転職面接の日程調整はどうする?退職前、退職後のポイント

転職面接の日程調整はどうする?退職前、退職後のポイント

転職面接では思った通りの日程で進めることが重要です。
しかし、相手があってのことでなかなか都合通りにはいきません。
その都度日程調整を試み、希望通りの日程で転職面接を成功させましょう。
退職前、退職後で日程調整の取り組み方が変わってくるので注意が必要です。

働きながらの就職活動

転職者にとっては働きながらの就職活動がメインになります。
今よりも好条件の会社を選び、採用されるまでは事前準備がカギを握ります。
現在の職場に内緒で就職活動をする場合、日程調整はとても難しい問題ですね。
転職希望の企業に対しての面接の日程調整の頼み方も悩むポイントになります。
それぞれの条件に合った最善の方法を考えることから始めましょう。

職場に伏せて就職活動をするコツ

転職活動を職場に伏せて始める方は多いでしょう。
辞めることを前提にしている社員は、他の社員に悪影響を及ぼしかねません。
会社側も厳しい姿勢を見せてくることが考えられるので、できれば知られたくありませんね。
職場に伏せて就職活動をするコツは、職場を優先的に考えることです。
転職活動を始める際は、会社の繁忙期を避けるなど迷惑がかからないようにしてください。
また、有給を消化するとその間に転職活動が進められるので利用するのもいいでしょう。
円満に退社するためにも、現在の職場との関係が悪くなる行為は要注意です。

転職希望の企業には面接の日程調整をお願いしてもよいの?

転職希望の企業に面接の日程調整をお願いするのは失礼にあたる?
そんなことはないので安心してください。
こちらの希望を話すことだけでなく、現在の状況を伝えておくことで日程調整は容易に可能です。
ただし、度重なる日程調整は信頼を欠く行為と捉える場合もあるので気を付けましょう。

退職した状態での就職活動

仕事を辞め失業保険を受けながら就職活動をする方は、企業側からすると時間に自由な印象があります。
在職中と違い、日程調整の必要もなさそうに感じられてしまいます。
しかし、複数社に応募している場合などで日程が重なってしまうことがあり、日程調整が必要になります。
段取りを意識し、日程が重ならないように注意しましょう。

並行して複数社に応募している場合

就職活動は並行して複数社に応募していることが多いと思います。
同じ日に面接が重ならないように対策をしましょう。
会社ごとにスケジュールを管理しておき、あらかじめ希望の日時を明示しておくことで面接が重なることは防げます。
調整が難しいと思われる場合は、期間をずらして応募すると良いでしょう。
日程調整が難しい時には、時間の変更を申し出てみましょう。

面接の日程が重なったらどうする?

複数社を受けている場合、日程が重なることがあります。
先に決まっていた企業を優先し、日程変更を申し出てください。
正直に他社の面接が決まっていることを伝えてみましょう。
そのうえで「複数の企業を受けているが、第一希望は御社を考えている」と伝えましょう。
本心かどうかは別として、印象が悪くなることはありません。

日程調整はこうやってしよう!

いざ日程調整を頼もうと思っても、どこから手を付ければいいかわからない。
伝える内容は多くはないので安心してください。
企業側に悪い印象を与えずに取り組むことを意識しましょう。
また、日程調整は悪いことで難易度が高い、と思わないことが重要です。
予定は誰も読めません。
まずは自分のスケジュールを把握し、すぐに日程調整を申し出ることができる状況を用意しておくことから始めましょう。

書類選考を通過し、面接の案内がきます。
つまり、企業から話してみたい人材だと思われているのです。
こちらからの条件も問題なく通るので、交渉するつもりで取り組んでみましょう。

希望日時は必ず複数提示

日程調整はやっぱり印象が良くないのでは?とまだ思う方はいると思います。
たしかに、一度相手の提案を断るという意味では面白くないと感じる面接官もいるかもしれません。
悩みが止まらないならば日程調整をする必要を無くせばいいのです。
先にこちらから希望日時を複数提示することで解決します。
もちろん会社の予定もあるので、必ずしも通るとは言い切れません。
しかし、複数用意しておくことでほとんどの場合が条件通りになります。
あなたの予定や並行して受けている企業面接を考えながらスケジュールを組みましょう。

間に合いそうにない日時は絶対に断る

企業側からの指定された日時に、どうしても間に合いそうにない場合は絶対に断りましょう。
軽い返事で日程調整を始めると、予期せぬ出来事が起こります。
たとえば、他社の面接を入れた翌日に面接を入れた場合です。
初めの企業に気に入られ、翌日に社長と直々に話す機会を設けられるなどなくはありません。
当然、採用を前向きに考えてもらえるチャンスですので、逃さないように連日面接を組むことは避けましょう。
極端な例でしたが、他にも面接が続くと志望動機や自己PRなど頭の中で混乱するという状況にもなりかねません。
間に1日でも作ることが重要で、頭の整理が間に合いそうにない日時は断りましょう。

企業側は指定したその日だけしか時間が取れないというわけではありません。
予備日も必ずあるので、相談だけでもしてみてください。
日程調整はすぐに企業に連絡し、滞りのない時間配分にしてください。

調整交渉もビジネススキルの1つ

日程調整の交渉もビジネススキルの1つと考えてみてください。
営業の仕事だけでなく、ほとんどの業界で交渉は重要なスキルです。
相手を嫌な気分にさせずに、自分の意見を通すというコミュニケーション力が必要な技術ですね。
あなたの交渉で、企業がどのような対応をとるか観察してみましょう。
上手く交渉できれば、面接より先に高評価が得られるかもしれません。
調整交渉をすることで企業と話す機会も作れますので、あなたの印象を少しでも植え付けましょう。

日程調整は思ってるよりも簡単!

日程調整を深く悩んでいた方、安心できましたか?
退職前、退職後で共通する基本はあなた自身のスケジュールを把握しておくことです。
また、テクニックや交渉スキルだけにとらわれず、正直に事情を説明することがもっとも重要です。
採用後に嘘がばれて立場が危うくなる。
せっかくの転職ですからそんな思いはしたくないですよね。

日程調整は簡単です。
伝えなければならないポイントを準備しておき、強引にならないように交渉してみましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています