女性の営業職への転職事情をポイントまとめ

女性の営業職への転職事情をポイントまとめ

女性の営業職の活躍できる範囲もどんどん広がりを見せています。
営業は、お客様に接していく仕事ということもあり、周りとの調整力も必要です。
女性が営業に転職する際には、日々のタイムマネージメントだけでなく、自分の将来的なプランもしっかり考えておくことも大切です。
仕事もプライベートも充実させる転職につながる転職活動を行っていきましょう。

【年代別】女性の営業転職者に求められるもの

女性の営業転職者に求められることを20代、30代、40代と年代別に紹介します。
営業職でのキャリアステージ、充実した仕事をしていくために各年代でクリアしておきたいポイントです。

ストレス耐性は?20代の女性営業職

20代女性は、新卒や転職で未経験で営業職に就くという人も少なくないと思います。
若手の未経験営業の多くが新規開拓のアポイントメント業務や飛び込み営業を経験するでしょう。
何十件にトライしても良い反応が得られない日があったり、そんな日が何日も続くこともあります。
アタックしたお客様にキツイ言葉で断られたり、ものすごい剣幕のクレームを受けることもあります。
営業にはつきもののことなのですが、精神的な準備とタフさがないため転職をする人も少なくありません。
メンタルな部分の乗り越えるスキルを身に付けると営業のやりがいが見えるのですが…。
企業の心配と20代に求めることは、営業スキルの前に、ストレス耐性かもしれません。
ストレス耐性があることで、営業スキルは効果的に学んでいけるものでもあるのです。

マネージメントスキルは?30代の女性営業職

30代の営業職は、すでに営業経験10年と熟練している人もいるでしょうし、未経験でこれからトライするという女性もいるでしょう。
女性管理職の登用は日本の労働政策の上でも盛んになってきています。
30代の女性営業職の転職では、営業経験者はもちろん、未経験の人にもマネジメントというキーワードが含まれてくる可能性が高いです。
マネジメント経験はあるか、部下をマネジメントすることに興味はあるかという点が転職でのアピールポイントにもなるかもしれませんね。
30代の女性は、経験があってもなくても、マネジメントとは?という知識に触れてみてください。
転職時点で、マネジメントされる側だったとしても役立つことが学べるはずです。
営業のマネジメントスタイルも色々あるので、営業職転職をする女性はぜひ、研究しておきましょう。

ビジネスを俯瞰できるか?40代の女性営業職

企業の事業の行く末を左右するといっても過言ではない営業職。
40代女性の営業職への転職では、経営視点を持っておくと大きな強みになるはずです。
長年の社会経験で培った俯瞰力で、若手にはない視点で営業を進めていくことができるのではないでしょうか。
もちろん、営業として、企業の一員として若手のロールモデルとなり、育てることが求められることも多いと思います。
その一方で、男性も女性も、組織の中で扱いにくい年代と取られるリスクを持っていることも否めません。
自分軸を固めておくべき一方で、できるだけフラットで柔軟な自分づくりも欠かすことはできないでしょう。

女性が営業職に転職するなら知っておきたいこと

女性が営業職に転職するときに、知っておくべきことを紹介します。
「女性」「営業」「転職」すべての条件をメリットに変えて成功の転職を叶えるために、しっかり確認しておきましょう。
これらを押さえておくと、転職時点だけでなく、その先も充実した営業の仕事を続けていけるはずです。

営業は企業によって異なる

営業職は、企業によって営業スタイルも毎日の業務の進め方も異なってきます。
営業経験者であっても、転職先の営業の仕事のことを詳しくチェックすることが大切です。
また、同じ企業内の営業職の中でも役割が異なることもあります。
そういった点を自分の適性や希望を踏まえて、転職活動時にきちんと調べて選択しましょう。

営業スタイルは変化してきている

世の中の営業職も時代の変化の影響を大きく受けているようです。
色々なものがインターネット上で処理できるようになり、お客様へのアプローチの方法も変化しています。
電話やメールでお客様に営業をかけている企業は、意外に少なくなっているかもしれません。
報告の仕方、社内メンバーやお客様とのコミュニケーションを取る新しいツールは続々と登場しています。
女性も、そんな時代の流れについていくこと、慣れていくことが求められています。

女性営業としての強みの把握

女性営業職の強みはどんなことだと思いますか?
男性との優劣では測れないことです。
世の中には男性と女性が存在していて、男性のほうがうまくいく場面と女性のほうがいい場面というものがあります。
営業の世界でも同じで、営業するお客様が多種多様だからという理由です。
また、「相手のことを感知する」「相手に共感する」ことは女性のほうが繊細で強力ともいわれています。
個人差はあるかもしれませんが、女性営業職を求める企業は、「女性」の強みにも期待を持っているはずです。

結婚、出産、育児の制度を確認する

転職の際には、希望する転職先企業の結婚、出産、育児などの制度を確認しておきましょう。
女性の活躍できる職場づくりが国をあげて進められていますが、各企業は独自の女性支援の制度を導入しています。
うまく活用することで、できるだけ負担を少なく、貢献度の高い仕事ができる可能性を高めましょう。
営業はお客様との接点もあるので、引き継ぎやネットワーク構築も重要になります。
その意味でも、自分が休暇をとるときに制度が整えられていると、職場の人に安心して任せることができるでしょう。

女性の営業職への転職活動をうまく進めるコツ

女性の営業職への転職活動を上手に進めていくためのコツを紹介します。
一つでも抜かすと、転職活動の結果に大きな差が出てくるかもしれません。
要チェックです!

仕事内容を徹底的に把握

興味のある求人に出会ったら、徹底的に仕事内容を熟読して業務を理解してください。
転職してから「こんなはずでは…」は、求人内容の理解を怠った人にも多くみられるようです。

企業のことをよく知る

企業研究も、じっくり行いましょう。
企業の理念や存在価値、社会的な影響力なども掴んでみましょう。
社風、雰囲気、働く人の年齢層、企業内のトレンドなども知れると判断材料にもなるでしょう。
もちろん、営業スタイルも必須です!

扱う商品やサービスを研究する

その営業職で自分が扱うことになる商品やサービスのことを研究してみてください。
その商品やサービスの存在に共感できて、興味が持てることも営業職には必要です。
どんなものを扱っている企業かで、企業のことが見えてくることもあります。
研究する中で印象に残ったことは、面接などで伝えると効果的です。

転職エージェントのサポートを受ける

女性の営業職への転職活動は、転職エージェントに登録して進めることもおすすめです。
転職サイトなどで自分だけでは探せない非公開求人を紹介してもらえることもあります。
女性特有の転職やキャリアの悩みの相談もできて、解決策となる転職先が見つけられるかもしれません。

女性の営業職!転職で活躍の場を広げよう!

以前は、営業というと男性の割合が多いイメージのあった営業職ですが、女性の営業職を求める企業はたくさんあります。
また、社会にも女性営業職の存在価値は強く認識されています。
効率的な転職活動で、女性らしく自分らしい転職でキャリアステージを上がっていってください!

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連記事

おすすめ記事

介護の仕事を辞めたい!円満退職をする辞め方とは?

介護の仕事は募集が多く、未経験でも就くことができる仕事ですが、その一方、仕事がきつくて辞めたいと思う人が多い仕 […]

続きを読む

派遣社員の妊娠と子育て対策。安心して妊娠を迎えるために知っておこう。

派遣で働く女性が気になるのは妊娠や育児のこと。 安心して出産、育児に取り組むためにはどうすればいいのでしょうか […]

続きを読む

20代に人気の事務転職を効率よく進めるポイントまとめ

20代の女性の転職希望といえば、何といっても人気No,1は事務です。 その理由はノルマに追われることも残業もな […]

続きを読む

女性が外資系への転職を実現するために知っておきたいこと

人気の外資系企業、転職を考えている女性のなかには、外資系で働いてみたいという人もいるでしょう。 女性が外資系企 […]

続きを読む

子持ち主婦にもメリットあり!介護職パートの選び方

子持ちではパート探しも何かと大変ですが、子どもがいる主婦が数多く活躍しているのが介護職です。 無資格OKで、時 […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

もっと読む

ピックアップ特集

おすすめの転職サイト