スポーツ業界に転職したい第二新卒が知っておくべきポイントまとめ

スポーツ業界に転職したい第二新卒が知っておくべきポイントまとめ

第二新卒でスポーツ業界への転職を成功に必要な基礎知識から、第二新卒としての具体的な志望動機の例文までを紹介します。
スポーツ業界への転職の際に第二新卒が知るべきこと、スポーツ業界に転職するおすすめの時期についても触れています。
「第二新卒」や「スポーツ業界」という条件での転職活動のポイントを押さえて、効率的に内定をゲットしましょう!

スポーツ業界に転職したい第二新卒のための基礎知識

スポーツ業界に転職したいと考える第二新卒の人のための基礎知識を紹介します。
社会経験の浅い若手の第二新卒は、憧れのスポーツ業界にどのような仕事があるのか?など、そんなに知らない可能性もあるかもしれません。
自分の知ってる憧れのスポーツ業界だけしか目にいかなかったりする転職だと成功は得られにくくなるでしょう。
意外にやりがいのあるポジティブな職種も多いので、楽しみに読み進めてみてください。

スポーツ関連業界の幅広い仕事

スポーツ業界と一言でいっても、プロスポーツ選手が思い浮かびますが、スポーツにかかわる仕事はそれ以外にもたくさんあるのです。
希望するスポーツ業界の仕事を含めて、スポーツ関連業界の仕事の種類をいくつ挙げられますでしょうか?
スポーツトレーナー、スポーツインストラクター、体育教師、監督・コーチ、スポーツ審判員、スポーツ雑誌関連、スポーツプロモーターなどなどたくさんの業務があります。
第二新卒で転職する人は、ひとつひとつを確認していくと転職先の射程範囲を広げることにもつながるでしょう。

種類ごとの職種はさらに幅が広がる

幅広く存在しているスポーツ関連業界の種類ですが、そのひとつひとつの中にもあらゆる職種が存在します。
転職サイトなどでは、職種を条件にして検索すると、複数の種類がヒットすることも多いです。
例えば、スポーツ業界だと誰でもわかる「スポーツ雑誌」ひとつをとっても、雑誌の編集者や雑誌の記者、スポーツカメラマン、スポーツライターなど多く存在しています。
また、その企画自体をするスポーツプロモーターにより、観客が喜ぶスポーツイベントを企画しているからこそ雑誌に取り上げられるのです。
また、スポーツ関連のニュースを報道するスポーツジャーナリストも関わることになるかもしれません。
このように、第二新卒でスポーツ業界に転職する際には、職種の特徴も理解しておきましょう。

プロに関わるか、民間に関わるかでスキルニーズが異なる

スポーツ業界でプロ選手などの関連に関わるか、民間向けスポーツ関連になるのかでは、求められるスキルも変わってきます。

いい意味で、プロ関連ですと華やかさも感じることができる反面、スポーツリハビリトレーナーなど、スポーツ選手の健康管理など専門的要素や国家資格が必要になることが多くなります。民間ですと、レクリエーションインストラクターなどは、主に楽しさの提案をして、一緒に楽しむこともできまし、スポーツクラブやイベントでは人々の健康増進や、体力維持の提案をしたりします。

第二新卒でスポーツ業界に転職することで、それぞれのスキルを磨いていくことになります。

スポーツ庁のスポーツ基幹産業拡大の発表

スポーツ庁2020年の東京五輪・パラリンピックを機に、スポーツ関連産業の市場規模を平成27年の5兆5千億円から、37年までに15兆円に拡大させ、スポーツ産業を基幹産業に成長させると発表されています。
これにより、スポーツ関連の仕事も多くなっていく可能性を秘めていると言えるでしょう。
第二新卒の転職者の場合、社会人経験があり、人とのコミュニケーション力があることや順応力があることなどがスポーツ業界の企業のメリットとなると言えます。

第二新卒でスポーツ業界に転職するために必要なこと

第二新卒でスポーツ業界に転職するためには、どんなことが必要になるでしょう。
上記で紹介したように、スポーツ業界には多くの種類と職種が存在していることや、第二新卒者のメリットをうまく生かして成功転職につなげましょう。

企業で求められる適性を知る

第二新卒での転職では、企業が求めている適性を調べてみましょう。
企業、職種、求人内容ごとに異なってくるはずです。
第二新卒でスポーツ業界に転職したい!と漠然と考えている人は、職種ごとの確認をしてみると、自分にフィットする職種の幅が広がるかもしれません。

活かせる経験やスキル、強みをアピール

スポーツ業界の企業にとって第二新卒の転職者を採用するメリットは社会経験があることです。
前職がスポーツ業界であっても、スポーツ業界ではなかったとしても、 それまでの経験やスキルをしっかりと棚卸ししアピールにつなげることが有効です。
社会経験の中で新卒のときに比べて自分の強みに関する認識も変わってきているかもしれません。
第二新卒者は転職活動に入る前に、これらの点をしっかり準備して臨みましょう。

第二新卒でスポーツ業界を狙う転職活動のポイント

スポーツ業界への転職を目指す第二新卒者の転職活動のポイントを紹介していきます。
適切な転職活動のステップを踏むことで、リスクを最小限にしていくことが大切です。
転職活動でのポイントを押さえて、第二新卒の自分にピッタリの転職先を見つけましょう。

情報不足は危ない!詳しい人の意見を必ず聞く

第二新卒でスポーツ業界に転職したいと思うとき、仕事についての理解は欠かすことができません。
第二新卒者でスポーツ業界の経験がある人でも、転職時にしっかり理解できているかどうかわかりません。
業界や職種にできるだけ詳しい人の意見やアドバイスを聞いておかれることをお勧めいたします。

業界経験者の先輩

業界や職種に就いている先輩や知り合いの方に聞いてみられることをお勧めいたします。
なぜなら、事務職などと違って、日常の仕事の流れなどは想像しにくいことが多いと思われるからです。特にスポーツ業界で働くことで感じていることを聞くと、その仕事の楽しさなどが分かり参考になるはずです。
特定の職種については、その職種の役割や重要点まで聞き出せるといいですね。

業界に詳しいキャリアアドバイザーに相談

スポーツ業界に精通しているキャリアアドバイザーに相談するのがもっとも近道の方法と言えます。
また、キャリアアドバイザーであれば、スポーツ業界の動向などもリアルタイムで把握していることが多いです。
スポーツ業界のことだけでなく、第二新卒者が転職について考えることにも有効なアドバイスがもらえるはずです。

転職エージェントを有効活用

スポーツ業界に転職したい第二新卒者の人は、 転職活動では、転職エージェントに登録されることをお勧めします。
是非、 第二新卒やスポーツ業界に強い転職エージェントを見つけてみてください。とくにスポーツ関連の大学出身者であれば、出身校出の先輩の方への連絡などエージェントの方がしてくれたりするからです。
それと、大手の転職サイトを2つか3つほど登録して、求人を比較検討できるとより安心と言えるでしょう。

視野にない自分に合う可能性のある求人に出会える

第二新卒者が知っているスポーツ業界の仕事の視野は意外に狭い範囲かもしれません。
そのため転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談しながら転職活動を進めていくことで、 第二新卒の視野にはなかった職種などの求人案件に出会える確率が高まると言えます。
経験やスキル、第二新卒の転職者としての希望などを考慮して「こういうのもありますよ」という提案をもらえるかもしれません。

スポーツ専門の転職エージェントでは非公開求人が100%

スポーツ専門の転職エージェントは、独自の非公開求人を持っています。
すべの案件が、非公開求人になっていることが多く、自分では探すことが不可能と言えなくもありません。
もし、紹介してもらえた場合、 第二新卒の希望やスキルにより近いものである可能性が高いです。
転職エージェントはマッチした条件の案件しか紹介しないからです。
もちろん、紹介してもらった後の検討は必要ですが、自分で求人を探すだけよりも転職活動が効率的になるでしょう。

第二新卒がスポーツ業界に転職するのにおすすめの時期

第二新卒がスポーツ業界に転職する際には、スポーツ業界の採用活動のタイミングについても知っておくと役に立ちます。すべての企業が一致するわけではないので詳細の確認は必要ですが、目指す企業がまだ決まっていない第二新卒の人は参考にしてみてください。

3~4月は転職が多い時期

中途採用の求人数が増える時期は、3~4月頃が多くなるのが一般的と言えます。
なかでも3月に中途採用の求人が多い理由は、4月からの新しい組織体制に備えて、できるだけ中途採用を終わらせておこうと考える企業が多いと言えます。

9月10月は転職が多い時期

一年の中でも、9月10月は最も転職市場が活発になる時期ともいわれています。
スポーツ業界で第二新卒者を対象にした求人案件も増えることが予想されます。

第二新卒がスポーツ業界に転職する際の志望動機の例文

第二新卒がスポーツ業界に転職する際の志望動機は、企業に合わせることが鉄則です!
ただ、第二新卒の状況によっても志望動機の内容が変わってくると思います。
スポーツ業界経験者、職種未経験者、スポーツ業界がまったく未経験という状況における志望動機の例文を紹介します。

スポーツ業界からスポーツ業界に転職する際の志望動機

前職は、スポーツ関連のインストラクターをしていました。しかしながら、怪我をして続けられなくなりましたが、スポーツを通して、人々の生活を豊かにしたいという思いは捨てきれずにいました。貴社の理念は、より多くの人が「スポーツに参加したい」という商品づくりに惹かれて応募させていただきました。

スポーツ業界の異なる職種のスポーツ業界に転職する際の志望動機

前職では、主にスポーツ用品の店舗にて販売業をしておりました。買いにこられるお客様には器具だけではどうにもならないことも多く、運動がしたいけど中々踏み切れない様子も伺えました。
年に数回スポーツ店のイベントでは体を動かすものがあり、体を動かすことを楽しい、一緒に参加されたお客様が気持ちよいと言って下さる方が多かったので、インストラクターの仕事の楽しさをもっと実感したいと思い応募させていただきました。

異業種からスポーツ業界に転職する際の志望動機

1日中パソコンを打つ事務作業で、肩こりや頭痛などがひどくなりヨガを習ったときに、身体がすごく軽くなったことにいたく感動いたしました。身体の不調に悩んでいる人たちに、ヨガのすばらしさや楽しさを知っていただくために、是非ともヨガインストラクターになりたいと考えているときに、貴社の求人に出会いました。

第二新卒のスポーツ業界への転職は未経験でも成功できる!

スポーツ業界で第二新卒、もしくは未経験者でもOKという求人もあります。
2020年の東京オリンピックに向けて、仕事の需要も一気に増え、転職のチャンスと言えそうです。
とくに、オリンピック協賛企業やアスリートのスポンサー企業などをチェックしてみるといいかもしれませんね。
いずれにせよ第二新卒者の転職活動は、そういった事情通の転職エージェントなどを活用することが賢い転職活動と言えそうです。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連記事

おすすめ記事

派遣薬剤師は育休も取れる!ママ薬剤師も喜ぶ働き方のススメ

派遣薬剤師は派遣会社との契約になるため、一般の薬剤師とは少し勤務条件が異なる場合があります。 たとえば、通常の […]

続きを読む

家電業界に転職したい第二新卒が知っておくべきポイントまとめ

  第二新卒で家電業界への転職を成功に必要な基礎知識から、第二新卒としての具体的な志望動機の例文まで […]

続きを読む

介護資格は必要なの?王道4資格&スキルアップにおすすめの厳選5資格を紹介!

介護業界へ転職したい人、介護業界内でキャリアアップしたい人は、介護資格が気になりますよね。 介護業界で働くには […]

続きを読む

保育士転職におすすめの転職サイトと資格を活かした転職のポイント

昨今では保育士の人材不足が大きな社会問題にもなっています。 しかし、その反面で保育士の資格を持っているにも関わ […]

続きを読む

薬剤師の職務経歴書作成ポイントは?基本から仕上げの方法まで徹底解説!

薬剤師の転職では職務経歴書作成が欠かせない作業ですが、作成方法や記載内容が分からず悩む薬剤師も多いですよね。 […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職金は転職先で年末調整できない?退職金は確定申告の可能性を考えるべき

退職金をもらったら転職先で年末調整してもらうのか、自分で確定申告をするのか分からないという人もいるでしょう。 […]

続きを読む

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

10

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職金は転職先で年末調整できない?退職金は確定申告の可能性を考えるべき

退職金をもらったら転職先で年末調整してもらうのか、自分で確定申告をするのか分からないという人もいるでしょう。 […]

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

10

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

もっと読む

ピックアップ特集

おすすめの転職サイト