転職サイトと転職エージェントの違いとは?

転職サイトと転職エージェントの違いとは?

転職求人サイトは、大きく分けて転職サイトと転職エージェントの2つに分けることができます。

どちらも求人募集企業とマッチングしてくれる点においては変わりありませんが、転職サイトと転職エージェントではそのマッチング方法が異なります。

転職サイトと転職エージェントの違い

求人募集企業と求職者(転職者)のマッチング方法がなぜ異なるのかというと、事業モデルそのものが全く異なるからです。

転職サイト

転職サイトとは、企業の求人広告を掲載するポータルサイトです。
要は求人情報が掲載されたWEBチラシということになります。

そこでは自身で履歴書や職務経歴書を作成し、求人募集企業を探して応募し、面接を取り付け、採用時に条件面で直接交渉したりと、基本的に全て1人で転職活動を進めることになります。

マイペースに転職活動をしたい方には転職サイトがおすすめです。

転職サイトの代表例

転職サイトにどのようなものがあるかといえば、代表的なのは「リクナビNEXT」や「転職は@type」が該当します。
最近は診断ツールやスカウトメールなどサポートも充実しております。

転職エージェント

一方で転職エージェントにはキャリアコンサルタント(企業によってキャリアアドバイザーやキャリアエージェントと呼称が異なる)が、企業と求職者の仲介役となって転職活動を進めてくれます。

専任のキャリアコンサルタントによる応募書類の添削や面接練習もありますし、カウンセリングの上で適した求人を代わりに探してくれます。

キャリアコンサルタントは求人募集企業の取材を通して、転職サイトでは知り得ない情報や非公開求人も持っておりますので、キャリアアップや好条件の転職に繋がりやすい特徴もあります。

応募手続きから企業とのやり取り、条件面の交渉もキャリアコンサルタントがおこなってくれますので、転職活動に不安があったり、時間の少ないなか転職活動を進めたい方におすすめです。

転職エージェントの代表例

転職エージェントにはリクルートエージェントやマイナビエージェント、DODAなどがあります。
また、最近ではヘッドハンターとマッチングするBIZREACHなどのヘッドハンター型転職エージェントも登場してきました。

違いを理解した上で転職サイトと転職エージェントを併用しよう

このように転職サイトと転職エージェントでは、その性質が全く異なります。
それらの違いを理解しておけば、転職エージェントのキャリアコンサルタントに添削してもらった応募書類を使って、転職サイトの求人募集企業に応募するという活用したり、同じ企業でも転職サイトと転職エージェントで異なる雇用条件を発見したりと、損のない転職活動に繋げることができるでしょう。

これから転職活動をはじめる方は、ぜひ転職サイトと転職エージェントの違いを理解して、併用しながら活用してください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています