年俸制の場合の残業代について

年俸制の場合の残業代について

給与制度の中でも、近年多くの企業が取り入れるようになってきているのが年俸制です。
読んで字のごとく1年間で支払われる給与の額があらかじめ決まっているというくらいに理解していると、ひとつの疑問が浮かびます。
では残業代はどうなるのか。
ここでは年俸制について改めて理解を深めつつ、この疑問について解説いたします。

年俸制とは

年俸制では、1年間に支払われる給与の総額があらかじめ設定され、基本的にはこれを分けて支払っていくという仕組みです。
単純に12で割ったものを月給とする場合や、14で割って月給+賞与とする場合など、形態は様々あります。
一般的には毎年、上司と面談して年間の業績などを元に年俸が決定されるので、成果主義を反映しやすいという特徴があります。
従業員にとっても、自分の年収が把握しやすいので1年の見通しを立てやすいというメリットがあります。

年俸が決まっているから残業代はゼロなのか

年間に支払われる給与が決まっているので、いくら残業してもそれはもう年俸に含まれてしまっているという認識をしている方も多いですが、これは間違いです。
年俸制であっても、法定労働時間以上の労働には割増賃金を支払わなければなりません。
これは労働基準法で定められた決まりなので、年俸制であっても残業代は支払われなければいけません。

ただし年俸に残業代を含める仕組みも

基本的には年俸と残業代は別ですが、例外的に残業代をあらかじめ年俸に組み込むことは可能です。
固定残業代制度などと呼ばれるこの仕組みでは、あらかじめ想定した残業時間に応じて残業代を計算し、それを給与にはじめから組み込みます。
こうすることで、企業としても必要な人件費をある程度正確に把握しておくことができるなどのメリットがあります。

ただし、給与のどの部分が固定残業代なのか、それは何時間分の残業代なのかということを明確にすることが必要です。
もちろん、想定された時間よりも多く残業をすることになった場合にはその分の残業代を支払わなければなりませんし、残業が少なく済んだからと言ってその分だけ給与を減らしたりもできません。

年俸制と残業代の関係を理解することは、自分の身を守ることにもつながります。
残念ながら、世の中には社員に残業をさせた上でなんとか残業代を少なく済ませようとする企業が存在するのも事実です。
そういった悪質な考え方に付け込まれないよう、残業代についてしっかりと把握しましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています