応募書類に押印する印鑑について

応募書類に押印する印鑑について

転職時に企業に応募するときには、履歴書や職務経歴書が必要になります。
その書類に押印するさいの使用する印鑑はどんなものを皆様は押されていますでしょうか?

100円ショップで購入したような三文判?
それとも、わざわざ実印を作っていますか?
今日は、そんな書類に押す印鑑について説明致します。

応募書類に押印する印鑑について

履歴書や職務経歴書などの応募書類には、朱肉を使うタイプの印鑑でしたら、価格の安い三文判でも十分大丈夫です。
ただしスタンプ式ではないものを使用してください。

わざわざ実印をとって押印しなければならないという決まりはありませんのでご安心ください。
三文判で十分なのですですが、押印の押されたあとの見た目は大事です。
かすれた押印だったり、斜めになってしまったりすることのないよう注意してくださいね。

もし押印に失敗してしまったら、新しい書類を用意し、最初から作成し直すことになります。
筆者は力がないからなのか?よく全部に色がつきにくかったので、最初にきれいな押印をしてから書類を書くようにしていました。

いずれにせよ押印部分に関しても、入社したいという気持ちをこめて丁寧に作成することが大事になります。

履歴書に印鑑って必要ない!?

ところで、最近の履歴書ですが、「履歴書に印鑑を押印しようと思ったけど、押印欄がない…」ということがありました。
確かに、以前は多くの履歴書に押印欄がありました。しかし、最近は押印のない履歴書がほとんどといっても過言ではないほどです。

これは、1997年に閣議決定された「押印見直しガイドライン」が背景にあるようです。

「押印を求める必要性や実質的意義が乏しく、押印を廃止しても支障のないものは廃止し、記名のみでよいこととする。」とされています(「押印見直しガイドライン」より抜粋)。

押印欄のない履歴書がほとんどとはいえ、たまに押印欄のある履歴書もみかけます。

その場合は、しっかり上記の説明したとおり押しましょう。

押印のない履歴書に印鑑を押す場合

押印欄のない履歴書であるにもかかわらず、押印しないといけない時があります。
例えば、採用担当者から「履歴書に押印してください」といわれた場合です。
この場合は、どのような対応が求められるのでしょうか。

特に不都合がなければ、氏名の右横に押印してください。
その際も、スタンプ式ではなく朱肉タイプの認印を使用しましょう。

「履歴書に印鑑が必要なんて知らなかった…」という方もいらっしゃるかもしれませんが、以前は押印を押すのが当たり前でしたので、面接採用者さえ押印がなくなっていることを知らない方もいらっしゃるかもしれません。

また印鑑というのは、日本では長い歴史があって一言では説明できない価値観もあります。
ですので、そう言われる企業の採用担当者さんのもとでは、「押印見直しガイドライン」の話を持ち出して拒むことも可能ですが、良くない印象を与えてしまう恐れがあります。
小さな価値観のために、大事な面接時の印象を台無しにしないよう柔軟に対応しましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています