教育業界に転職したい第二新卒が知っておくべきこと

教育業界に転職したい第二新卒が知っておくべきこと

第二新卒で教育業界への転職を成功に必要な基礎知識から、第二新卒としての具体的な志望動機の例文までを紹介します。
教育業界への転職の際に第二新卒が知るべきこと、教育業界に転職するおすすめの時期についても触れています。
「第二新卒」や「教育業界」という条件での転職活動のポイントを押さえて、効率的に内定をゲットしましょう!

教育業界に転職したい第二新卒のための基礎知識

教育業界に転職したいと考える第二新卒の人のための基礎知識を紹介します。
社会経験の浅い若手の第二新卒は、教育業界という仕事を見る視野もそんなに広くはない可能性があります。
教育業界も給与などの好条件やイメージに引っぱられる転職だと成功はしにくいかもしれません。
意外にポジティブな要素もあるので、楽しみに読み進めてみてください。

教育業界の幅広い種類

教育業界と一言でいっても、その種類は幅広く存在しています。
希望する教育業界の企業を含めて、教育業界の種類をいくつ挙げられまでしょうか?
幼稚園、小学校、中学校、高等学校などの教育機関のほか、就学期の子どもを対象とした学習塾・予備校などの学習支援機関、社会人を対象にした語学・資格スクールやカルチャースクール、企業向けの社員研修を扱う企業など、幅広い企業が存在しています。
第二新卒で転職する人は、ひとつひとつを確認していくと転職先の射程範囲を広げることにもつながるでしょう。

種類ごとの職種はさらに幅が広がる

幅広く存在している教育業界の種類ですが、そのひとつひとつの中にもあらゆる職種が存在します。
転職サイトなどでは、職種を条件にして検索すると、複数の種類がヒットすることも多いです。
たとえば、学校であれば校長や教頭、学長、そしてそれぞれ学科やクラス担任を受け持つ教職員や、保険の先生、最近はテレビドラマでも有名になりましたスクールカウンセラーという仕事もあります。
塾であれば、講師の他、サポートスタッフとして新規生徒に募集してもらうためのマーケティングを行う部署など数多く存在しています。
第二新卒で教育業界に転職する際には、職種の特徴も理解しておきましょう。

アクティブ・ラーニングとIT

学校教育の現場では能動的(アクティブ)に生徒が自ら知識を習得し、積極的に授業に参加することを狙った新たな「アクティブ・ラーニング」と呼ばれる授業形態が注目を集めています。
このスタイルには、電子黒板やiPadをはじめとする「タブレット端末」など様々なITツールの進化により盛んになってきていると言えるでしょう。
第二新卒で教育業界に転職する人は、こうした教育業界の環境も理解しておくといいでしょう。

大手でも第二新卒の採用枠がある

最近では、大手教育業でも、第二新卒の転職者を受け入れる求人が増えているようです。
20代で転職する人が増え、企業の若手層の確保が難しくなっていることが背景にあります。
第二新卒の転職者の場合、社会人経験があることや、順応力があること、自発的に動いていけることなどが教育業界の企業のメリットとなるのです。

第二新卒で教育業界に転職するために必要なこと

第二新卒で教育業界に転職するためには、どんなことが必要になるでしょう。
上記で紹介したように、教育業界といってもさまざまな業界の種類や職種が存在しています。これらを踏まえながら、第二新卒者のメリットをうまく生かして成功転職につなげましょう。

企業で求められる適性を知る

教育業界において、文部科学省はグローバル化の流れの中、英語力の向上は極めて重要と発表されており、文部科学省は2020年以降に施行される、プログラミング教育必修化を盛り込んだ学習指導要領改定案を発表しています。
総務省においても、平成28年度より「若年層に対するプログラミング教育の普及推進」事業に力を入れています。
このような行政における環境を踏まえて第二新卒での転職では、企業が求めている適性を調べてみましょう。
もちろん企業、職種、求人内容ごとに求められるものは異なってくるはずです。
第二新卒で教育業界に転職したい!と漠然と考えている人は、職種ごとの確認をしてみると、自分にフィットする職種の幅が広がるかもしれません。

活かせる経験やスキル、強みをアピール

教育業界職を募集される企業にとって第二新卒の転職者を採用する最大のメリットは社会経験があることです。
前職が教育業界であったらなおさらですが、そうでなくサービスや販売職であったとしても、人と触れ合う経験値があり、それまでの仕事での経験やスキルから自分の強みを分析し、面接できちんと伝えることは有効と言えます。
第二新卒者は転職活動に入る前に、これらの点をしっかり自己分析し、準備しておくようにしておきましょう。

第二新卒で教育業界を狙う転職活動のポイント

教育業界への転職を目指す第二新卒者の転職活動のポイントを紹介していきます。
適切な転職活動のステップを踏むことで、リスクを最小限にしていくことが大切です。
転職活動でのポイントを押さえて、第二新卒の武器を活かし自分にピッタリの転職先を見つけましょう。

教育業界経験者の先輩

業界や職種に就いている先輩や知り合い方に聞いてみましょう。
毎日の仕事の流れや、教育業界で働くことで感じていることを聞くと参考になるはずです。
特定の職種については、その職種の役割や重要点まで聞き出せるといいですね。
また、先に入職した人からの紹介してもらえることもあります。

教育業界に詳しいキャリアアドバイザーに相談

教育業界に精通している転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談するのも一つの方法と言えます。
キャリアアドバイザーやキャリアコンサルタントであれば、さまざまな業界での教育業界のことについてリアルタイムで把握していることが通例です。
教育業界のことだけでなく、第二新卒者が転職について考えることにも有効なアドバイスはしっかりしている場合がほとんどです。

転職エージェントを有効活用

教育業界に転職したい第二新卒者の人は、 転職活動では、転職エージェントに登録されることをお勧めします。
是非、 第二新卒や教育業界に強い転職エージェントを見つけてみてください。
2つか3つ、複数の転職エージェントに登録して、求人を比較検討できるといいですね。

##第二新卒が教育業界に転職するのにおすすめの時期
第二新卒が教育業界に転職する際には、教育業界を取り巻く採用活動のタイミングについても知っておくと役に立ちます。
すべての企業が一致するわけではないので詳細の確認は必要ですが、目指す企業がまだ決まっていない第二新卒の人は参考にしてみてください。

4月の転職は求人増加及び新卒研修が受けられる

第二新卒での教育業界では、未経験でも受け入れられる企業が多いこともあります。
教育業界が未経験の人は、3~4月の入社を目指した転職活動がおすすめです。求人が増えるため、選択肢が広くなると言えます。
とくに学校関係は、新年度がスタートする4月からの入職に向けての転職がベストといえます。
この時期は、未経験の新卒の社員と同時期に入社することが多く、初めての教育業界の方でもしっかりした研修や教育を一緒に受けられる可能性が高いと言えます。

9月10月は転職が多い時期

一年の中でも、春の時期とともに、9月10月は最も転職市場が活発になる時期ともいわれています。
そのため第二新卒者を対象にした教育業界求人案件も増えます。
6月のボーナスをもらってから転職活動に入る人や、3月決算の企業は、下半期の戦略に対して人員体制を再度整える時期でもあると言えます。
学校関係も、秋から新年度がスタートするところもあります。
全体的に、転職活動をするライバルが増える時期になりますが、社会経験のある第二新卒の強みを活かして、教育業界での転職を成功する確率を高めましょう。

第二新卒が教育業界に転職する際の志望動機の例文

第二新卒が教育業界に転職する際の志望動機は、企業に合わせて行うことが第一と言えます。
ただ、第二新卒の状況によっても志望動機の内容が変わってくると思います。
教育業界経験者、職種未経験者、教育業界未経験者という状況における志望動機の例文を紹介します。

教育業界から教育業界に転職する際の志望動機

前職では、塾の講師として携わっておりました。塾は結果重視であるため、学力をいかにあげるかに重点がおかれての教育カリキュラム、指導計画の立案・作成することが多かったです。
その中で子供達と触れ、学力だけでなく人間形成などにも携わりたいと思い、人間性豊かな人を育てる貴校に志望させていただきました。一人ひとりの個性を伸ばすにはコミュニケーションも大事にしながら、生徒個別の特長を掴み、伸ばすことに注力して頑張っていきたいと思っております。

異なる職種の教育業界に転職する際の志望動機

前職では、学校スタッフして勤めておりました。貴社の○○という教材は、教材によって子どもが分かりやすく学べる工夫がしてあり、子供たちにも人気でありました。自分は、その準備だけでしたが、こうした教育サポートするための教材づくりにもっと深く関わりたいと思うようになり、応募させていただきました。
教育業界の基本は心得ておりますが、貧欲に商品の知識を吸収し、精一杯頑張りたいです。

異職種から教育業界に転職する際の志望動機

前職ではSEの業務をしておりました。最近では、IT導入による授業方式が盛んになり、貴社の○○というシステムは教育の現場ではかなり導入され、成果をあげていると聞いております。私も、大学生の時には、ITによるeラーニングの効果を体験しておりますが、もう少し、人間的にも触れ合いたいなと正直思ってもおりました。その点、貴社はシステムを入れただけでなく、その後のヒアリングにも力を入れ、学校ごとに担当をつけ改善点や、またそれぞれごとの個別システムをつくりあげていくことに魅力を感じ、応募させていただきました。
前職で培った経験をいかし、システムづくりはもちろん、各学校とのコミュニケーションにも力をいれ、さらなる問題点の改善などの業務にも全力で頑張りたいと思っておりますのでよろしくお願いいたします。

第二新卒の教育業界職への転職は未経験でも成功できる!

教育業界で第二新卒、もしくは未経験者でもOKという求人があることをお伝えしてきました。
特に、専門にしている転職サイトや転職エージェントもあり、スムーズな転職ができる可能性が多いと言えるでしょう。
一方で、転職後に、「適性がない」「思っていた仕事と違う」となるのを避けるためにも、第二新卒者は、転職活動での情報収集はもちろんのこと、転職エージェントで行われる自己分析シートなどをしっかり活用していきましょう。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連記事

おすすめ記事

未経験でグラフィックデザイナーに転職できる?仕事内容と転職前の基礎知識

電車や街中でぱっと目を引く広告ってありますよね。それがきっかけでその商品、会社を知ることにつながった経験を持つ […]

続きを読む

給与制度の一つである年齢給制度とは

みなさん、一口に給与制度と言っても様々な制度の給与制度がありますよね。 日本では主に年齢給制度か能力給制度が採 […]

続きを読む

薬剤師の転職理由でよくある内容とは?職場ごとの理由もまとめてご紹介

薬剤師として転職を考えている方は、他の方の働き方や不満点なども気になるところではないでしょうか。 また、薬剤師 […]

続きを読む

30代の転職に役立つ資格とは?業界・職務別に資格の活用法を徹底解説!

働き盛りの40代に備えて準備できる最後の年代である30代は、多くの分野に触れ、自分の専門性を定めた上で深めてい […]

続きを読む

旅行代理店へ転職したい人へ。魅力とリスクを理解して慎重な転職活動を!

やりがいが高そう、楽しそうな仕事といった理由で、旅行代理店への転職を検討する人が多くいます。 仕事にやりがいは […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

もっと読む

ピックアップ特集

おすすめの転職サイト