「正当な評価」を受けるための賢い方法。原因を知って冷静に対処しよう!

「正当な評価」を受けるための賢い方法。原因を知って冷静に対処しよう!

仕事の悩みや会社を辞めたい理由として「正当な評価を受けられない。」と聞くことがあります。
きちんと評価を受け、認められてこそ、モチベーションを保ち仕事を頑張ることができるもの。
正当な評価を受けたいと感じることは当然ですよね。
ただし、正当な評価を受けられない原因はさまざま。
場合によっては自分自身に問題があるケースも存在しますよ。
ここでは、正当な評価を受けられない原因と対処法を紹介します。

仕事で正当な評価を受けられない原因を探る

会社のために貢献しているのに、正当な評価を受けられないのは辛いことです。
では、なぜ正当な評価を受けることができないのでしょうか。
ここでは、仕事で正当な評価を受けられない原因を探っていきます。

昔ながらの年功序列的な評価制度

年功序列的な評価制度というのは、能力や成果ではなく、年齢や勤続年数によって給与や昇進などを決定することです。
成果主義の企業が増えてきて、年功序列を明確に謳う企業は減っているものの、実態としては年功序列的な考え方が根強く残っています。
特に若い世代にとっては「頑張っても正当に評価されない。」「自分より仕事をしていない年配の人の給与が高い。」と不満を感じるでしょう。

上司の嫌がらせや好みの度合いが大きく影響

個人の評価は機械的に判断することが難しく、上司の考え方の影響を大きく受けます。
常に公平で、仕事ぶりだけを評価してくれる上司であればいいのですが、中には自分に都合のいい人だけを可愛がる上司もいるでしょう。
上司とそりがあわない場合は嫌がらせを受けて昇進できず、周囲からは高い評価を受けている実力者でも、ずっと一般社員のままということもあります。

仕事はできるけどコミュニケーションが苦手

仕事がスピーディーで正確、企画力もあるなど、いわゆる仕事ができるタイプなのに評価を受けられない人がいます。
原因の一つにコミュニケーションスキルの問題があります。
日本企業では協調性が求められますから、周囲とうまくやれないタイプは能力が高くても孤立しがち。
コミュニケーションがスムーズにいかないと職場内にミスが起きやすくなり、雰囲気の悪化にもつながります。
個人的な能力が高くても、基本的なビジネススキルがないとされてしまい、マイナス評価になってしまうのです。

自分のやり方を貫いてしまう

仕事のやり方にはいろいろありますが、会社員は上司が好む仕事のやり方にあわせることも必要ですよね。
上司は例え同じ結果になるとしても、自分のイメージ通りの仕事をしてくれる部下を好むものです。
一生懸命働いているのに正当な評価を受けられないと感じるなら、仕事のやり方を変えてみることも手。
上司が求める仕事のやり方を理解し、形にすることも会社員の努めではないでしょうか。

成果より労働時間が評価されると思い込む

年功序列だろうと成果主義だろうと、仕事で何より大切なのは結果ですよね。
限られた時間の中で成果を残してくれる人こそが、コスパが高い優れた従業員と言えるでしょう。
しかし、日本ではいまだに「長時間労働=頑張った証」と考える人がいます。
それゆえ定時で帰ることに後ろめたさを感じ、仕事もないのに残業したり、若手が早く帰ることに文句を言ったりするのです。
労働時間が評価の対象になると考えているなら、それは真逆の結果になるかもしれません。
近年は長時間労働の削減が社会全体のテーマですから、評価する側の上司も当然把握しています。
残業すればするほどマイナス評価につながっている可能性がありますよ。

正当な評価を受けたいときにすべきこと

「正当な評価を受けたい!」と思ったら何をすべきでしょうか。
評価をしてくれない上司や会社を恨むのは簡単ですが、まずは自助努力をしてみましょう。
ここでは、正当な評価を受けるためにすべきことを紹介します。

自分の実力を客観視する

そもそも正当な評価とは、「実力に見合った評価」のことですよね。
受けた評価が正当かどうかを知るには、自らの実力を客観視する必要があるでしょう。
「頑張っているのに。」「真面目に仕事をしているのに。」ではなく、どの程度会社に貢献しているのかを確かめることが重要。
自分の実力を冷静に見つめてみると、それなりの評価を受けていると気づくケースもありますよ。
実力を客観視することは、売上げや契約件数などわかりやすい成果がだせない職種の場合は難しいかもしれませんね。
その場合は、先輩や同僚などに聞いてみるなど、他者評価を参考にしてみるといいでしょう。
上司との面談があれば、上司の指摘を聞いて改善しようとする素直さも必要です。

自ら人に歩み寄る努力はしたか?

職場の人とうまくやる、上司のやり方にあわせていくことを、「ゴマすり」ではなく「仕事上必要なスキル」だと考えてみてはいかがでしょうか。
自分のやり方や考え方をどうしても曲げられないなら、会社員ではなく起業するという方法もあります。
会社員としてやっていくなら、周りにあわせることも大切です。
正当に評価してくれない他者を責める前に、まずは自分自身が人に歩み寄る努力をしたかどうかを一度考えてみましょう。
ほんの少し考え方を変えて歩み寄ってみることで、想像以上に仕事がやりやすくなり、すんなり評価を受けられることもありますよ。

自分のやり方ではなく相手が好むやり方を知る

相手が好むやり方を知るには、「あの人はいつも評価を受けている。」と感じる職場の先輩や同僚のやり方を参考にしてみるといいでしょう。
単なるゴマすりに見えても、実は上司の性格や好みをしっかり研究していて、相手にあわせるスキルをもっていることもあります。
いろいろ考えながら仕事をしている人であれば、相談してみるとアドバイスくれるかもしれませんよ。

基本の報連相を徹底する

部下からすれば正当に評価されないと思っても、評価をする側の上司にも言い分があります。
特に上司が嫌うのは報告、連絡、相談ができない人。
報連相をこまめにしないため、上司の意図とあわない仕事のやり方や結果につながっていると判断しているのです。
仕事の基本に立ち返り、報連相を徹底してみましょう。
勝手な判断で報告や連絡が不要だと思っていたことが、あとで重大な問題に発生することもあります。
職場で上司から評価を受けにくい人を見てみると、かなり高い確率で報連相を怠っていますよ。

人事異動を申し出る

自助努力をおこなっても正当な評価を受けられない場合は、上司側の問題もあります。
有能な部下をどうしても受けいれられず、頑なに評価を拒む器の小さい上司もいますから、職場を変えるのも一つです。
まずは人事異動などで、今の会社にいながら異なる上司の元で働けるチャンスを探ってみましょう。
有能なのに上司と相性が悪く昇進できなかった人が、人事異動後すぐ昇進できたケースもありますよ。
上司の問題で評価されないのは納得いかないでしょうが、残念ながら評価は人が人に対しておこなうもの。
評価をしてくれる人を探すのも一つの方法です。

適切な評価制度がある会社に転職する

評価制度自体が曖昧な場合、上司の好き嫌いが顕著に影響するなど、公平な評価を受けられません。
会社の評価制度を変えることは個人の力では簡単にできることではありませんから、思い切って転職するのも手。
優良な会社であれば、不要なトラブルを避けて従業員が力を発揮しやすいよう、誰にとっても公平になる明確な評価制度を設けています。
評価制度の確認は、面接で聞いてみる、転職エージェント経由で聞いてもらうなどさまざまな方法があります。
きちんと評価してくれる会社を選びましょう。

自分を客観視して冷静な一手を!

正当な評価を受けるためには、自分を客観視し、いまの環境で何ができるかを考えてみることが大切です。
努力をしたうえで正当な評価が受けられないなら、異動や転職などで環境を変えてみることも一つ。
評価しない誰かを責めたところで前に進むことはできませんから、冷静になって有効な一手を打つようにしましょう。

  • 0Tweet!
  • 1Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連記事

おすすめ記事

英語を使う職場:初心者が覚えておきたい3つのこと

職場で使う英語の学習をしたいと思うとき、単語やフレーズ、文法のことなら参考書や教材で学ぶことができますが、それ […]

続きを読む

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

転職しても記憶に残る上司に!部下の上手な叱り方

上司になると部下への指摘が必要になるシーンが増えますよね。 部下の成長を思っての指摘であっても、その叱り方次第 […]

続きを読む

仕事の合間に毎日食べたいおすすめのコンビニお菓子11選♡

毎日仕事を頑張っている社会人の皆さん。 日々の業務に追われて息抜きを忘れていませんか? 作業に没頭しすぎて気付 […]

続きを読む

ビジネスマナー検定と秘書検定どちらを受験すべき?両者の違いとおすすめする人

仕事で活かせるビジネスマナーを学びたいと思ったとき、よく聞くのがビジネスマナー検定や秘書検定などのビジネス系検 […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

もっと読む

ピックアップ特集

おすすめの転職サイト