「1年以上」は大丈夫?転職活動期間の平均と長引く転職のメリット・デメリット

「1年以上」は大丈夫?転職活動期間の平均と長引く転職のメリット・デメリット

転職活動を始めて内定がもらえるまでの期間は人それぞれですが、転職活動期間が長引けば長引くほど不安も募るもの。
実際に1年以上転職活動を続けた場合、どういったメリット・デメリットがあるのでしょうか。
転職活動期間の平均と合わせて、長引く転職活動の長短について解説します。

どれくらいで決まる?転職活動期間の平均

転職活動期間の長さについて話す際に重要となるのが、転職活動期間の平均です。
そこでまずは、一般的な転職活動期間からみていきましょう。

平均すると3ヶ月~6ヶ月

転職活動にかかる期間は大体3ヶ月~半年程度が一般的と言われています。
あくまでも一般的なものですので、希望に合う求人がたまたま見つかって、1ヶ月ほどで転職活動を終える方も中にはいます。
その一方で、もちろん半年~1年程度転職活動に時間をかけたという方もいて、人によって様々です。

離職中という方や「今すぐに辞めたい」と考えている方ほど、転職活動を急ぐことがありますが、平均的に考えても3ヶ月程度はかかると覚えておくといいかもしれませんね。

一般的な転職活動の流れ

転職活動の期間を語る際に必要なのが、転職活動の流れです。

転職活動を開始するには、まず「転職の準備」として自己分析や業界・企業に関する情報収集から始めなければなりません。
企業への条件ややりたい仕事が明確になったら、「応募」です。
応募に伴い、履歴書や職務経歴書などの「書類作成」が必要になります。

応募書類の提出をもって、いよいよ「選考」に進みます。
書類選考の後に面接となるのが一般的ですよね。
現在、まだ在職中という方の場合は、並行して、「退職準備・引継」といったプロセスも加わります。
一連の流れの中で、最も時間がかかるのが「応募」から「選考(面接)」の期間。
書類選考にも2週間程度、複数回の面接設定となるとこの間だけで2ヶ月ほどかかることも珍しくはありません。
また、「退職準備・引継」にも最低1ヶ月半ほどは見ておいた方がよいでしょう。

「1年以上」かけてもOK!転職活動に時間をかけるメリット

平均的には半年程度と短いものの、中には1年以上かけて転職活動をするという方も実は多いとされています。
転職への意思はあるものの、「いいところがあれば転職したい」という方もいるかもしれませんね。
そこで、「1年以上かけてじっくり」というように、時間をかけるメリットを紹介します。

妥協せずに企業選びができる

「転職活動にじっくりと時間をかけよう」とすることで、妥協せずに企業選びができます。

中途採用においては、欠員補充の求人が多いため、企業側のタイミング次第で募集が出たり、すぐに求人が埋まってしまったり、変化が激しいのが特徴です。
そのため、転職を考えた時期に良い求人が丁度良く見つかるとも限りません。
タイミングによっては、なかなかいい企業に巡り合えないことも。

あらかじめ時間をかけることを想定しておくと、条件に合う求人が出るまでどっしりと構えることができますよね。
これが時間をかけて転職活動をするひとつめのメリットです。

転職活動へのストレスを感じにくい

「早く次の就職先を決めなければ……」といった焦りが出にくいのも、長期で転職活動を計画するひとつのメリットです。

書類選考が通らなかったり、内定がもらえなかったりというように不合格が続くと、どうしても焦りや不安が出てしまうもの。
しかし、あらかじめ長期を見越しておくことで、応募書類を見直したり方向性を変えたりといった軌道修正にも柔軟に応じられるようになります。

離職中の場合は、短期間で決着を

転職活動をじっくりと進めることにはメリットもありますが、在職中の方におけるメリットが多いのが実情です。
気持ちに余裕が生まれることで、現在の仕事との調整もしやすくなるというのも、ひとつのメリットですよね。

その一方で、既に離職中という方は、メリットよりもデメリットの方が大きくなるため、できるだけ短期間で転職活動を終了できるように進めるのがおすすめです。
詳しいデメリットについては、次で紹介しましょう。

採用に不利になる?!長引く転職活動のデメリットとは

先にも少し触れたように、離職中の方にとって長期間での転職活動はデメリットの部分が大きくなりがちです。
詳しくみていきましょう。

無職期間が半年以上は要注意

既に離職中という方の場合で、特に無職の期間が半年以上となる場合には注意が必要です。
職務経歴に半年以上のブランクがあると、どうしても「退職してから何していたの?」という疑問が面接官には浮かびます。
その結果、様々な憶測から「やる気がない」「何か問題があるのでは?」と採用に不利にはたらいてしまうことがあるのです。

まだ在職中という方も、既に退職日が決まっている場合にはそこから半年以内で転職活動に決着をつけるよう調整したほうがよいでしょう。

経済的・精神的負担が重くなりがち

転職活動には、時間だけでなく費用も掛かるもの。
特に、離職中という方の場合は収入減がないため、時間がかかればかかるほど経済的な負担が大きくなりがちに。
さらに、経済的な負担は精神的な負担にもつながるため、次第に転職活動そのものが大きなストレスとなってしまいます。

転職活動の期間に関わらず、離職後に転職活動を行う場合は、最低でも数ヶ月分の生活費を確保しておくようにしましょう。

モチベーションの維持が難しいことも

在職中・離職中に関わらず、転職活動が長期にわたると、どうしても気持ちに波が生じてしまうもの。
転職活動の流れはもちろん、不採用通知に慣れてしまうことで、段々とモチベーションが低下してしまうということも珍しくはありません。
そのため、いかにしてモチベーションを維持するのかが長期での転職活動を成功させるカギとなります。
自分なりのリフレッシュ方法を2~3つ用意しておきましょう。

転職活動期間の目安を決めておくのがおすすめ

1年以上にわたって転職活動をするのは、離職中の方とっては経済面・経歴面などから不利になりがちです。
また、在職中の方でもモチベーションの維持などが課題となることもあります。
ダラダラとした転職活動にしないためには、あらかじめ転職活動の期間を自分で決めておくのがおすすめです。
計画的に進めるようにしましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています