知っておきたい休暇の種類とワークライフバランス

知っておきたい休暇の種類とワークライフバランス

働き過ぎると言われている日本の会社では現在ワークライフバランスという言葉が注目を集めています。

仕事と私生活のバランスを上手に取るためにはどうすれば良いのか悩んでいる方も多いかもしれません。そこで、労働者の権利でもある休暇について知って自分のワークライフバランスを確立するための方法を紹介します。
人生をより充実したものにしたい人は参考にしてください。

休暇の種類を知っておこう

休暇の種類を紹介する前に我々にはどの様なお休みがあるのでしょうか?
まず代表的な法定休日です。
「原則的に毎週少なくとも1日、または4週間を通じ4日以上の休日」この休日は法律で定められている最低限の休日です。
次に所定休日。
週休2日制(土日休日)で法定休日を日曜日としている会社は土曜日は所定休日となります。
最後に休暇です。
休暇の種類は法律で定められています。
年次有給休暇、生理休暇、子の看護休暇、介護休暇などがあり、ワークライフバランスを確立するためにはこの休暇を上手に取ることが必要になってきます。
この他にも任意休暇といって、会社独自に設けている結婚休暇や慶弔休暇、年末年始休暇があります。

休暇は労働者の権利ということを理解しよう

法定休日や所定休日とは違い、休暇の場合労働者が申し出ることによって会社は休ませる義務を負います。
もちろん繁忙期など休んで欲しくない時期と休暇をずらすようには要求できますが、あくまでも休暇は労働者に主導権があるものであることを理解しましましょう。

社員が休暇を取れば生産性が向上する

社員が休暇を取れている会社は生産性が向上していることをご存じですか?社員ががむしゃらに働けば業績が上がるわけではないようです。
それはなぜでしょうか?社員が休暇が取れている会社は職場の雰囲気が良くなります。
誰でも働いている人がピリピリしているところでは働きたくないものです。
また、会社にとって業務の引継ぎや効率が良くなります。

社員が休暇を取れている会社というのは、社員の心に余裕がある会社であるということです。そのような会社は仕事の生産性もあがるということでしょう。

ワークライフバランスを考えよう

最近注目を集めているのワークライフバランスとは、どの様なものなのでしょうか?
ワークライフバランスの定義や、日本とは違う仕事に対する価値観を持つ欧米の働き方を紹介します。

そもそもワークライフバランスとは?

ワークライフバランスは「仕事と生活の調和」と訳されます。ワークバランスがいいとは、国民一人ひとりがやりがいや充実感を持ちながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活との調和ができることです。

日本とは違う価値観を持つ欧米の働き方

欧米の会社は日本とは違い休暇を取る権利を非常に大切にしています。
一ヶ月のバカンスを取ることは当たり前で、ゴールデンウィークや年末年始の休みで喜んでいる日本とはずいぶん違います。
これは、文化や風土の違いはありますが、人生を充実したものにするためには休暇が必要であるという考え方が当たり前になっているということなのではないでしょうか?

なぜ今ワークライフバランスが注目を集めているのか?

日本で今すぐに欧米のような働き方をしようというのは無理でしょう。しかし今、働き方が見直されてきています。
これは日本が抱える少子高齢化による労働人口の減少に伴い、従来の働き方とは違ったものが模索されているからであると考えられます。高齢者を支える現役世代がより充実したワークライフバランスを過ごしていないと、日本自体の生産性が落ちてしまうかもしれません。

休暇を上手に使い、自分なりのワークライフバランスを確立しよう」

より充実した人生を送るために、休暇の種類と良いワークバランスについて紹介しました。

今、「仕事が人生のすべて」という考え方を見直そうという動きがあります。。
仕事は、人生において大切なことは間違いないですが、その大切な仕事を長く続けるためにも自分のワークライフバランスを充実したものにする必要があります。
いきなりそんなこと言われても戸惑う人も多いかと思います。
しかし、ワークバランスを考えることは、自分の家庭や地域社会との付き合い方を見直すきっかけになるかもしれません。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています