ビジネス英語もスイスイ!話すと聞くを徹底トレーニング

ビジネス英語もスイスイ!話すと聞くを徹底トレーニング

英語のビジネスシーンでは、英語の中でも「話すスキル」と「聞き取る」スキルが肝!
その2つのスキルを強化する効果のある英語学習のトレーニング法を紹介します。
英語でのコミュニケーション力を上げたい、英語力が伸び悩んでいる人にもおすすめです。

ビジネス英語をシャドーイングでマルチトレーニング

シャドーイングは、語学学習法の中でも、比較的高度なトレーニングと言われています。
まだトライした経験がないという人は、簡単なリピーティングから毎日15分試してみませんか?
変化の出やすい学習法です。

シャドーイング初心者におすすめの方法

本格的なシャドーイングは、英語初級レベルだと、自分の頭の中にある英語の量が少ないため難しいかもしれません。
そこで、簡単にできるリピーティングのトレーニングをおすすめします。

トレーニングポイント

自分のレベルに合う文章、スピードの音声教材を使いましょう。
始めは難易度を下げておいた方が効果が出やすいです。
発声するときは、書かれた英語文章を見ないというのがルール。

トレーニングの方法

聞こえてくる英語のセンテンスごと(または記憶できるカタマリごと)に停止→発音。
停止したら、即座に発声し、スピード、発音、リズムを真似ていきます。
音だけを頼りに「真似できない」「理解できない」部分が学習ポイントです。
続けて再生→停止→発音を繰り返していきましょう。
慣れてきたら、停止する区切りを徐々に長くしていきます。
何度も何度も何度も繰り返すことが重要ですよ。

トレーニングするときの意識

単語やフレーズの発音から意味を理解できるか確認
単語が繋がったときの音の変化の把握
文章内での区切りを知ることで英語の語順を知る
単語の発音、イントネーションを知る
これらを意識してシャドーイングを行うことで、効果的な練習になります。

上級者のシャドーイング練習法

上記の方法に慣れると、自分の中の英語量もが蓄積されてきます。
本格的なシャドーイングに移ってみましょう。
シャドーイングは、聞こえてくる音声をワンテンポ遅れて繰り返していく手法。
自分で発音している間も、音声を止めず英語を聞き取っていきます。

トレーニングの方法

自分のレベルに合う長めの文章、スピードの教材を使いましょう。
音声に1~2語遅れて発声して追いかけていきます。
発声するときは、英語文章を見ないというのがルールです。
何度も何度も何度も繰り返すことが重要。

トレーニングするときの意識

発音、音の変化、イントネーション、文章の強弱を意識する
音だけを頼りに真似ていき、できない部分が学習ポイント。
聞いたときに意味が理解できない場合は確認しましょう。

リピーティングとの違い

リピーティングとの明確な違いは、その繰り返す間です。
記憶する必要はなく、真似する発声の精度を高めることに注力します。
始めは、発音に意識を集中して行いましょう。
繰り返しながら、最終的な目標として、意味を汲み取りながら発声ができるということを目指します。

それぞれで得られる絶大な効果

リピーティングとシャドーイングの方法は、やることは似ているようですが、その効果はまったく異なります。
それぞれに「話すこと」と「聞き取ること」のためのメリットがあります。
ですから、上達してシャドーイングができるようになっても、リピーティングの練習も止めずに組み合わせていくと一層効果的です。

リピーティングの目的と効果

リピーティングでは、自分の発声までの間があります。
その間の間に記憶することが要求されるので聞いたことを記憶する力と集中して聞く力を鍛えます。
ビジネスシーンでは、相手の話を比較的長いスパンで聞くことも多くなるので、この英語で理解したことを記憶する力はリスニング能力として役立つでしょう。
日本語では普通に行っていることなのですが、英会話の途中で、相手の直前の話を思い出せないということはよく起きるのです。

シャドーイングの目的と効果

シャドーイングでは、音に意識を集中するので、発音することと発音を聞き取ることをさせるトレーニングです。
同じように発音するための耳が鍛えられていきます。
英語独特の音も聞き分けられるようになるでしょう。
また、英語を英語の語順で理解する力を増強します。
日本語と言語構造がまったく異なるので、この理解はスピーキングにも、リスニングにも不可欠。
次第に、瞬時に英語だけで意味が汲み取れるようになるでしょう。
意識を発話していることにシフトすることでスピーキング力が鍛えられます。

ビジネス英語:話すための言葉の音をトレーニング

シャドーイングでは発音される英語の音をよく聞いて自分の発音に反映させていきます。
日本人は英語でカタカナ発音になりがちなのですが、大人になってからの発音矯正は可能なのでしょうか?

発音が重要な訳とは?

口の開け方、舌の動かし方、声の出し方などをきちんと習得できれば、発音の矯正は可能です。
シャドーイングでもある程度の矯正効果を得ることができるでしょう。
発音は、発声する(話す)ことだけでなく、発音する音を認識できるということがセット。
ですから、リスニングする(聞き取る)ためにも欠かせないことなのです。

おすすめの発音矯正アプリ

自分の英語の発音を確認している人は意外に少ない様子。
自分の発音を聞くのは恥ずかしい…そう感じる人も、自分の発音を確認することは本当の発音と比較できて矯正力が上がるので学習に取り入れましょう。

ELSA Speak

発音に特化した無料で活用できるアプリです。自分の母国語を登録することで日本人が苦手とする発音項目もしっかりピックアップしてくれます。
単純な単語の繰り返しばかりではなく、例文フレーズ、シチュエーションの中での発音なので単調トレーニングでないことも魅力です。
全文完全チェックはできないのですが気軽にできるのでおすすめです。

リズムとイントネーション、アクセント

発音は英会話力を飛躍的にアップさせる特効薬ですが、完璧に矯正するのは難しいものです。
英語のリズム、イントネーション、アクセントは比較的簡単に習得することが可能です。
身に付けることで、俄然、英語らしい発話に繋がるでしょう。

リズム

リズムとは、文章の中の強弱のことです。
日本語は、とても単調なリズムを持つ言語で、日本人は強弱を付けることが難しいと言われています。
キーとなる単語を強く言い、高音でゆっくりめに話しましょう。

イントネーション

イントネーションとは、英語ではとても重要視される部分で文章の中の音の抑揚(波)です。

This is it.という文章でも、語尾が上がれば疑問文(これが(あなたの言っていた)ものですか?)となりますし、語尾を下げると、(これが(私の言っていた)ものです)と説明する意味になります。

I went to see the movie on Sunday. も、映画を見に行ったことを言いたいのか、日曜日に行ったことを言いたいのかでイントネーションが変わります。

アクセント

アクセントは、単語の中でどのアルファベット部分を強く言うかというものです。
強く言うというルールだけなので比較的習得しやすいでしょう。

ビジネス英語のための文法の見直しトレーニング

仕事で英語を使うときの文法は、信用性、品位を表現するために必要と言えるでしょう。
文法の間違い自体が問題なのではなく、文法が違っていることで誤解やミスに繋がってしまい、大きな損失に繋がる場合があるのです。

短時間の確認でOK!

文法が必要だからと言って、社会人は、今日も明日もコミュニケーションを取らなければならない状況にありますよね。
コミュニケーションを取る前段階の文法事項に終始している暇はありません。
短時間で中高レベルの文法の基礎確認を一気に行いましょう。
それが強固な基盤となって、その後に続ける英語学習の習得度を引き上げてくれます。

ビジネス英語力を効率トレーニングでUP!

社会人は、実際に英語の学習に充てられる時間というのは限られていると思います。
難易度もあり、手間も掛かりますが、結果的にビジネスシーンで活用性の高い英語の学習法を紹介しました。
スキマ時間を有効に使って英語を無理なく継続していきましょう!

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連記事

おすすめ記事

弁護士とは?弁護士になる方法など弁護士の疑問徹底解説します!

弁護士は、「頭が良さそう」「理路整然としてかたいイメージ」など、漠然なイメージはあるものの「じゃあ弁護士ってど […]

続きを読む

上達の近道!英語コミュニケーションのためのマインドセット

世界のグローバル化は拡大し、日本では東京オリンピックも近づいています。仕事に役立つスキルを身に付けたいと思う時 […]

続きを読む

社会人の振り返り!改めて報連相のマナーを見直してみよう

職場での自分の報告、連絡、相談の仕方に自信はありますか? ビジネスパーソンとして、マナーを心得た報連相を身に付 […]

続きを読む

同期との適切な距離感の保ち方。大事だからこそ知っておきたい付き合い方のコツ

学生時代のように友人がそばにいない会社では、同期入社の存在は心強いですよね。 何でも言いあえて悩みも相談できる […]

続きを読む

「毎日定時帰り」のための時間攻略法。今どきビジネスマンは残業なんてしない!

残業するのは当たり前だと思っていませんか? 毎日忙しいから定時帰りなんて夢のまた夢だと感じる人もいるかもしれま […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職金は転職先で年末調整できない?退職金は確定申告の可能性を考えるべき

退職金をもらったら転職先で年末調整してもらうのか、自分で確定申告をするのか分からないという人もいるでしょう。 […]

続きを読む

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

10

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職金は転職先で年末調整できない?退職金は確定申告の可能性を考えるべき

退職金をもらったら転職先で年末調整してもらうのか、自分で確定申告をするのか分からないという人もいるでしょう。 […]

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

10

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

もっと読む

ピックアップ特集

おすすめの転職サイト