週3日の働き方も可能!派遣介護職の探し方

週3日の働き方も可能!派遣介護職の探し方

介護業界の人材不足が深刻化していますが、介護職の働き方の多様化が進んでいます。
週3日の勤務での介護派遣の中身もどんどん条件が良くなってきているようです。
フルタイムで働くのが難しい人の中には、週3日の派遣なら働けるという人はたくさんいます。
介護職で、派遣で、週3日の働き方を選択したいときの介護派遣の仕事の探し方を紹介します。

週3日求人もアリ!派遣介護職のメリット・デメリット

介護職求人の数は今後しばらく増え続けるだろうことが見込まれています。
介護派遣では、週3日でもOK、週3日から可能と書かれた求人案件も多くみられます。
介護職の派遣で働きたいと思っている人は、介護派遣で働くことのメリットやデメリットについて詳しく調べておかれることをおすすめします。
週3日を使って働くということについても最近では、介護業界以外でも珍しいことではなくなっています。
週3日という働き方をどのように自分のライフスタイルに活かしていけるのかも知っておくと役に立つと思います。

メリット

介護職派遣は、その働き方が多種多様で自分のライフスタイルや希望に合わせて選択肢が豊富という点が一つ目のメリットです。
単発、週2日、週3日、土日のみ、夜勤のみなどで選べることが特徴です。
24時間365日体制の介護サービス事業を行っているところが多いことが要因なので、介護業界ならではともいえるでしょう。
介護業界の仕事は、病院などに比べて日常生活支援も介護業務の範囲に多く含まれるため、特定の介護の資格や介護が未経験の人でも、ある程度は行える内容の仕事も多いです。
介護職は安易に飛び込むことは推奨できないとしても、週3日などの短時間勤務や未経験でも挑戦しやすい分野です。
介護派遣は、直接雇用のパートやアルバイトに比べると、比較的時給が高いことでも知られています。
経験者で有資格者の場合は、週3日でも携われる介護も高度になり、他の業界職種と比較してもかなり高い収入基準となっているようです。
週3日で時間の余裕を作って、介護職の資格取得のための時間に充てる人も増えています。
派遣会社に資格取得支援があることもあり、週3の派遣勤務は一石二鳥以上の時間対効果も狙えるでしょう。

デメリット

上記で多くのメリットを紹介しましたが、介護職派遣が正社員でないということをデメリットと感じる人もいるでしょう。
ただ、派遣という立場は、以前とは社会の認識も変わってきています。
派遣でしか仕事が見つけにくいではなく、働く人が自ら派遣という働き方を選択する時代になっています。
雇用形態の違いがデメリットという認識は近いうちになくなるのかもしれないですね。
正社員と異なる点は、待遇です。
勤務先にどんなに良い待遇や制度があったとしても、派遣スタッフにとって勤務先は雇用主ではないので適用されません。
近年では、福利厚生などを整える介護派遣サービス会社も増えているので、この点も正社員との差が縮まっていくことが予想されます。
週3日でも長く勤めたい人にとっては、介護派遣に契約期間があることがデメリットになるかもしれません。

週3勤務での契約期間が切れ、更新がなければ、次の勤務先を探すことになります。
これを不安定と考える人にとってはデメリットでしょう。
介護派遣の場合は、必ずどこかの介護派遣サービス会社にスタッフ登録することになりますが、その介護派遣サービス会社のサポートが良くない場合は大きなリスクとなるでしょう。
自分に合わないミスマッチの派遣先に勤務することになったり、相談しても問題解決に至るような適切なサポートが得られないという可能性もあります。

週3日勤務の派遣介護職で資格ゲット

介護派遣の仕事を週3日にする人の目的の中に、時間の余裕を作って介護職の資格取得を目指している人も多いようです。
介護職でキャリアアップ、スキルアップしたいと考えている人にとって、介護派遣という働き方は一時期でも活用する価値の高い働き方といえるかもしれません。

資格支援を活用する

介護派遣サービス会社の中には、介護の資格取得の支援を行っているところもあるようです。
例えば、「介護職員初任者研修」「実務者研修」「介護福祉士」「ケアマネージャー」などを介護の実務経験を積みながら、効率的に取得している人が増えています。
週3勤務の時間の使い方の一つとしてもおすすめです。

無理のないスケジュールが可能

介護の資格は、座学やテキストでの学習だけでなく、実地研修や介護技術研修の受講も資格取得の必須項目になっていることが多いです。
週3日の派遣勤務であれば、無理のないペースで仕事と資格取得のための学習時間を確保することができるでしょう。
実際に週3日の派遣での働き方に変更して資格を取得している人はたくさんいるようです。
一定期間は正社員という立場を諦めてでも、介護職から離れることはないので実務の感覚を鈍らせることなく介護の世界での市場価値を上げていくひとつの手段といえるでしょう。
短期集中で介護の資格を取得したい人には週3日の派遣勤務はおすすめです。

曜日の時間の調整が可能

実地研修や技術研修に出席する際は、自分の週3日の曜日を調整することで対処することができます。
週3の固定曜日で派遣勤務している人は、いくらか施設のスタッフさんたちに調整の協力してもらうことが必要かもしれませんが、交代はそれほど難しい業界ではないでしょう。
まして、介護業界の資格の受験のためですから、比較的お願いもしやすいですよね。

週3勤務の介護職を探す派遣会社の選び方

介護派遣のデメリットの項目でも触れていますが、どの介護派遣サービス会社を利用するかによって、週3の介護派遣勤務の満足度も変わってくるようです。
週3でも納得のいく働きやすい介護の職場に勤務できるよう、派遣会社はしっかり選択しましょう。

介護に特化した派遣会社を選ぶ

週3日の条件に限らず、派遣での介護職を探したいときには、介護業界に詳しい派遣会社を選択されることをおすすめします。
多様化している介護職、介護業界の働き方など経験者であっても目新しいことがたくさんあるはずです。
週3日で派遣という働き方が初めてという人にとっても様々な疑問を解決できるでしょう。

介護業界に詳しい専門のアドバイザーが担当してくれるので、自分に合う案件が見つけやすくなると思います。
介護業界が未経験の人も安心して説明を受けることができます。
また非公開求人を持っている派遣会社が多いので、自分では探せない週3のいい求人に出会う確率も高まるでしょう。

複数の派遣会社に登録する

週3勤務可能な求人を探すための派遣会社は、複数の会社に登録されることをおすすめします。
週3可能案件は、比較的見つけやすいようですが、複数の登録によって、フィットする案件に出会う確率も数も増やせるでしょう。
それぞれの派遣会社から、非公開求人を紹介してもらえれば、さらにチャンスが広がることになりますよね。

福利厚生やサポートの充実度もチェック

福利厚生の整備をはじめとして、、介護派遣会社を利用する条件もどんどん充実してきているので、介護に特化した派遣会社のサービスを利用するメリットは大きいです。
個々の介護派遣会社によって、サービスの内容も、福利厚生の中身も、サポートの充実度も異なっているようです。
週3の派遣勤務で活用できる内容もそれぞれだと思うので、ひとつひとつ確認して比較されることをおすすめします。

介護派遣の週3勤務!理想の働き方を好条件でゲット

介護職の派遣勤務のメリットやデメリット、週3勤務なら資格取得との並行にもおすすめなこと、そして、介護派遣サービス会社の選び方について紹介しました。
しっかり調べて、納得のいく介護職での理想の働き方を手に入れてくださいね。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連キーワード

関連記事

本当のところが知りたい!パートの介護職のデメリット

世間の介護職のイメージというと、身体的にきつい、給料が安い、離職率が高いなどをデメリットの多いイメージがですが […]

続きを読む

薬剤師におすすめの転職エージェント。利用メリットと注意点とは?

病院や薬局など、さまざまな場所で活躍する薬剤師。 専門性の高い仕事として、転職には困らないイメージがあるかもし […]

続きを読む

派遣求人の狙い目はいつ?効果的な時期と求人の探し方を徹底解説!

派遣社員として働くなら、いつからどんな探し方をすればいいのか気になるところですよね。 派遣求人は時期によって求 […]

続きを読む

アパレル業界が体育会系である3つの理由。転職するならギャップに注意

転職先としてアパレル業界を検討している方は、アパレル業界にどんなイメージをお持ちでしょうか。 流行のファッショ […]

続きを読む

ホテル業界に転職したい第二新卒が知っておくべきポイントまとめ

第二新卒でホテル業界への転職を成功に必要な基礎知識から、第二新卒としての具体的な志望動機の例文までを紹介します […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

3

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

5

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

続きを読む

6

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

プリンターがなくても安心!コンビニで職務履歴書を簡単プリントする方法!

プリント代に困ったり、プリンターが急に使えなくなったり……と、肝心なときに限ってなぜかトラブルに見舞われるもの […]

続きを読む

8

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか? ハローワークでは、職務経歴書の書き […]

続きを読む

9

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

10

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

おすすめの転職サイト

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

3

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

5

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

6

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

プリンターがなくても安心!コンビニで職務履歴書を簡単プリントする方法!

プリント代に困ったり、プリンターが急に使えなくなったり……と、肝心なときに限ってなぜかトラブルに見舞われるもの […]

8

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか? ハローワークでは、職務経歴書の書き […]

9

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

10

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

もっと読む

ピックアップ特集