30代女性の転職の伝達術!企業の期待と懸念への対策

30代女性の転職の伝達術!企業の期待と懸念への対策

30代の女性で転職に成功するためのポイントを押さえましょう。
世の中の企業が、30代女性の転職者に対してどのような期待と懸念を持っているかを知ることが、30代女性の転職活動の第一歩。転職活動の対策もきっと立てやすくなるはずです。
30代の女性ならではのポイントを含めて、30代女性の転職に必要なマインドや活動内容をお伝えしていきます。

30代女性の転職への企業の期待

働き方改革推進の一環として、女性の労働支援や活躍の場を広げる取り組みが活発になっています。
国ぐるみの積極的な後押しもあり、30代の女性の転職者のニーズは高まっているとも言えるでしょう。
30代の女性の転職者を受け入れる企業は、国からの働きかけというだけでなく、女性としての価値に期待を寄せているようです。
30代女性の転職者にはどのようなことが期待されているのかを見ていきましょう。

マネジメントを任せたい

厚生労働省の定める女性活躍推進法では、企業は自社の女性の活躍に関する情報や取り組みを公表することになっています。
この制定によって女性採用の割合や女性管理職登用の少ない企業は、社会的な存在感が低くなる傾向にあります。
女性の意見を取り入れる企業が伸びることは、すでに女性を積極的に採用し活躍の場を提供している多くの企業が証明しています。
社会的にも女性の感覚や意見が求めているのです。

20代からの社会経験を持つ30代の女性に対しては、多くの企業がマネジメント能力を期待しています。
30代での転職後も長く勤め40代50代となっても管理職や役員など、適切なキャリアステップを上がっていけるようなステージを用意し、スキルアップ研修や教育体制を整える企業が増えているのです。
今、そのはしりの時期でもあるので、30代の女性の転職者にとってはステップアップも見込めるチャンスが豊富です。

コミュニケーションの経験値

女性は男性に比べて、自分の職責や成果よりも、職場でのコミュニケーションをより尊重する傾向にあるといわれています。
コミュニケーション不足の叫ばれる昨今のビジネスシーンでは、女性のコミュニケーション能力が頼りにされているという現状もあるようです。

30代の女性は、業務や技術的なスキルも、ビジネス上のコミュニケーションも経験を積んでいるはずです。
30代の女性転職者には、それらをきちんと言葉で表現し、社内の部下や後輩たちに伝えていく能力が求められています。

もちろん、指導や育成については男性でも可能ですが、均等という意味でも女性にも求めるというスタンスが浸透しています。
社会経験を積んだ女性の転職者だからこその経験や伝達効果があることも否めないでしょう。

どこでもどの状況でも通用できるなら尚良し!

一つの狭い業務だけでなく、企業がどの状況になっても対応できるマルチスキルがあることも有利です。
30代の女性の転職者は、様々な業務を経験している可能性が高いという一般的な認識もあるようです。
もしくは、女性社員自身のライフスタイルが変わっても通用する能力を持っていることも有効です。

例えば、在宅でも続けられるようなインターネットやアプリケーションの活用力があれば、転職したあとどんな状況になっても活躍していくことができます。

女性対象だけではありませんが、在宅勤務や短時間勤務など、仕事と家庭、仕事と育児・介護などを両立するための支援も盛んになっています。
しかし、それらの制度を活用して仕事を進める能力やスキルをすでに持っていれば、会社は助かるのです。

30代女性の転職への企業の懸念

30代女性の転職者に対して、世の中の企業が抱いている懸念を見ていきましょう。
転職で中途採用というだけでなく、女性ならでは、30代ならではの内容がいろいろあるようです。

体力が気になる?

女性が30代になったとき、大きな壁が訪れます。
「なんだか疲れやすい…」「20代と違う…」と感じることが増えるようです。
30代の女性は、長い人生で考えるとまだまだ若者なのですが「年かな…」と感じる女性も少なくありません。
そのときに、ガンガンに頑張ってきた20代の自分の仕事のペースを落とすべきか?という考えが浮かぶようになります。

30代の女性で転職を考える一つの大きな要因とも認識されていて、企業はその落ちた勢いの人は歓迎できません。
30代の女性で、この理由で転職を思い立った人は「まだいける」ということを肝に銘じてください。
心配しているようなガンガンな働き方でなくても、能力は伸ばせますし、経験もあるはず。
今まで以上の貢献をすることは可能なのです。

変わる確率の高いライフステージ

30代の女性では、結婚している人、結婚して子供がいる人、出産をしたい人など様々なステージがあります。
今、何もないという人でも、いつ上記のことが起きても何ら不思議ではないのが30代の女性です。
結婚も出産も育児も喜ばしいことなのですが、これが転職者の採用の際には、企業は懸念材料として慎重になる点です。
30代の女性の転職の時点では、早々の計画はないことを伝えるといいでしょう。
もちろん、絶対的な約束はできないと思いますが…。

子持ちだと転職でどう思われる?

30代の女性で子供がいる場合は、企業は育児に関して、仕事に影響が出ないかを確認したいと思うでしょう。
ここで企業は、子供のことで迷惑はかけません!と聞きたいわけではありません。
子供がいることに限らず、いつ何が起こるかはわからないというのが常識です。
何らかの問題が起きたときに、他の家族や実家などのバックアップがあるのか、残業は可能なのか、保育園や託児所に預けられるのかなど、転職者が整えている体制を確かめたいのです。
現在では、企業が育児との両立支援の体制を整えているところは増えています。
家族の対応が最優先であっても受け入れられる時代ですから、きちんと希望や意思を伝えることが大切です。

30代女性の転職で成功する人の伝え方

30代の女性なら転職できるかと悩むより、転職するかしないかを自分で決めてしまいましょう。
転職を決めたら、あとはどう転職活動を行っていくのかを見定めて転職を成功させることにつなげましょう。

マネジメントへの意欲

女性の場合、男性に比べてマネジメント職に興味を持つ人が少ないといわれます。
30代の女性でマネジメント職への意欲のある人は、たとえ転職時にマネジメント能力が未熟であったとしても歓迎される確率は高い状況にあるようです。
もちろん、マネジメント業務の経験のある30代の女性なら、転職でも大きなアドバンテージとなるでしょう。
30代の女性の場合、明確にポジション名が与えられたことがないというケースも多いです。
そんな人でも転職活動時には、チームで後輩や同僚と進めた仕事での役割を思い出して、マネジメントに関わる要素を探してみましょう。

経験やスキル、資格の伝達力

30代女性という特性を活かして、きめ細かい経験やスキルの伝達できる期待を大きく持てる人が求められています。
教えるというスタンスが必要な場合もあり、きめ細かい視点で伝える術を心得ていることをアピールできるといいですね。
また、コーチングやフィードバックなどのスキルを磨いておくと、チームビルディング、育成力としても役に立ちます。
部下や後輩のモチベーションをうまく引き上げてきた経験などを具体的に伝えるといいでしょう。

30代女性への期待に応える転職をしよう

30代の女性の転職者でも活躍できる企業は多く存在しますし、この先も活躍の場はどんどん広がっていくでしょう。
マネジメント職に関しては、まだまだ人材不足が続いているようです。
社会は、30代の女性の転職者の受け入れ体勢は十分といっても過言ではないでしょう。
同時に30代の女性には、転職者でも在職者でもキャリアに関する意識改革で対応していく必要がありそうです。
ぜひ、意識高めで転職活動を行っていってください。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連記事

おすすめ記事

第二新卒の転職の面接対策!内定を取る人がやっていること

第二新卒とは、法的にはっきりとした条件のもとにつけられた区分ではありませんが、「新卒で入社していること」「卒業 […]

続きを読む

30代で事務職の転職!成功させるには何が必要?

事務職はどの企業にも必要とされる倍率が高めの職種です。 30代では、転職の際にその後のキャリアに繋げていくこと […]

続きを読む

アラフォー女性が転職で求められることとは?

30代後半から40代後半のアラフォー女性、アラサー世代のように年代で転職活動に違いはあるのでしょうか? 世間で […]

続きを読む

40代キャリア別おすすめエージェント6選!40代は転職エージェントが必須

有効求人倍率がバブル期の水準を超えるなど、なにかと明るい話題が多い雇用情勢。 転職希望者も今がチャンスと、中途 […]

続きを読む

人気の事務求人に強い転職エージェント比較。事務転職を叶える比較ポイントはどこ?

残業少なめ、デスクワークで体力的な負担もない事務職への転職を絶対に成功させたいと思っていませんか? 現在の事務 […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職金は転職先で年末調整できない?退職金は確定申告の可能性を考えるべき

退職金をもらったら転職先で年末調整してもらうのか、自分で確定申告をするのか分からないという人もいるでしょう。 […]

続きを読む

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

10

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職金は転職先で年末調整できない?退職金は確定申告の可能性を考えるべき

退職金をもらったら転職先で年末調整してもらうのか、自分で確定申告をするのか分からないという人もいるでしょう。 […]

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

10

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

もっと読む

ピックアップ特集

おすすめの転職サイト