在職中の転職活動、よくある疑問!転職活動で会社を休む理由はどう伝える?

在職中の転職活動、よくある疑問!転職活動で会社を休む理由はどう伝える?

中途採用では、在職中の応募者を考慮して、面接時間を夕方以降に組んでくれることもありますが、中には面接先企業の就業時間内に合わせなければならないケースもあります。
在職中に転職活動を優先し欠勤する際、休む理由はどう伝えればよいのでしょうか。
上手な休み方のポイントを紹介します。

正直に言うべき?転職活動で仕事を休む理由の伝え方

転職活動中には、就業時間内に面接が組まれることもあります。
その場合は当然、今の仕事を休む必要が出てきますよね。
このとき、今の職場にはどう伝えるのがよいのでしょうか。

正直に言うのはNG

「どうせ辞めるし、転職活動中であることをはっきり言った方が……」と考えるかもしれませんが、正直に言うのはちょっと待って。
早速、職場の上司から退職や転職の引き留めに合うこともあります。
中には、「仕事を放棄してまで転職活動なんて!」と非常識に取られてしまうことも。
それでは、転職活動どころか日常の業務にも支障が出てしまいますよね。

退職の意思は、退職したい日から逆算して1ヶ月半~3ヶ月を目途に上司に伝えるのが一般的です。
時期が来たら退職・転職の意思を伝えるとして、休むために転職の意思を伝えるのは避けた方が無難です。

体調不良ややむを得ない用事を理由にするという方も

では、休む場合の理由はなんと伝えるべきなのでしょうか。
転職経験者の方が、会社を休む際に利用する理由で、最も多いのが「体調不良」なのだとか。
当日急に体調を崩したなどと告げて欠勤し、面接に行くというわけです。
「子どもが熱を出した」というように、家族の体調不良を理由にする方も。
また、通院を理由に、午前休・午後休というように半休を取得するという方もいるようです。

その他にも、「身内に不幸があった」いうようにやむを得ない事情を作り出したというケースもあります。
とはいえ、冠婚葬祭はそう重なるものではありませんので、何度も使えるいいわけではありませんので注意が必要です。

円満退職のためにも、バレる嘘は避けるべき

転職活動のために会社を休むことは仕方のないことですが、できることなら、すぐにバレてしまうような嘘は避けましょう。
転職活動に関わらず、嘘をついて会社を休むことは印象の良いものではありません。
もしバレてしまったら、上司に叱責を受けることになりますし、同僚にも気まずい結果に。
また、隠そうとしていた転職活動の事実も公になりかねませんよね。

転職活動が成功した際には、新しいスタートを気持ちよくきるためにも、円満退職は欠かせません。
そのためにも、今の職場での礼儀・マナーは大切にし、すぐにバレるような嘘は避けておきましょう。

在職中の転職活動、休む理由のおすすめは?

では、実際に休む際には何といえばよいのでしょうか。
一番いいのは、「私用」を理由として有給休暇を使うことです。

「有給休暇」を使う

有給休暇は労働者に認められた正当な権利。
これまで有給休暇を取得する際は、上司に理由を伝えていたという方は多いかもしれませんが、実は休むための理由を会社側に言う義務はありません。
諸外国から見ると、「なぜ休むのに理由が必要なの?」と不思議に見られることもあるようです。

有給休暇を上司に申告する際は、単に「私用」を理由としてよいので、嘘をつく必要もありません。
転職活動で今の仕事を休む場合には、この有給休暇が最適です。

有給でも「理由」が必要な場合は?

とはいえ、会社の風潮として「何か理由がないと有給休暇が取れない」という場合や「有給休暇が取りづらい」という雰囲気の職場もありますよね。
できれば「私用のため」とごまかしたいところですが、「建て前」として何か理由を付けるのもいいでしょう。
嘘は避けたいところではありますが、重く考えすぎず上手に切り抜ける方法を見つけてみてください。

転職活動のために、どうしても休めない場合はどうする?

「私用」では休みにくく、かといって理由を言うわけにも……というような場合はどうすればよいのでしょうか。
どうしても休めない場合の対処法をご紹介します。

応募先企業に相談してみる

どうしても都合がつかない場合は、応募先の企業に、正直に相談してみるのもひとつの方法です。
現在の就業先でどうしても都合をつけることができない旨を伝え、就業時間後あるいは土日などの休日に面接の設定ができないか聞いてみましょう。
希望が通るとは限りませんが、聞いてみるのはひとつの方法です。
「自己都合を通してもいいの?」と思うかもしれませんが、業務をおろそかにしない姿勢は、決して悪いものではありません。

ただし、「土日以外は絶対無理です!」というように、一方的に伝えるのはNG。
あくまでも相談という形でうかがってみましょう。
また、面接の日程調整に苦戦しそうな場合は、書類選考合格後に「今後の選考スケジュールの予定を教えて頂けますか?」というように、やんわりと聞いておくのもおすすめです。

転職エージェントを利用する

今の仕事が多忙で転職活動そのものに不安があると言う場合は、あらかじめ転職エージェントを利用するのもおすすめの方法です。
転職エージェントとは、カウンセリングをもとに、応募先企業の提案から面接の設定、給与交渉など、内定までのあらゆるプロセスをサポートしてくれる大変便利なサービスです。
特に、面接スケジュールの調整も代行してくれるのが大きなポイント。
応募先企業に直接伝えるよりも、日程の不都合を申告しやすくなります。

転職エージェントの担当者は、転職のプロ。就業後や休日にうまく調整してくれるので、非常に頼りになりますよ。
何より、嘘をついて休んだり、現就業先と応募先企業の間で板挟みになったりしなくて済みます。

「私用」を理由に、就業先とうまく折り合いをつけるのがポイント

転職活動中はどうしても、応募先企業に目が行きがち。
ですが、在籍している以上現在の仕事をないがしろにするのは、あまりおすすめできる方法ではありません。
「私用」を理由に有給休暇をうまく使って、円満退職の妨げにならないように進めてくださいね。
転職エージェントをうまく活用するのもポイントです。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連記事

おすすめ記事

転職エージェントの比較とは?比較して優れたエージェントを選ぶ方法とは?

厳しい転職市場で生き残るためには、プロのサポートを受けることが大切。 転職支援のプロである転職エージェントを活 […]

続きを読む

20代で退職は早い?退職金はもらえる?20代で転職するメリット・デメリット

  憧れの企業に入っても、実際に働いてみると辞めてみたいと思うことは一度や二度ではないでしょう。でも […]

続きを読む

初めて転職に不安な人は、転職サイトとエージェントを活用して悩みを解消!

転職は気になるけど、周りの人の反応や上手くいかなかったときのことを考えると不安になりますよね。 現在転職活動中 […]

続きを読む

日払い派遣に登録して収入を増やそう!日払い派遣のメリットとおすすめの会社を紹介!

急な事情でお金が必要になるということは誰にでもあるでしょう。 そんなときに役立つのが「日払い派遣」です。 しか […]

続きを読む

転職にグッドな時期を徹底解説!知っておきたい重要ポイントまとめ

転職を考えている人は、転職の時期についても考慮することをおすすめします。 一年のうち、どの時期に転職に踏み切る […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

もっと読む

ピックアップ特集

おすすめの転職サイト