20代の転職に役立つ資格は何?資格ごとのメリットやポイントを徹底解説!

20代の転職に役立つ資格は何?資格ごとのメリットやポイントを徹底解説!

転職に資格を活かしたい。でもどんな資格がどのように役立つのか分からない。そんな思いを抱く20代の方は多いのではないでしょうか。そこで、この記事では、20代の転職に役立つ資格を紹介します。

男性向け、女性向け、手軽に取得できるものから少し時間をかけて取得する資格まで、幅広く見ていきましょう。

資格を取得する際に注意しておきたい! 20代の転職の位置づけ

転職には資格が有利。確かにその場合もありますが、そうでない場合もあります。資格を取得する前に、転職する理由や目的を明確に持つことが重要です。そのために、まずは20代の転職の位置づけ、資格を活用する時のマインドセットについて確認しておきましょう。

20代の転職の強みと弱みとは?

20代の転職者は、ポテンシャル採用が多めです。企業側も20代の転職者の採用を、積極的に行っています。

若い人材は仕事の覚えも早く、スポンジのごとく多くを吸収するため、企業も柔軟性や将来性を見込んで採用するのです。

その分前職と異なる業種への転職も、30代以上に比べ受け入れてもらえる可能性が高いと言えます。気力や体力が充実している点も、若さゆえの強みです。

そんな若さゆえのスムーズな転職が実現できるのは、20代、それもなるべく20代前半の間と言われます。

ポテンシャル重視な分人事は、資格などの自己投資を欠かさぬ20代の人材に好印象を持ちます。

なぜなら、企業は、その人材を、自己への投資を欠かさない向上心のある人材として認識するからです。新卒と比較して、社会人の経験がある点も強みですね。

他方で、前の会社同様またすぐに辞めるのではないかという危機感も持たれやすく、キャリアや実績がないゆえに、優秀な人材に育つかが未知数であるという弱みがあることも確かです。

強みを積極的にアピールしたいところですが、すぐに辞めない姿勢があるかどうかを重点的に確認されますので、志望理由や転職理由を明確にし、確実に伝えることが企業側への配慮です。

20代の転職と30代の転職との違いとは?

30代になると、企業側も、転職者の採用を控えるようになります。一般的には、ポテンシャルよりも、スキルや経験が重視され、異業種からの転職が難しくなるのです。もし30代で転職をするなら、同業種への転職をすることが無難とされます。異業種への転職を希望するなら、20代のなるべく早期に果たしたいものです。

20代にとっての、資格取得の意義とは何? 転職に有利な場合とは?

20代が転職するときに、資格を取得する意義は何なのでしょうか。ここでは、20代が転職する際に、資格を活用する意義について、見ていきましょう。目的を持って資格取得を行うための助けとなれば幸いです。

資格取得の意義とは? 資格選びのポイント

20代における資格取得の意義とは何でしょうか。一般的には、以下のような意義が挙げられます。

  • 転職に大きなアドバンテージとなる
  • 「手に職」の場合がある
  • 将来性をアピールできる

また、取得する資格を選ぶ際には、以下のような点に留意したいところです。

  • その資格の需要は今後あるか
  • その資格単体でアピールになるか
  • 取得するために必要な労力をかけられるか
  • 何を変えるための転職で、資格がなぜ必要か

また、自分の将来を見据えた上で、資格を今取得する必要があるか、という視点も必要です。

1年後、2年後、どうなっていたいか。そのために資格がどのような意義を持つか。

未来は、いつ、どんな業界で、どんな立場で、どんな人たちと、どう働くのか。転職する仕事の具体的なイメージを持つことによって、資格が必要かどうかを判断すべきです。

漫然と、「手に職」的な資格から選ぶのでなく、やりたい仕事から選ぶ視点も意識したいところです。また、逆にやりたくない仕事からのアプローチもあります。

具体的には、やりたくないことに優先順位をつけ、その優先順位が高い順に、それがある仕事には就かない、というやり方です。たとえ資格を取得しても、それが役立つのが自分のやりたくない仕事においてであれば意味がないためです。

資格の形骸化に注意! 

ここで言う、「資格の形骸化」とは、資格を持っているだけで、実際、権威もなく、スキルの証明としても役に立たなかった、という場合を指します。特に、WebやITの資格は、「形骸化しやすい」という意見が聞かれます。

資格の権威がない理由としては、試験問題が最新の業界事情を反映していないことが挙げられます。なぜなら、には、ある程度業界の最新のノウハウが顕在化してから、ノウハウが定まり、その上で試験問題に反映されるまでに時間がかかるためです。

特に、流動性が高く、めまぐるしく業界事情が移り変わるWebやITの世界ではこの傾向が顕著です。

そのため、資格を取得するよりも、実務経験を通し、最先端のノウハウを現場で肌で感じ、体得してきた人材が重視されるのです。

資格は実務によってはじめて評価される場合も!

また、資格が「形骸化」していなくとも、資格は実務による経験によって活かされることを通して、初めて評価される場合があります。資格取得後、会社に入って、経験を積む。それにより、はじめて資格で身につけたノウハウや知識が、効力を持つということです。

たとえば、行政書士という、法的書類の作成、法的な問題についての相談業務や申請業務を行うために必要な資格があります。実は、この資格は、所有しているだけでは、多くの行政書士事務所は、見向きもしません。

ただの「頭でっかち」な知識があるね、頭がいいね、という見方しかされないのです。

行政書士として認められるためには、行政書士としての実務経験を積み、資格試験の勉強で身につけた知識をどのように使うのかを学ぶ、というプロセスが必要になります。資格と実務経験のセットで初めて、初めて資格が効力を持つのです。

役立つ資格は確かにたくさん存在しますが、資格に頼って転職を果たそう、というマインドセットでなく、価値を見いだせる資格は何か、そして、転職後に実際に仕事を円滑にするために有意義なのか、という視点を忘れずに持ち合わせておきたいところです

人気のランキングだけに惑わされてはいけない!

当然ですが、資格の人気ランキングのサイトで上位のものほど、取得に時間とお金がかかります。どのくらいの期間で取得可能か、取得後、転職活動に活かせるか、すぐに活かせないのか、具体的な目標や計画をたてて、取得したいものです。

実務経験を積みながらの方が効率よく取得できる場合も

資格によっては、実務経験を積みながら取得する方が効率よく取得できる場合もあります。

たとえば、不動産の営業を経験しながら、宅建の勉強をすることで、仕事の中で得た不動産業界についての知識が、資格取得へ貢献する、というように。

ちなみに、この方法を実践した人は、現実に、資格を活かして、より待遇の良い不動産業界の会社に転職を果たしました。

また、派遣会社で会計事務をしながら、実務の中で知識をある取得した後、会計士の資格取得にいそしむことで、効率よく勉強が進む、というケースもあります。

20代男性の転職に役立つ資格とは?

20代の男性は、どのような資格が転職に役立つでしょうか。ここでは、一般的に転職に有利になりやすい資格のうち、20代の男性向きのものをピックアップしました。順に見ていきましょう。

TOEIC

TOEICでハイスコアを取得する意義は何でしょうか。大きな意義として、英語力の証明というのは誰しも多い浮かぶことですが、もう一つの意味として、「仕事への姿勢」を示すためのシグナル、の役目があります。

TOEICのハイスコアが、キャリアアップのために努力を惜しまない、という姿勢を示すための手段として、大きな役目を果たすのです。

履歴書に書けるスコアは500点から、と言われますが、書いて意味があるスコアはより上です。実際に、企業が転職者に望むTOEICスコアの平均は、710点というデータがあります。

700点以上が、ビジネス英語を最低限理解できる水準ともいわれ、仕事で最低限のやりとりができる水準が求められているのですね。

700点以上を取得することで、人事からは、「英語がそれなりにできる人材」として認識されます。さらにもう一歩アドバンテージとしたいならば、800点以上を目指しましょう。

800点以上は、トラブルへの対処、議論の理解など、ある程度複雑で高度な状況でも、英語を理解し、適切にコミュニケーションを取ることが可能なレベルにあるとされます。

さらに、外資系の企業や、英語を実務的に使う職場であれば、800点、900点程度は普通に求められることも事実です。

正直、TOEICと英会話能力は比例しません。しかし、日本企業では、TOEICでの英語能力評価が中心的ですので、英語力に自信がある人も、TOEICでハイスコアをとれるよう、テスト向けの対策を怠らないことが重要です。

当然、英会話が仕事で求められるなら、TOEICと別に英会話力を向上させる努力も欠かしてはなりません。

簿記2級

簿記2級の役立つ求人数は多いです。求人先の多くを占めるのは、会計事務所の職員や、一般企業の管理職とされます。

会計事務所の中には、最低条件として簿記2級が課せられる場合も多いので、注意が必要です。その一方、一般企業の経理では、簿記3級までで対応できる場合が多くなっています。目的に応じて、何級まで取得するか、決めたいところですね。

勉強量も、仕事と両立不可能なほど負担ではありません。3級は、1日1~2時間程度の勉強量で3ヶ月程度、2級も、3級合格後、1~2時間程度で3ヶ月の勉強量で合格可能といわれています。

費用も、テキスト代、テスト代等込みで、1万円以内に押さえることが可能とと、それほどお金をかけることなく取得が可能です。

フィナンシャルプランナー

保険会社や不動産会社への転職に有利な資格です。金融、教育資金、年金制度、保険、不動産、税制などの幅広い知識を有していることの証明になります。総合的な資金計画をたて、実現に導く、フィナンシャル・プランニングができるという証明となります。

3級であれば、勉強時間は150時間~200時間とされ、3か月以上かけて地道にコツコツ対策していきたいところです。一般的には通信講座や予備校に通うことが普通ですが、独学で合格する人もいます。通信講座等の場合、どうしても費用が5万円程度はかかってしまいますが、必要な投資と割りきりたいところです。

運転免許は取っておこう

仕事のための資格、という印象は薄い運転免許でも、営業職である場合や、送迎を求められる場合に、持っていると重宝されます。大型車用の免許を取得しておくと、重機やバスの運転が可能で、仕事の幅が広がります。

転職サイトDODAの記事によれば、どの業界にせよ、企業が求める資格トップ3には、必ず、「普通自動車第1種免許」があるそうです。これは、仕事で自動車を利用する場面が確実にあり、自動車を運転することが求められているのだ、ということ。

20代女性の転職に役立つ資格とは?

男性に比べ出産や育児など特有の事情がある女性は、転職の機会も多いかもしれません。ここでは、そんな女性向けに、転職時に有利に働く資格を紹介します。

介護・医療関係の資格が多く求められている

病院は多く存在し、求人も多いので、20代女性が取得しておくと、頻繁な引っ越しや結婚後にも就職先に困る可能性は減ることから、便利な資格ではあります。

介護ヘルパーの資格も人気です。超高齢化社会の日本において、介護士はさらに必要になります。介護士の資格を取得者はより優遇されるようになるでしょう。

厚生労働省の平成29年7月「一般職業紹介情報」(参照:http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11602000-Shokugyouanteikyoku-Koyouseisakuka/G35_65.pdf)によると、介護、ITやwebなどの情報処理、販売、看護師、調理、家庭生活支援サービスなどの求人数は、依然として募集人数より少ない現状が続いています。

介護福祉士初任者研修を取得することが、介護の仕事に携わる最低限の条件となっています。通信講座、通学講座等ありますが、それらを組み合わせるなどして取得費用は3万円ほどから可能となっています。

1ヶ月ほどでの取得も可能であり、頑張ればとれそうという印象ではないでしょうか。

「介護福祉士」「ケアマネージャー」等の資格を取得すれば、介護のプロフェッショナルとして活躍することが期待されます。

介護福祉士になるには、福祉系の学校の卒業もしくは実務経験を積み受験資格を得ることが、ケアマネージャーになるためには試験に合格する必要があります。

看護師の需要は依然、高い状態にありますので、資格があれば転職先としては有望でしょう。

看護師になる方法としてベストなのは、准看護学校に2年通い、准看護師の資格取得後、看護専門学校に3年通い、看護師になる道が最適とされます。

学校に通いながら看護助手、准看護師として働くことも可能なので、長期的に看護の分野で働くことを視野に入れている人は、働きながら看護師になる道を歩むことも手ですね。

医療関係の仕事への転職を志すなら、医療事務の資格もおすすめです。医療事務とは医療機関での受付、会計ができるようになるための資格です。薬局、秘書的な仕事、など業務内容は様々です。多様な業務に合わせ資格も35種類も存在します。

合格率が高いものから低いものまで存在しますが、合格率で選ぶよりも、その資格を利用してどのように働くかをしっかり見据えて取得しましょう。「医療事務」という資格は存在しませんが、多様な団体により個々に資格が設けられ、試験が行われています。学習期間はおおむね3ヶ月~6ヶ月、取得にかかる費用は3~10万円とされています。

秘書検定も使える!

秘書検定2級以上を持っていると、基本的な事務や接客業務は問題ないという一つの指標になります。

ビジネスマナー、敬語の使い方等を秘書検定で学んだ人は、言葉遣いがよくお客様の対応を褒められるなどメリットも多いです。転職活動においても、企業からの印象が大変よいとされています。

秘書検定2級までであれば、取得に要する時間もそれほどかからず難易度もそれほど高くはありません。

秘書検定準1級や1級とは違い1ヶ月間、1時間~2時間かけて学習すれば取得できた、という体験談もあります。秘書検定の受験対策コースに通う人もいますが、独学で取得する人も多くいます。

ただ、秘書検定準1級や1級となると、難易度がとたんに跳ね上がります。しかし、その分秘書として転職したい場合、大企業に転職する場合には有利になる場合が多いです。派遣会社では、準1級以上を持っていると秘書の仕事を紹介してくれる場合も多くあります。

大企業の中には、TOEIC800点以上、秘書検定準1級以上を転職の応募条件として課している場合もあります。秘書検定準1級以上は、即戦力として使える人材の重要な指標になるのです。

保育士の資格もおすすめ

待機児童が増える昨今、保育士の需要も高まっています。

保育士になるためには、厚生労働大臣が指定する、保育士の養成施設を卒業するか、都道府県が実施する保育士試験に合格の上、保育士登録簿に登録が求められます。

保育士の資格により、保育所のみならず、児童厚生施設など、14種類もの児童関連の施設で働く資格が得られるため、就職先の選択肢は幅広く存在します。転職する女性にすすめられるのは、国家資格の受験です。

保育士の養成施設の卒業のためには、1年あたり100万円程度の受講料を支払い、最低でも2年間通学が求められます。これは時間的にも、金銭的にも負担になってしまいます。しかし、国家資格の受験であれば、時間とお金を節約でき、自分のペースで学習を進めることが可能です。

働きながら取れる! 20代向け、おすすめ国家資格をご紹介!

民間資格に比べ、権威のある国家資格に興味を持つ人も多いのではないでしょうか。確かに、国家資格は民間資格に比べ、難易度が高く合格率が低いこともありますが、その分取得によりメリットを享受できるケースも多くあります。ここでは、転職に役立つ、憧れの国家資格について解説します。

登録販売者

登録販売者とは、薬局やドラッグストア等で、一般医薬品を販売することが可能になる資格です。ドラッグ関係の職場であれば優遇されますが、それ以外では意義は少ないです。したがって、転職に登録販売者の資格を活かすには、ドラッグストアや薬局限定、と限られてきます。

求人はなされているので、転職自体は難しくはありません。しかし、薬剤師に比べ、扱える薬品の種類に限りがあるため、資格があれば即採用、というわけでありません。販売職としての人間性やコミュニケーション能力も求められます。

宅地建物取引士

不動産業界で役立つというイメージもあるかと思われますが、資産運用を行う上で、建物に関する知識は不可欠となっており、銀行や保険会社、住宅メーカーでも意義のある資格となっています。そのため、銀行、保険会社、住宅メーカーの企業での需要が高いです。

法的知識があることの証明として、大きな武器となります。

求人数も1200件を超えるなど、大きな求人数を誇ります。不動産業への転職時に、大きなアドバンテージとなります。

相応の勉強量は求められますが、家事や仕事との両立は可能なレベルです。勉強期間も長期にならず、取得費用も手頃で、リターンの高い資格としておすすめです。

中小企業診断士

中小企業診断士は、中小企業の診断に従事する者を登録するための資格試験です。

一説には、1000時間以上の勉強時間が求められるといわれ、毎日2時間勉強しても、1年以上の勉強が求められることから、負担は大きめです。試験に合格後も、実務補習を15日以上受ける必要があり、社会人には負担が多くなっています。

電験3種

ビルや工場に設置されている高圧受電設備の保守、管理を行うための資格です。資格を有している人材が不足気味で、需要は高い状況にあります。異業種から転職時に取得を志す場合、国家試験の取得が必要です。合格率は10%未満で、難易度は非常に高いです。

お金をかけたくない人へ 20代に独学で取得したい資格を紹介

資格試験というと、専門学校に通ったり通信講座の受講を検討する場合も多いのです。しかし、中には独学で取得するハードルの低い資格もあります。ここでは、お金をかけず取得できる資格について、見ていきましょう。

第2種電気工事士(通称:2電工)

電気工事の作業時の欠陥を出さないための、作業者に課せられた資格です。作業者取得に求められる勉強時間は、40時間で合格できるともいわれ、1日1時間~2時間の勉強で1ヶ月程度の勉強で合格が可能です。時間的な負担は少ないです。

受験料、テキストに加え、1万円程度の工具の購入が求められるため、資格の取得には2万5千円以上はかかります。しかし、将来への投資と割り切れば、リターンは大きいかもしれません。

電気工事は絶えることがないため、求人は多く、転職はしやすい、とされます。「手に職」系の職業といえます。

危険物取扱者 乙種4類(通称:乙4)

危険物取扱者とは、消防法で定められた危険物取扱い、定期点検、保安監督が可能になる国家資格です。ガソリンスタンド・タンクローリーの運転・化学工場・石油プラント等で役立ちます。

資格取得に必要な期間は、理系で化学の知識がある人は100時間程度、そうでない人は150時間以上と言われます。1日2時間であれば、2ヶ月~3ヶ月くらいで取得可能な計算になります。計画的に学習すれば、負担はそれほどでもなさそうです。

消防設備士の乙種6類(乙6:消火器)

消化器の点検、消化器の粉末の詰め替えが可能になる資格です。ビル管理、メンテナンス業務を行う企業にとっては重宝される資格とされ、2ヶ月間、毎日2時間程度の勉強量であれば対応が可能とされます。

乙種6類の資格は、単体で強力な効力を発揮する、というほど魅力的なものではありませんが、ビルの管理、メンテナンス業務を行う会社に転職する際に、武器になることは確かです。消防設備士には、他の資格試験も多数有るため、そちらも合わせて活用することで、より重宝される人材となることが可能です。

その他

前述の保育士、簿記2級、秘書検定も、やり方次第でお金と時間をそれほどかけずに働きながら取得することが可能です。

目的に合わせた資格選びを! 長期的なキャリアプランを見据えて!

この記事では、20代の転職に役立つ資格を紹介しました。20代の転職は、ポテンシャルを重視し、前向きな企業が多いです。資格が役立つ場合も存在しますが、まずは自分がやりたいこと、長期のキャリアプランを明確にした上で、それに合った資格選びをすることをおすすめします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています