企業へ電話する際の注意点について

企業へ電話する際の注意点について
niekverlaan / Pixabay

転職活動をしている中で、企業へ問い合わせなどで、電話することがあるかと思います。
求人誌にて希望する企業の情報が掲載されていたときなどで、応募前に電話連絡をして欲しいなど、電話番号が掲載されていることもあるかと思います。そんな問い合わせをするのは、初めての時ですと、緊張や不安もあることでしょう。
今日は、企業へ電話する際の注意点について考えていきましょう。

企業へ電話する際の注意点について

電話での対応の仕方で、応募者の印象が左右されることもあります。
特に、応募前に電話をかけてからなんて時はなおさらですね?
感じのいい好印象が与えられるように、声のトーンを明るくするなど注意して電話をしましょう。
ただ、そんなに神経質になる必要はありません。勤務されていた仕事の電話対応と同じように実践できれば問題ないかと思います。
一応、復習しておきましょう。

最初に自分の名前と目的を伝える

基本的なことですが、最初に必ず自分の名前と目的を伝えることからスタートしましょう。

なぜなら、必ずしも採用担当者がその電話番号で出るとは限りませんので、記載されている電話番号であっても、どのような目的で電話しているのかを告げるようにしましょう。
そして、そのあとに担当者様が出ましても、再度お名前と目的を告げることを忘れないようにしましょう。

本題に入る前に、前置きの言葉を添える

そして、本題に入ります。その際に「お忙しいところ申し訳ございませんが」などと相手の状況を配慮する前置きの言葉を添えられることをおすすめいたします。

伝えることは箇条書きでメモをしておく

最初は、緊張されると思いますので、企業側に伝えることを事前に整理し、箇条書きでメモなどに記しておくことも大事です。

電話をかける時間帯の配慮する

電話をかける時間帯ですが、業務が立て込んでいる時間帯を避けるようにしましょう。
一般的には、午前中であれば11時頃、午後であれば14時から16時頃がベストだと言われています。
企業の担当者も比較的落ち着いている時間帯にかけられたほうが、丁寧な受け答えをしていただけるでしょう。
最後にもう1点ですが、相手の言葉をしっかり聞き取るためにも、周りが静かなところから電話をかけられることをおすすめいたします。
企業への連絡が最初の一歩ですね。ぜひ落ち着いて対応できるよう頑張ってください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています