「1年以上」は大丈夫?転職活動期間の平均と長引く転職のメリット・デメリット

「1年以上」は大丈夫?転職活動期間の平均と長引く転職のメリット・デメリット

転職活動を始めて内定がもらえるまでの期間は人それぞれですが、転職活動期間が長引けば長引くほど不安も募るもの。
実際に1年以上転職活動を続けた場合、どういったメリット・デメリットがあるのでしょうか。
転職活動期間の平均と合わせて、長引く転職活動の長短について解説します。

転職の相談は転職エージェントに任せよう

転職活動をしすすめてもなかなか自分に合った求人が見つからず長引きすぎてしまいそう な人にこそおすすめなのが面接のフィードバックやより良い求人を教えてくれる転職エージェントです。

完全無料で利用することができ、応募企業に合った面接対策をしてくれるので、転職に不安がある人はぜひ利用してみましょう。
ここではおすすめの転職エージェントを3つと多数の転職エージェントと提携している転職サイトをご紹介します。

登録する際は、転職サイトと転職エージェントの両方に登録することをおすすめします。

転職エージェントと併用するなら「リクナビNEXT」

「リクナビNEXT」は転職サイトであるので自分で転職先を探すことになります。
自身の経歴を登録しておくことで、企業や提携エージェントからスカウトオファーを受けることもできます。

早めに転職を決めたいという方は転職エージェントと併用することで、情報量の底上げになります。
リクナビNEXT単体でも公開求人約6000件という多さですから、リクルートエージェントと合わせるとより多くの求人に触れることが可能。
求人情報から、業界内で求人が活発化しているなどの動きも察知できるでしょう。

また、リクナビNEXTはエージェントのサポートが受けられない代わりに、転職ノウハウや求人特集などをWebで気軽に読めるコンテンツが充実しています。

ぜひ転職エージェントの登録と合わせて登録してほしいサービスです。

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数9,150件非公開求人-件
    エリア全国+海外対象年代全年代
    得意業種全業種年収UP率非公開
  • 詳しく見る

転職者の約8割がリクナビNEXTを利用中!

リクナビNEXTは転職決定数No.1の総合転職サイトです。通常は転職サイトにはキャリアコンサルタントは在籍しないのですが、リクナビNEXTには会員限定機能としてあなたに興味を持った 求人企業や転職エージェントから直接オファーや非公開求人オファーが届く「スカウトサービス」機能があります。スカウトサービスを利用している企業は2万社以上、提携エージェントも400社以上ありますので、企業やエージェントからの注目度ランキング、オファーの数などで自分の転職市場価値も把握することができます。リクナビNEXTに登録していない人のほうがすくないくらいですので、転職を考え始めたらまずはリクナビNEXTにはとりあえず登録しておきましょう。

リクナビNEXTの無料登録・詳細はこちら

口コミ評判No1の「リクルートエージェント」

リクルートエージェントは、転職成功実績No.1を誇る転職エージェントです。

アドバイザーが、職務要約を含めた提出書類の添削から面接対策、業界・企業情報の分析までしてくれるので、本気で転職をしたいという方にオススメの転職エージェントと言えるでしょう。

リクルートエージェントのアドバイザーは実績豊富なので、自分でも気づくことのなかった自分の強みを発見してくれ、それを魅力的な職務経歴書にしてくれるので、任せておくだけで安心です。

そんな実績豊富なアドバイザーの「存在」と、10万を超えた「非公開求人」の多さから転職成功実績No.1を誇る転職エージェントとなりました。
この10万という数字は業界最多を誇っています。

まずは話を聞きに行ってみるだけでも良いかもしれませんね!

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数37,553件非公開求人166,267件
    エリア全国+海外対象年代全年代
    得意業種全業種年収UP率高い
  • 詳しく見る

転職エージェントといえばリクルートエージェント

転職エージェントの代名詞とも言える業界最大手のリクルートが運営しているのがリクルートエージェントです。知名度No1!! 求人数No1!! 転職成功実績No1!!と転職を考えるならまず登録すべき転職エージェントの1つです。転職を成功させる確率をあげるにはリクナビNEXTとの併用は欠かせません。というのもリクナビNEXTだけに掲載している企業も多く(転職エージェントより安い広告費用で済む場合があるため)、そういう求人にはホワイト企業率も高いからです。2015年度までの数字ですが累計40万人の人がこれまで登録し、毎年3万人の転職を成功に導いています。さらに転職者の61%の人が年収アップに成功しているのもリクルートエージェントの強さを感じます。

リクルートエージェントの無料登録・詳細はこちら

初めての転職におすすめの「doda」

ある程度年齢も上がってくると、キャリアアップを考える人も多いのではないかと思います。
そんなキャリアアップを考えている人にオススメの転職エージェントが、「doda」。

dodaにはキャリアアップのできる求人が多数あり、キャリアアドバイザーと採用プロジェクト担当の2名が転職者を徹底的にサポートしてくれます。
会社ごとに採用プロジェクト担当がいるので、時には2名以上の担当がつくことも。
ということは、希望の企業を隅から隅まで熟知している多くの担当者が、あなたのそばでサポートしてくれるということです。

スカウトシステムや豊富な求人など、登録したら転職が成功する要素がたっぷりあるので、一度登録してみても良いかもしれません!

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数43,934件非公開求人131,280件
    エリア全国+海外対象年代全年代
    得意業種全業種年収UP率高い
  • 詳しく見る

診断ツールとキャリアコンサルタントのサポートが充実!

dodaには様々な転職支援ツールが用意されており、特に診断ツールが豊富です。年収査定やキャリアタイプ診断、合格診断、レジュメビルダーを使って自身の市場価値を割り出し転職する方法が人気です。また、dodaにはCEOや役員などのエグゼクティブキャリアに特化したIESコンサルタントからファッション業界に特化したクリーデンスコンサルタントなど様々なキャリアパス、業界に秀でたキャリアコンサルタントが多数在籍しております。初めて転職を考える20代の方、キャリアアップを考えている中堅・エグゼクティブ層の方、キャリアアップしたい女性の方までサポートできるdodaはまさに業界大手の実績とノウハウを持った転職エージェントだと言えます。

dodaの無料登録・詳細はこちら

親身なキャリア相談に定評がある「パソナキャリア」

25,000人以上もの転職支援実績があるパソナキャリアでは、サポートの質が高いと評判です。
せっかく転職エージェントに相談するなら親身になって相談に乗ってくれる人がいいと誰しもが思うはずです。
その願いを叶えるべく、心からの転職サポートをしてくれるの転職エージェントが「パソナキャリア」。

専任のキャリアドバイザーが、転職者の将来設計までを考えて転職をサポートし、転職プランを提示してくれます。
提出書類の書き方やポイントを含んだ転職のイロハを教えてくれるので、プロの意見を取り入れ、自分の強みの詰まった魅力的な面接することができるでしょう。

面接場所まで行くことができなくても、電話相談まで請け負ってくれるので、転職者に寄り添った転職エージェントと呼ぶことができます。

まずはサイトをのぞいてみましょう!

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数15,000件非公開求人23,000件
    エリア全国+海外対象年代全年代
    得意業種全業種年収UP率やや高め
  • 詳しく見る

地元密着の求人に強いパソナキャリア!

パソナキャリアは他社が東京・大阪・福岡などの都市部中心の求人紹介だけでなく、求職者の希望に応じて地方の求人もしっかり提案してくれるという評判をよく耳にします。その背景には全国42都道府県に置かれた拠点と東京、大阪、名古屋、広島、福岡で実施されるキャリアカウンセリング(遠方の人は電話対応も可能)の手厚い転職支援が挙げられます。それもこれまで25万人を超える転職支援実績と長年培われてきた16,000社以上の取引実績企業がパソナキャリアの転職支援のノウハウを確立させてきたと言えるでしょう。実際にパソナキャリアで転職した人の67%が年収アップしているようです。都市部から地方まで幅広く提案してくれるパソナキャリアは心強い味方となって転職〜退職までサポートしてくれますのでおすすめです。

パソナキャリアの無料登録・詳細はこちら

転職活動期間の目安を決めておくのがおすすめ

1年以上にわたって転職活動をするのは、離職中の方とっては経済面・経歴面などから不利になりがちです。
また、在職中の方でもモチベーションの維持などが課題となることもあります。
ダラダラとした転職活動にしないためには、あらかじめ転職活動の期間を自分で決めておくのがおすすめです。
計画的に進めるようにしましょう。

どれくらいで決まる?転職活動期間の平均

転職活動期間の長さについて話す際に重要となるのが、転職活動期間の平均です。
そこでまずは、一般的な転職活動期間からみていきましょう。

平均すると3ヶ月~6ヶ月

転職活動にかかる期間は大体3ヶ月~半年程度が一般的と言われています。
あくまでも一般的なものですので、希望に合う求人がたまたま見つかって、1ヶ月ほどで転職活動を終える方も中にはいます。
その一方で、もちろん半年~1年程度転職活動に時間をかけたという方もいて、人によって様々です。

離職中という方や「今すぐに辞めたい」と考えている方ほど、転職活動を急ぐことがありますが、平均的に考えても3ヶ月程度はかかると覚えておくといいかもしれませんね。

一般的な転職活動の流れ

転職活動の期間を語る際に必要なのが、転職活動の流れです。

転職活動を開始するには、まず「転職の準備」として自己分析や業界・企業に関する情報収集から始めなければなりません。
企業への条件ややりたい仕事が明確になったら、「応募」です。
応募に伴い、履歴書や職務経歴書などの「書類作成」が必要になります。

応募書類の提出をもって、いよいよ「選考」に進みます。
書類選考の後に面接となるのが一般的ですよね。
現在、まだ在職中という方の場合は、並行して、「退職準備・引継」といったプロセスも加わります。
一連の流れの中で、最も時間がかかるのが「応募」から「選考(面接)」の期間。
書類選考にも2週間程度、複数回の面接設定となるとこの間だけで2ヶ月ほどかかることも珍しくはありません。
また、「退職準備・引継」にも最低1ヶ月半ほどは見ておいた方がよいでしょう。

「1年以上」かけてもOK!転職活動に時間をかけるメリット

平均的には半年程度と短いものの、中には1年以上かけて転職活動をするという方も実は多いとされています。
転職への意思はあるものの、「いいところがあれば転職したい」という方もいるかもしれませんね。
そこで、「1年以上かけてじっくり」というように、時間をかけるメリットを紹介します。

妥協せずに企業選びができる

「転職活動にじっくりと時間をかけよう」とすることで、妥協せずに企業選びができます。

中途採用においては、欠員補充の求人が多いため、企業側のタイミング次第で募集が出たり、すぐに求人が埋まってしまったり、変化が激しいのが特徴です。
そのため、転職を考えた時期に良い求人が丁度良く見つかるとも限りません。
タイミングによっては、なかなかいい企業に巡り合えないことも。

あらかじめ時間をかけることを想定しておくと、条件に合う求人が出るまでどっしりと構えることができますよね。
これが時間をかけて転職活動をするひとつめのメリットです。

転職活動へのストレスを感じにくい

「早く次の就職先を決めなければ……」といった焦りが出にくいのも、長期で転職活動を計画するひとつのメリットです。

書類選考が通らなかったり、内定がもらえなかったりというように不合格が続くと、どうしても焦りや不安が出てしまうもの。
しかし、あらかじめ長期を見越しておくことで、応募書類を見直したり方向性を変えたりといった軌道修正にも柔軟に応じられるようになります。

離職中の場合は、短期間で決着を

転職活動をじっくりと進めることにはメリットもありますが、在職中の方におけるメリットが多いのが実情です。
気持ちに余裕が生まれることで、現在の仕事との調整もしやすくなるというのも、ひとつのメリットですよね。

その一方で、既に離職中という方は、メリットよりもデメリットの方が大きくなるため、できるだけ短期間で転職活動を終了できるように進めるのがおすすめです。
詳しいデメリットについては、次で紹介しましょう。

採用に不利になる?!長引く転職活動のデメリットとは

先にも少し触れたように、離職中の方にとって長期間での転職活動はデメリットの部分が大きくなりがちです。
詳しくみていきましょう。

無職期間が半年以上は要注意

既に離職中という方の場合で、特に無職の期間が半年以上となる場合には注意が必要です。
職務経歴に半年以上のブランクがあると、どうしても「退職してから何していたの?」という疑問が面接官には浮かびます。
その結果、様々な憶測から「やる気がない」「何か問題があるのでは?」と採用に不利にはたらいてしまうことがあるのです。

まだ在職中という方も、既に退職日が決まっている場合にはそこから半年以内で転職活動に決着をつけるよう調整したほうがよいでしょう。

経済的・精神的負担が重くなりがち

転職活動には、時間だけでなく費用も掛かるもの。
特に、離職中という方の場合は収入減がないため、時間がかかればかかるほど経済的な負担が大きくなりがちに。
さらに、経済的な負担は精神的な負担にもつながるため、次第に転職活動そのものが大きなストレスとなってしまいます。

転職活動の期間に関わらず、離職後に転職活動を行う場合は、最低でも数ヶ月分の生活費を確保しておくようにしましょう。

モチベーションの維持が難しいことも

在職中・離職中に関わらず、転職活動が長期にわたると、どうしても気持ちに波が生じてしまうもの。
転職活動の流れはもちろん、不採用通知に慣れてしまうことで、段々とモチベーションが低下してしまうということも珍しくはありません。
そのため、いかにしてモチベーションを維持するのかが長期での転職活動を成功させるカギとなります。
自分なりのリフレッシュ方法を2~3つ用意しておきましょう。

転職活動期間の目安を決めておくのがおすすめ

1年以上にわたって転職活動をするのは、離職中の方とっては経済面・経歴面などから不利になりがちです。
また、在職中の方でもモチベーションの維持などが課題となることもあります。
ダラダラとした転職活動にしないためには、あらかじめ転職活動の期間を自分で決めておくのがおすすめです。
計画的に進めるようにしましょう。

  • 5Tweet!
  • 0Share!
  • 9Bookmark!
  • 9Share!
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連キーワード

関連記事

出向と派遣の違いとは?特徴をポイントごとに解説!

出向と派遣の違いについて、いまひとつ良くわからない方は多いのではないでしょうか。 この記事では、出向と派遣につ […]

続きを読む

地方公務員とは?地方公務員になる方法や仕事内容を詳しく解説

地方公務員とは?そのやりがいや仕事内容とは?この記事では、地方公務員に興味のある方向けに、地方公務員について知 […]

続きを読む

転職エージェントが弁護士におすすめな理由とその選び方とは?

「弁護士が思っていた職業と違う」「キャリアアップしたい」「法律知識を活かしながら弁護士とは違う職種に挑戦したい […]

続きを読む

未経験で診療情報管理士に転職は可能?業務内容や向いている人も解説

「診療情報管理士」とは、その名のとおり診療や検査を受けた患者の記録を管理するエキスパートのこと。 とはいえ、「 […]

続きを読む

アルバイト歴を転職回数に含むか否か

職探しをする上でコンプレックスになりがちなのが転職回数です。 今まで職を転々としてきた方は、そのことがネックに […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

もっと読む

ピックアップ特集

おすすめの転職サイト