教養と体力が大変な仕事を助ける!どうやって身に付ける?

教養と体力が大変な仕事を助ける!どうやって身に付ける?

人としての品格を表すとも言われる教養。
社会人生活が長くなるに連れて、教養があることのメリットや必要性を感じることが増えます。
身につけたいけど、そもそも教養って?仕事や勉強での知識とは違うの?
という疑問を抱いている人も多いのではないでしょうか。
ここでは、教養とは何か、教養がある人の特徴、教養の一部とも言えるかもしれない体力維持について紹介します。

教養人は、仕事の「しない」で大変さを回避する

教養のある人には、いろいろな特徴があるようです。
結果も成果も上げる教養人ですが、あまり頑張っている雰囲気が感じられないのも特徴のひとつです。
持っている教養がその人に与えてくれるものは、何かをすることよりも、
「しないこと」「しなくてもいいこと」「すべきではないこと」を見極める力なのかもしれません。

ひけらかすことはせずに使う

教養のある人は、能力やスキル、経験など自分が持っているものをひけらかすことはしません。
高度なスキルを身に付けても、経験が豊富でも、それらを持っているだけでは意味がないことを知っているのです。
教養のある人は、スキルや経験を得たなら、淡々と使いこなすことに努めます。
スキルはさらに磨かれ、経験は新しい経験の中で活かされ、新しい経験をさらに豊かなものに変えます。
このスキルがあるから大丈夫、この資格を持っていればOKという錯覚を起こすこともありません。

目立とうとはせず、溶け込む

教養のある人は、出るべきときとそうでないときを心得ています。
必要のないところで目立とうとはせず、常にTPOをわきまえた身なりと振る舞い。
騒ぎ立てたり、大声で反応したりという無駄なエネルギーを使うこともしません。
周りの環境や状況、心境までを、鋭く把握し、相手に不快感のないように溶け込むことが上手。
その把握のための行動や気遣いに、エネルギーを注ぐでしょう。
コミュニケーションを密にしたり、気遣いの声をかけ、相手のための質問ができます。

情報に飛びつかず、精査して長期的に取り込む

情報がそこかしこに溢れ、すぐに手に入る時代です。
努力して得た知識が、使い物にならなくなってしまうまでの期間もだんだん短くなっています。
知識には、賞味期限があるようです。
短期間で得た知識ほど、廃れるのが早いとも言われています。
社会的に意味を成さなくなるのと同時に、短期間で得た知識は浅く、使う機会に恵まれないというのも理由ではないでしょうか。
教養人は、情報の質をしっかりと精査し、自分の中でじっくりと熟成させながら吸収していきます。
長い年月を掛けて知識を習得していく中で、教養を身に付けているとも言えるのかもしれません。

大変な仕事を支える教養って?どうやって身に付く?

知識やスキルについて、転職での職務経歴書や面接の中でもアピールします。
教養については、転職活動ではアピールしにくい面もありますが、仕事に役立つことは確かです。
いったい教養って何なの?という点や教養と知識の違いと共通点について見ていきましょう。

教養って何?知識とはどう違う?

アインシュタインは、教養のことを「学んだことをすべて忘れた後に残るもの」と表現しています。
言い換えると、学びが確かでなければ、教養もおぼつかないと言えるかもしれません。
知識やスキルを習得していく際に、私たちは心を使います。
知識は知識として、スキルはテクニックとして身に付いていくでしょう。
知識やスキルは、万人共通ですが、同じことを学んでも身に付けても、心の動かし方は異なります。
教養というのは、その習得のプロセスの中で得られるオリジナルな自分だけのもの。
例えば、思考や発想する力、気遣いや感性も当てはまるのかもしれません。
教養が仕事で役立つという根源が、ぼんやりと見えてくる気がしませんか?

教養はどうやって身に付ける?

教養を身に付けるのに「読書」がよく勧められます。
同じ本を読んでも、受け止め方は人によって異なりますよね。
このことこそが教養を身に付けることへの第一ステップ。
自分なりの考え方やものの見方を確立することが必要なのです。
読む本の選択も、流行りのものより、長きに渡って人々に親しまれている名著がいいようです。
時代を超えても心を揺さぶられ、イメージしたり思いを巡らすことのできる書物がおすすめです。

大変な仕事を支える体力強化の方法

教養は、頭や心の中のものと捉えられる傾向があるようです。
しかし、教養は、仕事に限らず、生きることにも影響を与えていきます。
現代社会では、メンタルと体調の繋がりの認識は日増しに高まっていますよね。
普通の会社員でも、感じていることではないでしょうか。
教養の一端として、仕事をエネルギッシュにこなし続けるための健康知識も大切なのではないでしょうか。

食べるものに気を配る

鉄分やカルシウムが不足すると、イライラしやすくなり、集中力が落ちると言われています。
ビタミンCやEが不足すると、免疫力が落ち、体調を崩しやすくなるようです。
ファストフードやインスタントなど添加物ばかりの食事が続くと生活習慣病へのリスクが高まります。
栄養バランスを意識し、旬のもので季節を感じ、栄養素を最大限に吸収していきたいものです。

ワークアウトを習慣にする

ワークアウトと言っても、ガンガンに筋トレをしたり、激しい運動が必要なわけではありません。
保ちたいのは、体力を維持するための筋力です。
ある程度の筋力が保てると、疲れにくい身体でいることができます。
もちろん、身体を動かすことで、ストレスを軽減したり、脳を活性化することにも繋がるでしょう。
10~15分という短い時間でも、毎日の習慣にして、健康な身体と見た目の若々しさを維持しているビジネスパーソンはたくさんいます。
毎日、ご飯を食べたり、歯を磨くのと同じように、生活に溶け込ませることが理想です。

しっかり寝る!

睡眠の重要性は、現代ではよく話題になっていますよね。
睡眠に問題を抱えている人が増えていることの裏返しでもあります。
睡眠を削って頑張ることは、非効率だということを知っておかなければなりません。
ビジネスパーソンとして、生み出す仕事は、いつも最大限のものでありたいですよね。
だからこそ、睡眠を大切にしましょう。
睡眠時間より、睡眠の質を高めることに視点を向けて、工夫を凝らしてみてください。
仕事のすべての場面で、その効果が実証されていくはずです。

体力も外見も習慣がにじみ出る

体力や体調は、如実に見た目に現れるものです。
仕事で、粘れるか、集中できるかというのは、体力も関連してくるでしょう。
スッと伸びた姿勢は、正しい位置に筋肉があり、その筋力を保てている証です。
食生活の乱れは、体調の変化として表れてくるでしょう。
すべては、昨日今日で始まったものではなく、長い習慣からにじみ出るものなのです。

大変な仕事も教養と体力で乗り切ろう!

教養と体力をつけることやキープすることは、大変なことと思われがちです。
しかし、習慣になってしまえば、どんどんその負荷が下がっていきます。
突っ走って息切れするより、息の長い小さな習慣をひとつづつ増やしていきましょう。
知識も教養も体力も、それらからの実りもしっかり得ていくことを目指しましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています