【例文あり】物流・運送業界へ転職!志望動機と知っておきたいポイントまとめ

【例文あり】物流・運送業界へ転職!志望動機と知っておきたいポイントまとめ

物流業界への志望動機を考える上で登録しておきたい転職エージェント

志望動機を自分だけで考えていると「本当にこれでいいのだろうか…」と不安になってくるものです。

そこでここでは志望動機の書き方をサイト内で紹介していたり、実際にアドバイスをしてくれるようなおすすめの転職エージェントを紹介していきます。

全てのエージェントで登録は無料ですのでまずは実際に登録してみることをおすすめします!

志望動機の書き方・例文も紹介してるリクナビNEXT

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数9,150件非公開求人-件
    エリア全国+海外対象年代全年代
    得意業種全業種年収UP率非公開
  • 詳しく見る

転職者の約8割がリクナビNEXTを利用中!

リクナビNEXTは転職決定数No.1の総合転職サイトです。通常は転職サイトにはキャリアコンサルタントは在籍しないのですが、リクナビNEXTには会員限定機能としてあなたに興味を持った 求人企業や転職エージェントから直接オファーや非公開求人オファーが届く「スカウトサービス」機能があります。スカウトサービスを利用している企業は2万社以上、提携エージェントも400社以上ありますので、企業やエージェントからの注目度ランキング、オファーの数などで自分の転職市場価値も把握することができます。リクナビNEXTに登録していない人のほうがすくないくらいですので、転職を考え始めたらまずはリクナビNEXTにはとりあえず登録しておきましょう。

リクナビNEXTの無料登録・詳細はこちら

志望動機だけでなく物流業界で働く人の生の声が聞けるdoda

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数43,934件非公開求人131,280件
    エリア全国+海外対象年代全年代
    得意業種全業種年収UP率高い
  • 詳しく見る

診断ツールとキャリアコンサルタントのサポートが充実!

dodaには様々な転職支援ツールが用意されており、特に診断ツールが豊富です。年収査定やキャリアタイプ診断、合格診断、レジュメビルダーを使って自身の市場価値を割り出し転職する方法が人気です。また、dodaにはCEOや役員などのエグゼクティブキャリアに特化したIESコンサルタントからファッション業界に特化したクリーデンスコンサルタントなど様々なキャリアパス、業界に秀でたキャリアコンサルタントが多数在籍しております。初めて転職を考える20代の方、キャリアアップを考えている中堅・エグゼクティブ層の方、キャリアアップしたい女性の方までサポートできるdodaはまさに業界大手の実績とノウハウを持った転職エージェントだと言えます。

dodaの無料登録・詳細はこちら

物流関連の転職実績多数のリクルートエージェント

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数37,553件非公開求人166,267件
    エリア全国+海外対象年代全年代
    得意業種全業種年収UP率高い
  • 詳しく見る

転職エージェントといえばリクルートエージェント

転職エージェントの代名詞とも言える業界最大手のリクルートが運営しているのがリクルートエージェントです。知名度No1!! 求人数No1!! 転職成功実績No1!!と転職を考えるならまず登録すべき転職エージェントの1つです。転職を成功させる確率をあげるにはリクナビNEXTとの併用は欠かせません。というのもリクナビNEXTだけに掲載している企業も多く(転職エージェントより安い広告費用で済む場合があるため)、そういう求人にはホワイト企業率も高いからです。2015年度までの数字ですが累計40万人の人がこれまで登録し、毎年3万人の転職を成功に導いています。さらに転職者の61%の人が年収アップに成功しているのもリクルートエージェントの強さを感じます。

リクルートエージェントの無料登録・詳細はこちら

物流業界のみの特集を組んでるパソナキャリア

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数15,000件非公開求人23,000件
    エリア全国+海外対象年代全年代
    得意業種全業種年収UP率やや高め
  • 詳しく見る

地元密着の求人に強いパソナキャリア!

パソナキャリアは他社が東京・大阪・福岡などの都市部中心の求人紹介だけでなく、求職者の希望に応じて地方の求人もしっかり提案してくれるという評判をよく耳にします。その背景には全国42都道府県に置かれた拠点と東京、大阪、名古屋、広島、福岡で実施されるキャリアカウンセリング(遠方の人は電話対応も可能)の手厚い転職支援が挙げられます。それもこれまで25万人を超える転職支援実績と長年培われてきた16,000社以上の取引実績企業がパソナキャリアの転職支援のノウハウを確立させてきたと言えるでしょう。実際にパソナキャリアで転職した人の67%が年収アップしているようです。都市部から地方まで幅広く提案してくれるパソナキャリアは心強い味方となって転職〜退職までサポートしてくれますのでおすすめです。

パソナキャリアの無料登録・詳細はこちら

物流業界の志望動機ページもあるビズリーチ

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数90,801件非公開求人非公開
    エリア全国+海外対象年代全年代
    得意業種IT・ベンチャー年収UP率高い
  • 詳しく見る

有料会員制の完全非公開ハイクラス向け転職サイトのビズリーチ!!

年収1000万円以上の求人や管理職の求人、外資系企業への転職を求めている方に評判の良い転職サイトが、このビズリーチです。厳正な審査を通過した一流のヘッドハンターが1,700人以上登録されており、高年収・キャリアアップを望を望むハイクラス層にぴったりです。ビズリーチには転職サイトには珍しく有料プランが用意されております。無料でも利用できますが、月額制の有料会員(プレミアムプラン)を利用すると、ヘッドハンターからのスカウトを受け取ることはもちろん、無料プランでは確認できなかった非公開求人を見つけ応募することが可能になります。ビズリーチで転職活動を成功させた人の98%は「1通以上のスカウトに返信していた」という調査結果が出ていますので、スカウトが届いたらすぐに返信して情報収集兼ねてヘッドハンターとのやり取りを積極的に行いましょう。

ビズリーチの無料登録・詳細はこちら

物流・運送業界ってどんな業界?

物流・運送業界を大まかに説明すると、生産物が生産者から消費者にわたるまでの一連の流れに関わる業種のことを言います。
わかりやすい例をあげると、日本郵政や日本通運、クロネコヤマトなどがあります。
業務としては、生産物の保管、加工、包装、そして配送など多岐にわたります。
輸送手段としては、トラック、鉄道、飛行機、船などさまざまにありますが、国内物流においては、トラック運送が実に6割以上を占めています。
また、amazonや楽天市場など、近年のインターネット通販市場の急成長に伴い、宅配便をはじめとした物流・運送へのニーズはさらに高まっています。

物流・運送業界での主な職種

物流・運送業といったら配達ドライバーを連想する人が多いのではないでしょうか。
しかし物流・運送業界にはさまざまな職種が存在します。

ここでは主な職種をご紹介します。

配送ドライバー

物流・運送業界の根幹を支えているのが、荷物の配送ドライバーです。
車の種類も軽トラックから4tトラックまでさまざまで、必要な免許もそれぞれ違います。
運転技術はもちろんですが、集荷や届け先では顧客と直接やりとりをするため、丁寧な言葉使いやマナーなどのコミュニケーション能力も重視されます。
一方で、長時間労働や低い給与基準といった厳しい労働環境のために、人材不足が嘆かれています。

倉庫内作業

配送センターや倉庫で、入荷した製品の仕分けや検品など、製品の出荷準備を行う業務です。
製品のピッキングや仕分け、在庫管理など業務は多岐にわたります。
貨物の積み下ろしなど、業務によってはフォークリフトやクレーンの運転免許が必要な場合もありますが、製品の包装、ラベル貼り、棚卸しなど、多くはアルバイトなどでも経験できます。

営業職

この業界における営業職では、新規開拓というよりもルート営業が主になります。
荷主企業を回り、サービスの満足度はどのくらいか、課題点はどのようなことかなどのヒアリングを行い、より効率的でローコストな物流サービスを提案します。
また、クレームに対しての謝罪も営業職の仕事内容になります。

物流・運送業界で働くメリット・デメリット

需要があるので転職が簡単にできそうなイメージのある物流・運送業界ですが、メリットやデメリットももちろん存在します。
実際に転職に踏み切る前にメリットデメリットを確認し、本当に転職するのが自分にとっていいのか見極めましょう。

ここではメリット・デメリットをご紹介します。

運送業界における人材不足の深刻化

物流・運送における要であるトラックドライバーの、長時間労働や低賃金などの労働環境が問題視されています。
厳しい労働条件のために若い人材が集まりにくく、中高年層が多数を占めている現状もあります。さらに、オンライン通販におけるスピード配送や全国一律送料無料といった配送サービスが、ドライバーの労働環境の悪化にさらに拍車をかけてしまっている状態です。
しかし、ネット通販の今後の成長や、数年後に迫るオリンピック需要に備え、国交省や各企業で給与水準や勤務体制の見直しが進められています。

業界の成長に伴い、求人数は大量にある

慢性的な人材不足に加えネット通販市場の成長のおかげで、業界全体における求人数は増加しています。
この業界への転職を考えている人には、さまざまな選択肢が開かれていると言えます。
特別な資格や業界経験が無くても採用されやすい傾向にあるので、自分の得意分野や経験が活かせる職種に出会えるかもしれません。

物流・運送業界に転職ってどうなの?

実際に物流・運送業界に転職するのはどうなのでしょうか。

ここでは業界研究に役立つ情報をご紹介します。

業務幅の拡大によって、異業種からの転職も有利

物流ニーズの拡大に伴い、保管、包装、物流情報管理、配送など物流に関する業務を一企業が一括で請け負う3PL化が進んでいます。
それに伴い、製品の倉庫管理や荷物配送だけでなく、顧客対応や物流情報管理など、業務内容も多岐にわたりす。
経験の有無だけでなく、職種によってさまざまなスキルや能力を持った人材が求められるようになってきているので、異業種からの転職であっても積極的な採用を行う動向がみられます。

IT化・システム化の流れ

この業界では、より正確、丁寧かつスピーディな業務進行が求められています。
IT化によって、効率化とコスト削減、さらに配送ミスを減らしたりサービス品質の向上も見込めるので、結果的に顧客の満足度アップにも繋がります。
運行支援システムを導入したり、物流センターでを実用化するなど、今後も新たなシステムやツールを取り入れる動きが増えていくでしょう。

海外へのネットワーク展開が加速

近年、物流業界では、アジア市場への開拓が進んでいます。
大手企業の例をあげると、ヤマトホールディングスは、台湾、上海、シンガポールなどに宅配事業を拡大。
また、日立物流では、中国、韓国、オーストラリア、ロシアなどに子会社を設立するなど、アジアを中心とした海外展開の動きは今後も加速し、競争も激しくなっていくと見込まれています。
グローバルな仕事を希望している人には、さまざまなチャンスがあるでしょう。

物流・運送業界の志望動機をつくるポイント

志望動機はその業界に合わせたものを作成することが重要です。

そこで物流・運送業界の志望動機を作成するポイントをご紹介します。

体力

コンピュータでのデータ管理やドローンによる配送の無人化など、IT化が進んではいるものの、やはり人の手によるアナログな業務も重要となっています。
車の運転、検品作業、倉庫内での運搬作業など、この業界では基本的に体を動かす業務が多いため、運動部や引っ越しアルバイトの経験など、体力に自信がある人はアピールすべきです。

業界で必要な資格や免許を持っている

どんな業界においても言えることですが、やはりその分野で必要な免許や資格を持っていることは最大の強みになります。
トラックドライバーに必要な大型自動車免許や、倉庫内作業で必要とされるフォークリフト運転技能や危険物取扱の資格など、現場作業で必須となる免許は、即戦力として引く手あまたでしょう。
ほかにも、倉庫管理業務において活かせる倉庫管理主任者やロジスティクス関連の資格などや、国際物流において活かせる通関士、国際物流管理士など、さまざまな資格があります。

コミュニケーション能力

業務拡大によって取引先企業や顧客と直接やりとりをする機会も増えていますので、高いコミュニケーション能力が求められています。
ドライバー業務では届け先でのやりとりのなかで、「また、この会社に配送して欲しい」と思ってもらえるか、営業業務では顧客のニーズをしっかりと把握できるか、倉庫管理や事務業務ではチームで連携をとって正確かつ効率的に作業を進められるか、などの社内外問わず、周囲と積極的にコミュニケーションを取れることが大切です。

物流・運送業界の志望動機の例文

実際に志望動機を作る際になにを買いていいか分からないこともありますよね。

そこで、物流・運送業界への志望動機の例文をご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

ドライバー(経験者)

前職でも配送ドライバーに5年間従事しておりました。
お客さまに「いつもありがとう」と感謝の言葉をかけていただいた経験が忘れられず、よりお客さまに満足してもらいたい、という意識を持って務めてまいりました。
ただ物を運ぶだけでなく、人から人へ新たなコミュニケーションが生まれることに魅力を感じ、志望いたしました。

倉庫管理(経験者、免許あり)

倉庫内作業のアルバイト経験が長く、とくに搬入業務に長く携わっておりましたので、フォークリフトの資格を取得しています。
リーチフォークリフト、カウンターフォークリフトの両方を運転することができます。
また、ピッキングや仕分け、梱包作業など、倉庫内での業務は一とおり経験があるので、経験が活かせると思い志望いたしました。

営業職(異業種から)

介護施設や病院に向けた家具や備品販売の営業スタッフとして5年間従事しておりました。
介護施設で働くスタッフや利用に対して積極的にヒアリングを行ってきたコミュニケーション能力と、どんな用品が必要とされているか、現在のサービスのどこが問題点なのかを把握する情報収集力には自信があります。
この業界は未経験ではありますが、人と人とを繋ぐ物流業界にかねてより関心がありましたので、自分の経験を活かしたいと考え、志望いたしました。

物流・運送業界で働く前に覚えておきたい業界用語

物流・運送業界には多くの業界用語が存在します。

そこで実際に働く前に覚えておきたい業界用語を少しだけご紹介します。

SCM(サプライチェーンマネジメント)

卸問屋から部品メーカー、小売事業者など、消費者に製品が供給されるまでの各事業者の動きをネットワークで統合し、在庫情報などを共有することで、経営の効率化と最適化を図る手法のことを言います。

3PL(サード・パーティ・ロジスティクス)

荷主とは別の企業が、製品の保管、流通加工、包装、配送まで、流通機能の業務全般を一括で担うことを言います。
製品の管理拠点を一か所に集中させることで、荷主側は生産と販売に集中することができ、業務効率化やコストダウンを図ることができます。

運行管理システム

運送車両の配車や運行管理をコンピュータが代替することによって、円滑な運行管理を図るシステムを言います。
車両の安全運転のサポートや荷物の自動追跡システムなど、とくに人材不足が嘆かれている物流業界のドライバー業務においても、システム化の流れに伴い、導入する企業が増えています。

物流の6つの機能

物流業界の仕事は、物を輸送して届けるだけではありません。
物流における仕事内容や役割は、大きく「保管」「荷役」「流通加工」「包装」「輸配送」「情報管理」の6つに分けられます。
なかでも、「情報管理」以外の5つをもって、「物流の5大機能」と呼びます。
これらの機能をより効率的に行い、コストを削減することが重要になります。

物流3法

1990年に施行された、トラック運送業における規制緩和を目的とした貨物自動車運送事業法と貨物運送取扱事業法の「物流2法」に、2003年に新たに鉄道事業法を加えた3つの法律を言います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
「物流」ときくと、ドライバーや倉庫作業のイメージがありますが、業務は多岐にわたります。
体力に自信のある人はドライバー、黙々と集中して行う細かい作業が得意な人は倉庫内作業、人と接することが得意な人は営業、というように、何かしら自分の特性にあった業務に出会えるはずです。
企業や職種ごとに業務の幅や求められるスキルが異なるので、物流・運送業界の動向を研究し、転職活動に向けてしっかりと準備をしましょう。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連記事

おすすめ記事

事務転職での自己PRの方法を解説

「事務の転職活動では自己PRをしなければいけないの?」「自己PRがどうも苦手だ」と思っている人は多いのではない […]

続きを読む

事務転職の面接で採用されるポイントを解説

人気の事務に転職するときの面接、緊張しますよね。 面接で採用を決定付けさせるにはどのようにすればいいのでしょう […]

続きを読む

【例文あり】ファッション業界へ転職!志望動機と知っておきたいポイントまとめ

ファッション業界への転職を考えている人は、業界事情などしっかり研究をしたうえで志望動機を作成していきましょう。 […]

続きを読む

介護資格なしでも転職可能?気になる給与や評価基準、仕事への影響を検証

介護業界で働いている方や介護の仕事に興味がある方は、介護資格を取得すべきか悩むことがありますよね。 介護資格な […]

続きを読む

ホテル業界に転職したい第二新卒が知っておくべきポイントまとめ

第二新卒でホテル業界への転職を成功に必要な基礎知識から、第二新卒としての具体的な志望動機の例文までを紹介します […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

もっと読む

ピックアップ特集

おすすめの転職サイト