

○○大学を卒業、△△株式会社に入社。
○△支店の営業職として配属。
○○地区の約50社の顧客を担当。

持ち前の粘り強さとコミュニケーション力で、顧客との信頼関係を築き、2年目には新規顧客10社積み上げに成功。
前年比120%の売上を達成し、新人ながら支店の売上にも貢献することが出来ました。
○年の営業経験により、陶器や金物などの家庭雑貨の商品知識も身につきました。

転職経験がある人の職務要約の例文とは?

株式会社○○にて、人材コーディネーター兼営業として5年間従事。
80社のクライアントと200名の派遣スタッフを担当していました。

その後、食品関連の総務職を経て、△△株式会社へ転職。
主に人材紹介を担当しました。
月に5件のマッチング目標により、3年目には人材紹介の売上前年比20%増を達成。
クライアントの人事面での問題抽出に力を入れた提案型の営業スタイルにより、マッチング率を上げることに成功しました。

 

職務要約やその他の提出書類はエージェントに頼もう

上記で職務要約の例文を簡単に出しましたが、どこか物足りなさと、ここまで書くのに多くの時間がかかるのでは?という疑問も持つ人もいるのではないでしょうか。

職務要約は冒頭でも話したように、採用に関わるとても大事な書類のうちの一つです。
けれど、魅力的な職務要約を書くのは難しさが伴います。
魅力的な職務要約書を簡単に作成したい場合は、「転職エージェント」を使いましょう。

転職エージェントは、転職者のほとんどが使っていると言っても過言ではないモノ。
今ではCMで見ない日はありませんよね。

そんな転職エージェントの中でも、とても親身になってくれるエージェントを3社オススメします。

また転職エージェントの他に、自分で転職先を探し気軽に使えるタイプの転職サイトも一つは必ず登録しておくべきでしょう。

下で紹介する「リクナビNEXT」は多数の転職エージェントとも提携していて、登録すれば職務経歴書のダウンロードも可能なのでおすすめです。

おすすめ転職サイトNO.1「リクナビNEXT」

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数9,150件非公開求人-件
    エリア全国+海外対象年代全年代
    得意業種全業種年収UP率非公開
  • 詳しく見る

転職者の約8割がリクナビNEXTを利用中!

リクナビNEXTは転職決定数No.1の総合転職サイトです。通常は転職サイトにはキャリアコンサルタントは在籍しないのですが、リクナビNEXTには会員限定機能としてあなたに興味を持った 求人企業や転職エージェントから直接オファーや非公開求人オファーが届く「スカウトサービス」機能があります。スカウトサービスを利用している企業は2万社以上、提携エージェントも400社以上ありますので、企業やエージェントからの注目度ランキング、オファーの数などで自分の転職市場価値も把握することができます。リクナビNEXTに登録していない人のほうがすくないくらいですので、転職を考え始めたらまずはリクナビNEXTにはとりあえず登録しておきましょう。

リクナビNEXTの無料登録・詳細はこちら

まず登録するならリクルートエージェントがおすすめ!

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数37,553件非公開求人166,267件
    エリア全国+海外対象年代全年代
    得意業種全業種年収UP率高い
  • 詳しく見る

転職エージェントといえばリクルートエージェント

転職エージェントの代名詞とも言える業界最大手のリクルートが運営しているのがリクルートエージェントです。知名度No1!! 求人数No1!! 転職成功実績No1!!と転職を考えるならまず登録すべき転職エージェントの1つです。転職を成功させる確率をあげるにはリクナビNEXTとの併用は欠かせません。というのもリクナビNEXTだけに掲載している企業も多く(転職エージェントより安い広告費用で済む場合があるため)、そういう求人にはホワイト企業率も高いからです。2015年度までの数字ですが累計40万人の人がこれまで登録し、毎年3万人の転職を成功に導いています。さらに転職者の61%の人が年収アップに成功しているのもリクルートエージェントの強さを感じます。

リクルートエージェントの無料登録・詳細はこちら

初めての転職ならdodaがおすすめ!

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数43,934件非公開求人131,280件
    エリア全国+海外対象年代全年代
    得意業種全業種年収UP率高い
  • 詳しく見る

診断ツールとキャリアコンサルタントのサポートが充実!

dodaには様々な転職支援ツールが用意されており、特に診断ツールが豊富です。年収査定やキャリアタイプ診断、合格診断、レジュメビルダーを使って自身の市場価値を割り出し転職する方法が人気です。また、dodaにはCEOや役員などのエグゼクティブキャリアに特化したIESコンサルタントからファッション業界に特化したクリーデンスコンサルタントなど様々なキャリアパス、業界に秀でたキャリアコンサルタントが多数在籍しております。初めて転職を考える20代の方、キャリアアップを考えている中堅・エグゼクティブ層の方、キャリアアップしたい女性の方までサポートできるdodaはまさに業界大手の実績とノウハウを持った転職エージェントだと言えます。

dodaの無料登録・詳細はこちら

女性におすすめの転職エージェント、パソナキャリア!

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数15,000件非公開求人23,000件
    エリア全国+海外対象年代全年代
    得意業種全業種年収UP率やや高め
  • 詳しく見る

地元密着の求人に強いパソナキャリア!

パソナキャリアは他社が東京・大阪・福岡などの都市部中心の求人紹介だけでなく、求職者の希望に応じて地方の求人もしっかり提案してくれるという評判をよく耳にします。その背景には全国42都道府県に置かれた拠点と東京、大阪、名古屋、広島、福岡で実施されるキャリアカウンセリング(遠方の人は電話対応も可能)の手厚い転職支援が挙げられます。それもこれまで25万人を超える転職支援実績と長年培われてきた16,000社以上の取引実績企業がパソナキャリアの転職支援のノウハウを確立させてきたと言えるでしょう。実際にパソナキャリアで転職した人の67%が年収アップしているようです。都市部から地方まで幅広く提案してくれるパソナキャリアは心強い味方となって転職〜退職までサポートしてくれますのでおすすめです。

パソナキャリアの無料登録・詳細はこちら

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連記事

おすすめ記事

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

子持ち主婦にもメリットあり!介護職パートの選び方

子持ちではパート探しも何かと大変ですが、子どもがいる主婦が数多く活躍しているのが介護職です。 無資格OKで、時 […]

続きを読む

転職活動に使う証明写真の料金相場を徹底比較!注意点やおすすめの撮影方法は?

履歴書に貼る証明写真はどんな方法で撮影しますか? それぞれ撮影料金や特徴が異なり、転職活動用の証明写真としての […]

続きを読む

職務経歴書の用紙が売っているとは?自分で作るもの?市販のものを活用するポイントについて

求人応募の際、履歴書とともに職務経歴書が必要なケースも増えてきました。 とはいえ、履歴書ほど一般的ではない職務 […]

続きを読む

「質問はありますか」を上手に利用して「面接」を突破しよう!

面接で必ず聞かれるのが「質問はありますか」という質問。聞かれた瞬間に頭が真っ白になった、答えに困った、という人 […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

もっと読む

ピックアップ特集

おすすめの転職サイト