転職面接の流れを把握して転職を成功させよう

転職面接の流れを把握して転職を成功させよう

転職面接の流れを意識したことはありますか?
行き当たりばったりの行動では転職面接を成功されることはできません。
流れを知っておくことで、次の行動の予測や些細な戸惑いにも対策ができます。
ぜひ転職面接の流れを把握し、採用へと結び付けてください。

基本的な流れ

特別な指定がない限り、転職面接には基本的な流れがあります。
面接会場へ到着後に考えていては遅いので、しっかり準備をしておきましょう。
流れを把握することはあなた自身の段取りにも好影響を及ぼします。

会場到着

面接会場に到着したら、すでに周りから見られていることを意識してください。
採用試験は始まっています。
落ち着いて行動しましょう。

受付

面接会場へ着いたらすぐに受付へ向かいましょう。
受付は面接とは違うからささっと済ませようという考えはNGです。
面接の一部という意識で、自己紹介をし目的を簡潔にはきはきと伝えましょう。

控室で待機

受付後すぐに面接に取り掛かるというのは少ないです。
まずは控室で待機を指示されることになるでしょう。
控室だからといって誰も見ていないわけではありません。
自由に過ごしていい部屋ではないので注意してください。
肩の力を抜きリラックスする程度の気持ちで待機をしましょう。

入室、あいさつ、着席

面接会場へ案内されても、指示を待つだけではNGです。
流れとしてはまずノックを3回し「失礼します」と入室します。
椅子にすぐ腰かけるのではなく、名前や簡単なお礼を述べます。
着席する場合には勝手に座るのではなく、面接官に指示されてから座りましょう。
この時点では面接官はあなたのことを知りません。
第一印象が大事な面接なので謙虚さを意識することがポイントです。

面接

自己PRや志望動機を中心にあなたのプレゼンをしてください。
会社によって質問内容に幅がありますが、上記の2点は必須なので準備しておきましょう。
落ち着きながらも適度な緊張感を持って面接に臨みましょう。

退室

一通り面接を終えたら退室します。
面接での手応えについて考えてしまうところですね。
しかし、終わりよければすべてよしという言葉があるように退室はとても重要な面です。
あなたの面接での出来が悪い場合でも、全て帳消しになることがあります。
反対にどれだけ評価が高くても基本的なことができていない場合は、ここで不採用になる可能性もあります。
「このたびはお忙しい中、お時間を頂きありがとうございました」くらいは言えるようにしておきましょう。

注意事項

あなたにとって面接の流れで不安なことは何でしょうか?
面接は決まった流れで始まります。
事前準備がカギを握っているので、段取りを何度も確認しましょう。
しかし、どれだけ事前準備に力を入れても本番では予期しないことが起こります。
どれだけ対策できるかが重要になるので、様々なパターンを用意しましょう。

事前準備

面接の流れを考えた際に、一番重要な部分は第一印象です。
事前準備をするうえで、入室や自己紹介などはもっとも対策をしやすい点なので何度も復習することが大切です。
転職面接の流れはある程度決まっているので、基本的な部分が合否を分ける可能性があります。
事前準備に力を入れて取り組むことが採用への近道となるでしょう。

当日本番で留意すること

事前準備に力を入れてきても、本番ではイメージ通りにいかないことがあります。
たとえば面接会場へ先に通される場合があります。
入室を意識した準備が無駄になりますね。
しかし、応募者はみな同じ条件です。
あなたが不利になることでは無いので、落ち着いて次の段階を意識しましょう。

ここも見られてる!注意するべきポイント

転職面接は面接の手応えだけで決まるわけではありません。
どこで誰が見ているかわからないので気を付けましょう。
よくテレビドラマであるシーンで、清掃員の格好をした人物が実は社長でしたというパターンがありますね。
大袈裟ですが、会社の全ての事柄に対して誠意を持って挑むことが重要になります。

会場に入る前から緊張感は必要

面接は会場に入る前から緊張感を持っておくことが必要です。
さすがに会場外での行動で評価が悪くなることはほとんどありません。
会場に到着後すぐに面接モードに頭を切り替えられるかが問題です。
ある程度前から緊張感を持っておくことで、面接への挑み方もスムーズになるので意識しましょう。
緊張をし過ぎの場合は、リラックスすることを意識してみるとバランスが取れるかもしれません。

会社の中にいる人には明るく挨拶

会社の中にいる人には明るく挨拶をしましょう。
社内にいる人は、いわば全員面接官です。
面接担当者に「今日の面接の人は挨拶がしっかりしている」と伝わるかもしれません。
もしかしたら、入社後の直属の上司に指名されるかもしれませんので、すべての出会いを大切にしましょう。

建物を出るまでが面接だと思おう

会場を退室してもそこで終わりではありません。
すれ違う人に挨拶を忘れずにし、建物を出るまで面接だと思ってください。
面接後すぐにネクタイを緩めたり、携帯電話の電源を入れるのはNGです。
遠足と一緒で、気を抜くのは会社の人の目が届かないところまで我慢してください。

面接の流れを数パターン用意し、盤石な準備をしておこう

転職面接での基本的な流れは把握できましたか?
より盤石な状態で面接に挑むには、第二の矢を用意しておくことが重要です。
事前準備は数パターン用意し、どれにも対応できるようにしておきましょう。

転職面接では事前準備がとても重要です。
会場へ到着後から建物を出るまで、全ての面が見られていることを意識しておきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています