空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか
Pexels / Pixabay

職務経歴書の「特記事項」とは

職務経歴書の「特記事項」は、文字通り「特別に書いておくべき事項」のことです。
なにを記入すれば良いか迷いがちな特記事項ですが、自己PRにもなる便利な記入方法も存在します。
ここでは、職務経歴書の特記事項は何を書くべきか?や、効果的な特記事項の書き方について解説します。

内容は特に決められていない

職務経歴書には、伝えたいことをさらっと書ける欄はないと思っていませんか?
あります、それは「特記事項」の項目です。職務経歴書の特記事項は、なにを書くべきか決まっていない自由な欄です。(効果的に書くためには注意点もありますが)その内容については自由なので、通信欄のようなイメージで良いでしょう。

採用してもらう前提として知っておいてほしいことや採用されてからの希望、これを条件に採用してほしいなど、希望を書くことが考えられます。

他の項目で書けなかったことを書く

スペースの関係で他の項目に書けなかったことを特記事項に書いても良いでしょう。
基本的にどの項目にも当てはまらないなら、この特記事項に該当します。難しく考えすぎる必要はありません。
「自己PRは文量が多くなりすぎた。じゃあ特記事項に書くか」というイメージの使用も考えられます。

また、ある項目の内容だけ多くなってしまった際、違和感がない場合は特記事項に記入しても良いでしょう。
このようにバランス調整する使い方も特記事項にはあります。

書くことがなければ「特記事項」は空欄でもいい?

特記事項がまったく書くあてがない場合、どうすればよいでしょうか?
そのようなときでも空欄にすることは勧められません。例としては「特にありません。
貴社の規定に従います」のように記載するのが一般的です。

合わせて、本当に特記事項に書くべきことがないかもう一度考えてみましょう。
採用担当者は、忙しい場合、隅から隅までは職務経歴書を確認できない場合も。
そんなときでも、特記事項については目を通してもらえる確率が高いので、うまく利用するべきです。以下に、どのような内容が考えられるか紹介します。

「特記事項」に伝えておくべき特別な事情を書く

特記事項には「採用前に伝えておくべきこと」を書くことをまず検討します。
採用担当者はこちらのことをよく知らないので、あなたに特別な事情があっても世間一般の枠に当てはめて考えることも。
そのようなとき「特別な事情があります」と伝えるために特記事項を記入します。

持病や障害の有無など身体上の都合

持病や障害を持っている方は、特記事項に事情を記載しましょう。
しかし、持病や障害を書くと採用に不利となるのではないか、と心配になり記入をためらう方もいます。
そのようなことはあるのでしょうか?

確かにその可能性もゼロではありませんが、ほとんどの場合そのようなことはないでしょう。
正直に持病や障害を伝えておくほうが、勤務時に考慮してもらえる可能性があるので記入をお勧めします。

持病や障害などを隠して採用されると、後々になって苦労することも。
会社から「聞いていなかった」と責められたり、持病が悪化するような業務を任されてしまう可能性があります。
そのような心配をせずに済むように、特記事項には正直に記入するのがお勧めです。

転居予定などの生活上の都合

将来、転居が決まっている場合は、特記事項に記載します。これを記入しないと、まれに不利となってしまう場合も。
たとえば、現在の住所が会社とあまりにも遠いと「本当にこの距離を通勤できるのか?」と不安材料を与えてしまう可能性があります。

採用されたら会社近くへ引っ越しする予定だった場合、「採用されました場合は貴社通勤地域内に転居いたします」などと記載すると良いでしょう。

転職が多い・ブランクが長い理由の補足

転職の回数が多い理由を特記事項に書くこともあります。
言い訳に聞こえるのではと心配するかも知れません。
ですが、転職の理由を書くことは一般的なことで、職務経歴書の範囲内です。
「今まで6社を経験しており転職回数が多いように感じられるかもしれませんが、〇〇業界は〇〇のため転職が多い業界となっています」などの書き方が考えられます。

同じく、ブランクが長いならその理由も記入します。
子育てや家族の介護などの理由であればまったく問題はありません。
初めて応募する企業の場合「こんなこと書いてよいのかな」と気が引けたり、私情を挟んではいけないと考えがちですが、どの会社であっても意外と融通はきくものです。後ろめたく思わず、事実を記入しましょう。

「特記事項」に自分のPRになることを書く

ここからは自己アピールに近い特記事項の使い方を紹介します。
上記のような、やむを得ない事情を説明する必要がない方は特記事項が空欄になりがちです。
そのような方は、空欄にするのではなく下記を参考にして記入してみましょう。

書ききれなかった自己PR

自己PR欄に書ききれなかったことを特記事項に記入する方法もあります。
自己PRの欄だけボリュームが多いと全体のバランスが悪くなってしまいます。
そのようなとき、自己PRと特記事項に内容を分散させれば違和感がありません。
このテクニックを用いれば違和感なく、多くの自己PR文を読んでもらえます。

ただし、注意点もあります。自己PRに適しているか、特記事項に適しているかを確認しながら文章を分けないと、違和感が生まれてしまいます。
よくあるアピールは自己PRの欄に記入し、他人と差別化できる部分を特記事項に持っているほうが違和感は少ないでしょう。

たとえば、業界へのあこがれを持ったエピソードは自己PRに書きます。
そして、特別に高い語学力を活かしてやりたいことを特記事項でアピールします。一例ですが、このような使い分けが考えられます。

入社後にやりたい仕事や希望の配属先

採用された後、希望の配属先があったり、やりたい仕事がある場合は、特記事項でその旨を伝えてみましょう。
希望の配属先を書くことで選択肢を狭め、採用に不利となるのではと考える方もいるかもしれませんが、そのようなことはありません。

やりたいことがあるということは、モチベーションの高さの裏返し。
自己PRと同じ効果が期待できます。実際に希望の配属先や職種になるかどうかはわかりません。
しかし、入社してから融通が効くことに気がつくこともあるので、希望は記入しておいて損はありません。

他の項目で書けなかった特別な経験

採用担当者が多くの求職者を相手にしている場合、職務経歴書のインパクトは重要な要素です。
あなただけの特別な経験を書くことで「話を聞いてみたい」「〇〇と書いていた人だな」と思ってもらえます。

他の項目に書くにはふさわしくないことも、場合によって記入できるのが特記事項のメリットです。
たとえば、日本一周の経験やホームステイなど、応募先と直接関係がない話もインパクト重視で書くという手も。(常識の範囲内で書きましょう)

自分では書けない!そう感じたら転職エージェントを利用しよう

転職エージェントは職務経歴書のアドバイスもしてくれることは知っていたでしょうか?
多くの転職成功者のサポートをしてきたエージェントたちは、その知識と経験から素晴らしい職務経歴書の書き方のノウハウを知っています。

書くのが難しい特記事項などの項目にもアドバイザーがしっかり対応してくれます。
自分一人で職務経歴書を書くことも必要ですが、第三者の、しかもプロの意見を聞くことで更に内容の詰まった良い職務経歴書ができるでしょう。

そこで、職務経歴書の書き方に迷っている人、手助けがほしいと感じている人におすすめの転職エージェントを紹介します。

DODA

転職エージェントサイトDODAには職種・業種別の職務経歴書の書き方サンプルを紹介しています。
各職種のアピールポイントを挙げており、非常に参考になるでしょう。
しかし、それだけではなく無料のエージェントサービスで職務経歴書のアドバイスをもらえ、その職務経歴書を見てエージェントや企業がスカウトする「スカウトサービス」も利用できます。

DODAに登録する

リクルートエージェント

独自の職務経歴書作成支援ツール「レジュメNAVI」で簡単レジュメ作成ができます。
更にキャリアアドバイザーから、より自分の強みを伝えるためのアドバイスを受けることもできます。

リクルートエージェントに登録する

Spring転職エージェント

Springエージェント

職務経歴書のサンプルはもちろん、エージェントが提出する企業の人事担当者の好みに応じて職務経歴書をカスタマイズするのでより良い結果が得られます。
職務経歴書作成アドバイスから面接の対策までしてくれるのも非常に心強いですね。

Spring転職エージェントに登録する

 結果を左右する職務経歴書

ここまで、職務経歴書の特記事項には何を書けばよいのか?ということを説明しました。
空欄だった特記事項は埋められそうでしょうか?
PRしたり、事情を伝えたりする際に便利な特記事項、記入しない手はありません。
効果的な職務経歴書を提出するため上記を参考にし、ぜひ転職を成功させてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています