給与を決める際年齢・経験を考慮して優遇されることはあるのか

給与を決める際年齢・経験を考慮して優遇されることはあるのか
geralt / Pixabay

転職情報誌やサイトの給与欄に「年齢・経験を考慮して優遇します」と記載されている場合、素直に額面通りに受けとってもよいものなのでしょうか?
つまり、本当に年齢が給与面に優遇してもらえると捉えてもいいのか?と不安に思われたことがないでしょうか?
今まで面接に出席しても特に優遇に関しての話をされたことがない場合ですと、実際本当に優遇されるのか?と猜疑心で見てしまわれても仕方がないことと思われます。
今日は、この微妙な給与を決める際年齢・経験を考慮して優遇されることはあるのか?について考えてみたいと思います。

 

給与を決める際、年齢・経験を考慮して優遇されることはあるのか?

つまり、求人情報内に優遇する旨が記載されている場合は、その可能性があると認識していてもらって問題ないと思われます。
ただし、それは全ての経験が優遇されるわけではないことは、知っておいてください。
例え期間が短くても、その会社にとって、即戦力と判断できる経験であれば優遇されて、希望給料が跳ね上がることもあるでしょうし、たとえ期間が長くとも、評価しづらい経験、もしくは、あまりその会社にとっての優遇されることではなかった場合、給料に優遇されることはないといえます。

年齢・経験を考慮して優遇の意味とは?

年齢・経験を考慮して優遇というのは、最初からの一律給与額ではなく、自社の人事評価制度や給与規定と照らし合わせてみて、「その年齢や経験から、等級や号俸にすることができますが、この給与額になりますがいかがでしょうか?」という意味あいが強いであろうと思われます。
しかしながら、年齢・経験を考慮して優遇といわれところが、年功序列からきているのか?もしくは、経験という能力を評価する公正な基準からきているのか?によって、決定される給料の差は出るかと思われます。

中途採用者の賃金を決める要素とは?

応募した企業からみて、中途採用者の賃金を決める要素は、「本人からの希望額」と「前職の給与もしくは年収」と「在籍者同年齢位のスキルもしくは同等の経験スキルがあるかどうか?」の3つの要素を考慮され、決定されることが予想されます。
つまり、ご自分の希望の給与額があれば、それに値するスキルを有していることを、面接時にアピールして納得してもらえるかどうかが大事なポイントです。その根拠となるものを伝えなければ、もしくはなかったのであれば、年齢・経験を考慮しての優遇は難しいことであるといえるでしょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています