職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方
Pexels / Pixabay

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。小説は、出だしがつまらないと最後まで読む気になりませんよね。職務経歴書も同じです。魅力的な職務要約で、採用担当者のハートをがっちりつかんだ「読みたくなる職務経歴書」を目指しましょう。

 

職務要約の役割

自分自身がどのような職業経験があるのか、簡潔かつ魅力的に伝えることが出来ますか?
「職務要約」とは、自分自身の職業経験を要約したものです。職務経歴書全体を見なくても、応募してきた人の職業経験がわかるよう、職務経歴書の冒頭に配置されています。応募がたくさんあると、採用担当者は、すべての職務経歴書に目を通すのも一苦労です。そのような場合も、全体を見なくても冒頭の職務要約に目を通すことで、どのような職業経験を持った人物かイメージすることが出来ます。

 

職務要約って何を書けばいいの?

職務要約は、具体的に何を記載したら良いのでしょうか。応募してきた人の職業経験と人物像が、具体的にわかるような職務要約にするために、いくつかのポイントを2つの転職パターンで紹介します。

転職経験が無い場合

転職経験が無く、はじめて転職する場合の職務要約は、次の内容を中心にまとめます。

  • 最終学歴
  • 新卒で入社した会社名
  • 経験した職種や担当業務
  • 仕事を通じての成果や成功事例、身に付いたスキルなど

はじめての就職で、失敗や反省もあったかもしれませんが、職務要約には成果や成功事例を記載しましょう。職業経験が短い場合は、職業経験を補完するために、自分自身の強みについて触れるとよいでしょう。

転職経験がある場合

転職経験がある場合の職務要約は、次の内容を中心にまとめます。
・最終学歴
・新卒で入社した会社名、転職した会社名
・経験した職種や担当業務(複数の職種を経験している場合は、応募する職種に近い職種を中心に記載)
・仕事を通じての成果や成功事例など
転職経験がある人の場合は、書けることが次から次に出てくるため、職務要約が長くなりがちです。複数の職業経験の中から、もっとも応募する業種や職種に近くて、もっともアピールしたい職業経験をピックアップして記載しましょう。

 

魅力的な職務要約を書く方法

職務要約は、ただ職務経験をまとめれば良い、というものではありません。たくさんの職務経歴書の中から採用担当者の目に留まる職務要約にするためには、職務要約に魅力が無いと見てもらえないかもしれません。職務要約の魅力=応募者自身の魅力です。応募者自身の職務経験をより魅力的なものにする職務要約のコツについて紹介します。

職務要約はスマートに3~4行でまとめる

長々と綴られた職務要約は、読みにくいだけではなく、まとまりのない凡庸な印象になってしまいます。逆に、短すぎると投げやりな印象になります。職務要約は3~4行でまとめた方が良いでしょう。要点を適度かつ簡潔にまとめて説明する能力は、ビジネスにも必要です。スマートな職務要約で、自分自身の「要約力」「説明力」をアピールしましょう。

職務要約は転職先が求める人物像にフィットした内容にする

職務要約は、転職先の企業が求めている人物像にフィットしているかどうかがカギになります。そのために、転職先の企業が求めている人物像をあらかじめ研究し見極めておきましょう。たとえば、小売業に応募する場合は、販売や営業などの経験を重点的に。サービス業に応募する場合は、接客経験などを中心にまとめます。複数の職業経験があったとしても、転職先の企業が求めている人物像にフィットした職業経験をクローズアップして記載しましょう。

職務要約は数字を伴うことで信憑性と説得力がUP!

職務要約に信憑性と説得力を持たせるために、数字は非常に効果的です。たとえば、営業であれば担当していたクライアントの数や成約率など、マネジメント経験であれば管理していたスタッフの人数や人材育成による定着率などが効果的です。

 

魅力的な職務要約の例文はこれだ!

以上のように、魅力ある職務要約をまとめるためには、いくつかのポイントがあります。けれど、ポイントがわかっても、職務要約をまとめるのはなかなか難しいものです。このポイントを押さえた職務要約の例文を2つの転職パターンで紹介します。

転職経験が無い人の職務要約の例文

○○大学を卒業、△△株式会社に入社。○△支店の営業職として配属。○○地区の約50社の顧客を担当。持ち前の粘り強さとコミュニケーション力で、顧客との信頼関係を築き、2年目には新規顧客10社積み上げに成功。前年比120%の売上を達成し、新人ながら支店の売上にも貢献することが出来ました。○年の営業経験により、陶器や金物などの家庭雑貨の商品知識も身につきました。

転職経験がある人の職務要約の例文

株式会社○○にて、人材コーディネーター兼営業として5年間従事。80社のクライアントと200名の派遣スタッフを担当していました。その後、食品関連の総務職を経て、△△株式会社へ転職。主に人材紹介を担当しました。月に5件のマッチング目標により、3年目には人材紹介の売上前年比20%増を達成。クライアントの人事面での問題抽出に力を入れた提案型の営業スタイルにより、マッチング率を上げることに成功しました。

 

まとめ

職務要約は、ただ単に職業経験をまとめれば良いというものではありません。たくさんの応募書類を審査する採用担当者に対し、どれだけ魅力的に輝くかが重要です。たかだか3~4行の短い文章ですが、その中に込められた工夫は、採用担当者の目にも留まることでしょう。自分自身の強みが凝縮された、魅力的な職務要約を目指しましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています