転職失敗はどんなこと?回避策から失敗後の対応策まで

転職失敗はどんなこと?回避策から失敗後の対応策まで

転職するなら、自分にとって、より良い環境や条件の働き方を手に入れたいものですよね。
しかし、転職をするすべての人が転職で理想の結果を得ているわけではないようです。
転職を考えるときには、良いタイミングとリスク回避を行う必要がありそうです。
ここでは転職で起こり得る失敗、後悔しないためにできることを紹介します。
それでも、失敗だったかな…と感じたときの対応策についても触れていきます。
成功転職のための対策のひとつとして、失敗の種類や回避策を心に留めておいてください。

転職の失敗談から学ぶ!どんなことが起こり得る?

転職をしたことがない人、もしくはこれまでの転職を順調に成功させてきた人たちにとって、転職の失敗ってどんなこと?と想像がつきにくいという人もいるかもしれませんね。
残念ながら、転職を失敗する人たちの数は少なくはないようです。
どんなことが原因で失敗に繋がっているのでしょうか。
よくある失敗についていくつかの事例を紹介します。

前職と同じ悩みを抱えている

転職理由が、残業が多く、もう少し自分のプライベートな時間を確保したいと思っていたのに、新しい会社に入社してからも変わらず長時間労働になってしまう人もいます。
上司や部下、同僚との関係に負担を感じてしまい転職したというケースで、新しい職場でも同じような悩みを抱えてしまう人も多いようです。
これらは「転職が解決策ではなかった」という失敗転職の典型と言えるかもしれません。

ステップアップが感じられない

転職とともに社会人としての時間も蓄積していくことになります。

今までと同じような仕事、レベルアップした感のない業務で成長感や充実感を得られない人もいるようです。
今までの経験とスキルで、自分のできることだけに視点を置いた転職活動をしてしまった場合にありがちな充実感の欠如です。

悲劇!面接時の契約内容と異なる

面接時の契約内容と転職後の内容が異なるということも少なからずあるようです。
例えば、給与額や休暇の日数、待遇面などが聞いていたことが通らないということもあるようです。
直接応募で入社した場合に発生することが多いようです。
実際に契約内容を企業側が偽って伝えるという悪質なケースもありますが、入社前の確認の際の企業側の説明を、内定者が誤解や誤認してしまうということも少なくないようです。

職場の雰囲気がイメージと異なる

職場の雰囲気というのは、求人内容や企業のホームページで正確に掴むことは難しいかもしれません。
面接の際に企業を訪れたときに、いくらかは感じ取れるものがあったとしても、実際に働く環境、先輩や上司と一緒に働いている状況を把握するところまではいかないものです。
思っていた雰囲気と違い「なんだか場違いな感じがする」という悩みを抱えてしまう人もいるようです。

転職失敗を防ぎ、後悔しないためにできること

上記の失敗談を読むと転職することに尻込みしてしまう人もいるかもしれませんね。

適切な計画とステップを踏めば、失敗する確率をグッと下げることができます。
失敗してしまう人たちの多くが外してしまいがちな重要なステップがあるのです。
転職失敗の回避策となることをいくつか挙げてみましょう。

ネガティブな転職理由をメインに動かない

病気や事故、体調など健康面に関することを除いて、ネガティブな理由での転職は、本当に冷静になれるまで決断をしないことをおすすめします。
大量の仕事による長時間労働、充実感のない仕事、上司や同僚との人間関係、社風との不一致感、給与や待遇の不満、不公平に感じる評価、見えない将来性など現状の何らかに対する不満や不平などの理由だけで動くことは、転職が解決策とならないことも多いからです。
まして、衝動的に転職に踏み切ることは、相当な運とタイミングに恵まれない限り、成功に至ることは難しいことも心に留めておきましょう。

自分の希望や目的を明確にする

ネガティブな要素ではなく、転職をしようと思うポジティブな面に支店を向けましょう。
何がどうなることが自分にとってプラスになるのかということです。
プラスになる点を、業界や企業、社会に、より貢献できることと捉える人もいるでしょう。
どちらにしても、自分が求めている職種、働き方、条件などについてしっかり考えます。
今までがどうこうというよりもまずは「これから」のことを考えることをおすすめします。

転職の適したタイミングとは?

転職に適したタイミングとは、自分側ではその職場での仕事で一番好調なときです。
好調とは心身が安定し、負荷も少なく、それでいて成果が出ている状態です。
そんなときは、ものごとを肯定的に捉えたり、ネガティブな感情もコントロールしやすかったりします。
さらには、培った経験や努力が十分に反映される時期は自己肯定感や自信も高まっているでしょう。
その状態は、職務経歴書に書くこと、面接での受け答えなどに如実に現れることになります。
転職活動中も焦ることなく、冷静で、安定した気持ちを保つことができるのです。
また希望する業界や企業のタイミングにもアンテナを張っておく必要があるでしょう。

面接前に企業研究を必ずしよう

面接の前に、企業のことを調べることは求人に応募する際の重要項目でしょう。
面接においては、受け答えで企業研究をしているかしたかどうかはわかります。
企業への興味や関心、その企業で働くことへの意欲の度合いを測るバロメーターになるのです。
同じ業界であっても、企業ごとに理念やビジョンは異なっているものです。
組織の中で同じ目的に向かうことができるかを判断する材料にもなるでしょう。
また、その企業の業績、事業展開、状況を知ることで面接での受け答えの内容もより深いものとなるはずです。

転職エージェントを活用する

転職エージェントのサービスを最大限に活用しましょう。
求人案件が紹介されるというだけでなく、客観的な視点で自分の経験やスキルの価値を判断してもらえるからです。
キャリアアドバイザーの、市場の動向やニーズも踏まえた求人の紹介やアドバイスは、転職を成功させるための強力で心強いサポートとなるでしょう。
失敗事例の項目で紹介した内容のうち、契約内容はエージェントの仲介によって誤認や誤解ということもなくなります。
また、コンサルタントの客観的な視点からのアドバイスや紹介で、今よりステップアップできる仕事を見つけやすくもなるでしょう。
職場の雰囲気についても詳しく企業のことを知っているキャリアアドバイザーの見解は参考になるでしょう。

転職で失敗しないために利用したい転職エージェントと転職サイト

転職での失敗を防ぐために活用したい転職エージェントや転職サイトを紹介します。
登録は無料で簡単にできるので、求職者にリスクもありません。
いくつかのエージェントに登録することを検討してみてください。

業界実績No1「リクルートエージェント」

求人数

約31,000件

非公開求人数

約185,000件

面談実施地域

全国(東京・神奈川・栃木・埼玉・千葉・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫・岡山・広島・福岡・北海道・宮城)

特徴

毎週の更新数が多く、大手企業からベンチャー企業まで扱う

国内最大大手の転職エージェントで、求人数も実績もトップクラスです。
各業界に精通したキャリアアドバイザーが登録者の強みや適性を把握し、マンツーマンサポートで、能力やスキル、培ってきた経験を活かせる求人案件の紹介がされています。

リクルートエージェントへ登録する

セミナーなどのサポートが豊富な「DODA」

求人数

約38,654件

非公開求人数

約131,013件

面談実施地域

全国(東京・神奈川・愛知・大阪・京都・兵庫・広島・福岡・北海道・宮城)海外

特徴

大手優良企業の案件が多い

自信がない人でも、キャリアアドバイザーのサポートによって不安を解消しながら転職活動を進めていくことのできる転職エージェントです。
全国に拠点を持ち、キャリアアップに役立つセミナーや相談会も開催されています。

DODAに登録する

詳細検索で失敗しない!「マイナビエージェント」

求人数

約23,000件

非公開求人数

約110,000件

面談実施地域

全国(東京・大阪・愛知)、海外

特徴

通期の求人件数やマイナビ限定求人件数が多い

マイナビエージェントの約80%が非公開求人です。マイナビ独自の案件も豊富です。
転職サイトでは、自己PRや履歴書、職務経歴書などの書き方などの詳しい情報も参考になるでしょう。キャリアアドバイザーは、応募から面接スケジュールの調整、条件や待遇の確認や交渉も行ってくれます。

マイナビエージェントに登録する

女性の転職におすすめ「パソナキャリア」

求人数

約34,000件

非公開求人数

約27,000件

面談実施地域

全国、海外

特徴

業界別に業界に詳しいキャリアアドバイザーが支援

自分だけでの求人検索や情報収集では得られない詳細な情報も提供されるエージェントです。
キャリアアドバイザーは、業界や職種の特徴を熟知していますし、企業の特色、求められる人材の特徴も理解しています。
自分とのマッチ度の高い案件を紹介してもらえるでしょう。

パソナキャリアに登録する

既卒やフリーターからの就職も支援「JAIC」

JAIC(ジェイック)

求人数

非公開求人数

面談実施地域

全国(東京・千葉・神奈川・埼玉・愛知・大阪・京都)

特徴

20代の転職・就職支援に特化 営業、女子、新卒に注力

既卒、第二新卒、中退、フリーターなど正社員としての経験がない人におすすめの20代限定の転職エージェントです。
ビジネスパーソンとしてのスキルアップを図るための講座、セミナーも開催され、入社後も専門チームの支援が受けられるのが特徴です。

JAICに登録する

失敗した!転職後に気づいたらどうする?

やっとのことで叶えた転職でも、入社してから失敗だということに気付くこともあります。

失敗と気付いて、悩みを抱え続けることは自分にとっても企業にとってもプラスになることはないどころか、マイナス要素を大きくしてしまうことになってしまうでしょう。
そんなときは、現状をそのままにせず、早めに手を打つことをおすすめします。

うつかな?と思ったら早めに行動する

失敗したと思うときの状態は、心身の健康を損ねていることも多いものです。
うつかな?と思えるような症状があれば、軽視は禁物で、早めに行動を起こすことが大切です。

産業医に相談してみる

精神的に正常か、そうでないかというのは自分では見えないこともあります。
専門の医師に相談してみましょう。
自分の現状を客観的に把握し、対処法のアドバイスを受ける必要があるかもしれません。

部署の異動を求める

転職後の仕事にミスマッチを感じているなら、上司や人事部に部署の移動の相談をしてみるのも一つの手段です。
ミスマッチだからとすぐに退職と結び付けてしまうことは早計です。
在職のままで解決できる可能性も探っていきましょう。

休暇を相談する:傷病手当金の制度を知っておこう

心身のエネルギーが枯渇していることが原因ということも考えられます。
たとえ、その仕事を始めたばかりでも、それまでの行程で頑張ったことにプラスして、転職直後の慣れない環境で心が張り詰めてしまい一種のバーンアウトが発生していることも考えられます。
元の自分を取り戻すには休暇で心身ともに休めることが大事。
傷病手当金の制度があることを知って申請できるかどうかも確かめてみましょう。

失敗理由を明確にして次に活かす

転職を失敗してしまう理由はそれぞれに異なりますが、なぜそうなってしまったのかを明確にしておきましょう。
そのことを回避していけば、同じ失敗を繰り返すことはありません。
理由を明確にしていないと繰り返してしまうリスクが高まるのです。

適切な転職活動ステップで失敗を回避しよう!

転職活動には、情報を得ることと、サポートを受けることを盛り込みましょう。
自分だけで転職活動を行うことは間違いではありませんが、すべてを自分でこなそうとすると失敗する確率は高まるでしょう。
ひとつの情報やサポートが大きな失敗回避に繋がることは大いにあり得ます。
より良い働く環境を手に入れていくために情報やキャリアアドバイザーのサポートを受けることは、社会人としての賢い知恵となるのです。
みなさんが効果的な転職活動を経て、思い通りの仕事への転職を果たされることを祈っています。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連キーワード

関連記事

転職活動に疲れたら?おすすめの対処法と転職サービスの上手な活用方法

不採用が続いたり、忙しい中で時間を作るのが大変だったりすると、転職活動に疲れを感じることも出てくるかもしれませ […]

続きを読む

IT業界への転職でおすすめの転職サイトと転職方法まとめ

IT職種への転職を考えたとき「経験者でなければダメなのではないか」と未経験者ならば誰でも一度は思ったことがある […]

続きを読む

転職にグッドな時期を徹底解説!知っておきたい重要ポイントまとめ

転職を考えている人は、転職の時期についても考慮することをおすすめします。 一年のうち、どの時期に転職に踏み切る […]

続きを読む

7月時期の特徴とポイントを徹底解析

転職をすると決めたら時期ごとの特徴を抑え、それをふまえた対策を行いましょう。 7月は転職するうえでどのような時 […]

続きを読む

介護職におすすめの転職サイトはこれだ!活用方法も徹底解説

かつては専門職として転職するにもハードルの高かった介護職ですが、昨今では人手不足の影響もあり、人材育成を前提と […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

4

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

続きを読む

5

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

6

プリンターがなくても安心!コンビニで職務履歴書を簡単プリントする方法!

プリント代に困ったり、プリンターが急に使えなくなったり……と、肝心なときに限ってなぜかトラブルに見舞われるもの […]

続きを読む

7

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか? ハローワークでは、職務経歴書の書き […]

続きを読む

8

転職初日の菓子折りは必要?マナーを心得ておこう

転職初日の準備をしていて、これからお世話になる職場に菓子折りを持って行くべきかな?と考える人もいると思います。 […]

続きを読む

9

質問されないってどういうこと!?面接で質問が少ない場合に考えられる理由とは

あらゆる回答を用意して挑む面接。 それなのに、あまり質問されなかったりすると不安になりますよね。 面接において […]

続きを読む

10

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

おすすめの転職サイト

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

4

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

5

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

6

プリンターがなくても安心!コンビニで職務履歴書を簡単プリントする方法!

プリント代に困ったり、プリンターが急に使えなくなったり……と、肝心なときに限ってなぜかトラブルに見舞われるもの […]

7

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか? ハローワークでは、職務経歴書の書き […]

8

転職初日の菓子折りは必要?マナーを心得ておこう

転職初日の準備をしていて、これからお世話になる職場に菓子折りを持って行くべきかな?と考える人もいると思います。 […]

9

質問されないってどういうこと!?面接で質問が少ない場合に考えられる理由とは

あらゆる回答を用意して挑む面接。 それなのに、あまり質問されなかったりすると不安になりますよね。 面接において […]

10

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

もっと読む

ピックアップ特集