応募書類を送付する際の宛名の書き方とは

応募書類を送付する際の宛名の書き方とは
Pexels / Pixabay

企業に応募書類を送付する際の宛名の書き方って?部署名も書くのだったかな?
アレ?担当者名だけで、よかったかな?様と御中は??
などなど、細かいことですが、これでいいのかな?・・・・・・と、ふと心配になることがありませんか?
初歩的な質問だと、なかなか誰かに確認しづらいこともあるかと思います。
今日は、応募書類を送付する際の宛名の書き方をしっかり勉強してしまいましょう。

 

応募書類を送付する際の宛名の書き方とは?

企業に応募書類を郵送する際の宛名は、「部署名」宛てか「担当者名」宛てかで記載方法が少し異なります。
具体的には、部署名宛ての場合「御中」になります。
担当者名宛ての場合「様」を最後に添えて記載すれば大丈夫です。
では具体的な記載例で確認していきましょう。

企業に応募書類を郵送する際の具体例

企業に応募書類を郵送する際には、就職情報に載っている宛名の部署か担当に送ります。
書いてない場合は、「人事部」か「採用担当者」が一般的ですが、電話して具体的な名前や部署を確認されるといいでしょう。
●「会社」や「部署名」宛てに送る場合
「会社」や「部署名」宛てに送る場合は、通常末尾に「御中」と書きます。
例)○○株式会社 人事部 御中
また、株式会社や有限会社、財団法人などを(株)・(有)・(財)・(合)などと略すことがありますが、宛名書きでは略さずに必ず「株式会社」「有限会社」「財団法人」「合同会社」と記載されるようにしましょう。
●「担当者名」宛てに送る場合
「担当者名」宛てに送る場合には、通常、会社名も入れて、次に部署名そして担当者のお名前の下に「様」をつけます。
例)○○株式会社 人事部 鈴木太郎様

住所について

まず、右側に、郵便番号を記入した下に住所を書きますが、その時に、住所は都道府県から必ず書くようにしましょう。そして、「丁目」や「番地」を省略しないで書きましょう。
✖ 渋谷区○○ 3-14-1
○ 東京都渋谷区3丁目14番地1号

その他の注意事項

封筒の左側に赤字で「応募書類在中」と記載するのも忘れないようにしましょう。

裏面について

自分の住所、氏名を記載しておきましょう。もちろん、その時の住所も都道府県名から書き、「丁目」や「番地」を省略しないようにしましょう。
テープでの封をされる方がいますが、通常は、ノリで封をして、封をした箇所に、〆印か割印をするようにしましょう。
以上になります。お疲れ様でした。
また、履歴書を折らずに封入できるサイズの封筒を選ぶことになりますので、ついうっかり、料金不足にならないよう、郵便局の窓口から郵送されることをおすすめいたします。
ちょっと細かく感じるかも知れませんが、宛名書きのルールは、相手の会社への敬意を表すためにあります。初めは、慣れないかもしれませんが、定型さえ覚えてしまえば、簡単なことですので、ビジネスならではの宛名書きに慣れるようにしていけるといいですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています