女性職場への転職は適性の見極めが重要。向き不向きを確認してから転職を

女性職場への転職は適性の見極めが重要。向き不向きを確認してから転職を

アパレルや美容、医療系など、業界や職種によって女性が多くを占める企業がありますよね。
職場の全員が女性である、女性社員の割合が多いといった女性職場には、人によって合う合わないがあります。
仕事内容だけでなく、女性職場への適性を考えておかないと、転職して後悔することもありますよ。
女性職場でもやっていけるかどうか、自身の適性を見極めておきましょう。
ここでは、女性職場に向いている人、向いていない人の特徴を紹介します。

こんな人は女性職場向き!転職にも積極的でOK

女性職場に馴染みやすい、女性たちと上手に人間関係を築いていける、そんなタイプは女性職場への転職に積極的になっていいでしょう。

ここでは、女性職場に向いている人の特徴を紹介します。

女性の特徴を理解して達観できる人

「感情的になりやすい」「協調性を大事にする」など、女性には男性に比べて特徴的な面があります。

もちろん人によって異なりますが、ある程度「女性にはこういう人が多い」という傾向がありますよね。
夫婦や恋人などが喧嘩をする原因の一つに男女間での考え方の違いがありますが、これは相手の考え方が理解できないことで起きます。
「なるほど、そういう考え方なのね。」と相手の考え方を尊重して受け止めることができる人とは、そもそも喧嘩になりにくいでしょう。
職場においても同じです。
女性の特徴を理解して「女性はそういうものだから。」と達観できる人は、女性職場でもストレスを感じ過ぎることなくやっていけます。

皆と一緒にいるのが好きな人

女性は比較的、集団で行動する人が多いですよね。

職場のランチでも、会社の飲み会でも、誰かと一緒に行動することを好む女性はよくいます。
とにかく何らかのコミュニティに所属することで社会とのつながりを感じるのです。
人が好きで、皆と一緒にいることで安心感を覚える人は女性の典型的なタイプなので、女性職場向きと言えるでしょう。
もちろん、男性であっても女性の中にいて楽しくやれる人もいますので、男女問わず人好きな人は女性職場に向いています。

また、女性は協調性を大事にする人が多いので、女性職場では和を乱さない人が好まれます。
自分の考えがあり、本当はやりたいことがあっても、周囲を優先させることができる人、周りにあわせるように気を使える人は、女性職場でも敵を作らずうまくやっていけるでしょう。

派閥の中でうまく立ち回れる人

男性たちがビジネス上の派閥を作ってその中でうまくのし上がり、出世を目指すことがありますよね。

男性の場合は仕事で必要だから敢えて派閥を作るわけですが、女性はとにかくグループを作るのが好きです。
職場でも、仲良しグループ、派閥を作ることがありますが、そこに出世はあまり関係ありません。
コミュニティを作ることで安心し、職場内における自分の居場所を確立したいだけなのです。
男女では目的が違いますが、派閥内での立ち位置を考えて行動するという点では同じです。
女性職場の場合は、派閥内で自己主張し過ぎることなく、派閥を仕切る人に合わせていくことが大切です。

年上の女性に甘えるのが上手な人

女性職場でうまくやれる人は、年上の女性に上手に甘えることができます。

女性には母性本能があるので、自分を頼り、なついてくる相手を悪く思うことができません。
年上の女性をうまくおだて、自分の弱みをさらけ出しておくことで、守ってもらえます。
男性相手ではなく、女性に甘えることができる人は女性社会で生き抜くことができるでしょう。
男性の場合は、相手が年上女性かどうかに限らず、母性本能をくすぐるようなタイプは比較的女性たちから可愛がられます。

こんな人は女性職場に不向きかも。転職は冷静に

女性が多い職場には向いていない人もいます。

女性職場では特徴的な人間関係も発生しますので、適性を冷静に見極めないと後で苦労することもあるでしょう。
ここでは、女性職場に不向きな人の特徴を紹介します。

団体行動が苦手な人

一般的には団体行動に向いている女性ですが、人によっては団体行動が苦手ということがありますよね。

皆と一緒にいるより一人でいる方が楽、マイペースに行動したいという人は、大人ですから決して悪いことではありません。

しかし、女性職場では浮いてしまうことがあります。
本人は自分のペースを保っているだけなのですが、周りの女性たちからすると「壁を作っている人」「協調性がない人」と思われてしまうことがあるのです。
例えば職場のランチ。
男性社員の場合は一人でふらっと近所のお店で昼食をとったり、自分のデスクで食事をすることもありますが、女性社員は「皆でランチ」を好みます。
昼休憩を切り上げる時間も一緒、歯磨きをする時間も一緒です。
職場ランチを一人で行くような女性に対して距離感を感じてしまうのです。

気が優しくて打たれ弱い人

女性職場では守ってくれる男性社員がいませんから、自然と気が強い女性が多くなります。

悪気はなくても口調が強くなってしまう、思ったことをはっきり口にしてしまうのです。
仕事上では必要なことですが、人によってはきつく感じてしまうこともあるでしょう。
もともと気が優しくて打たれ弱いタイプの人は、相手が悪気なく発した一言に傷ついたり、強い口調に怯えてしまうことがあるのです。
怯える様子は相手の苛立ちを深めます。
相手からすれば、仕事上の注意をしているだけなのに、自分がいじめているかのように感じてしまうからです。

どちらにとってもあまりよくない関係性ができてしまうことになり、人間関係がうまくいきません。
女性職場にいることで気持ちが鍛えられて強くなることはありますが、最初のうちは何かとストレスを感じやすいもの。
苦労することも多いので、覚悟して転職するか、男女比のバランスがいい職場を選ぶことも必要です。

わがままで自己中心的な人

自己中心的でわがまま、気が強すぎる人も女性職場から孤立しがちです。

女性職場では気が強い女性が多いからといっても、もともと女性は優しい性質を持っています。
無意味に気が強く人を攻撃するようなタイプは嫌われますし、わがままを言う人は和を保てないとして敬遠されます。
このタイプは女性職場に限らず会社員としてやっていくのはなかなか難しいでしょう。
雇われよりも起業やフリーランスの方が向いているかもしれませんね。

女性が好きな話題に興味がない人

女性はグルメやダイエット、美容系などの話題が大好き。

休憩時間などに女性向けの話題で盛り上がることも多いでしょう。
何に興味を持っているかは個人の自由なので、無理に話題を合わせる必要はありません。
適当に相手の話に合わせることができれば問題ないでしょう。
しかし、共通の興味がないと職場の人と一緒にいても楽しくないため、人によっては人間関係が退屈、苦痛に感じることもあります。

女性職場が向いていない人は男女比を確認

女性職場に自分は向いていないだろうと感じる人は、転職先を調べるとき、従業員の性別や年齢などの構成も確認しましょう。

男女比が適度なバランスだと、比較的誰でもやっていきやすい環境です。
性別や年齢構成は、職場見学や面接時に確かめる、転職エージェントから情報を得るなどして確認することができますよ。

女性職場は向き不向きがあるから適性を見極めよう

女性が多い職場には自身の性格や考え方によって向き不向きがあります。

女性の特徴を理解し、それにあわせることができる人であれば上手くやっていけるでしょうが、マイペースで協調性がないと難しい場合もあります。
職場における人間関係は重要で、会社を辞めたい要因にもなり得ますから、ぜひ慎重に見極めたいですね。
自身の性別関係なく、女性職場でうまくやっていけるのかをしっかり考えておきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています