女性割合が高い会社で男性が働くということ。女性社会で男性が生き抜くコツとは?

女性割合が高い会社で男性が働くということ。女性社会で男性が生き抜くコツとは?

男性社会の中で女性が生き抜けば称賛されますが、女性社会の中における男性が褒められることは少ないと思いませんか?
それほど大変なことではなく、むしろ羨ましいという認識があるからかもしれません。
しかし、女性が多くを占める会社で男性が働くには苦労も多いもの。
女性の社会進出が益々活性化する今後を見据えて、男性が女性社会と向き合う術を身につけておきましょう。
ここでは、女性社会における男性の苦労と生き抜くコツを紹介します。

女性割合が高い会社における男性の苦労

女性の割合が多い会社で働けるなんて羨ましい、ハーレム状態では?と感じるかもしれませんね。
しかし、実は真逆で男性の苦労はかなりのものです。
ここでは、女性割合が高い会社で男性が直面する苦労を紹介します。

男尊女卑からの反動?女性は男性に厳しい!

「男尊女卑」という言葉もありますが、現代ではむしろ女性が優遇されることが多くなっています。
会社員の男性はセクハラやマタハラに細心の注意を払い、通勤電車内での痴漢冤罪も増えていますよね。
レディースデー、女性同伴割引き、女性専用車両など、世の中は女性を中心に回っていると感じる人もいるでしょう。
これらの傾向は、過去の男尊女卑の実態や、古い体質の業界などでいまだに残る女性軽視思考の反動でもあります。
女性は女性の味方なので、社会全体として女性は男性に厳しくする傾向にあるのです。

力仕事やクレーム対応などきつめの仕事を任される

最近の働く女性は強くて快活な印象ですが、賢く計算高い一面も持ち合わせています。
普段は男性に負けずバリバリと働きますが、いざとなれば「やっぱり男性に任せたい。」と思うことも。
例えば力仕事。
もともと男女には肉体的な違いがあるため、女性が力仕事をこなすのは大変です。
いつもは男性に仕事を頼むことがない人でも、力仕事だけは任せることはあるでしょう。

クレーム対応なども女性が避けたがる仕事の一つ。
クレームを言ってくる人の中には大声で怒鳴る、威圧的な言葉を投げかけてくるなど「怖い」人もいるため、できれば男性に対処してほしいと思うのです。
これらの業務を「僕は男だからやりますよ。」と言う人もいますが、「きつい仕事だけ男性に押し付けてくる。」と思う人もいるようです。

仕事に関係ない人間関係が面倒

男性社会における人間関係は非常にわかりやすいです。
集団で動くことも少なく、基本的にマイペース。
唯一ある派閥についても、仕事上の利害関係があるかどうかを基準にしています。
個人的に好きかどうかより、自分の仕事にメリットがあるかが重要なのです。

一方の女性は、人間関係が複雑で面倒な傾向にあります。
仕事の利害関係というより、私生活が派手で苦手、誰が誰の悪口を言ったなど、個人の好みが反映されるのが特徴です。
よくも悪くも協調性が大事なので1人行動は嫌われます。
こうした女性ならではの人間関係の中に1人だけ男性が入ると、何が地雷となって嫌われるかわからなくなります。
下手に関わると厄介な人間関係に巻き込まれるため、悩みの種になるのです。

男性が女性社会で生き抜くコツ

女性の割合が多い会社で男性が上手に立ち回るにはどうすればいいのでしょうか。
ここでは、男性が女性社会で生き抜くために知っておきたいコツを紹介します。

女性に期待は禁物!

男性の中には、女性が多い会社に行けばモテモテになるのでは?など淡い期待をもつ人もいます。
働く女性は想像以上に厳しく、真面目に仕事に取り組んでいます。
少数の男性をチヤホヤすることはほとんどありませんので、過度な期待はもたないのが身のためです。
仮に最初の頃だけ優しくされたとしも、男性側の行動はしっかりチェックしています。
調子に乗って遅刻やさぼりを繰り返していると信頼を失うでしょう。

女性は男性ほど上下関係を気にしないと知る

男性にとって上司や先輩の存在は絶対ですが、女性は男性ほど上下関係を気にしない傾向にあります。
例え相手が上司や先輩であっても、気に入らないなら態度にはっきり表しますし、親しい間柄の場合は敬語を崩すなど対応が緩くなることもあります。
上司や先輩の誘いでも、プライベートの方が大事なので断ることもよくあります。
もちろん個人差がありますが、全体的な女性の傾向として覚えておくといいでしょう。

中立の立場を徹底して守ること

女性は相手を見るとき「自分の味方かどうか」を気にします。
例えば自分と険悪な関係にある女性同僚と上司が親しげに話している様子を見ると、根拠なく「あの上司は自分の敵」と思ったりします。
職場内でのトラブルを仲裁に入るときも、どちらかに肩入れすると自分にまで飛び火しますから、中立の立場を徹底して守りましょう。
片方から相談を受けたら、必ずもう片方の話も中立的な立場として聞くこと。
間に入るのが難しいなら、双方から信頼されているベテランの女性社員にも同席してもらうなどして、距離を保つようにしましょう。

女性をまとめて守るぐらいの男気が必要かも

世の中で草食系男子やジェンダーレス男子が流行ろうと、女性は何だかんだで「レディーファースト」に憧れ、守ってくれる強い男性を尊敬します。
女性社会でうまくやっていきたいなら、女性を全員まとめて守るくらいの男気を見せることもときに必要です。
恋愛対象としてなら可愛らしい男性が好きでも、「職場の男性にはバリバリと男らしく仕事をやってほしい」と思うもの。
女性の方から頼まれなくても積極的に「僕やります。」と言う人の方が、女性たちから信頼され、うまくやっていけるものですよ。

女性の性格的な特徴を理解する

女性全体の傾向として、生真面目、キレイ好き、感情的になりやすいなどがあります。
個人差はあるものの、多くの女性に見られる傾向です。
特に仕事に対してはミスを嫌い、確認を重視する人が多いため、小さなミスを連発すると女性のストレスを増幅させます。
デスク周りがぐちゃぐちゃしているなども敬遠されますから、整理整頓を心がけて女性に不快感を与えないようにしましょう。

ホルモンバランスの乱れも影響するため、女性が「なぜ怒っているのかわからない。」ときもあります。
男性からすれば、怒るには原因があり、具体的な対処法を早急に見つようと考えるのが普通ですが、女性はそう単純にいかないことも。
「よくわからないけどイライラしているな。」と感じるときは、理論武装しても逆効果なので、少し様子を見て距離を置く、いつも以上に優しく接するなど配慮するといいでしょう。

身だしなみには気を配る

女性は清潔感がある人を好むため、身だしなみ、臭いなどには十分気を配りましょう。
身なりを整えるほか、汗を拭くためのハンカチを持ち歩く、煙草を吸ったあとはなるべく近づかないなど。
鼻毛、耳毛などを嫌がる女性も多いので、毎日鏡を見るクセをつけましょう。
仕事と関係ないことのように思えるかもしれませんが、相手への配慮ができないのはビジネスマナーとしても不適切。
特に女性は嫌がる人が多いため、女性職場にいる限りは気をつけたいですね。

男性が女性社会で生き抜く術は将来的に必要になる!

男性からすれば女性は不可解な生き物です。
「強くて弱い」複雑な性質がありますので、「女性は強い!」と思われても負担に感じますし、「だから女性は弱い」と決めつけられるのも納得できません。
しかし、真面目で優秀な人も多い女性を活用することは社会全体における必要事項。
女性の性質を理解してうまく接していくことも必要なことではないでしょうか。
将来的にもきっと役に立ちますから、女性社会で男性が生き抜く術を身につけておきましょう。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連キーワード

関連記事

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

スーツをいつも素敵に見せる!簡単アイロンがけの方法

ビジネスパーソンにとって、見た目は自分の印象を決める大切な要素です。 仕事で着るスーツも、毎日パリッと着こなし […]

続きを読む

そうだったのか!転職を成功させている人の特徴

転職が一般的になった今でも、すんなり転職先を決める人となかなか思うようにいかない人がいます。 では、その違いは […]

続きを読む

どうしたらいいの?年下の上司との付き合い方

努力の結果、転職に成功して新しい会社に入社できても色々な問題が出てきます。 転職先では、他の会社で経験を積んで […]

続きを読む

客観視するってどういうこと?メリットは何?

仕事で「もっと客観的にみましょう」と指摘されたことはありませんか? 客観視することはビジネスシーンでは欠かせな […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

4

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

続きを読む

5

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

6

プリンターがなくても安心!コンビニで職務履歴書を簡単プリントする方法!

プリント代に困ったり、プリンターが急に使えなくなったり……と、肝心なときに限ってなぜかトラブルに見舞われるもの […]

続きを読む

7

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか? ハローワークでは、職務経歴書の書き […]

続きを読む

8

転職初日の菓子折りは必要?マナーを心得ておこう

転職初日の準備をしていて、これからお世話になる職場に菓子折りを持って行くべきかな?と考える人もいると思います。 […]

続きを読む

9

質問されないってどういうこと!?面接で質問が少ない場合に考えられる理由とは

あらゆる回答を用意して挑む面接。 それなのに、あまり質問されなかったりすると不安になりますよね。 面接において […]

続きを読む

10

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

おすすめの転職サイト

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

4

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

5

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

6

プリンターがなくても安心!コンビニで職務履歴書を簡単プリントする方法!

プリント代に困ったり、プリンターが急に使えなくなったり……と、肝心なときに限ってなぜかトラブルに見舞われるもの […]

7

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか? ハローワークでは、職務経歴書の書き […]

8

転職初日の菓子折りは必要?マナーを心得ておこう

転職初日の準備をしていて、これからお世話になる職場に菓子折りを持って行くべきかな?と考える人もいると思います。 […]

9

質問されないってどういうこと!?面接で質問が少ない場合に考えられる理由とは

あらゆる回答を用意して挑む面接。 それなのに、あまり質問されなかったりすると不安になりますよね。 面接において […]

10

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

もっと読む

ピックアップ特集