正社員になりたい派遣社員へ。派遣社員から正社員を目指す人の転職活動方法とは

正社員になりたい派遣社員へ。派遣社員から正社員を目指す人の転職活動方法とは

派遣に比べると、正社員は雇用が安定しており、給与や待遇面でも恵まれていることが多くなります。
正社員になりたいと感じる派遣社員は多いものの、正社員へのハードルは高く、もう無理だと諦める人も少なくありません。
派遣社員から正社員への転職は、ポイントを押さえ、正しい方向で活動方法をおこなえば十分可能ですよ。
ここでは、派遣から正社員への転職可能性と、効果的な転職活動方法を紹介します。

派遣から正社員への転職可能性

派遣社員の経験年数が長い人にとって、「派遣から正社員」は高い壁のように感じるでしょう。
実際のところ、派遣社員から正社員への転職可能性がどれくらいあるのでしょうか。
ここでは、派遣から正社員への転職可能性を探っていきます。

派遣での経験も立派な評価対象

派遣社員として長く働いていると、「派遣経験は正社員の転職活動でアピールできない」と考え、自分には無理だと諦めてしまうことがあります。
しかし、派遣と正社員は単に働き方の違いであり、派遣であっても、社会人として仕事に従事していたことに変わりはありません。
派遣経験しかない人であっても、その経験を正社員転職でアピールしましょう。
転職活動は、働き方が変わるとしても、経験やすでにあるスキルを活かすことが大前提。
派遣での経験も評価対象になると考える企業は多いため、ぜひチャレンジすべきです。

保守的な体質の企業では難しいことも

一方、企業体質が保守的だと、派遣経験が長いことを「正社員としての適性がないのでは?」と考えることもあります。
たとえば、終身雇用が当たり前の時代に、新卒でごく普通に就職できた、年齢層が高い世代が経営者の場合は、頑なに派遣社員を拒むこともあります。
そうした企業は確かに存在しており、転職活動中に出会ってしまうと落ち込むことがあるかもしれません。
しかし、経験やスキルをきちんと評価してくれる企業もあるのだと、気持ちを切り替えることも必要です。

契約期間がネックになるケース

派遣から正社員への転職では、派遣社員だったかどうかより、入社までの流れがスムーズにいかず、失敗に終わるケースがあります。
派遣社員は今の仕事に契約満了時期が定められているため、原則満了してから転職することになります。
そのため、満了時期と企業側の入社希望時期が大きく離れている場合には、採用を見送られることもあります。
中途採用者に対しては早めの入社を望む企業が多いからです。
かといって、契約途中で簡単に仕事を放り投げれば、「仕事への責任感がない人」と思われ、印象を悪くする可能性もあります。
派遣から正社員への転職は、契約期間の満了時を考慮した活動が重要になるのです。

一度派遣になると正社員転職は難しいの?

正社員として働いていた会社を辞め、無職のまま転職活動をして長引いた場合、一旦派遣社員になって生活を立て直すことを迷う人もいます。
「一度派遣になると正社員転職が難しい」という説がありますが、何も派遣社員の身分が正社員より下ということではありません。
契約期間の問題と、派遣になったばかりのときは有休がなく転職活動時間が取りにくい、といった点がネックになるのです。
派遣になったから正社員に戻るのが難しいのではなく、転職活動の仕方に工夫が必要になるということです。

派遣から正社員を目指す人の転職活動方法

派遣から正社員を目指すには、どんな方法で転職活動をしていけばいいのでしょうか。
ここでは、正社員転職につながりやすい活動方法を紹介します。

派遣先で直接雇用を目指すより転職活動を

派遣社員の多くが一度が考えたことがあるのが「今の派遣先で正社員になれないのか。」ということ。
可能性がゼロではないものの、かなり難しいと思っておきましょう。
派遣社員としてしっかりと業務を遂行していたとしても、「派遣のままで問題ない」と考える企業は多いです。
あるかないか分からない可能性にかけるより、正社員求人に応募して転職活動をする方がよほど近道ですよ。

20代なら紹介予定派遣

紹介予定派遣を狙うのも1つです。
派遣社員として勤務し、派遣先と労働者の合意があれば、派遣先で正社員として働ける方法です。
正社員として入社する前に勤務先との相性を見極めることができるため、直接雇用が成立すれば、ギャップが少なく長く働けるでしょう。
ただし、紹介予定派遣は主に20代の派遣社員を中心におこなわれます。
未経験の人を育てようと考える企業で主に採用されるため、どうしても伸びしろに期待できる若い人が中心になるからです。
30代以降の場合、紹介予定派遣の枠が少なくなるため、転職活動を始めてしまった方が早いでしょう。

長期契約を控えておくことも必要

正社員としての転職を本気で目指すなら、長期契約の仕事は入れないのが無難です。
半年や1年の縛りがある契約だと、契約途中で内定をもらった場合、派遣契約と内定先の希望との間で板挟みに合う可能性があります。
3ヶ月以内の契約を中心にしておけば、契約途中で内定獲得しても、契約満了まで待ってもらいやすいでしょう。
すでに1年契約を結んでしまい、契約満了までかなり期間があるという人は、業界や企業研究、キャリアの棚卸など、今できることを重点的におこなっておくこともできます。
どうしても働きたい企業が早めに見つかって応募する場合、派遣契約を途中で解除するときのリスクも想定しておきましょう。

仕事上の強みと順応性をアピール

派遣社員が正社員求人でアピールするのは、これまでの仕事で経験してきたこと、身につけてきたスキルです。
正社員からの転職とやるべきことは同じですね。
加えて、派遣社員が主張できるのは順応性。
派遣先をいくつも変わってきて、その都度順応してこれたことは、変化に対応しやすく柔軟性があるということです。
ぜひアピールしましょう。

年齢の壁があるから早めに動き出すこと

派遣社員から正社員へ転職を目指すには年齢の壁もあります。
年齢が上がると求人自体が少なくなるだけでなく、マナジメントスキルなどが要求されることになるからです。
特に派遣経験しかないという方は、年齢が上がるほど不利になるため、1日でも早く転職活動しましょう。

人手不足の業界を狙って道を開く

人手不足の業界に絞って転職活動すると、内定確率アップにつながります。
人手が足りていないため、過去の雇用形態にとらわれにくく、派遣だったから転職しにくいということがありません。
未経験でも採用してくれる企業も多いため、意欲的にチャレンジすれば可能性が広がります。
今なら、たとえばIT業界、介護業界、運送業界などは人手不足が顕著なので、他業界に比べると転職しやすいと言えるでしょう。

転職エージェントを利用する

派遣から正社員を目指す場合、正社員から正社員の転職に比べて難しい面も多くあります。
契約期間や活動時間、面接のスケジュールをどう調整するのかなどの問題のほか、アピール方法がわからないなど、何かと悩むことでしょう。
こうした転職活動の悩みや困りごとは、転職エージェントに相談することで解決に導いてくれます。
面接の日程交渉などもおこなってくれるため、派遣契約を守りながら転職活動しやすくなるでしょう。

派遣から正社員への転職はポイントを押さえることが大事

派遣から正社員への転職は、超えるべきハードルはあるものの、決して不可能なことではありません。
転職活動のポイントをしっかり押さえることが大切ですよ。
念願の正社員転職を叶えるためにも、やるべきことを整理しつつ、積極的に活動していきましょう。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連キーワード

関連記事

30代ね年収アップを目指した転職をする方法

30代で転職をする皆さん、どんなことを一番の条件に掲げていますか? 年収、キャリアアップ、そして仕事に対するや […]

続きを読む

気になる!転職求人サイトの「転職支援サービス」調べてみました

国内景気の好調さに加え、就業人口が減っていること、若者の数が減っていることから、現在の就職活動は買い手市場。 […]

続きを読む

転職に有利な時期はいつ?転職活動をはじめるベストなタイミングとは

今の仕事が合わないと感じたとき、キャリアップをしたいと感じたときなど、転職は自分のタイミングでいつでもできます […]

続きを読む

年内12月前半が勝負!諦めない転職活動で内定ゲット

12月に転職にするのは不利だから、年明けから動こうと考えてはいませんか? 年末は自己分析や企業研究に徹するくら […]

続きを読む

30代で未経験転職は可能?転職可能性と転職成功のために必要なのはこれ!

30代になってから未経験の分野に転職を目指す場合、果たして成功できるのかが気になりますよね。 30代未経験の転 […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

4

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

5

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

6

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

続きを読む

7

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。特にテンプレートに「特 […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

続きを読む

10

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

おすすめの転職サイト

ピックアップ特集

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

4

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

5

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

6

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

7

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。特にテンプレートに「特 […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

10

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

もっと読む