意外と見られているかも!?転職活動はバッグを意識しよう

意外と見られているかも!?転職活動はバッグを意識しよう

転職活動をはじめるなかで、さまざまな物を準備することになると思います。
面接のための履歴書や職務経歴書などの必要書類や、面接の際に必要になる印鑑などその種類は本当にたくさんありますが、身だしなみも準備の一つと言えるのではないでしょうか。
面接を受けに行く前、本当にこの格好で良いのか、心配になることもあると思います。
そこで今回は転職活動における身だしなみの中でも、意識が抜けがちなバッグについてお話します。

髪型やスーツなど、自身の身だしなみだけに意識していませんか?

面接に向かう際にスーツやシャツはもちろん、髪型や靴など身だしなみに失礼が無いようにたくさんの箇所に気を配ることだと思います。
しかし、身だしなみという点から気を抜いてしまいがちなのが、バッグなのです。
荷物を運ぶだけ、面接がはじまれば床に置いているだけのバッグを見られるなんてことがあるのでしょうか。

意外と自分の持ち物も見られているんです!

結論から言うと、バッグなどの持ち物も見られています。
面接官は本人の格好はもちろんですが、持ち物なども身だしなみの一つとしてしっかりチェックしている場合があります。
せっかく服装や髪を一生懸命整えても、バッグが汚れていたり、場にそぐわないバッグを使用していたりするときちんと身だしなみが出来ていないという悪い印象を与えてしまうのです。
そんなことが無いよう、しっかりとバッグにも意識を持つようにしましょう。

こんなバッグは要注意!

面接官がバッグまでしっかり見ているのなら、どんなバッグを使えば良いのでしょうか。
大切なのは、面接・試験というビジネスの場に合っているか、合っていないのかをきちんと考えることです。
それを踏まえて面接の場では避けたいバッグをご紹介します。

リュック?ハンドバッグ?カジュアルな物は避けましょう

まず避けたいのはカジュアルすぎるタイプのバッグです。
例えばトートバッグやリュックサック、ハンドバッグなどがこれにあたります。
あまりにカジュアルすぎるバッグだと、「だらしがない」「不真面目だ」といった良くない印象を与えてしまうでしょう。
いくら使い勝手が良いからといってカジュアルなバッグを使用するのではなく、きちんとビジネスバッグを使用しましょう。

派手なデザインは印象ダウンに繋がる!?

次に避けたいのがビジネスの場にそぐわないような派手なデザインのバッグです。
派手な色や柄、奇抜なデザインのバッグや高いブランドもののバッグなどの目立つバッグは面接の場には向きません。
目立ちすぎてはいないか、面接と言う場で浮いていないかということを、客観的にしっかりと考えてバッグを選ぶようにするとわかりやすいかと思います。

どんなバッグを選べばいいの?

面接の場で避けるべきバッグの種類はわかりましたが、では具体的にどんなバッグを選べば良いのでしょうか。
もちろん一番良いのはスーツにも合うビジネスバッグではありますが、もっと具体的に男女別に見てみましょう。
また、前提として面接官への印象が大切ですので、シンブルで機能性が高い物を選ぶと良いでしょう。

バッグの選び方:男性編

企業側から受け取った書類等をきちんと収納できるよう、A4サイズの書類が折らずに入る大きさのバッグが良いでしょう。
そのサイズであれば今後の社会人生活でも活用できますので、丈夫な物を選んでおくと今後も使用できます。
また、面接中はバッグを足元に置きますので、バッグのみで自立でき、すぐに持ち運びが出来る手提げタイプのものが良いとされています。
また、デザインは派手すぎず幼すぎず、社会人らしいデザインを選ぶようにしましょう。

バッグの選び方:女性編

女性のバッグも男性のものと同じくA4サイズの書類が折らずに入る大きさのバッグが良いとされていますが、女性はそのほかにも身だしなみを整えるための化粧ポーチなど荷物が多い傾向にあります。
その為、自身の必要な道具や書類が問題なく入るサイズを探すことをおすすめします。
また、バッグは足元に置きますのでしっかりとバッグだけで自立できるデザインを選びましょう。
バッグの色は黒や紺、ベージュや白など落ち着いた色を選ぶようにするとスーツにも合い、ビジネスの場にぴったりです。

バッグだけに気を付ければ良いわけではありません!

さて、面接の場に合うバッグの種類がわかりましたが、バッグの種類にのみ気を付けていれば良いというわけではもちろんありません。
バッグの扱い方にも注意しておきたい点がいくつかあります。
注意点もしっかりと覚えて、面接官にバッチリの身だしなみを見せていきましょう。

バッグの持ち方にも要注意!

ビジネスバッグには肩掛け用のベルトが付いているものも多く、また、普段からバッグを肩にかける癖がついている人も多いことだと思います。
しかし、ビジネスの場においてバッグを肩にかけた姿は失礼にあたるのです。
その為、会社や面接会場に入る前にはバッグを肩からおろして、手持ちに切り替えるように注意しましょう。
また、肩にバッグをかけているとジャケットやシャツにシワがよりやすくなってしまいます。
シワのついた服はだらしない印象を与えてしまいますので、合わせて注意するようにしましょう。

知ってますか?バッグの置き方

面接の会場に入った時、バッグをどうすればよいのか、どこに置いておけば良いのか迷ってしまう時がありませんか。
バッグは面接の椅子に座る際に椅子の横に立てて置いておくのが正式なマナーとなります。
その際に、バッグを椅子にもたれさせるのはだらしない印象になりますので、しっかり自立するバッグを選ぶのが良いです。
普段生活する中で、特に女性は椅子の背もたれにバッグを置く機会が多いかもしれませんが、正式なマナーではありませんので、ついつい置いてしまわないように注意しましょう。
また、面接官からバッグの置場について指示があった場合はそれに従うようにしてください。

しっかり清潔感を保とう

準備の際についつい見逃してしまいがちなのが、バッグについた汚れなどがそのままになってしまうことです。
例えば着ているシャツが汚れていたり、シワになっていたり、スーツに埃が付いていたりするとだらしない、清潔感の無い印象を受けますよね。
バッグも同様です。
面接に向かう際には、事前にバッグの汚れなどをしっかりと取り除き、綺麗な状態にしておくことが大切です。

そもそもバッグが無くても大丈夫なのでは?

ここまで面接におけるバッグの選び方や扱い方をご説明してきましたが、そもそもバッグを普段から持ち歩かない方にとっては、「バッグ自体必要が無いのではないか。」と疑問に思うこともあるかと思います。
もちろん、普段の生活の中でご自身が必要ないと思うのならばそれで問題がありませんが、ビジネスの場においてバッグは必ず必要なものとなります。
では、そもそもなぜバッグが必要なのかを見てみましょう。

面接の際にバッグは必ず持って行こう!

面接の場で書類を受け取った場合、また担当者から名刺や大事な書類をいただいた場合、その場で小さく折りたたんでポケットにしまうのは大変失礼になってしまいます。
しかし、それらの書類をずっと手に持っておくというわけにも、床に置くというわけにもいきませんよね。
さらに面接の際には、筆記用具や携帯電話などの必需品を持っておく必要もあります。
それらを綺麗に収納しておくためにもバッグは必要なものなのです。
相手に失礼の無いためにも、面接の際にはバッグを必ず用意するようにしてください。

あまり意識しないバッグにもしっかり注意していこう!

面接におけるバッグについてご説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。
普段面接を受ける際、バッグまでしっかり意識出来ているという人は意外と少ないことだと思います。
だからこそ、きちんとバッグの身だしなみを守ることが出来れば他に差を付け、好印象を残す絶好の機会にもなります。
面接の前日にはバッグをしっかりとチェックし、面接官に身だしなみからしっかりと清潔感を伝えられるように努力してみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています