充実した福利厚生!介護職の派遣サービス会社紹介

充実した福利厚生!介護職の派遣サービス会社紹介

介護業界で働きたいと考えている人は、介護職の派遣サービスも知っておくことをおすすめします。
介護職の様々な働き方を網羅し、最近では正社員と変わらないような福利厚生が整えられている派遣会社も増えています。
介護職としての理想の働き方を考えるとき、福利厚生の有無も大きく影響してくるでしょう。
手厚い福利厚生を整えている介護派遣サービス会社も紹介しているので参考にしてください。

福利厚生の前に介護職派遣の種類

介護職で派遣という雇用形態がイメージの中でつながらないという人も多いかもしれません。
福利厚生の内容をご紹介する前に、介護職派遣にある2つの派遣の種類について説明します。
この2つの派遣での福利厚生の扱いについても説明していきます。
介護職派遣の案件を検索するときや、介護派遣サービス会社を活用する際に出会うことの多いキーワードになるので、介護派遣を希望している人はチェックしておきましょう。

登録型派遣

登録型派遣は、特定の介護派遣サービス会社に登録し、働く人と介護派遣会社が雇用契約を結ぶことになります。
介護業界での派遣先での勤務は、契約期間ごとに区切られます。
業務内容の指示も介護派遣サービス会社から受けることになります。
給料も介護派遣サービス会社から支払われることになります。
登録者は契約期間が終了するごとに、同じところに更新するか、ほかの勤務先に移るかを選択することができます。
登録型派遣の場合は、介護派遣サービス会社によって福利厚生があったりなかったりします。
派遣先は雇用主ではないので、福利厚生があっても利用できません。

紹介予定派遣

紹介予定派遣は、いずれ正社員や契約社員として勤務先に雇用されることを前提にする派遣形態です。
一定期間(多くの場合6か月ほど)は介護派遣の形で勤務します。
派遣期間の条件は、登録型派遣のときと同じです。
派遣期間が終了し、勤務先と登録者の意思が一致した場合に正式に雇用主が勤務先に移ります。
正社員として働きたいけれども、勤務先のことや介護業務の中身を知ってから決めたいという人におすすめできる派遣形態です。
介護業界で働くミスマッチを防ぐための転職活動の一環として利用する人も多いです。
福利厚生については、派遣期間は介護派遣サービス会社に福利厚生があれば活用できると思いますが、一定の条件を設けているところがあるので確認が必要です。
また、派遣先だったところに正式に雇用となった場合は、勤務先の福利厚生が適用されることになるでしょう。
どちらの福利厚生の内容も利用条件もしっかり確認しておくようにしましょう。

福利厚生はある?介護職派遣のメリット・デメリット

介護業界の中でも求人案件が増えているといわれる介護派遣。
介護職の派遣という雇用形態で働く際のメリットとデメリットを見ていきましょう。
福利厚生の有無も活用の基準になるという人も多いと思います。
介護職の派遣の特徴は、介護職ということもあってほかの派遣や職種とは大きく異なる点も多いようです。
介護派遣を希望している人は、福利厚生だけでなく、あらゆる違いを十分に理解しておかれることをおすすめします。

メリット

介護派遣の時給は、ほかの職種や同じ介護業界の異なる雇用形態に比べると比較的高くなっているようです。
派遣先を決める時点で、自分に合う時間帯や週1~週5などの働き方を自由に選択できる点も魅力のひとつでしょう。
労働条件や待遇、時給などについても介護派遣会社が間に入って交渉サポートしてくれることもあります。
また、他の介護職の勤務形態と違って気軽にいろいろな介護職の実務を経験しやすいため、どの介護のキャリアを積み重ねたいのかを見極めることに役立てている人もたくさんいます。
比較的、他の介護の職場への移りやすさがあるのも特徴です。
また、キャリアアップや資格取得のための学習や実習時間の確保もしやすくなります。
介護派遣に登録していることで、資格取得支援やサービスを受けつつ、きちんと学ぶ時間が確保でき、さらに介護派遣業務で実務を経験できるのは、理想的な学習の仕方かもしれません。
最近では、福利厚生の充実した介護派遣サービス会社も増えています。
福利厚生を整えた介護派遣サービス会社を活用すればメリットに加えられるでしょう。

デメリット

介護職は派遣であっても正社員の人と変わらない大きな責任が伴う仕事となります。
雇用形態や勤務時間は比較的自由にコントロールできたとしても、施設や介護サービスで関わっていく人たちは同じだからです。
また、派遣の場合は、正社員の待遇よりも劣ることがあります。
昇給やボーナスといった点はないところがほとんどでしょう。
福利厚生や社会保険についても「無し」というところも多いです。
契約期間ごとに勤務先を考えることになり不安定な上に、保険や休暇などの福利厚生もないとなると置かれる状況がシビアかな?と感じる人もいるようです。
ただ、上記でもご紹介しているように最近は、有給や社会保険などの福利厚生を整えている介護派遣サービス会社が増えているので、いくらかは払拭できる点があるかもしれません。
介護派遣の場合は、介護施設や企業の管理職としてのキャリアアップを目指すことは難しいかもしれません。
介護派遣として働けるのは契約期間のみなので、更新がない場合は、新たにほかの派遣先を探さなければならなくなるでしょう。
一つのところでじっくり腰を据えて仕事がしたいという人にとっては難しい雇用形態かもしれません。

福利厚生の充実した介護職派遣サービス会社

派遣の介護職のデメリットの一つにも上がるのが福利厚生がないということ。
しかし、最近は、介護職のニーズの高まりに合わせて、福利厚生をきちんと整えている介護職に特化した派遣サービス会社も増えてきているようです。
ここから、手厚い福利厚生のある2つの派遣サービス会社についてご紹介しますので、登録を検討してみてはいかがでしょうか。

福利厚生と派遣サポート充実!「きらケア」

東京都、神奈川、埼玉、千葉での派遣の介護職を探している人におすすめの派遣サービス会社です。
東京都で573件、神奈川で798件、埼玉で340件、千葉で279件の介護派遣の求人がヒットしました。
「きらケア」に登録して働く介護職の人は、有給休暇、社会保険、健康診断、契約保養施設の優待利用などの福利厚生を利用することができます。
有給休暇などの福利厚生があっても、実際には利用しにくいことが多い中、取りやすいようにしっかりとフォローされる点も魅力でしょう。
福利厚生だけでなく、就業中のサポートがの評判もいい人材派遣サービス会社です。

万全な福利厚生「スタッフサービスメディカル」

福利厚生のある介護職の人材派遣サービス会社の中でも大手の企業です。
派遣でも利用できる充実の福利厚生が整えられています。
有給休暇、社会保険、定期健康診断と派遣でも安心して働くことができます。
比較的女性の割合も高めの介護業界ですが、ライフスタイルの変わりやすい年代の女性も働き続けられるように、福利厚生の中に育児休暇や介護休暇制度もあります。
有給休暇は、始めの半年間で86日以上の勤務、年間で173日以上の勤務という条件の場合、勤続6か月で10日、6年6か月後には20日が付与されます。
また、福利厚生として医療や介護職向けのセミナー、提携優待サービスも活用することができます。
全国対応で派遣社員、紹介予定派遣でも28,914件がヒットします。

介護派遣会社は安心の福利厚生付きがおすすめ

介護職のニーズは今もこの先もどんどん高まり続け、介護の仕事を取り扱う派遣会社も増えてきているようです。
介護派遣会社の福利厚生制度やサポートの程度は、ピンからキリまで、かなりの差が見られます。
介護派遣サービスに登録する場合には、福利厚生の充実度もぜひ、チェックされることをおすすめします。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連キーワード

関連記事

アパレル業界への転職における自己PR作成ポイントとアピールのコツを解説

アパレル業界への転職で重要な局面が自己PRの作成です。 自己PRは応募書類で必ず作成し、転職面接対策にも必要に […]

続きを読む

塾講師への転職における注意点と成功のコツ。やりがいと現実のバランスを見極めよう

教育業界に興味がある人にとって、塾講師になることは王道の転職です。 求人も比較的多く、未経験可の求人もあるので […]

続きを読む

事務職正社員での転職、ポイントは?転職活動のやり方を徹底解説!

事務職の求人はたくさんありますが、正社員を目指すとなると、競争率はぐっと上がります。 正社員での転職成功にはど […]

続きを読む

看護師の転職理由とは?スキルアップしたい人必見!

夢見ていた看護師になったけど、理想と現実のギャップは大きく、このままでいいのだろうかと悩み始めている人がいるの […]

続きを読む

医療事務に転職することの大いなる誤解。女性人気が高いが幻想は禁物!

女性を中心に人気が高い医療事務の仕事。 転職先の候補として、気になっている人も多いでしょう。 「定時で帰れそう […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

4

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

続きを読む

5

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

6

プリンターがなくても安心!コンビニで職務履歴書を簡単プリントする方法!

プリント代に困ったり、プリンターが急に使えなくなったり……と、肝心なときに限ってなぜかトラブルに見舞われるもの […]

続きを読む

7

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか? ハローワークでは、職務経歴書の書き […]

続きを読む

8

転職初日の菓子折りは必要?マナーを心得ておこう

転職初日の準備をしていて、これからお世話になる職場に菓子折りを持って行くべきかな?と考える人もいると思います。 […]

続きを読む

9

質問されないってどういうこと!?面接で質問が少ない場合に考えられる理由とは

あらゆる回答を用意して挑む面接。 それなのに、あまり質問されなかったりすると不安になりますよね。 面接において […]

続きを読む

10

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

おすすめの転職サイト

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

4

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

5

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

6

プリンターがなくても安心!コンビニで職務履歴書を簡単プリントする方法!

プリント代に困ったり、プリンターが急に使えなくなったり……と、肝心なときに限ってなぜかトラブルに見舞われるもの […]

7

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか? ハローワークでは、職務経歴書の書き […]

8

転職初日の菓子折りは必要?マナーを心得ておこう

転職初日の準備をしていて、これからお世話になる職場に菓子折りを持って行くべきかな?と考える人もいると思います。 […]

9

質問されないってどういうこと!?面接で質問が少ない場合に考えられる理由とは

あらゆる回答を用意して挑む面接。 それなのに、あまり質問されなかったりすると不安になりますよね。 面接において […]

10

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

もっと読む

ピックアップ特集