転職面接が平日で指定された場合はどうする?

転職面接が平日で指定された場合はどうする?

書類選考を通過し、いざ転職面接と気合を入れたはいいが、指定された平日は厳しい。
そんな時はどうすればいいのでしょう。
辞退するしかないのかな…と思う方もいるかと思いますが、そんなことはありません。
企業との交渉や勤務先との調整をすることで、面接時間の確保は可能です。
在職中でも、転職してきた方はたくさんいるので安心してください。
それぞれ条件は違ってきますが、あなたに可能な調整方法を見つけましょう。

現在の勤務との調整

転職活動をするうえで、一番のネックになるのが現在の勤務との調整です。
ブラック企業と呼ばれる会社で働いていた場合では半休すら取れないどころか、残業時間も転職面接の妨げになります。
しかし、それではいつまでも転職面接は受けることができません。
まずは時間の調整をすることから始めましょう。

勤務先に伏せたまま転職面接を受けるには

転職活動をする際、一般的に転職のことは伏せておく人が多いですね。
転職面接が近付くにつれて時間の調整等の問題もあり、話した方が転職活動を効率的に進められそうな気もします。
しかし会社としては、手を抜いた仕事をされるのではないかと厳しい目を向けられてしまったり、もし受からなかった時のことを考えると伏せておくのが正解でしょう。
転職面接を伏せたまま受けるには、面接日程の調整に余裕を持って行うことが必須となります。

上手な言い訳あれこれ

転職面接のことは在職企業には伏せておきたい、しかし平日の指定がある。
そんな場合は、言い訳を考えましょう。
面接当日は仮病を使うことで、一日をフルに使うことができますね。
また、通院や公的手続きといった平日限定の理由を考えることが有効です。
旅行に行くと有給を使用することもありですね。
悪意があって騙すわけではないので、ずる休み程度の気持ちで罪悪感を持たないことが大事になります。

どうしても平日は難しい。そんな時は

職種によってはどうしても平日は難しいこともあります。
現職での普段の忙しい勤務状況から、平日は絶対に休めないと悟っている人もいます。
せっかく自分に興味を持ってくれ、面接の機会をもらえた企業なので、どうしても厳しい場合はそれを伝えてみてはどうでしょうか。

転職希望先に日程調整を相談してもいい?

転職希望先に日程調整を相談する際、なかなかこちらから伝えづらいですよね。
しかし、日程調整をお願いしても採用に関わることはないので安心してください。
企業によっては日程調整が難しいこともありますので、その場合は辞退するか強引にでも会社を休む必要があります。
転職希望先によっては時間だけなら融通が利くこともありますので、日程は無理でも時間を工面する努力はしましょう。

上手なお願いの仕方

転職希望先に日程の調整を相談する際、こちらのわがままであることを自覚しておきましょう。
上手なお願いの仕方は、どうしても働きたい旨を伝え、しかし面接の日程が合わないと伝えましょう。
熱意を買ってくれる企業ならば調整を考えてくれるはずです。
妥協案を出されたときは、相手任せではなく自分でも最大限の調整を考えることを忘れないようにしましょう。

交渉する際はこんなことに注意

交渉する際は「可能ならば」というニュアンスで話すことが重要です。
もし日程調整が不可能の場合はすぐに受け入れましょう。
その場合はこちらが調整するしかありませんので、悪い印象を与えないことが最低限の交渉になります。

また、転職エージェントを利用している場合は仲介してもらうことも有効。
転職活動のプロですから、交渉という面では任せてしまった方が、下手に自分で交渉するよりも良いかもしれませんね。

スケジュール管理にも要注意

転職面接で注意が必要なことは、スケジュールを管理しておくこと。
転職面接の日程調整だけではなく、現在の仕事の状況も把握しておく必要があります。
プライベートの用事も含め、一括で予定を管理しておくことで円滑になるでしょう。
予定が重複してしまい、結局面接を受けられなかったということがないように注意してください。

複数企業を応募している場合

書類選考を通過後、転職面接が複数同時期に重なり、過密スケジュールになることがあります。
予定を必ずチェックし面接の日程が被らないように注意してください。
平日に日程を指定された場合は、思い切って一日に複数件面接を入れるよう調整してみるのも手です。
1日に何件も面接をするとやはり疲れますが、今の会社での休みも最短で済みますし、面接の流れを掴みやすくなりますよ。

今の会社の繁忙日は避ける

今の会社が繁忙期に入っている際の転職活動はできるだけ避けましょう。
繁忙日は時間の調整がしづらく、予定が非常に組みづらくなります。
急なスケジュール変更を視野に入れたまま転職活動を続けるのは厳しいですね。

また、転職を考えているとはいえ今は社員として勤務しているのですから、仕事をメインに考えておく必要があります。

プライベートで外せない用事は?

転職面接を最優先に考えて予定を組んでみたものの、どうしても外せないプライベートの用事がある場合は、すぐに日程変更を相談しましょう。
この場合は、必ず事情を話すことが重要です。
転職希望先に採用になった将来のことを考えて、同じパターンの時の会社の対応がわかるメリットもあります。
プライベートで外せない用事はそう多くはありませんね。調整ができる用事だったら転職面接を優先しましょう。

転職面接の実現のためには日程調整が重要

転職面接を成功させてきた数多くの人達は、日程の調整を経験しています。
転職面接を受けるために会社を辞めたという方も稀にいます。
しかし、理想は土日に面接日を設けていただくことでしょう。
わざわざ休日に面接してくれないだろうと思うかもしれませんが、相手企業があなたに興味があれば実現可能です。
それが難しい場合は、相談と有給を使うことでほとんどの場合対応可能。

平日に指定された面接は、会社側もある程度理解がある場合が多いので、悩んだらまず相談してみましょう。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連記事

おすすめ記事

例文なしで好印象!英語の履歴書&面接のパワーワード集

日本語の履歴書や職務経歴書にあたる英語の書類は、resume(レジュメ)やCV(Curriculum Vita […]

続きを読む

職業訓練校への通学が学歴に含まれるかどうか

会社を退職して、転職活動をするにあたり、「職業訓練校」に通っている人も多いでしょう。 実際に職業訓練校に通い、 […]

続きを読む

面接の緊張を一瞬で克服できる簡単なコツがあった!

面接が苦手と敬遠する人が一番に言うことは、やはり緊張でうまく話せなくなることです。 想定質問への答えもいろいろ […]

続きを読む

面接で転職者を見抜く質問!ズバリ面接官の意図は?

転職の面接対策では、定番質問以外の質問も気になりますよね。 どんな質問がされるかを完璧に予測することは不可能。 […]

続きを読む

職務経歴書に相応しいフォントとは?適正なフォントを選ぶために知っておくべきこと

採用担当者がひとつの職務経歴書に目を通す時間は、ほんの数十秒と言われています。 職務経歴書の第一印象で、最後ま […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

もっと読む

ピックアップ特集

おすすめの転職サイト