看護師の転職理由とは?スキルアップしたい人必見!

看護師の転職理由とは?スキルアップしたい人必見!

夢見ていた看護師になったけど、理想と現実のギャップは大きく、このままでいいのだろうかと悩み始めている人がいるのではないでしょうか?
責任の多い看護師の仕事を続けていくためには、時には立ち止まり将来性について考える必要があります。
明確なビジョンを持つためのいくつかのポイントについて説明します。

看護師の転職理由はどんなものが多いの?

看護師の仕事は女性に人気が高いです。高齢化社会を迎え、介護や看護の仕事の幅が広がっています。
看護師は全国どこに行っても、就職口が比較的多く、国家資格であるため仕事の独占権を持っているという責任もありながらやりがいのある仕事です。
毎年看護師は増える一方、離職率も高いのが現実です。
どのような理由から離職につながってしまうのか見てみましょう。

職場の人間関係に疲れた

対人関係スキルを必要とする看護師の職場は患者同士だけでなく、スタッフ同士の人間関係が欠かせません。
本来スタッフ同士助け合うところが、時には互いに傷つけあってしまうこともあります。
看護師の仕事は24時間なので、スタッフ同士の連携が重要になります。
一度こじれた人間関係はなかなか修復しないのが女の世界です。
感情的になりやすい女性が多くいる職場で、いくら筋の通った正論を貫こうとしても、思ったようにはいきません。
相手にわかってもらおうと説明したり、説得しようとするよりは、自分が変わって相手に合わせたほうが状況が悪化しません。
しかし、相手に合わせてばかりでは自分を見失うことにつながり、ストレスがたまる一方になります。

給料が仕事に釣り合わない

看護師の給料は400万円~450万円が相場といわれています。
一般職の給料と比較すると、平均年収は看護師の方が多くなることが多いです。
看護師の仕事は残業や夜勤があり手当てがつくので全体的にみると高給与に見えますが、残業や夜勤がない仕事内容であれば、一般職と変わりません。
仕事内容はきつい、汚い、危険な業務が多く、気をつかう仕事であるのに給料は見合っていない、と思う看護師が多くいます。
看護師の給料は残業と夜勤をすれば、比較的充実しますが、日勤常勤等の時間外手当がない職場に就くと物足りなさを感じてしまうのです。

やりたい看護がある

ある程度経験を積んだ看護師は、キャリアップやスキルアップを望むことがあります。
特定領域の看護を極め、スペシャリストになればより一層仕事に対してやりがいを感じるでしょう。
また、理想の看護師像があればそれを目指すというのもあります。
忙しい業務ばかりで患者にじっくり寄り添えなかった場合は、ゆっくり患者に向き合える職場に転職するのがいいでしょう。

看護師としてスキルアップするメリット・デメリットは?

スキルアップすると良いこともありますが、起こりうる問題もあります。
まず、どのようなメリットがあるのかをいくつか見てみましょう。
そして、スキルアップに伴うリスクについてあらかじめ知っておくことで、対処法を個別に準備しておくと良いでしょう。

幅広い看護の専門性を活かし、給料アップ!

専門看護師や認定看護師などの看護の専門性を高めるスキルを身につける方法があります。
このような場合、資格を取得すれば資格手当が上乗せされ給料がアップします。
一般の看護師と比較すると専門看護師の場合は5000円~35000円資格手当として支給され、病院によって幅があります。
認定看護師の場合も、一般の看護職より5000円~1万円程度違いがあり、管理職に就くと50000円以上手当てがもらえる病院もあります。
ただし、いずれも病院によって違いがあるので下調べは必要です。

責任が多くなってもやりがい度アップ!

専門看護師や認定看護師は、特定領域の看護の専門家として家族やスタッフに指導教育したり、看護のアドバイザーとして活躍することができます。
責任は多くなり、常に向上心がないといけないでしょう。

5年ごとの更新手続きがあり、認定看護師として活動した実績報告をしなくてはいけないので、仕事をしながら多くの課題に取り組む貪欲さを持てれば、乗り越えられるでしょう。
専門的な知識と技術を兼ね備えた看護師として、ハイキャリアな職場を選ぶのも可能です。
大変さの中に感謝されることが多く、やりがいを感じながら仕事を続けられると自信にもつながりますね。

家庭崩壊のリスクがあるかも!?

看護師は結婚や出産を機に、いったん家庭に入ったり、仕事量を家庭との両立のために調整する必要があります。
看護の質が向上するため、勉強会を開いたり、スタッフや患者に指導したりと求められることが多くなるので、自分自身も日々勉強しなくてはなりません。
いくら看護の仕事が尊いものだとしても、家庭を顧みず仕事に集中していると、家族の不満が募る原因になります。
家族の協力が得られなければ、仕事も効率的にこなすことはできません。
仕事の疲れを家庭に持ち帰り、夫や子供にやさしくできなかったり、家事ができず家の中が散らかったままだと家族の平安はなくなり、いずれ家庭が崩壊してしまうでしょう。
そのようなリスクを回避するためには、家族とよく相談し協力が得られるようにしていくことが大切です。

どんな看護師になりたいですか?

看護師の仕事は大変ですが、患者や家族に感謝されることが多くやりがいのある仕事です。
信頼関係を築くことができれば治療がスムーズに行くこともあります。
自分のスキルアップのためだけでなく、社会に貢献できる立場に立てることを目指す看護師は多くいます。
実際どうやってスキルアップできるのでしょうか?
看護師としてどうなりたいかを考えながらみてみましょう。

認定看護師への道

認定看護師の特定分野は21種類あります。
看護師の実務経験が5年以上で、そのうち認定看護分野での実務が3年以上あれば資格を取れる条件を満たしていることになります。
次に、認定看護師養成機関で6か月間課程を修了し、筆記試験で合格すれば、認定看護師として認められます。
養成機関は様々で、大学や研修センター、総合病院でも実務研修が行われています。
病院によっては費用が病院負担となったり、希望によって一部負担していることもあります。
5年ごとに看護実績や自己研鑽の書類審査を行い、更新していきます。

専門看護師への道

専門看護師は看護のスペシャリストとして看護系の大学院で修士課程を修了した者に与えられる称号です。
看護師の実務経験が5年以上で、そのうち認定看護分野での実務が3年以上あることが条件です。
現在13の特定分野があり、大学と連携して研究に力を入れています。
5年ごとに実績と研究報告をし、更新となります。
認定看護師と比べると、大学に行き、修士課程を修了する時間と、費用など労力が必要です。
しかし、得た知識や技術を活用できれば、より水準の高い看護を提供でき、自信をもって自分のしたい看護を提供できます。

看護師の関連資格を取る道

看護師の資格と関連した資格は実に100種類以上あるといわれています。
例えば、介護施設や訪問看護などで働く看護師の中には、ケアマネージャーや介護福祉士等の資格を取っている人もいます。
また、BLS(一時救命措置)等の実務に必要な資格や、心理カウンセラーやピンクリボンアドバイザーなど対人関係に必要とされる一般的な資格を取得する人もいます。
このように、経験と知識を活かしたうえで結果として残せるような資格がたくさんあるので、チャレンジしてみるのも良いでしょう。
看護の質を高めるのみならず、自分を磨き様々な分野で活躍できる可能性を見出すことができます。

スキルアップを目指して資格を活かそう!

将来どんな看護師として働くかという、人生設計をし、目標をもって人生を歩むことで、イキイキとした毎日を送ることができるでしょう。
看護はとても奥深く、個別に対応できる柔軟性と追求していく姿勢が必要です。
自分のビジョンを明確にして、スキルアップを目指してみてはいかがでしょうか。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連記事

おすすめ記事

アパレル事務への転職で求められる資質と転職成功のコツ。人気だから早めの活動が大切!

圧倒的な女性人気を誇るアパレル事務。ファッションが好きで事務職への転職を希望している方にとっては、まさにうって […]

続きを読む

未経験でもケアマネージャーに転職は可能?業務内容や資格試験について詳しく解説します。

誰でもケアマネージャーという職種を一度は耳にした事があるのでないでしょうか? しかしなんとなく「介護関係の人」 […]

続きを読む

【例文あり】金融業界へ転職!志望動機と知っておきたいポイントまとめ

金融業界への転職を考えている人は、業界事情や働くメリット、デメリットについて知っておく必要があります。 業界研 […]

続きを読む

日本初のアウトソーシング型福利厚生サービス「福利厚生倶楽部」とは?

企業の社会保険料の増加に従い、企業で独自の福利厚生を運営するというよりは、外部に委託するアウトソーシング型が増 […]

続きを読む

男性の派遣薬剤師としての生き方を考える

薬剤師と言うと、女性のイメージが強いと思いますが、実は男性の薬剤師も多く活躍をしています。 男性ですので、正社 […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

もっと読む

ピックアップ特集

おすすめの転職サイト