通信業界に転職したい第二新卒が知っておくべきポイントまとめ

通信業界に転職したい第二新卒が知っておくべきポイントまとめ

 

第二新卒で通信業界への転職を成功に必要な基礎知識から、第二新卒としての具体的な志望動機の例文までを紹介します。
通信業界への転職の際に第二新卒が知るべきこと、通信業界に転職するおすすめの時期についても触れています。
「第二新卒」や「通信業界」という条件での転職活動のポイントを押さえて、効率的に内定をゲットしましょう!

通信業界に転職したい第二新卒のための基礎知識

通信業界に転職したいと考える第二新卒の人のための基礎知識を紹介します。
社会経験の浅い若手の第二新卒は、通信業界という仕事を見る視野もそんなに広くはない可能性があります。
通信業界も給与などの好条件やイメージに引っぱられる転職だと成功はしにくいかもしれません。
意外にポジティブな要素もあるので、楽しみに読み進めてみてください。

通信業界の種類

2016年からNTT東西の「光コラボレーションモデル」による異業種参入や2017年に約10年ぶりの大改正となった電気通信業界事業法など、話題にこと欠かない通信業界ですが、通信業界と一言でいっても、その種類は幅広く分かれていると言えます。
希望する通信業界の企業を含めて、通信業界の種類をいくつ挙げられますか?
固定電話会社、携帯電話などの移動電話会社やテレビや放送関係の会社まで含まれることもあり、それぞれたくさんの異なる業務が付随していると言えます。
ITなどの進化により、通信業界スタイルもさまざまな変化がありますので、第二新卒で転職する人は、その種類のおおまかな内容を知っておくだけでも転職先の射程範囲を広げることにもつながることになります。

種類ごとの職種はさらに幅が広がる

幅広く存在している通信業界の種類ですが、そのひとつひとつの中にもあらゆる職種が存在します。
転職サイトなどでは、職種を条件にして検索すると、複数の種類がヒットすることも多いです。
例えば、家の近くに立っている電波塔や電柱から、情報通信業界のインフラ整備をするメンテナンス作業員や、情報を伝達するための通信業界技術の作成や、電気通信業界によって情報の受発信の仕組みを作る業務もあります。
第二新卒で通信業界業界に転職する際には、こうした職種の特徴も理解しておきましょう。

2種類の通信業界技術の違い

通信業界技術には大きく分けて二つあり、「固定電気通信業界」と「移動電気通信業界」があります。
固定電話と携帯電話の違いのように特定の場所でのみサービスを受けられるものを固定通信業界、場所を問わずサービスを受けられるものを移動通信業界といいます。
NTT、ソフトバンクグループ、KDDIなどテレビを賑わしている有名企業が多いのが特徴と言えます。

注目の格安スマホ

爆発的にヒットし、近年業界の業績を牽引してきたスマートフォンも一巡し、一服感が漂う状況にあります。そして、最近のトレンドとして注目されているのが「格安スマホ」でしょう。
大手通信業界会社の回線網を借り、安さを武器にしたスマホが台頭してきていると言えます。ライン、イオン、楽天、ビックカメラ、エディオン、ヨドバシカメラ、BIGLOBE、ピーシーデポ、So-netなど多数の企業から販売されています。
第二新卒で通信業界に転職する際には、こうした環境動向による特徴も知っておくといいでしょう。

第二新卒で通信業界に転職するために必要なこと

第二新卒で通信業界に転職するためには、どんなことが必要になるでしょう。
上記で紹介したように、通信業界といってもさまざまな業界の種類や職種が存在しています。これらを踏まえながら、第二新卒者のメリットをうまく生かして成功転職につなげましょう。

活かせる経験やスキル、強みをアピール

通信業界へ転職される企業にとって第二新卒の転職者を採用する最大のメリットは社会経験があることです。
新しい機種が次々から出てスピードの早い中でさまざまなことを覚えたり、人とのコミュニケーション能力が必要される業界でもあります。
前職が通信業界であったらなおさらですが、そうでなくサービスや販売職であったとしても、人と触れ合う経験値があり、それまでの仕事での経験やスキルから自分の強みを分析し、面接できちんと伝えることは有効と言えます。
第二新卒者は転職活動に入る前に、これらの点をしっかり自己分析し、準備しておくようにしておきましょう。

大手でも第二新卒の採用枠がある

通信業界では、第二新卒の転職者を受け入れる求人が増えているようです。
20代で転職する人が増え、企業の若手層の確保が難しくなっていることが背景にあります。
第二新卒の転職者の場合、社会人経験があることや、順応力があること、自発的に動いていけることなどが通信業界の企業のメリットとなると言えます。

第二新卒で通信業界を狙う転職活動のポイント

通信業界への転職を目指す第二新卒者の転職活動のポイントを紹介していきます。
適切な転職活動のステップを踏むことで、リスクを最小限にしていくことが大切です。
転職活動でのポイントを押さえて、第二新卒の武器を活かし自分にピッタリの転職先を見つけましょう。

情報不足は危ない!詳しい人の意見を必ず聞く

第二新卒で通信業界に転職したいと思うとき、仕事についての理解は欠かすことができません。第二新卒者で通信業界の経験がある人でも、転職時にしっかり理解できているかどうかわかりません。
業界や職種にできるだけ詳しい人の意見やアドバイスを聞いておかれることをお勧めします。

業界経験者の先輩

業界や職種に就いている先輩や知り合い方に聞いてみましょう。
毎日の仕事の流れや、通信業界で働くことで感じていることを聞くと参考になるはずです。
特定の職種については、その職種の役割や重要点まで聞き出せるといいですね。

業界に詳しいキャリアアドバイザーに相談

通信業界に精通している転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談するのも一つの方法と言えます。
キャリアアドバイザーであれば、業界周りの動向等リアルタイムで把握していることが多いと言えます。
通信業界のことだけでなく、第二新卒者が転職について考えることにも参考になるアドバイスがもらえるはずです。

転職エージェントを有効活用

通信業界に転職したい第二新卒者の人は、 転職活動では、転職エージェントに登録されることをお勧めします。
是非、 第二新卒や通信業界に強い転職エージェントを見つけてみてください。
2つか3つ、複数の転職エージェントに登録して、求人を比較検討できるといいですね。

視野にない自分に合う可能性のある求人に出会える

第二新卒者が知っている通信業界っていうのは意外に狭い範囲かもしれません。
そのため転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談しながら転職活動を進めていくことで、 第二新卒の視野にはなかった職種などの求人案件に出会える確率が高まるでしょう。
経験やスキル、第二新卒の転職者としての希望などを考慮して「こういうのもありますよ」という提案をしていただけることもあります。

非公開求人を紹介してもらえる可能性

ほとんどの転職エージェントが、独自の非公開求人を持っています。
非公開求人は、 自分では探すことが不可能と言えます。
もし、紹介してもらえた場合は第二新卒の希望やスキルにより近いものである可能性が高いはずです。なぜなら、転職エージェントは転職者にマッチした条件の案件を紹介することを特徴としているからです。
もちろん、紹介してもらった後の検討は必要ですが、自分で求人を探すだけよりも転職活動が効率的になるでしょう。

第二新卒が通信業界に転職するのにおすすめな時期

第二新卒が通信業界に転職する際には、通信業界の採用活動のタイミングについても知っておくと役に立ちます。
すべての企業が一致するわけではないので詳細の確認は必要ですが、目指す企業がまだ決まっていない第二新卒の人は参考にしてみてください。

4月の転職はサポートがしっかり

第二新卒で通信業界が未経験でも受け入れられる求人案件が増えていることをお伝えしました。
通信業界が未経験の人は、4月の入社を目指した転職活動がおすすめです。
4月であれば、同じく未経験の新卒の社員と同時期に入社することが多いでしょう。
そのため、しっかりした研修や教育を一緒に受けられる可能性が高いと言えます。

9月10月は転職が多い時期

一年の中でも、9月10月は最も転職市場が活発になる時期ともいわれています。
通信業界で第二新卒者を対象にした求人案件も増えます。
6月のボーナスをもらってから転職する人や、3月決算の企業にとっては下半期の戦略に対して人員体制を再度整える時期でもあるからと言えます。
全体的に、転職活動をするライバルが増える時期とも言えますね。
社会経験のある第二新卒の強みを活かして、通信業界への転職を成功する確率を高めましょう。

冬のボーナス後も転職が増えるので狙い目

通信業界では、6月と12月にボーナスが支払われる企業も多く、そのあとに転職者が増える傾向にあるようです。
第二新卒にとっても転職時期として狙い目といえるでしょう。

第二新卒が通信業界に転職する際の志望動機の例文

第二新卒が通信業界に転職する際の志望動機は、企業に合わせることが鉄則です!
ただ、第二新卒の状況によっても志望動機の内容が変わってくると思います。
通信業界経験者、職種未経験者、通信業界がまったく未経験という状況における志望動機の例文を紹介します。

通信業界から通信業界に転職する際の志望動機

前職では、システムインテグレーターの仕事をしておりました。貴社の○○という製品が好きで、実は学生のころから愛用していたほどです。他の企業とは類を見ないほどのハイクオリティであると思います。
○○の研究は趣味ではありますが、基本的なパソコンの操作やプログラミング言語に関してはC言語PHP、Javaなど幅広く学んできましたので、戦力にはなるかと思い、応募させていただきました。
プログラミング言語の基本は心得ておりますが、特長の違いをよく学び、必要な力を磨いて貢献につなげていきたいと思っております。

通信業界の異なる職種の通信業界に転職する際の志望動機

前職では窓口でのサービス業務の仕事で経験を積んできました。貴社の○○のサービスは、身近なインフラストラクチャーとして国民の生活に欠かせないものとなっています。
人と人とのつながりから生まれる安心感を顧客に届けることを貴社で実現したいと思い応募させていただきました。

異業種から通信業界に転職する際の志望動機

前職では家電の営業業務を行ってきました。私は最新の情報を仕入れ、人に伝えるのが好きなので、お客様には最新の情報を盛り込みながら伝えておりました。
いつも身近に存在している通信業界ですが、貴社では顧客満足度に力をいれており、お客様への気配りに力をいれていることが強みだと思っております。今までの経験を活かし、お役に立てるような仕事をしていきたいと考えております。

第二新卒の通信業界職への転職は未経験でも成功できる!

通信業界は、社会基盤となりうるインフラ産業であり、経験者の場合、最先端のテクノロジーを学ぶことができます。もちろん、第二新卒もしくは未経験者でもOKという求人も多く、通信業界の経験は、次のキャリアステップのためのIT企業や同業他社でも存分に活かすことができる仕事とも言えます。
入職してから「適性がない」「思っていた仕事と違う」となるのを避けるためにも、第二新卒者は、転職活動での情報収集はもちろんのこと、転職エージェントで行われる自己分析シートなどをしっかり活用していきましょう。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連記事

おすすめ記事

女性の営業職への転職事情をポイントまとめ

女性の営業職の活躍できる範囲もどんどん広がりを見せています。 営業は、お客様に接していく仕事ということもあり、 […]

続きを読む

マーケティングリサーチャーとは?マーケティングリサーチャーの仕事内容となる方法

「マーケティングリサーチャー」という名前から何となくイメージはつくけど、具体的に何する仕事なのかわからないとい […]

続きを読む

何故今派遣薬剤師の求人が増えているのか?

高齢化社会が進み、医療の需要の増加と共にに薬剤師の需要も増えてきました。 さらに、薬学大学の教育課程が4年制か […]

続きを読む

未経験でもエステティシャンになれる!転職に関する知識を紹介します

美容業界の中でも華やかな「エステティシャン」。 そんなエステティシャンには未経験でも転職は可能なのか? ここで […]

続きを読む

マーケティングの市場規模とは?マーケティングの市場規模の種類とその動向

マーケティングの市場規模はどれくらいの大きさなのでしょうか?またよく聞くwebマーケティングの市場規模はどうな […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職金は転職先で年末調整できない?退職金は確定申告の可能性を考えるべき

退職金をもらったら転職先で年末調整してもらうのか、自分で確定申告をするのか分からないという人もいるでしょう。 […]

続きを読む

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

10

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職金は転職先で年末調整できない?退職金は確定申告の可能性を考えるべき

退職金をもらったら転職先で年末調整してもらうのか、自分で確定申告をするのか分からないという人もいるでしょう。 […]

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

10

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

もっと読む

ピックアップ特集

おすすめの転職サイト