転職とは?転職の意味とやり方を徹底解説

転職とは?転職の意味とやり方を徹底解説

転職を成功させる秘訣とは?転職したいけどどうすればよい?

この記事では、転職先にはどこがある?転職を成功させるための秘訣や注意点を解説します。

まずは、転職先ごとに求められることを解説します。

転職とは?

転職とは、現在の会社や職業から、別の職業へ変わることを言います。キャリアアップ、よりよい待遇を目指した前向きな転職もあれば、現在の職場に不満があったり自分に職が合わないことにより、よりよい職を目指す場合おもあります。

転職の意義とは?

転職は、やりたいことを実現させるための手段です。自分が社会的にどう貢献するか、どのようにやりがいを見出し、能力を活かして貢献していくか。そういった大きな視点で、よりよい社会への貢献ができる、プラスになる選択をするために、転職があるのだと思います。

不満や収入などのこともあるかと思いますが、根本には、より自分がプラスになるという前向きな意識で、転職に望んでいただくべきと思われます。

営業で転職に求められることとは?

営業への転職に際には、以下の点を確認できると良いでしょう。

  • 企業の社風に合ってるか?
  • チームの雰囲気にフィットするか?
  • 営業スタイルにマッチしているか?

営業職転職での自己PRに含めたい4つの要素は、以下の通りです。

  • ポジティブで聞きやすい表現
  • 簡潔で具体的!イメージしやすい表現
  • 高いストレス耐性

自社の商品を売り込み、相手に買ってもらうためには、積極的なコミュニケーションスキルが欠かせません。しかし、単にコミュニケーションスキルがあるだけでなく、いかにイメージしやすい表現を使い、チームの社風に合った一員として活動できるかが鍵となります。

上記の点を意識して応募しましょう。

アパレルの企画職で転職に求められるスキルとは?

アパレル企画職の業務は、

  • 企画、流通、販売まで総合的にプロデュース
  • 生地選定から商品デザインを担当することも
  • 顧客ニーズに沿った企画提案
  • 店舗やWebのデザイン企画
  • 展示会やフェアの企画

などです。

求められる人材は、

  • 柔軟な発想力がある人
  • 好奇心が旺盛で新しいことが好きな人
  • 全体を俯瞰的に見ることができる人
  • 仕事を投げ出さない忍耐力がある人

といったことが挙げられています。

未経験でも可能な求人も多く、メンズの企画職も意外と多いです。やはり、相手とイメージを共有して作り上げるというためのコミュニケーションスキルが不可欠です。

事務・アシスタントで転職に求められるスキルとは?

事務職には、以下の点が要求されています。

  • wordやExcelなどPCの操作に長けて、タイピングの速い人
  • ビジネスマナーがありコミュニケーション能力がある人
  • 周りと協調しながら仕事を進めることができる人
  • 仕事の正確さ、集中力のある人
  • 服装や髪型、スーツのしわなど細かい部分に気を使える人

中でもPCスキルは業務の基本となるため、正確に早くPC作業をこなせる人材が求められます。実務経験があるならよいですが、wordやExcelの資格を取得しておくとアピール材料になります。

販売・サービス業への転職とは?

販売員のキャリアの方向性を決めることが重要です。

応募に当たっては、

  • 応募ブランドの魅力や商品特性を調べておく
  • 実店舗を訪問して雰囲気をチェックする

といった準備をしておくとよいでしょう。

実は、アパレル販売は未経験からの転職者が多いです。

ただ、応募に当たっては、接客や営業など類似業務の経があるとアピール材料になります。
特にアパレル系販売の面接では、服のセンスも重要視されます。しっかり用意しておきましょう。

面接では笑顔で感じのいい対応ができることを積極的にアピールしましょう。実演を求められることもあります。接客業では、面接で「笑って」と言われ、笑顔をうまく作れない場合、その場で不合格になったという話も聞きます。

面接で良印象をしっかり与えられるかと言う点が非常に重要になってきます。面接で逆質問があったときも、積極的な態度を見せることが重要です。

コンサルタント への転職とは?

コンサルにも種類があります。

代表的なものが、

  • 経営
  • IT
  • 戦略
  • 人事、労務、財務コンサルタント

です。

コンサルタントは完全に実力主義ですから、採用されるにも相応のスキルと経験があり、その上で能力をアピールすることが求められます。

他の業界でも転職は即戦力を求められることが多いものですが、コンサルタントとしての転職は即戦力として求められるレベルが非常に高く設定されています。

特に外資系のコンサルティングファームへの転職はひときわ厳しいものがあります。

自分の得意分野をしっかりと認識し、他の人より優れていると自信を持ってアピールできるレベルの経験値と実力が必要となります。経営コンサルタントの場合、エンジニアとしての経験を活かしてIT系で活躍できるコンサルタントになるほか、活躍の道はいくつもあります。

戦略系コンサルタントへの転職では、地頭の良さが求められます。そのため、面接には案外容易に通ってしまうこともあります。ITコンサルタントの場合、ITに関する知識はもちろん、マーケティングによる現状の分析が求められます。

このようなコンサルタントですが、必要な内容を見極めて応募することが求められます。自身の経験を活かし、戦力として活かせる、深い理解のある分野への転職を果たしましょう。

弁護士への転職とは?

弁護士は未経験者でも転職ができると思われます。しかし、国家資格の中でも最も難易度が高く、合格するためには、一日8時間程度の勉強が3年間は必要だと言われています。

すぐに転職することは難しいですが、計画性を持ち根気よく勉強すれば実現できる可能性はあります。

弁護士になってからも、法改正に迅速に対応することが求められる他、継続的に勉強しインプット作業を行わなければいけません。法律への深い理解と、学び続ける姿勢が求められます。

公務員への転職で求められる人材や準備とは?

社会人の経験者採用を行っている公共機関は8割以上になります。国家を中心からささえる官庁、区役所や市役所などの地方公共団体でも、社会向けの枠があります。

公務員は地味な職という認識を持つこともあるかもしれませんが、国や地方を直接支え、発展を手伝う大きなやりがいを持つことができます。

採用には試験や面接が必須です。倍率の高いところもあり、職種内容もさまざま。観光戦略を考えるクリエイティブさが求められる部署から、専門的な内容が求められる職種まで、公務員も多種多様な業務があります。

IT業界・SEへの転職で求められる人材や準備とは?

IT企業の中でも特に需要が高い職です。

ベンチャー企業や中小企業だけでなく大手企業でもエンジニアでの採用枠も拡大しています。

社内IT化が進む企業においては、クラウドサービスを取り入れることも多く、会社経営の観点からも専門知識や技術があるエンジニアを採用したいと言えます。

資源のない日本にとっての大切な伸びしろであるITを活用する企業が増えることを考えると、エンジニアを採用する企業は今まで以上に増加することが考えられます。

IT業界は転職も多い業界です。ほかの業界と異なり、資格を持っていると重宝されます。以下のようなIT資格を持っておくとよいでしょう。

  • システム監査技術者
  • 基本情報技術者
  • 応用情報技術者
  • プロジェクトマネージャー
  • テクニカルエンジニア
  • ソフトウェア開発技術者
  • 情報処理技術者
  • ネットワークスペシャリスト
  • ITサービスマネージャ
  • システムアーキテクト
  • 簿記

技術職への転職で求められる人材や準備とは?

機械設計や半導体分野、最先端の技術や製品の開発など業務内容は多岐に渡ります。専門職のため、当然技術が求められます。自分が行ってきた実務経験を活かして、転職先で活かせる技術をアピールするとよいでしょう。

とはいえ、特殊さもあり、転職先を見つけるのも苦労するかもしれません。

大手の技術系の仕事は、転職サイトのDODAで探すことがおすすめです。転職サイト内の技術職の職種は、細かく細分化されているのでピンポイントに絞り込みが可能です。

限定求人も多くあります。エンジニア系なら、「リクナビNEXT」もおすすめです。登録企業自体が多数なので、機械、電気、電子、半導体、制御、素材、化学、食品、医薬品、システム開発、SE、インフラに至るまで技術職の求人が網羅されています。

建築/土木/不動産/プラント/設備への転職で求められる人材や準備とは?

少子高齢化が進行し、力仕事を嫌う若者が増えていることもあり、土木・建設業界は慢性的な人手不足です。

このため、転職へのハードルは下がります。1級土木施工管理技士などの資格があると、より即戦力として期待されます。

なお、高度経済成長の際に立てられた建築物の老朽化が進み、補修や整備が必要な建物が増加しており、震災や気候変動も増えている今、人手が必要で未来もある仕事です。

化学/素材/化粧品などへの転職で求められる人材や準備とは?

日本の化学素材メーカーは技術力も高く、海外のさまざまな製品にも日本製の素材が使われています。
そのため海外勤務も多く、最近は、とくにアジア進出が目立っているようです。
安定した業種のため従業員の離職率も少なく、実は求人が少ない業界でもあります。

契約が長期にわたることから、急に仕事が無くなるということは少なく、一旦就職できれば長く勤められるという点はメリットです。

ただし、求人も少なめです。

また専門知識が必要で、他業界からの転職は厳しいです。同業からの転職であれば、前職で得た技術力や知識を十分にアピールし、新しい会社で何ができるのか具体的に説明することが求められます。

転職先で扱う素材についてもある程度の知識があると好印象です。

食品/香料/飼料への転職で求められる人材や準備とは?

食品業界の職種は多岐にわたります。

  • 営業・販売促進
  • 経営企画
  • 生産管理・品質管理
  • マーケティング
  • 研究開発

などが代表例です。

職種別に人材が募集されているケースが多めです。
食品業界は流動性は低いです。希望している職種の募集をひんぱんにチェックすることが必要です。

希望する部門に活かせる経験やスキルがあることをアピールすることがよいとされますが、「食」に興味があることは大前提です。

医療系専門職への転職で求められる人材や準備とは

  • MR(医薬情報担当者)
  • 医療事務
  • 医療機器メーカー

などの職種があります。

MRは薬の知識がまったくない文系出身でも入れる環境があり、入社後でも勉強を重ねていくことが可能です。MR認定試験は受けておく方が有利です。

全体的に言えることは、医療業界は異業界からでも似た職種経験があると転職しやすいです。たとえば、医療機器メーカーは営業職からの転職が多数です。復職、同業界での再就職がしやすく、女性にとっても働きやすい環境と言えます。

転職したい場合は、どうしてその会社(病院)なのかを伝えるとよいでしょう。

転職の面接で注意すべき点とは?

面接では、以下のような質問がなされます。

  • 自己紹介
  • 職務経歴
  • 前職の退職理由
  • 志望した理由
  • 長所・短所
  • キャリアプラン
  • 今までの仕事に持っていた不満
  • 転職先があなたを採用するメリット
  • 周りの人の評価
  • 面接時に受けている企業以外に応募している企業
  • 志望企業を選ぶ基準
  • 現在の年収、希望の年収
  • 逆質問(何か質問はあるか)
  • マネジメント経験
  • 部下への接し方
  • 今後のあなたの課題
  • 誇れる成功体験
  • 失敗談
  • 中小企業の場合、知名度が低いことについて大丈夫か

想定される質問の答えを考えておくことはもちろんのこと、志望理由を明確にして、伝わりやすいように説明できることが求められます。

応募先にあった服装、身だしなみ、ビジネスマナーや言葉遣いなどには気を配りたいところです。

転職の履歴書で注意すべき点とは?

履歴書で自分の魅力や強み、どのように貢献できるかをアピールすることです。詳細は職務経歴書に譲りますが、履歴書でも職務経歴書への誘導をあえて入れたり、職務経験について少し詳しく書く、見やすさを意識し形式を整えて出すなどの配慮が求められます。

転職で大切な志望動機の書き方

なぜそこの応募先にしようと思ったのか、なぜこの業種、職種にしたいと思ったのか、どう貢献できそうだと思ったのか、その思いに至るまでのきっかけや経緯を詳しく書き、具体的なエピソードなども入れながら、強い思い、具体的な熱意や動機を全面に押し出してアピールしましょう。

おすすめの転職サイトや転職エージェントとその活用方を解説

ここでは、おすすめの転職サイトや転職エージェントとその活用方を解説します。

おすすめ転職サイトNO.1「リクナビNEXT」

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数9,150件非公開求人-件
    エリア全国+海外対象年代全年代
    得意業種全業種年収UP率非公開
  • 詳しく見る

転職者の約8割がリクナビNEXTを利用中!

リクナビNEXTは転職決定数No.1の総合転職サイトです。通常は転職サイトにはキャリアコンサルタントは在籍しないのですが、リクナビNEXTには会員限定機能としてあなたに興味を持った 求人企業や転職エージェントから直接オファーや非公開求人オファーが届く「スカウトサービス」機能があります。スカウトサービスを利用している企業は2万社以上、提携エージェントも400社以上ありますので、企業やエージェントからの注目度ランキング、オファーの数などで自分の転職市場価値も把握することができます。リクナビNEXTに登録していない人のほうがすくないくらいですので、転職を考え始めたらまずはリクナビNEXTにはとりあえず登録しておきましょう。

リクナビNEXTの無料登録・詳細はこちら

まず登録するならリクルートエージェントがおすすめ!

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数37,553件非公開求人166,267件
    エリア全国+海外対象年代全年代
    得意業種全業種年収UP率高い
  • 詳しく見る

転職エージェントといえばリクルートエージェント

転職エージェントの代名詞とも言える業界最大手のリクルートが運営しているのがリクルートエージェントです。知名度No1!! 求人数No1!! 転職成功実績No1!!と転職を考えるならまず登録すべき転職エージェントの1つです。転職を成功させる確率をあげるにはリクナビNEXTとの併用は欠かせません。というのもリクナビNEXTだけに掲載している企業も多く(転職エージェントより安い広告費用で済む場合があるため)、そういう求人にはホワイト企業率も高いからです。2015年度までの数字ですが累計40万人の人がこれまで登録し、毎年3万人の転職を成功に導いています。さらに転職者の61%の人が年収アップに成功しているのもリクルートエージェントの強さを感じます。

リクルートエージェントの無料登録・詳細はこちら

初めての転職ならDODAがおすすめ!

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数43,934件非公開求人131,280件
    エリア全国+海外対象年代全年代
    得意業種全業種年収UP率高い
  • 詳しく見る

診断ツールとキャリアコンサルタントのサポートが充実!

DODAには様々な転職支援ツールが用意されており、特に診断ツールが豊富です。年収査定やキャリアタイプ診断、合格診断、レジュメビルダーを使って自身の市場価値を割り出し転職する方法が人気です。また、DODAにはCEOや役員などのエグゼクティブキャリアに特化したIESコンサルタントからファッション業界に特化したクリーデンスコンサルタントなど様々なキャリアパス、業界に秀でたキャリアコンサルタントが多数在籍しております。初めて転職を考える20代の方、キャリアアップを考えている中堅・エグゼクティブ層の方、キャリアアップしたい女性の方までサポートできるDODAはまさに業界大手の実績とノウハウを持った転職エージェントだと言えます。

DODAの無料登録・詳細はこちら

女性におすすめの転職エージェント、パソナキャリア!

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数15,000件非公開求人23,000件
    エリア全国+海外対象年代全年代
    得意業種全業種年収UP率やや高め
  • 詳しく見る

地元密着の求人に強いパソナキャリア!

パソナキャリアは他社が東京・大阪・福岡などの都市部中心の求人紹介だけでなく、求職者の希望に応じて地方の求人もしっかり提案してくれるという評判をよく耳にします。その背景には全国42都道府県に置かれた拠点と東京、大阪、名古屋、広島、福岡で実施されるキャリアカウンセリング(遠方の人は電話対応も可能)の手厚い転職支援が挙げられます。それもこれまで25万人を超える転職支援実績と長年培われてきた16,000社以上の取引実績企業がパソナキャリアの転職支援のノウハウを確立させてきたと言えるでしょう。実際にパソナキャリアで転職した人の67%が年収アップしているようです。都市部から地方まで幅広く提案してくれるパソナキャリアは心強い味方となって転職〜退職までサポートしてくれますのでおすすめです。

パソナキャリアの無料登録・詳細はこちら

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連キーワード

関連記事

仕事もバッチリ時短できる!朝型生活がもたらすメリット

朝型の生活への切り替えを実践して、そのメリットと効果を実感する人が増えています。 朝、やっとのことで起き上がり […]

続きを読む

エステ業界でキャリアチェンジ!よくある転職理由と好印象につながる退職理由を例文付きでご紹介

女性が憧れる職業でも上位に入る「エステティシャン」 それなのに、最近では転職が多いと言われる業界とも言われてい […]

続きを読む

ビジネスマナーの基本、お辞儀には「角度」があった!

普段何気なくしているお辞儀ですが、ビジネスマナーとしてシーンに合った「角度」が大切なのをご存知でしょうか? お […]

続きを読む

未経験からのカラーコーディネーター転職を解説します!

カラーコーディネーターとは色彩のプロです。ファッション、広告、Webサイトなど色がある場所であればどこでも活躍 […]

続きを読む

東京都町田市で一日○円以上を派遣アルバイトで稼ぐために登録するべき派遣会社・アルバイト情報サイトとは

今回は、東京都町田市で一日○円以上を派遣アルバイトで稼ぐために登録するべき派遣会社・アルバイト情報サイトを紹介 […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の意味とは?職務要約の書き方について

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

続きを読む

10

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

おすすめの転職サイト

ピックアップ特集

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の意味とは?職務要約の書き方について

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

10

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

もっと読む