在職中の転職活動で気をつけることについて

在職中の転職活動で気をつけることについて
TeroVesalainen / Pixabay

もっとスキルアップをしたい、今の職場よりも良い待遇のところに行きたいなど転職を考えたとき、あなたが在職中であるならば、就職活動はしにくいものです。
かといって、会社を辞めてからの転職活動は、すぐに転職先が見つからず、お給料が入ってこない経済的リスクが生じる可能性もあります。
これは避けたいですよね。
在職中に、うまく転職活動をするにはどんなことに気をつけたら良いでしょうか。

 

在職中の転職活動のメリットとデメリット

転職活動では、資料作りや情報収集などやるべきことはたくさんあります。
在職中は、日々の業務があるので何かと忙しく、思うように活動ができないことも多々あるでしょう。
会社を辞めてから転職活動をするなら、時間がたっぷりあるのでじっくり取り組むことはできますが、経済的リスクや、職歴の空白ができてしまうリスクもあります。

在職中の転職活動のメリットとは

転職活動において、転職先がなかなか決まらないと、思わぬ長期戦に入ることも予想されますが、そんなときに収入が途切れるという事態は一番避けたいところです。
その点、在職中であればそういった心配なく、転職活動を続けていけます。
また、仮に転職活動がうまく成果を結ばなかったときには、今の仕事を続けていくことができます。

また、日々の業務をこなしながらの活動は、モチベーションが保たれますし、逆に転職への意欲が増すかもしれません。
退職後なかなか就職が決まらないと焦りが生じたり、かえって前の会社にいた方が良かったなどと気持ちが後退してしまうケースが考えらます。

在職中の転職活動のデメリットとは

では、デメリットは何でしょうか。
大変なことは、十分な「時間」の確保です。

在職中の転職活動の時間は、平日の退社後と、土日が中心になり、働きながらだと十分な時間の確保がなかなかできないのが悩ましいところです。
応募先企業への面接や連絡のやりとりは、だいたい平日で、在職中だと大っぴらにできません。

このあたりはうまくやらないと周りから怪しまれることになりかねませんので気をつけたいところです。
また、面接先の会社、またはその会社の入るビルで、現職の会社の人間にばったり出会うこともなきにしもあらず、です。

 

転職エージェントを使う

限られた時間の中で行う転職活動は、ときには、いっそのこと退職してからにしようかなどと思ってしまうほどかもしれません。
しかし、冷静に考えて、収入がある中でじっくり考え、今の会社とも比べながら活動ができるのはメリットと考えた方がよいでしょう。

在職中の転職活動で、一番大変だと思われることは、現在勤務している会社に気づかれないようにすることではないでしょうか。
日中、こそこそ電話に出ている、退社時間が急に早くなった、休みがちであるなど、周囲に違和感を感じさせないように気をつけないといけません。

そこで、応募先企業と橋渡しをしてくれる転職エージェントを使うのも手です。
転職エージェントなら、転職に必要な手続きなどを代行してくれて、無料で転職相談ができます。
面接のセッティングも行ってくれますし、精神的負担も軽減できます。

 

在職中の転職活動を成功させるために

メリットでも触れたように、在職中に転職活動をすることは、金銭的に困窮することなく、職歴に空白ができることもなく、活動ができます。
ただ、その活動が周囲に知れてしまったら、居心地が悪いのは言うまでもないでしょう。
自分の使える時間の中で、計画的にキャリアアップが図れるように、うまく転職活動を行っていきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています