書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。
「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいのでしょうか。
不合格通知が来るまでの期間など、書類選考不採用の場合についてまとめました。

結果が早いと合格?書類選考不採用の場合の選考期間は?

書類選考結果に関しては、合格の場合は通知が早いと一般に言われています。
では、不合格の場合はどうなのでしょうか。

書類選考期間は1週間~2週間

結果通知の時期に関わらず、書類選考期間は1週間~2週間が一般的です。
書類選考の期間は、会社によって異なりますが、大手企業の方が書類選考にかかる時間は長い傾向にあると言われることも。
まずは、1~2週間を目途に応募書類の選定が行われていることを覚えておきましょう。

不採用の場合は、連絡が遅め

「結果が早いと合格」というネットのうわさ通り、実は不採用の場合は選考結果の連絡が遅い傾向にあるのは事実です。
中には、忘れたころに連絡がきたという方も。

不採用の場合に、連絡が遅れがちな理由に関しては後ほど後述しますが、企業側が合格者の確保にいち早く動くため、不合格の通知がどうしても連絡が後回しになるといったところでしょうか。
とはいえ、合格の場合に連絡が遅くなってしまうこともありますので、連絡時期だけで一概に合否をはかることはできません。

選考期間はあくまでも「目安」

書類選考の期間をはじめ、選考に関するスケジュールは企業によっても異なります。
そのため、あくまでも「一般的な」例にすぎず、「目安」程度にしかなりません。
会社の規模によっても異なりますし、応募者の数によっても変わってきます。
「書類到着予定日から1ヶ月以上も経つ」という場合はさすがに不合格の可能性が極めて高いですが、まずは結論を急がずに待つのが賢明です。

書類選考で不採用の場合に、通知が遅い理由とは?

先にも少し触れましたが、書類選考で不採用となる場合には、合格者に比べて結果の連絡が遅くなりがちです。
企業によって事情は異なりますが、それには以下のような理由があります。

書類選考通過の人を優先している

書類選考の次は面接選考が予定されている場合がほとんど。
企業としては、優秀な応募者をいち早く確保したいために、書類選考通過の方を優先する傾向にあります。
面接選考の連絡に追われていることもあり、結果として、不採用となった方が後回しにされてしまい、連絡が遅れてしまうというのが一般的な理由です。

他の応募者と比較したいために保留にされた

選考結果が遅れている場合には、必ずしも不合格と決まったわけではありません。
中には、「保留」となっているケースもあります。

たとえば、先に連絡を受けた合格者が辞退した場合に、繰上げ合格となる可能性がある場合には、書類選考結果を一時的に保留とすることもあるのです。
その保留期間の分だけ、結果通知にもタイムラグが発生することに。
これもまた、書類選考結果の通知が遅れる原因です。

効率よく対応するために、不採用者はまとめて連絡する予定である

応募書類が到着した順に書類には目を通し、合否の判断を行っていても、結果の通知は一定数をもって、まとめて行うというケースもよくあります。
この場合、先に応募した方ほど、結果通知までの期間が長くなってしまいがちに。
結果が出ているだけに早く聞きたい気もしますが、待つよりほか仕方がないというケースですね。

合否を問わず、選考に時間がかかるケースも

不採用の場合に限らず、書類選考そのものに時間がかかっているというケースももちろんあります。
たとえば、想定以上の応募者が集まり人事が手間取っているという場合や、企業側の繁忙期と重なっているというような内部事情によって、選考そのものがなかなか進まないということも。
また、応募書類が一定数に達するのを待ってから選考を開始するというケースもあるため、応募書類が到着していてもまだ選考されていないということもあるようです。

書類選考の不採用通知はメール?書面?連絡方法について

さて、実際に不採用となった場合には、結果はどのような形でくるのが一般的なのでしょうか。
連絡方法とあわせて、対応についてもあわせて解説します。

メールでの連絡が一般的に

書類選考の不採用通知は、メールでの連絡が一般的です。
「慎重に選考を重ねた結果、まことに残念ながら今回はご期待に添えない結果となりました」というような文言とともに、「末筆ではございますが、貴殿のご活躍とご健勝をお祈り申し上げます」と締めくくられるため、「お祈りメール」とも呼ばれています。

なお、書面によって通知がなされる場合もありますが、コストや手間を考慮し、メールの通知する企業が増えています。
結果連絡がくることを考えて、迷惑メールフォルダもあわせて、こまめにメールチェックは行いましょう。

不採用メールは返信しなくてOK

不採用通知を受け取った場合、特に返信する必要はなし。
ビジネスでのメールは返信するのがマナーではありますが、この場合返信したところで結果が覆るものでありませんので、返信は不要です。

もし、企業側の担当者で個人的にお世話になった方がいる場合には、今回はご縁がなかった旨を報告するとともに、感謝のメールを送ってもよいでしょう。
その場合、不採用通知に返信するよりは、個人に直接送ったほうが伝わりやすくなります。

応募書類は返送されない場合も

不採用通知はメールで行われるのが一般的になったこともあり、応募書類を返送する企業も減っています。
応募書類を返送しない場合には、あらかじめ求人票に記載がある場合もありますので、確認してみましょう。
また、不採用通知の文面にも「お送り頂いた書類等につきましては、弊社で責任を持って破棄致しますので、ご了承くださいませ」というような文が添えられているはずです。
あわせて確認しておきましょう。

選考結果は気長に待つのがポイント

書類選考では不採用の場合ほど連絡が遅くなりがちですが、企業によって選考期間が異なるため、期間だけで合否の線引きをするのは難しいもの。
まずは、気長に待つようにしましょう。
転職活動は、複数の企業に同時に応募するのが主流です。
結果待つ間にもいい求人情報が出てくることもありますので、他の企業にも目を向けながら過ごすのがおすすめです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています