ビジネスで俯瞰力を持つことの凄さと鍛え方

ビジネスで俯瞰力を持つことの凄さと鍛え方

「俯瞰」のスキルは、仕事のあらゆる場面で活躍します。
日常の業務、問題発生、仕事での悩み、転職時にも役に立てることができます。
学校では教わりませんし、専門の資格があるわけでもないスキル。
まずは、俯瞰って何?ということから、転職での活かし方や身に付け方について紹介します。

俯瞰力不足のビジネスシーン

俯瞰することができていないと、仕事に支障が出てくることがあります。
もしかすると、うまくいかないのは俯瞰できていないから?ということは案外多いものです。
俯瞰をいう概念の存在に気付いて、視点を変える心掛けから始めてみましょう。
まずは、俯瞰が足りないことで起こりがちなことを挙げてみます。

関連事項の見落としで判断ミス

見えている関連事項を材料にして判断したり、決断をしたりするものですが、重要事項を見逃してしまうほど視点が狭くなることがあります。
良くない結果が出てしまったあとに、その重要事項の存在があったことに気付いて、「そうか、そのことが抜けてしまっていた」とハッとすることがでてくるでしょう。
良くない結果に繋がる判断ミスを招いてしまうのです。

偏った「感情」で悩みが増える

仕事が難航してうまく進められなかったり、職場でのコミュニケーションに摩擦が起きたりすると、ネガティブな感情が湧くことがあります。
感情の段階というのは、一番狭い視野を働かせています。
極端に言うと俯瞰の反対側にいることになります。
自分の感情だけに留まっていると悩みに発展していくことが増えるでしょう。
俯瞰できると、いろいろな視点が見えてきて、ネガティブな感情を開放できるチャンスがたくさんあるのです。

仕事の要領・段取りが悪い

何かの準備をしなければならないとき、俯瞰することができないと狭い視点での準備しかできなくなります。
全体を見渡すことで、手さばきも、立ち回りも変わってくるでしょう。
俯瞰できないと、目の前のそのことしか見えないので、関連性からの応用や活用をしません。
次のステップに進んだときに、ゼロから始めなければならなかったり、同じことを何回も繰り返したり、時には、順番が行ったり来たりすることがあったりと段取りの悪い仕事になってしまいがちなのです。

俯瞰力がつくとビジネスの何に役立つのか?

俯瞰する視点が、ビジネスシーンで役立つ場面は驚くほどにたくさんあります。
言い方を変えると、必要不可欠ともいえるのが俯瞰力。
具体的には、どのように役立つのかを見ていきましょう。

応用が効き、立ち回りやすくなる

俯瞰するとは、ものごとを多角的、多面的に見ていくことです。
全く違うと思っていたことが、実はとても有効な材料だと気付くこともあります。
一方から見れば、死角になっていたことも、アングルを変えることで発見することも出てくるでしょう。
狭い視点で考えあぐねているよりも、ずっと活動の幅を広げられるのです。

感情のコントロールが容易になる

俯瞰することは感情をコントロールすることにも役立ちます。
ついイライラ、いつも落ち込むということも減らしていくことができるのです。
一歩下がったり、一段上のレベルから、起きていることを見ると気持ちが和らぐことは多いもの。
やる気に繋がったり、周りを理解することにも役立つでしょう。

選択肢が増える

俯瞰してみることで選択肢は格段に増えます。
これしか方法はない!と思っていることでも、グーッと俯瞰して視野を広げてみると、この方法でもできるのでは?という選択肢が見えてくるでしょう。
上記の感情のコントロールとも重なりますが、感情が発生した段階は、ひとつの視点でしか見ていません。
しかし、俯瞰することによって、自分の中に考えがいろいろと浮かぶようになります。
その場に一番適切な反応を判断して選ぶことができるのです。

発想やアイデアが出やすくなる

俯瞰すると、見えてくるものが増え、情報量も増えます。
情報を個々に把握するだけでなく、ひとつひとつの関連性を考えることで、新たな発想やアイデアの創出につながっていくでしょう。

理解力が高まり判断に役立つ

ものごとの全体像を捉えると、理解することが効率的になります。
常に全体の中のほかの項目と関連付けながら、学習することができるため、記憶にも残りやすいのです。
ものごとのパーツパーツの理解を深めてから、あとで繋ぎ合わせるよりも、理解度も高まるようです。
全体を理解した上での判断は、より精度の高いものになるでしょう。

先読みタイムマネジメントも可能

ビジネスシーンでは、時間軸で俯瞰していくことも大切です。
俯瞰によって今だけでなく、先のことも見据えて、今の行動に反映させることができます。
先のことも加味しながら動いていくと、仕事は格段にスムーズになるでしょう。

転職もビジネスの一環「俯瞰力」で乗り切る

俯瞰する力は転職活動や転職後の仕事でも役立ちます。
生活環境によって個人差はありますが、業務経験が短いと俯瞰するという概念に気付けていないことも多いものです。
ぜひ、存分に活用することを意識してみてください。

転職活動で俯瞰力を活用

転職活動の中で、俯瞰力が使えるシーンはたくさんあります。
転職活動を仕事の一環と考えて、上記で紹介したメリットの数々も当てはめてみてください。
企業や求人内容と自分の経験やスキルを摺り合わせるときにも、俯瞰によって共通点を見つけ出すことができるでしょう。
面接の際の、どんな質問への答えも、俯瞰することで回答の要素を見出し、わかりやすく構成することの助けになるものです。
少し困ってしまうような質問があっても、俯瞰によって、冷静に相手の意図を見極め、どんな言葉が的を射るかを考えさせてくれるでしょう。

俯瞰力で未経験の仕事もこなせる

未経験の仕事に応募したり、入社して仕事が始まったときには、俯瞰の力の発揮どきです。
たとえ業界や職種が異なっても、これまでの経験を少し変えることで活用できたり、ときには、丸ごと当てはまることも多いもの。
そのことに気付けたら、応募でのアピール事項にも自信を持てますし、仕事が始まっても活かしていくことができるでしょう。

俯瞰力を身に付けるためにできること

俯瞰力は、どんな場面でも使えるものですが、学校では教わりませんよね。
社会人の多くが、業務経験を積みながら、長い年月を掛けて培っているスキル。
経験値がものをいうスキルでもあるので、若い人は比較的、俯瞰力が低いと言われる傾向にあるようです。
誰でも経験の道の上にいるのですから、早く意識すれば、熟達も早くなるものです。

違う立場の人の視点を活用

仕事のシーンであれば、上司や経営者など、自分より上の人の視点を持ってみてください。
少なくとも、自分本位の感情に振り回されることが格段に減らせるでしょう。
言うべきこと、行うべきことの判断が変わってきます。
また、部下や後輩の立場からの視点も持ってみましょう。
自分の仕事だけでなく、周りの状況にも配慮できるようになります。
余裕がないと、自分の役割だけにまっしぐら!になりがちですが、この視点を持つことは仕事への姿勢、進捗、周りとのコミュニケーションにも大きく影響していくでしょう。

仕事は全体像から把握する

何かを理解する必要があるときは、常に全体像の把握から始めてみましょう。
全体から、細分化して理解消化していくと、理解度をぐっと上げることができます。
俯瞰力に繋がるのは、関連する、より広い全体を捉える習慣を身に付けることです。

物事は多面的に捉えてみる

ものごとを見る角度が多い人ほど、俯瞰力が高いようです。
ものごとを広く見て情報や選択肢を探すことに役立つ俯瞰力ですが、見る角度を変えることも俯瞰することの大切な要素。
俯瞰しようと思うときの、疑問視の質問を変えるといいトレーニングになるようです。
「どうしてそうなる?」→「何が必要だったのだろう?」
「どんなことが考えられる?」→「代わりになるものはないかな?」

ビジネスでの俯瞰力は長期戦!

俯瞰力というのは、パソコンや資格取得のように数か月や数年で簡単に身に付くものではないようです。
だからこそ、早めに知って、意識していく必要があるのです。
ぜひ、仕事で活用できるスキルに熟成していきましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています